循環器科

是恒之宏

1、循環器科診療方針
 循環器疾患は癌とともに国民の健康を脅かし生命及びQOLに多大な影響を及ぼす最 大の疾患群である。日本社会はグローバル化によるビッグバンに曝され、壮年層では 益々ストレスが増加する一方、若年層では食生活がさらに欧米化しつつあり、循環器 疾患は今後も増加の一途をたどると予想される。

虚血性心疾患
 狭心症、心筋梗塞は年々増加し、発症年令も若年化しつつあり、これら虚血性心疾 患の制圧は循環器病対策の中で最も大きな課題である。
 循環器科では、24時間体制でCCUを運用し、心臓血管外科と協力して急性期虚血 性心疾患の治療に最重点を置いている。
 一方、虚血性心疾患は生活習慣病の一つであり、啓蒙活動を強化することによっ て、発症・進行(一次予防)と再発(二次予防)を抑制することが可能であるので、 今後は、心筋梗塞の二次予防のみならず、高血圧や糖尿病患者、喫煙者を対象とした 健康教育の場を設け、一次予防にも積極的に取り組んでいきたい。

心原性脳塞栓の予防
 高齢者の一次予防で重要なものに心原性脳塞栓がある。心原性脳塞栓のうち約半数 は非弁膜性心房細動(NVAF)が原因であり、70才以上の高齢者でNVAFが飛躍的に増加 することから、この疾患群における脳梗塞の予防は極めて重要である。
1998年4月より塞栓予防を目的とした「心房細動外来」を開設し、ハイリスク患者に 予防的にワーファリンを使用することにより一次、二次予防に努めてきた。心房細動 患者で脳梗塞、TIA(一過性脳虚血発作)の既往、高血圧、心不全の合併、経食道エ コーによる左心耳内血栓検出症例にワーファリンを処方し、心房細動外来での脳硬塞 年間発症率はと良好な成績を得ている。高齢者におけるワーファリン服用を支援する ため、ワーファリン教室を定期的に開催し、本人および家族への教育を行っている。 5年前に大阪地区で実施された前向き調査で、非弁膜症性心房細動患者722例におけ る無投薬での脳梗塞年間発症率が4.5%であったことから、予防的なワーファリン使用 の有効性がうかがえる。

重症心不全
 拡張型心筋症は難病(特定疾患)の一つであるが、循環器科では、本疾患を含む重 症心不全治療を重点課題の一つとしている。本年2月に、わが国において臓器移植法 施行後はじめて心臓移植が施行されたものの、レシピエントに比しドナーの絶対的不 足解消は悲観的であり、今後、幸運に移植を受け得る患者は重症心不全患者のほんの 一握りにすぎないであろう。現時点では、内科的に重症心不全患者をいかに安定した 状態に維持するかが重要であり、ACE阻害剤はもちろん、β遮断薬療法、アミオダロ ン療法、カテコラミン間欠投与法などを駆使して取り組んでいる。循環器科では、重 症心不全外来を開設し、重症心不全患者の系統的・専門的治療と追跡調査に科をあげ て最善の努力を行っている。

根拠に基づく診療(EBM)と臨床治験
 循環器科では「電子カルテシステム」が導入され、診療記録がデータベース化され ている。一方、国立病院の政策医療ネットワークにおいて、本院は「循環器病におけ る基幹医療施設」に位置づけられ、HOSPnetを介した臨床研究(EBMに基づくガイドラ インの作成など)や共同臨床治験において中心的役割を担っている。新GCPにもとづ く治験も管理センターの充実により、全国国立病院でも有数の契約数となっている が、循環器科でも日本における新薬開発承認に積極的に参加することにより、社会に 貢献したいと考えている。
 一方、拡張型心筋症に対するBatistaの手術、循環器病における遺伝子治療等の先 進的医療については、心臓血管外科と連係をとるとともに、国立循環器病センター、 大阪大学との交流を密接にして貢献できるように努めたい。

