こちらは院内職員専用の研究申請のためのページです。
 委受託契約を伴う研究者主導臨床研究については、以下の通り、初回審査時期により書式が異なりますのでご注意ください。
初回審査が第1委員会で行われた平成26年度以前の研究;引き続き第1委員会で審査を行います。
 受託研究依頼者の方へに掲載された書式を使用して下さい。
初回審査が第2委員会で行われた平成27年度以降の研究;第2委員会で審査を行います。本書式を使用して下さい。

新規申請


新規申請書と研究分担者・協力者リストです。こちらをダウンロードして下さい。
新規課題の申請は先着順で月に10件まで、また申請課題が月に6件を超える場合は申請者1名につき2件までです。

『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針』には、研究計画書、説明文書・同意文書に記載すべき事項が明文化されており、それに基づき作成して頂く必要があります。臨床研究の申請時には、以下のチェックリストをダウンロードし、事前に提出資料が倫理指針に適合したものであることをご確認ください。
チェックシートは、申請資料と一緒に第2IRB事務局までご提出頂くようお願いいたします。

説明文書とあわせて運用していただく同意書の雛形です。右上には説明文書の版数と作成日を入れていただき、
説明文書が改訂された場合は同意書も改訂していただくようお願い致します。

当院の過去の診療録のみを用いる後ろ向き観察研究


新規申請書と研究分担者・協力者リストです。こちらをダウンロードして下さい。

外来に掲示、もしくはホームページにて公開していただく情報公開文書の雛形です。
(掲示される場合は、病院の承認印が必要です。)
※オプトアウトとは、「研究に用いられる情報の利用目的を含む当該研究についての情報を研究対象者等に通知し、又は公開し、研究が実施又は継続されることについて、研究対象者が拒否できる機会を保障する方法」です。侵襲をともなわず、かつ介入を行わずに、アンケート、インタビュー、観察等により用いられる情報を収集する場合は文書/口頭によるインフォームドコンセント又はオプトアウトによることができるとされています。

企業、財団法人等との受託契約を行う臨床研究


  • 受託契約を行う場合は、IRB審査までに契約内容を確認する必要があります。
  • 原則として当院の雛形を基に契約書案をご提示ください。
  • 研究費を伴わない契約(0円契約)は原則として行いません。

資料