科長あいさつ
Greeting from Director of Department of Anesthesiology

当センター麻酔科は大阪府の中核病院のひとつとして、年間約3500例の麻酔科管理手術を行っております。

手術診療科としては、ほぼ全科が集い、その手術内容も多岐に渡っています。その一例一例に対して、安全かつ質の高い麻酔管理が遂行できるよう、症例検討カンファレンスを日々行い、個々に応じた麻酔法や麻酔薬、術後鎮痛法などを選択できるシステムを組んでおります。

医療技術や医学知識はもちろんですが、人間性を重視し、各手術診療科と綿密にコミュニケーションをとり、また看護師、臨床工学士などの医療従事者と連携をはかり、全手術症例に対し、それに関わる全員でチーム医療を展開することに最も重きをおき、日々の診療に取り組んでおります。

昨今の医療技術環境の進歩は著しく、時代の変遷とともに麻酔科領域においても、患者様に常に最良の医療を提供できますよう、今後も邁進してまいります。

大阪医療センター麻酔科科長 渋谷博美