診療規範(パス法の導入)
 循環器科は、1998年より、チーム医療の円滑な実施、インフォームドコンセントの 充実、狭心症診療の標準化とバラツキの縮小などに目的に置いて、狭心症患者の治療 計画ガイドライン(パス法)を作成し、これに基づいて入院診療を実施している。急 性心筋梗塞についても1999年よりパスを導入し、特に軽症の心筋梗塞早期退院に威力 を発揮している。

心臓病の包括医療と地域医療連係
 パス法は入院期間中を対象としたプランであるが、患者・家族は、退院後の医療や ケアについてのプランも与えられることを望んでいる。一次予防から退院後の社会復 帰に至る包括医療のプログラムが用意され、このプログラムを役割分担する施設の連 携システムが円滑に機能することが、患者を安心させ驍セけでなく、心臓病の予防、 再発防止、治療成績の向上に寄与するであろう。今後、心臓病についての包括的医療 プログラムを提案し、地域医療連携の充実を図ることが国立大阪病院循環器科の課題 の一つだと考えている。

2、循環器科臨床研究
1.心房細動関連
1997年以前の循環器外来における非弁膜性心房細動患者の脳梗塞 発症率と1998年以降心房細動外来における発症率との比較
ワーファリンコントロールの程度とTAT,DDの関係
右心系のもやエコーと肺塞栓
心房のtissuecharacterization
低侵襲左心耳結紮術MILAAL(Minimally Invasive Left Atrial Appendage Ligation)
ワーファリンコントロール不良例の原因検索(薬剤部)
心房細動時の冠循環
循環器学会治療ガイドライン
JAST study(low risk患者に対するアスピリン)全国前向き臨床 試験
2.心不全関連
1)心不全の運動療法(循環器病委託研究)
2)透析心における心不全の予防と治療
3)心機能回復の予測
4)ROAD study (persantine) 阪大との共同研究
5)循環器病委託研究
3.狭心症関連
1)薬物によるpreconditioning効果獲得の試み
2)flow wireによる糖尿病性微小循環障害の検出
4.心筋梗塞関連
1)OACIS study(疫学調査)阪大との共同研究
2)COAT study(adenosineの梗塞縮小効果)阪大との共同研究
3)全国国立病院大規模調査(厚生科学研究)
 以上、現在進行中、今後のテーマを折り込んだが、スタッフには総会、国際学会、 シンポジウムにも積極的に応募を推奨。レジデントには地方会、総会、できれば3年 目に国際学会がめざせるテーマを持たせる。また、症例報告も含め、研究の論文化を 推進し、支援する。

【平成13年度研究業績発表】
―著述発表―
A-0
NAITO J, KORETSUNE Y, SAKAMOTO N, SHUTTA R, YOSHIDA J, YASUOKA Y, Yoshida S, CHIN W, KUSUOKA H, INOUE M. Transmural heterogeneity of myocardial integrated backscatter in diabetic patients without overt cardiac disease. Diab Res Clin Prac 52: 11-20, 2001

Kinjo K, Sato H, Sato H, Shiotani I, Kurotobi T, Ohnishi Y, HIshida E, Nakatani D, Ito H, KORETSUNE Y, Hirayama A, Tanouchi J, Mishima M, KuzuyaT, Takeda H, Hori M. The Osaka Acute Coronary Insufficiency (OACIS) Group. Circadian variation of the onset of acute myocardial infarction in the Osaka area, 1998-1999 -Characterization of morning and nighttime peaks- Jpn Circ J 65:617-620, 2001

YASUOKA Y, NAITO J, OKAZAKI T, SAKAMOTO N, SHUTTA R, YOSHIDA J, HASHIMOTO K, CHIN W, KUSUOKA H, INOUE M, KORETSUNE Y. 826-5 High Incidence of Silent Pulmonary Embolism in Patients With Atrial Fibrillation With Right Atrial Spontaneous Echo Contrast. J Am Coll Cardiol 37(2) suppl A: 244A, 2001

Hirooka K, Yasumura Y, Tsujita Y, Hanatani A, Nakatani S, Miyatake K, Yamagishi M. An Enhanced Method For Left Ventricular Volume and Ejection Fraction by Triggered Harmonic Contrast Echocardiography. Int J Card Imaging 17:253-261, 2001

