インターネット外来予約

地域医療連携室よりご挨拶

 私たちは質の高い医療を提供し、地域の皆様の健康を支援することにより信頼される病院を目指しております。 一方、患者さんやご家族が安心して暮らせる地域社会の実現のためには、急性期病院とかかりつけ医をつなぐ地域医療ネットワークがますます重要となってきています。
 大阪医療センター地域医療連携室は、当院と地域の医療機関との連携を強化・推進するために開設されました。 専属の担当者や医療ソーシャルワーカー(MSW)を擁し、専用の電話及びFAXを設置して、医療機関からの診察予約や医療相談、退院支援や調整、他院・他施設との連絡・調整などの業務を行っています。 また看護・保健に関するご相談やMSWによる医療福祉に関するご相談にも対応いたしております。

 さて、地域の医療機関の先生からご紹介いただきます患者さんの診療予約につきましては、これまでは医療機関から地域医療連携室にFAXでお申込みいただき、日時を調整した上で折り返しFAXにて返信しておりました。 しかしFAXによる方法では、予約取得までにどうしてもある程度の時間がかかってしまいます。 その場で予約日時を決定できないために、あらためて日時を患者さんにご連絡いただく必要があり、先生方にも患者さんにもお手数、ご不便をおかけしておりました。
 そこで当院では、昨年秋よりインターネットによる予約受付を開始いたしました。 これにより、あらかじめID、パスワードを取得していただいている地域医療機関の先生には、インターネット経由でダイレクトに初診予約を取得していただけるようになりました。 病院・診療所の診察室で患者さんと一緒に当院の受診日時まで決めていただけるため、何度も連絡していただく手間がなくなります。すでにご利用いただいている先生からは、おおむね好評をいただいております。
 ただ、現状ではまだまだ不十分な点もあります。例えばシステム上、診療情報はインターネット経由ではなく従来通りFAXでの送信をお願いしております。 また特定の医師の予約ではなく診療科の予約にとどめさせていただいています。通常の外来診療の間に予約が入るため、予約時間に来院されてもお待ちいただくこともございます。
 今後、従来のFAXによる予約とインターネット予約を併用しながら運用してまいりますが、 インターネット予約がより安全で簡単・便利になりますよう、当院医療情報部でシステムの改良を進めてまいりますとともに、運用の改善を図ってまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

地域医療連携推進部長
巽 啓司