眼  科

斉藤喜博

 当院眼科の臨床実績として他に誇るべき代表的なものは手術である。その数の多さ と質の豊富さにおいては、他の一般病院を圧倒するものがある。2001年の手術実 績としては、通常の白内障・眼内レンズ手術約1000例、硝子体茎離断術・増殖硝 子体網膜症手術(白内障手術併施含む)約300例、裂孔閉鎖術(強膜内陥術)約1 00例、緑内障約150例(白内障手術併施含む)、その他50例、と多種、多岐に わたり、一般病院としては国内最大級である。当院の研究はこのような豊富な臨床症 例をもとにしての臨床研究が主になっている。
 とくに網膜硝子体疾患や緑内障疾患においては、毎年さまざまな学会報告や論文が 上梓されている。黄斑部疾患や糖尿病網膜症への硝子体手術では、近畿圏では最終病 院のひとつであるし、新生血管緑内障の手術治療では、国内随一の症例数を誇ってい る。米国フロリダ州で開催されるARVOという世界の眼科・視科学をリードする国際学 会でも2001年5題の演題が採用されるなど、国際的にも大きな評価を受けている。
 さらに当院の特徴のひとつであるAIDS基幹病院の眼科として、AIDSの眼合併症に対 する重要な症例報告をはじめとする臨床研究がおこなわれている。さらに角膜疾患や ぶどう膜炎の治療の分野においても国内をリードする研究成果をあげている。
 このような手術内容や手術機器の充実度に比べて、臨床検査機器の方面ではまだま だ国際的に最先端の機器を備えているとはといえない。そのため、より一層の充実を 目指して、最新の設備の充実によりさらなる臨床研究を推し進めていく予定である。

【平成13年度研究発表業績】
―著述発表―
A-0
KUSAKA S, SAITO Y, OKADA A, SASAMOTO M, HAYASHI A, OHJI M, TANO Y: Optical coherence tomography in spontaneously resolving vitreomacular traction syndrome, Ophthalmologica 215: 139-141, 2001

SAWA M, SAITO Y, HAYASHI A, KUSAKA S, OHJI M, TANO Y: Assessment of Nuclear Sclerosis after Non-Vitrectomizing Vitreous Surgery, Am J Ophthalmol 132: 356-362, 2001

A-2
中江一人:増殖糖尿病網膜症の網膜剥離面が硝子体腔に向かって凸面であ る。「難治網膜・硝子体疾患のレスキュー」池田恒彦、32-35、メジカルビュー、東 京、2001

A-3
田中雅子、斉藤喜博、渡辺伸明:虹彩炎に対する副腎皮質ステロイド薬全身 投与後に増悪した糖尿病網膜症の3例。眼紀52:30-32、2001

木内良明:緑内障薬物治療の第一選択には何を選ぶか。眼科43: 155-161、2001

斉藤喜博:「LASICに関連した網膜合併症」へのコメント。あたらしい眼 科18:339-340、2001

塩谷易之、前田直之:屈折矯正手術後の角膜形状。眼科43:387-394

木内良明板谷浩志塩谷易之中江一人石本 一郎堀 裕一佐藤 茂福井佳苗、久保 満林 田泰隆大西貴子塚本裕次森岡 淳:プロスタグラ ンジン関連薬が家兎の実験的ぶどう膜炎早期の血液房水柵に及ぼす影響。日眼会 誌105:230-236、2001

永谷周子木内良明中江一人石本一郎:部分強膜 内陥術後に浅前房とともに眼圧が上昇した2例。臨眼95:487-490、2001

久保 満堀 裕一福井佳苗塩谷易之木内 良明石本一郎:マイトマイシンC術中使用を併用した江口式翼状片手術 の成績。眼臨55:1159-1161、2001

大西貴子木内良明中江一人塩谷易之竹安 一郎佐藤 茂濱中紀子林田泰隆相馬剛至 石本一郎福井佳苗、福井武寛:線維柱帯切除術後に悪性緑内 障を発症した虹彩毛様体嚢腫の1例。眼紀52:812-815、2001