Hirooka K, Yasumura Y, Ishida Y, Hanatani A, Nakatani S, Komamura K, Hori M, Yamagishi M, Miyatake K. Comparative Left Ventricular Functional and Neurohumoral Effects of Chronic Treatment With Carvedilol Versus Metoprolol in Patients With Dilated Cardiomyopathy. Jpn Circ J 65:931-6, 2001

Lalli MJ, Yong J, Prasad V, HASHIMOTO K, Plank D, Babu GJ, Kirkpatrick D, Walsh RA, Sussman M, Yatani A, Marban E, Periasamy M. Sarcoplasmic reticulum Ca2+ ATPaes (SERCA) 1a structurally substitutes for SERCA2a in the cardiac sarcoplasmic reticulum and increases cardiac Ca2+ handling capacity. Circ Res 89:160-167, 2001

Yoshioka J, KUSUOKA H, Imahashi K, HASHIMOTO K, Hori M, Terakawa T, Nishimura T. Troglitazone enhances glucose uptake induced by alpha-adrenoreceptor stimulation via phosphatidylinositol 3-kinase in rat heart. Clin Exp Pharmacol Physiol 28:752-757, 2001

Mu X, Hasegawa S, Yoshioka J, Maruyama A, Maruyama K, Paul AK, Yamaguchi H, Morozumi T, HASHIMOTO K, KUSUOKA H, Nishimura T. Clinical value of lung uptake of iodine-123 metaiodobenzylguanidine (MIBG), a myocardial sympathetic nerve imaging agent, in patients with chronic heart failure. Ann Nucl Med 15:411-416, 2001

A-2
是恒之宏:第一章 主要疾患治療ノート 2心不全の治療「心臓・血管疾患 で使う薬剤ノート」、楠岡英雄編、15-20、メディカ出版、2001年3月

是恒之宏:第二章 薬剤ノート 3β遮断薬「心臓・血管疾患で使う薬剤ノ ート」楠岡英雄編、129-182、メディカ出版、2001年3月

橋本克次:強心剤、血管収縮剤・昇圧剤、その他の薬剤、「心臓・血管疾患 で使う薬剤ノート」、楠岡英雄編、pp.55-94, 415-422, 481-495、メディカ出版(大 阪)、2001

橋本克次、葛谷恒彦、星田四朗、楠岡英雄:臓器・組織・細胞から見たカル シウム拮抗薬の作用−虚血・再灌流障害「全面改訂 カルシウム拮抗薬」、矢崎義雄 ・遠藤政夫編、154-174、医薬ジャーナル社、大阪、2001

安岡良典是恒之宏:III不整脈、4.心房細動をどう管理するか。 a)心房細動における血栓塞栓症の予防は?「Evidence Based Cardiology EBM 循環 器疾患の治療2001−2002」、三田村秀雄、山科章他編集、459-471、中外医学社、 2001年10月

陳 若富:狭心症における医療の標準化と効率化を図ることで在院日数が短 縮した!「成果で魅せる!クリニカルパス」、近畿地区医療質保証検討会編著、 386-394、日総研、2001年11月

A-3
岡崎太郎安部晴彦市川 稔入野宏昭陳  若富橋本克次廣岡慶治安岡良典吉田純一 是恒之宏林 亨楠岡英雄井上通敏:心房 細動に急性上腸間膜動脈塞栓症を併発しPTAで救命しえた一例。OSAKA HEART CLUB 25(1):13-15、2001

是恒之宏内藤丈詞安岡良典:重症心不全患者における間 欠的ミルリノン投与法の意義。第65回日本循環器学会総会学術集会ハイライト、 Therapeutic Research 22(R4):2-5、2001

内藤丈詞:ニコランジル経口投与により臨床的プレコンディショニングが得 られるか、第14回医学研究助成成果発表、Osaka Heart Club 25(1): 10-12、2001

田村栄稔林 亨習田 龍沢村敏郎稲葉  修岡崎太郎吉田純一阪本紀子安岡良典内藤丈詞橋本克次陳 若富是恒之宏:気道閉塞 の原因が遺伝性血管神経性浮腫であったまれな1例。救急医学:1764-7、 2001

