がん相談支援センターのご案内

 * 誰かに聞いてほしい話がある。
 * 医療費、生活費について悩んでいる。
 * 社会福祉制度を知りたい。
 * 家族、あるいは本人に何と話したらいいのだろう。
 * 今後の生活をどう考えたらいいのだろう。
 * 在宅医療、ホスピスの病院は、家の近くにあるだろうか。
 * 医師、医療スタッフとのコミュニケーションで悩んでいる。 (どういう風に伝えたらよいか、どういう
    風に聞いたらよいか)
 * 育児、介護のことはどうしたらいいのだろう。
 * 今の仕事の継続(あるいは退職)、これからの就職のことで相談したい。
   (就労支援を受けたい)
 * 誰に話したらいいのかわからなくて、ひとりで抱えていることがある。

 ・・・


がんについてのさまざまな相談に、相談員(看護師、医療ソーシャルワーカー)が対応します。

医療相談支援センターのご案内

TEL:06−6942−1331(代表) 
代表番号におかけ頂き、「がん相談希望」とお伝えください。
月曜日〜金曜日 10:00〜16:00

相談対応:看護師(がん看護相談も実施しております)・医療ソーシャルワーカー

※面談希望の方は、事前に電話や来室での予約をお願いします。
※当院に入院・通院中の患者さん、ご家族はもちろん、そうでない方もどうぞ遠慮なくご相談ください。
※プライバシーに配慮し、個人情報は厳守します。(匿名でのご相談にも応じています)
※費用は無料です。

【2016年度がん相談支援センター相談実績】

相談件数 5619件
就労支援 182件
2016年度相談実績グラフ

更に詳しいデータをご覧になりたい方はこちら→PDF

PDCAサイクルの実例 @相談対応と症例検討

国立病院機構 大阪医療センター がん相談支援センター

【こんな風にしました!】
 第1回:脳転移によって怒りやすくなっている患者・家族への介入

参加者5名

参加者の声

[検討中の気づき]

暴力となってしまった時の対策を検討することも必要ではあるが、辛さを患者さん自身が自覚されているので、ご本人へのサポートが重要である。
患者さん・ご家族はもちろん、医療者自身にもそれぞれの思いや行動があることに気づいた。

[検討中の学び]

相談員が夫婦間の気持ちを代弁するのではなく、相互コミュニケーションが取れるような介入を検討できた。
一面だけを捉えて全体像をわかったつもりになっていないか、振り返ることができた。

[今後の自身への支援にどう活用できそうか]

患者さんご自身が持っている力、乗り越えてきた経験を今の問題に活用できるような相談対応。
「いま」だけでなく、「少し先」を見据え、立ち止まって支援を検討することも必要。
各職種が抱え込まず、多職種間で話し合いを行なうことで、よりよい支援に繋がる。

[1か月後、実際に活用できた場面があったか、どう活用したか]

患者さん・ご家族のできることを相談員が代理でするのではなく、助言や支持をすることで、ご自身で取り組めるよう支援している。
「いま」に加え、「少し先」への視点を持ち続けている。

PDCAサイクルの実例 @相談対応と症例検討

国立病院機構 大阪医療センター がん相談支援センター

【こんな風にしました!】
 第2回:若年性乳がん患者への支援介入

参加者4名

参加者の声

[検討中の気づき]

長期に治療をして来られた方の中には、長くこの生活を続けることで、自身で工夫できていることも多く、生活上の問題に医療者の介入を希望されない方もいる。

[検討中の学び]

多職種の介入が必要であると医療者が感じる場合でも、患者さんご自身やご家族がそれを望むかは別である。

[今後の自身への支援にどう活用できそうか]

各職種が直接関わることだけではなく、現在関わっているスタッフへの間接的支援を続けること
スタッフが不安なく対応できるような助言、体制を整えること。

[1か月後、実際に活用できた場面があったか、どう活用したか]

多くのスタッフが直接関わるだけでなく、他のスタッフのサポートをすること、また、自身もサポートされながら患者さんの支援を心がけている。
患者さんご自身のペースに合わせた支援を意識できるようになったと感じる。

相談業務のPDCAサイクル A研修受講と業務改善

国立病院機構 大阪医療センター がん相談支援センター

【こんな風にしました!】
例1:がん相談支援センター相談員指導者等スキルアップ研修
〜情報支援から始まるがん相談支援〜  2016年05月21日

主要ながんに関する診療ガイドラインの整備

書籍購入やインターネットからのダウンロードでガイドラインを整備
「根拠に基づく対応」が可能となる土台をつくった。随時更新を行なっている。

がん相談支援センターに寄せられる情報の精査

ただ、寄せられる情報を蓄積するのではなく、偏りがないか、過度な期待を持たせないか、患者さん・ご家族に有益か、について相談員が評価し、その情報の活用方法を決定できるよう簡易な評価カードを作成し全員で共有している。現在も継続中。

例2:がん相談支援センター相談員指導者等スキルアップ研修
〜高齢がん患者と家族の伴走者を目指して〜  2017年06月09日

臨床フレイル・スケールの相談支援での活用

身体的フレイル(加齢によって心身機能および生理的予備能が低下し、ストレッサー(=ストレスを引き起こす原因)に脆弱になった状態)の程度を判別するための9段階の尺度。
相談対応をする際に、このスケールで患者さんの状態を確認する期間を設けた。相談員である程度共有できたため、活用は個々のケースで判断することとした。