婦人科

鈴木 瞭

【平成13年度研究業績発表】
―著述発表―
A-3
永野忠義:婦人科癌におけるリンパ節転移の臨床的取り扱い。産婦人科の 進歩53(5):486-494

川村 真、永野忠義榊原敦子平野剛、橋井康二、岡垣 篤彦、野々垣真佐史、伴 千秋鈴木 瞭、小澤 満:外陰・膣 扁平上皮癌に対するCarboplatin, Ifosfamide, Peplomycin併用療法(PIP療法)の試 み。産婦人科の進歩53(1):60-61

―口演発表―
B-3
岡垣篤彦橋本克次東堂龍平楠岡英雄井上 通敏:診療情報の電子化の実際。日本エム・イー学会関西支部講演会、 大阪、2001年3月

B-6
榊原敦子永野忠義河原邦光倉田明彦鈴木  瞭:子宮体下部から頚部に認められたcarcinosarcomaの1例。大阪産婦人科 医会集談会、大阪、2001年3月

平野 剛永野忠義榊原敦子、川村 真、藤井治子 、越山雅文、岡垣篤彦伴 千秋鈴木 瞭:子宮頚癌 に対する腹腔鏡下リンパ節郭清の試み。大阪温知会総会、大阪、2001年3月

榊原敦子永野忠義鈴木 瞭河原邦光倉田 明彦:子宮内膜及び頚管に多数のポリープ様病変を認めた一例。第20回関西 婦人科病理懇話会、大阪、2001年6月

永野忠義鈴木 瞭平野 剛藤田浩平榊原 敦子高橋秀元藤井治子岡垣篤彦伴 千秋 :子宮体癌の手術法―基靭帯切除の必要性とその程度―“期症例および再発例の 検討から”。第31回日本婦人科腫瘍学会学術集会、大阪、2001年11月

永野忠義鈴木 瞭平野 剛藤田浩平榊原 敦子高橋秀元藤井治子岡垣篤彦伴 千秋 :われわれの行う排尿機能温存手術手技。第24回日本産婦人科手術学会 、大阪、2001年12月

榊原敦子永野忠義藤田浩平高橋秀元藤井 治子平野 剛岡垣篤彦伴 千秋鈴木 瞭 河原邦光倉田明彦:特徴的画像所見を呈した悪性腫瘍の症 例。105回近畿産婦人科学会、大阪、2001年12月

高橋秀元永野忠義藤田浩平榊原敦子藤井 治子平野 剛岡垣篤彦伴 千秋鈴木 瞭 河原邦光倉田明彦:妊娠中に合併した分類不能の卵巣腫瘍の 一例。105回近畿産婦人科学会、大阪、2001年12月