A-4
安岡良典是恒之宏:心房細動の塞栓予防−その実際。Medical Practice 18(2):267-270、2001

習田 龍是恒之宏:特集 心房細動−治療の最前線 抗凝固療法と 抗血小板療法をどう使い分けるか。Heart View 5(3):86-93、2001

安岡良典是恒之宏:心房細動−抗血栓療法 別冊医学のあゆみ。 循環器疾患Ver.2 State of arts 559-561、東京

是恒之宏岡崎太郎:特集症状と鑑別診断 胸痛。救急医学 25(4):437-444、2001

内藤丈詞:新しい技術で何が分かるか。新しい技術をどう使うか。3)心筋 の組織を診る。Osaka Heart Club 24(9):14-16、2001

廣岡慶治是恒之宏:新しい概念に基づいた慢性心不全診療 治療の 最前線:急性増悪時の対応。Medicina 38(10):1667-70、2001

三田村秀雄、是恒之宏、山下武志、小田倉弘典:「座談会」心房細動 心房 細動をいかに治療するか。治療学35(9):985-998、2001

廣岡慶治、宮武邦夫:心雑音精査で来院した重複半月弁異常の1例。THE CIRCULATION FRONTIER 5:71-73、2001

橋本克次、吉岡 淳、今橋憲一、楠岡英雄:カルシウムと再灌流障 害。呼吸と循環 49:43-49、2001

橋本克次楠岡英雄:MRS。綜合臨床50:1344-1349、2001

A-6
是恒之宏:特集 発想の転換迫られる心不全の薬物療法。日経メディカル 56-65、2001年2月

是恒之宏:第65回日本循環器学会特集 ミルリノン静注療法 0.5γ/kg/分で1日 4時間、3日間隔が有効。Medical Tribune第2部:42、2001年4月

是恒之宏:Monthly Topics 非弁膜症性心房細動の脳塞栓予防に低用量ワルフ ァリンが有用。Medical Tribune 循環器疾患版49、2001年5月

―口演発表―
B-2
YASUOKA Y, NAITO J, OKAZAKIT, SAKAMOTO N,SHUTTA R, YOSHIDA J, HASHIMOTO K, CHIN W, KUSUOKA H, INOUE M, KORETSUNE Y. 826-5 High Incidence of Silent Pulmonary Embolism in Patients With Atrial Fibrillation With Right Atrial Spontaneous Echo Contrast. The American College of Cardiology 50th Annual Scientific Session, Orlando, Florida, March, 2001

KORETSUNE Y, CHIN W, HASHIMOTO K, YASUOKA Y, HAYASHI T, OKAZAKI T, ICHIKAWA M,KUSUOKA H, INOUE M, NAITO J. The decrease in adenosine release, not in nitric oxide, may impair coronary flow dynamics during paroxysmal atrial fibrillation. The 23rdCongress of European Society of Cardiology. Stockholm, 2001, Sept

KORETSUNE Y, CHIN W,HASHIMOTO K, YASUOKA Y, HAYASHI T, OKAZAKI T, ICHIKAWA M, KUSUOKA H, INOUE M, NAITO J. International normalized ratio of 1.5-2.5 with warfarin is effective and safe to prevent ischemic stroke in high risk Japanese patients with nonvalvular atrial fibrillation. The 23rd Congress of European Society of Cardiology. Stockholm, 2001, Sept

YASUOKA Y, KORETSUNE Y,ICHIKAWA M, OKAZAKI T, HASHIMOTO K, CHIN W, HAYASHI T, KUSUOKA H, INOUE M. Clinical significance fo spontaneous echo contrast in thoracic discending aorta of patients with nonvalvular atrial fibrillation. The 23rd Congress of European Society of Cardiology. Stockholm, 2001, Sept

是恒之宏:The intermittent milrinone therapy have cardioprotective effects for patients with end-stage heart failure。第65回日本循環器学会総 会シンポジウム 臨床5重症心不全の内科的・外科的治療、京都、2001年3月

