初期臨床研修医(麻酔科ローテート修了者)からひとこと

麻酔科研修を通じて 初期臨床研修医 K.I.

当院の麻酔科研修では研修医は術前診察で事前に患者さんに挨拶するところから始まります。手術当日は麻酔機を始動し、薬品を吸って用意します。その後は術前カンファレンスで自分の症例を発表し、麻薬を受け取り手術室に戻ります。患者さんの入室とともに導入、維持、抜管と手術の流れに応じて麻酔科医として仕事が始まっていきます。麻酔科研修で学んだ事は非常にたくさんあります。麻酔科は手術という環境において全身管理を行うために、手術前から準備をする大切さを何度も経験し痛感することが多かったです。術前にリスク評価をする事は簡単ですが、実際に起こった時のためのイメージを自分の中で作る大切さです。2か月で私の経験した危機的対応は大量出血に対する輸血の投与のタイミングとその評価の仕方です。またアレルギー素因のある方に対するアナフィラキシーショック時の迅速な対応です。実際に生じた際には緊急であるために迅速な判断の元、対応しなければならないために難しさを感じました。各手術の予定時間や出血量、既往歴、挿管条件などを考慮し、麻酔の種類から点滴の本数、昇圧剤の有無から自分で構成を考え、上級医の先生の助けをほとんど借りる事がなくなってきたときには自分自身の成長を感じることが出来ました。当院は総合病院であり。一般的な腹部外科の症例はもちろんの事、脳血管外科、産婦人科、泌尿器科、歯科口腔外科など多くの科が揃っていることも麻酔科研修として多岐にわたる手術を見る事が出来る事も大きな楽しみでした。挿管技術はもちろんですがマスク換気の方法、全身管理の考え方と多くの先生がおられるために指導が受ける事が出来る事も魅力でした。

麻酔科研修を終了して 初期臨床研修医 H.M

大阪医療センターではこれまで2年目で麻酔科を研修することになっていましたが、本年度より1年目からローテーションに組み込まれるようになり、私はその第一号ということで畏れながらこのような文章を書かせていただいております。

私は10・11月と麻酔科をまわらせていただきましたが、1年目で初めてまわる研修医としてかなりのプレッシャーを感じていましたし、なによりも大きな不安がありました。なぜなら手術中患者さんは意識がないからです。病棟では特殊な場合を除き主訴がありますが、麻酔科ではそれを視覚と聴覚(言葉ではなく音)で汲み取らなければいけません。術中はモニターだけではなく患者さんのことを考えて術野をのぞきながら術者のことを考えて…常に頭がフル回転している状態だったと思います。また麻酔科で経験できる手技としては挿管・AラインVライン確保・CV挿入・胃管挿入・抜管などここには書ききれないほどたくさんあります。とにかく私にとっては初めてのことばかりで毎日勉強・反省・復習の毎日でした。

麻酔科をまわられた先輩方は手技がたくさんできるから楽しいよ、と言われます。たしかに研修医が最も経験したい手技がつまった科ではあります。私も2か月間で多くの手技を経験できました。しかし私は術前評価・術中管理・術後の鎮痛まで内科的側面でも多くの経験ができたことが非常に良かったと思っています。

それも指導医の先生方が非常に温かく、医局は何か分からないことがあればいつでも質問や相談ができる環境があり、先生方のご協力のおかげで麻酔科での2か月間の研修は毎日とても充実していました。ありがとうございました。

以上を麻酔科ローテーションの振り返りとさせていただきます。長文失礼いたしました。