初期臨床研修医・学生のかたへ
For the Junior Resident and Medical Student

当センターにおいては、初期研修医の麻酔科研修は2ヶ月間必修科目であり、手術麻酔を通じて、呼吸循環管理を中心とした全身管理の基礎を学んでもらうことを目標にしています。特に、救急蘇生の基本手技(気道確保、人工呼吸、血管確保)の技術の習得、麻酔に関連する呼吸循環などの生理学・薬理学の習得・整理、短時間に凝縮された患者(家族)との良好な人間関係の確立、また、看護師など他の職種や他科医師との円滑な協力関係の構築を重要視しています。また2ヶ月間の必修コースを終了後に、選択コースとして麻酔科を選んでくれた初期研修医には、力量に応じて、少し難しい症例の麻酔管理も担当してもらっています。