是恒之宏:心不全のニューコンセプト 重症心不全におけるPDEIII阻害剤の 間歇投与。日本心不全学会 ランチョンセミナー、仙台、2001年10月

是恒之宏:心房細動の管理 抗血栓療法。日本心電学会サテライトシンポ ジウム、2001年10月

B-4
是恒之宏安岡良典橋本克次陳 若富林  亨楠岡英雄井上通敏:重症心不全患者におけるBNP上昇、自 律神経調節破綻と間欠的ミルリノン投与。日本適応医学会第5回学術集会、 大阪、2001年6月

是恒之宏陳 若富橋本克次安岡良典岡崎 太郎市川 稔林 亨楠岡英雄井上通敏: ハイリスク非弁膜症性心房細動患者における脳梗塞予防−低用量ワーファリンの有用 性−。第49回日本心臓病学会総会、広島、2001年9月

是恒之宏楠岡英雄井上通敏:急性心筋梗塞における在院 日数とコストべネフィット−日本版DRG/PPSとの比較検討−。第49回日本心臓病学 会総会、広島、2001年9月

安岡良典市川 稔岡崎太郎阪本紀子習田  龍廣岡慶治橋本克次陳 若富是恒之宏 楠岡英雄井上通敏:右房内もやもやエコー(SEC)と無症候 性肺塞栓症との関連―肺血流シンチによる検討。第49回日本心臓病学会総会 、広島、2001年9月

廣岡慶治、安村良男、花谷彰久、中谷 敏、駒村和雄、山岸正和、宮武邦 夫:拡張型心筋症患者でのβ遮断薬治療による血中BNP濃度の変化。第49回日本心 臓病学会総会、広島、2001年9月

橋本克次安岡良典廣岡慶治陳 若富林  亨井上通敏楠岡英雄是恒之宏:循環器科診療にお ける電子カルテの意義。第49回日本心臓a学会総会、広島、2001年9月

林 亨安岡良典廣岡慶治陳 若富是恒之 宏:搬入時の血液および心電図所見からみた来院時心肺機能停止患者の心拍再開 予知に関する検討。第49回日本心臓病学会総会、広島、2001年9月

HIROOKA K, YASUMURA Y, TSUJITA Y, HANATANI A, NAKATANI S, MIYATAKE K, YAMAGISHI M. Enhanced Method For Predicting Left Ventricular Reverse Remodeling After Surgical Repair of Aortic Regurgitation: Application of Ultrasonic Tissue Characterization. 第65回日本循環器学会学術総会、京 都、2001年3月

TAMURA H, HAYASHI T, OKAZAKI T, YOSHIDA J, SHUTTA R, SAKAMOTO N, YASUOKA Y, NAITOH J, HASHIMOTO K, CHIN W, KORETSUNE Y. Significance of measurements of PaCO2 and serum K concentration during cardiopulmonary resusucitation in cardiogenic cardiopulmonary arrest on arrival. 第65回日 本循環器学会学術総会、京都、2001年3月

廣岡慶治、安村良男、花谷彰久、中谷 敏、駒村和雄、山岸正和、宮武邦 夫:β遮断薬治療による血中BNP濃度の変化。第49回日本心臓病学会学術総会 、広島、2001年9月

田村栄稔林 亨奥田和功若井聡智大西光 雄中田康城定光大海:肝硬変合併せる肝切除症例のケトン体 の変化について。第29回日本救急医学会総会学術集会、東京、2001年11月

B-5
是恒之宏:心房細動と脳塞栓−専門外来による一次予防の試み−。第30回 鹿児島血栓研究会、鹿児島、2001年6月

是恒之宏:高齢者非弁膜症性心房細動患者における脳梗塞一次予防。東葛 不整脈研究会、2001年6月

堀 正二、木村玄次郎、麻野井英次、是恒之宏:慢性心不全の治療戦略−利 尿薬選択の理由−座談会、大阪、2001年6月

是恒之宏:慢性心不全患者におけるβ遮断薬療法―How, To whom, and What else?。臨床心不全研究会、名古屋、2001年9月

是恒之宏:重症心不全患者に対する間欠的ミルリノン療法。第76回兵庫県 循環器病研究会、神戸、2001年9月

是恒之宏:特発性拡張型心筋症について。泉大津保健所講議と交流会 、泉大津、2001年11月

岡崎太郎市川 稔阪本紀子習田 龍吉田 純一安岡良典内藤丈詞橋本克次陳 若富 是恒之宏楠岡英雄林 亨井上通敏:心房 細動に急性上腸間膜動脈閉塞症を併発しPTAで救命しえた一症例。第88回日本シネ アンジオ研究会、大阪、2001年2月