津村浩志、井上幸次、前田直之、渡辺 仁、大黒伸行、豊川真弘、 浅利誠 志:嫌気性菌による涙小管炎の2症例。眼紀52:1028-1032

A-4
斉藤喜博: 特集「実践レーザー治療」網膜格子状変性に対する網膜レーザー光凝 固。眼科43:1479-1483、2001

斉藤喜博:ERG・多局所ERG・VEP/VECP。臨床検査45:1555-1558、 2001

A-6
木内良明:Eye Surgery バトルロイヤル、トラベクレクトミー成功の秘訣-麻 酔/制御糸。眼紀52:172-175、2001

木内良セ:Eye Surgery バトルロイヤル、トラベクレクトミー成功の秘訣-結 膜切開・MMC。眼紀52:251-255、2001

木内良明:Eye Surgery バトルロイヤル、トラベクレクトミー成功の秘訣-強 膜弁作成、軟部組織切除、および強膜弁縫合。眼紀52:341-346、2001

木内良明:Eye Surgery バトルロイヤル、トラベクレクトミー成功の秘訣-結 膜縫合。眼紀52:449-453、2001

木内良明:Eye Surgery バトルロイヤル、トラベクレクトミー成功の秘訣-術 後管理。眼紀52:536-540、2001

木内良明:Eye Surgery バトルロイヤル、トラベクレクトミー成功の秘訣-術 後眼内炎対策。眼紀52:615-620、2001

―口演発表―
B-2
NAGANO H, YOKOCHI S, HASHIMOTO H, KATO N, NAKAYAMA Y, JOMORI T, SAITO Y, TANO Y.:Effect of kalliginogenase on leukocyte adhesion in iris microcirculation of diabetic rats. ARVO meeting #461 , Florida USA, Apr-May, 2001

SAWA M, SAITO Y, IKUNO Y, HAYASHI A, KUSAKA S, OHJI M, TANO Y:Lack of nuclear sclerosis development 3 years after non-vitrectomizing vitreous surgery. ARVO meeting #2304, Florida USA, Apr-May, 2001

SAITO Y, HASHITANI H, SUZUKI A, TOKORO Y, TANO Y:Vitrectomy for severe diabeticretinal edema and the removal of hard exudates in subretinal fluid. ARVO meeting #3745, Florida USA, Apr, 2001

SAITO Y, HASHITANI H, SUZUKI A, TOKORO Y, TANO Y:Vitrectomy for severe diabeticretinal edema and the removal of hard exudates in subretinal fluid. ARVO meeting #8211, Florida USA, May, 2001

KIUCHI Y, FUKUI K, OHNISHI T, HAYASHIDA Y, ISHIMOTO I: Additive Ocular Hypotensive Effect of Latanoprost and Unoprostone in Patients With Open Angle Glaucoma. ARVO meeting, Florida USA, Apr-May, 2001

KIUCHI Y, HAYASHIDA Y, FUKUI K, OHNISHI T, ISHIMOTO I: Effect of latanoprost on intraocular pressure and blood-aqueous barrier permeability in patients with uveitis. Glaucoma in the 21st century-Meeting clinical challenges, Palma de Mallorca, Spain, May, 2001

B-4
斉藤喜博:広汎な浸出斑をもつ糖尿病網膜症の特殊例への網膜下洗浄手術。 第24回日本眼科手術学会総会、大阪市、2001年1月

林田康隆木内良明塩谷易之竹安一朗中江 一人石本一郎佐藤 茂浜中紀子大西貴子 相馬剛至:非穿孔線維柱帯切除術が有効と思われたSturge-Weber症候 群の1例。第24回日本眼科手術学会、大阪市、2001年1月

大西貴子木内良明塩谷易之竹安一朗中江 一人石本一郎佐藤 茂浜中紀子林田康隆 相馬剛至:レーザー虹彩切開術前後の前眼部形状変化。第24回日本 眼科手術学会、大阪市、2001年1月

中田 亙、大路正人、沢 美喜、林 篤志、日下俊次、田野保雄、瓶井資弘、斉 藤喜博:傍中心窩新生血管に対する新生血管膜抜去術の成績。第24回日本眼 科手術学会総会、大阪市、2001年1月

上本理世、斉藤喜博、田中雅子、橋谷忠憲、今泉綾子:強度近視眼黄斑円孔 網膜剥離に対する黄斑上膜除去と長期滞留ガスの効果。第24回日本眼科手術学会 総会、大阪市、2001年1月

津村浩志塩谷易之相馬剛至大西貴子林田 康隆濱中紀子竹安一郎中江一人木内良明 石本一郎:HIV抗体陽性患者にたいする白内障手術。第320回大阪眼 科集談会、大阪市、2001年2月

