後期臨床研修医(専攻医)からひとこと

1年間の後期臨床研修を振り返って 後期臨床研修医 H.F.

 私は学生の頃から麻酔科も考えていましたが、初期研修をへて麻酔科医となる意思を固めました。 後期研修先を迷っており、色々な麻酔科の先生にお話を聞いたところ、当センターの見学を勧められました。当センターの麻酔科の雰囲気の良さと手厚い指導、そして心臓外科手術や小児手術、神経ブロック症例など経験出来る症例の豊富さに惹かれ当センターで後期研修を始める事にしました。

 入職して1年数ヶ月経ちましたが、様々な症例を経験させて頂き、充実した研修生活を送っています。導入・抜管など大切な場面には必ず上級医の先生がつき、見守り指導してくださるので安心して研修できます。

 また臨床業務以外に学会発表の機会もたくさん頂きました。何度もスライドへのアドバイスや予演会をしていただいたおかげで、当日自信を持って発表することができました。

 まだまだ未熟な麻酔科医ですが、外科系各科の先生方や手術室スタッフの皆様に温かく見守って頂き感謝しています。少しでも当センターの一員として貢献できるよう、これからも勉学に励んでいきたいです。

後期臨床研修1年を終えての実感 後期臨床研修医 C.M.

卒後4年目になります。
大阪医療センター麻酔科で働いて、あっという間に1年が過ぎました。
私は地方の大学を卒業後、母校で初期研修を終え、卒後3年目から出身である大阪に戻ってきました。

研修医2年目に見学に訪れた際、豊富な症例数と、手術室での外科医・麻酔科医・看護師のアットホームな雰囲気に惹かれ、“ここの麻酔科で働くことが出来たらとても充実した麻酔科研修が送れそう!”と思いました。 実際にはその直感は正しかったと、あらゆる場面に遭遇し確信しています。
加えて言うなら、多岐に渡る外科があるので幅広い症例の麻酔管理があり、その中でCV留置や経食道エコー、末梢神経ブロックなど麻酔科医として必要な手技も数多く経験出来ます。 その数々の経験が、自分にとっては大いに学びとなりました。

上級医の先生方はとても優しく、日々の症例でもたくさんアドバイスをして下さり、更には学会発表でのご指導等、様々な場面で親身になって頂き有り難いです。

また、当院は最寄駅の谷町4丁目駅からすぐと交通アクセスが良いところも魅力の1つだと思います。
少しでも興味をお持ちでしたら、是非一度、当院麻酔科に見学にお越しください。

1年間の後期臨床研修を終えて 後期臨床研修医 Y.A.

大阪を象徴する遺産のひとつである大阪城のすぐそばに、大阪医療センターはあります。幼少のころより、大阪城公園で遊び、中学生の頃はマラソン大会で周回し、桜の季節には家族でお花見に出かけました。私にとって大阪城は、まさに故郷であり、人生の一部でした。そして今、その大阪城を眺めながら、働いています。自分を育み、成長させてくれたこの地の地域医療に貢献したいと、日々奮闘しています。

当センター着任後の数か月間は、システムや体制、日々の臨床業務に慣れるのに必死でした。しかしその後、少しづつ出来ることが増え、今はとても充実した日々を送っています。経食道心エコーや末梢神経ブロックをはじめ、技術的にも知識の面でも、多くを経験する機会を頂き、麻酔科としての仕事にやりがいと誇りを感じています。

また昨年は、臨床麻酔科学会で発表する機会を頂きました。臨床業務を行いながら発表の準備を進めていくのは大変でしたが、予演会でさまざまなご指導を頂いたおかげで、当日の発表は自信をもって臨むことができ、質疑応答にもしっかり対応できました。その後の打ち上げで、スタッフの先生方から暖かいお言葉を沢山頂き、とてもありがたく、嬉しかったです。

つい最近、自分の家族が当センターにお世話になる機会がありました。看護師さんをはじめとした多職種の方々のきめ細かい接遇に感銘を受けました。また、麻酔科のスタッフのご配慮や、多くの科の先生方の真摯な診療に大変恩恵を受けました。この病院で働けて、本当に良かったと日々思っています。

今後も、当センターの一員として、少しでも地域医療に貢献できますように、精一杯頑張っていこうと思います。