習田 龍市川 稔岡崎太郎阪本紀子吉田 純一安岡良典内藤丈詞橋本克次陳 若富 是恒之宏:胸腹部大動脈瘤、脳動脈瘤を合併した巨大冠動脈瘤の一症 例。第88回日本シネアンジオ研究会、大阪、2001年2月

市川 稔岡崎太郎阪本紀子習田 龍吉田 純一安岡良典内藤丈詞橋本克次陳 若富 林 亨楠岡英雄是恒之宏:治療に難渋した巨大冠 動脈瘤の1症例。第164回日本内科学会近畿地方会、大阪、2001年6月

市川 稔岡崎太郎阪本紀子習田 龍吉田 純一安岡良典内藤丈詞廣岡慶治橋本克次 陳 若富是恒之宏:心房細動に急性上腸間膜動脈塞栓症を併 発しPTAで救命しえた一症例。第6回日本心血管インターベンション学会近畿地方 会、吹田市、2001年5月

習田 龍市川 稔岡崎太郎阪本紀子吉田 純一安岡良典内藤丈詞橋本克次陳 若富 林 亨楠岡英雄是恒之宏磯部文隆:注意 深い心エコー・ドプラーの観察にて早期に診断し得た大動脈弁位人工弁機能不全 (stuck valve)の一症例。日本循環器学会第91回近畿地方会、大阪、2001年 6月

岡崎太郎市川 稔阪本紀子習田 龍吉田 純一安岡良典内藤丈詞橋本克次陳 若富 林 亨楠岡英雄是恒之宏:心房細動に急性上腸間 膜動脈塞栓症を併発しPTAにて救命しえた一症例。日本循環器学会第91回近畿地 方会、大阪、2001年6月

習田 龍市川 稔岡崎太郎安岡良典廣岡 慶治橋本克次陳 若富林 亨是恒之宏楠岡英雄磯部文隆:自覚症状が軽度な段階で早期に診断し得た大動 脈弁位Edwards-Tenka弁機能不全の一症例。第49回日本心臓病学会総会、広 島、2001年9月

入野宏昭廣岡慶治安部晴彦市川 稔岡崎 太郎安岡良典橋本克次陳 若富楠岡英雄 是恒之宏井上通敏:上・下大静脈にフィルターを留置した肺 動脈血栓塞栓症例の検討。近畿心血管イメージング研究会、大阪、2001年 12月

藤原美都安部晴彦市川 稔入野宏昭岡崎 太郎安岡良典廣岡慶治橋本克次陳 若富 林 亨楠岡英雄是恒之宏井上通敏:短期 間に拡張相への移行を認めた肥大型心筋症の1症例。第92回日本循環器学会近畿 地方会、大阪、2001年12月

安部晴彦入野宏昭市川 稔岡崎太郎安岡良典廣岡慶治橋本克次 陳 若富楠岡英雄林 亨是恒之宏井上通敏:閉塞性肥大型心筋症を合併した腱索断裂による重症僧帽弁逆流の 治療戦略。第92回日本循環器学会近畿地方会、大阪、2001年12月

是恒之宏:心房細動患者における脳塞栓予防の意義−心房細動外来の試み −。旭区医師会内科医会・知新会学術講演会、2001年2月

是恒之宏:非弁膜症性心房細動患者における脳梗塞−抗凝固療法の意義−。 田辺製薬創薬研究所特別講演会、2001年2月

是恒之宏:Panel Discussion。-SPRTIF III International Clinical Study Meeting-、大阪、2001年5月