長野 弘、横地祥司、橋本洋幸、加藤憲明、中山幸晴、城森孝仁、斉藤喜博 、田野保雄:ストレプトゾトシン誘発ラット糖尿病モデルにおける白血球粘着亢 進にたいするKalliginogenaseの作用。第105回日本眼科学会総会、横浜市、 2001年4月

木内良明塩谷易之中江一人竹安一郎斉藤 喜博浜中紀子津村浩志大西貴子林田康隆 相馬剛至:プロスタグランジン関連薬の点眼による偽眼類天疱瘡が疑 われた1例。第13回日本緑内障学会、2001年8月

相馬剛至木内良明福井佳苗林田泰隆大西 貴子石本一郎斉藤喜博:開放隅角緑内障におけるラタノプロ ストとウノプロストンの併用効果。第55回日本臨ー眼科学会、京都市、 2001年10月

津村浩志塩谷易之相馬剛至濱中紀子竹安 一郎中江一人木内良明斉藤喜博石本一郎 :HIV抗体陽性患者にたいする白内障手術。第55回日本臨床眼科学会、京 都市、2001年10月

濱中紀子塩谷易之木内良明中江一人竹安 一郎石本一郎湯浅武之介相馬剛至:両眼性結膜悪 性リンパ腫に対して冷凍凝固治療を施行した2例。第55回日本臨床眼科学会 、京都市、2001年10月

伊東奈美、大黒伸行、橋本夏子、山本修士、中川やよい、田野保雄:眼サル コイドーシスにおいてステロイド治療抵抗性を示す症例の検討。第55回日本臨床 眼科学会、京都市、2001年10月

相馬剛至中江一人塩谷易之竹安一郎、濱中紀子 、津村浩志伊東奈美伊藤重雄木内良明斉藤喜博:網膜色素変性症に合併した裂孔原性網膜剥離と黄斑下出血。第 40回日本網膜硝子体学会、名古屋市、2001年11月

相馬剛至木内良明中江一人塩谷易之竹安 一郎濱中紀子津村浩志林田康隆大西貴子 斉藤喜博:ラタノプロストとウノプロストンの併用効果について。 第322回大阪眼科集談会、大阪市、2001年6月

田中雅子、渡辺伸明、斉藤喜博:虹彩炎に対する副腎皮質ステロイド薬全身 投与後に増悪した糖尿病網膜症の3例。第112回内眼糖の集い、大阪市、 2001年7月

伊藤重雄塩谷易之濱中紀子木内良明中江 一人竹安一郎津村浩志相馬剛至伊東奈美 斉藤喜博湯浅武之介:両眼性結膜悪性リンパ腫に対して冷凍 凝固治療を施行した2例。第323回大阪眼科集談会、大阪市、2001年8月

伊藤重雄木内良明中江一人塩谷易之斉藤 喜博濱中紀子津村浩志相馬剛至伊東奈美 :血管新生緑内障に対する緑内障手術成績を左右する因子。第325回大阪眼科 集談会、大阪市、2001年12月

B-8
木内良明:緑内障薬物治療の問題点と眼圧日内変動。緑内障薬物治療の問 題点、大阪市、2001年2月

木内良明:最近の緑内障薬物治療と手術治療。岡山緑内障セミナー、 岡山市、2001年3月

木内良明:緑内障治療の常識と非常識。眼科経営懇談会、大阪市、 2001年7月

木内良明: 緑内障薬物治療の問題点。和歌山市眼科懇話会、和歌山 市、2001年7月

斉藤喜博:特別講演−黄斑手術の最前線。宝塚市眼科医会勉強会、宝 塚市、2001年8月

斉藤喜博:シンポジウムー硝子体非切除硝子体手術。第3回兵庫県眼科フ ォーラム、神戸市、2001年9月

木内良明:マイトマイシンC併用トラベクレクトミー後に強膜軟化症を生じた 1例。関西緑内障セミナー、大阪市、2001年9月

木内良明:緑内障手術はどこへ。広島眼科研修会、広島、2001年11月

木内良明:緑内障治療はどこへ。第1回近畿眼科オープン症例検討会 、大阪市、2001年12月

B-9
斉藤喜博:糖尿病網膜症、NHKラジオ「関西ラジオワイド」季節の健康 。2001年8月

斉藤喜博:黄斑変性、NHKラジオ「関西ラジオワイド」季節の健康。 2001年9月

斉藤喜博:緑内障、NHKラジオ「関西ラジオワイド」季節の健康。 2001年9月