麻酔科

竹田 清

 日常の手術麻酔や術後管理を通しての臨床研究が中心である。その主流をなすもの は術後痛対策であり、ことに硬膜外鎮痛法では投与薬の選択、至適投与量の決定な ど、より有効な術後鎮痛法を目指して検討を重ねてきた。すなわち硬膜外鎮痛法の導 入→非麻薬性鎮痛薬の間欠投与から持続投与への移行→麻薬の持続投与→局所麻酔薬 の添加と推移し、一連の研究は1996年度の大阪大学麻酔集中治療学術奨励賞を受賞し た。
 さらに昨年度は鎮痛効果と副作用発現について検討し、鎮痛薬の過量投与が副作用 の原因であることを明らかにした。すなわち投与量を減じることによっても鎮痛効果 に影響せず、且つ副作用のない、より快適な鎮痛法の確立は術後痛の自然経過に見合 った投薬法であり、理にかなっている。また血液凝固異常などのために硬膜外穿刺の 行えない患者に対しては硬膜外麻酔以外の鎮痛法持続静脈内投与などの鎮痛法を確立 する必要がある。などが残されている。:術後痛は癌末期疼痛と異なり、時間の経過 とともに軽減する。このため投薬も漸減法を用い、過量投薬による副作用を防止す る。
 今後の課題としては
1)鎮痛法の定時処方化:【痛みがあっての鎮痛薬投与】 ではなく、【痛がらせないことを目標とした疼痛管理】を目標とする。
2)術後痛の自然経過に見合った投薬:術後痛は癌末期疼痛と異なり、時間の経過とともに軽減する。このため投薬も漸減法を用い、過量投薬による副作用を防止する。
3)早期離床の評価:鎮痛効果についてはこれまで検討してきたが、運動量の評価が行われていない。
4)硬膜外麻酔以外の鎮痛法の確立:血液凝固異常などの ために硬膜外穿刺の行えない患者に対しては持続静脈内投与などの鎮痛法を確立する 必要がある。
などが残されている。

【平成13年度研究業績発表】
―口演発表―
B-4
坂本淳子赤松哲也岡田俊樹渋谷博美竹田 清:Irradiated blood transfusion induced hyperkalemia-Two cases of ventricular fibrillation-。日本麻酔藥理学会第23回学術大会、東京、 2001年6月

坂本淳子岡田俊樹竹田清赤松哲也渋谷博 美:Pycnodysostosis(濃化異骨症)患者の麻酔経験:頭蓋骨・顎骨の形成不全 と気道確保困難について。日本臨床麻酔学会第21回大会学術集会・総会、横 浜、2001年10月

高野豊久赤松哲也坂本淳子住谷昌彦渋谷 博美岡田俊樹竹田清:術中予期せぬ大量出血をきたした2症 例。日本臨床麻酔学会第21回大会学術集会・総会、横浜、2001年10月

河野和雄赤松哲也坂本淳子清水智明岡田 俊樹竹田清:大動脈弁置換後、大動脈遮断解除するも心収縮の認めら れなかった症例。第6回日本心臓血管麻酔学会学術大会・総会、札幌、2001年 10月

清水智明赤松哲也竹田清:気管腕頭動脈瘻により大量出 血をきたした症例の麻酔経験。第6回日本心臓血管麻酔学会学術大会・総会、 札幌、2001年1月

B-6
高野豊久坂本淳子:麻酔導入後、眼球が内転した症例。日本麻 酔学会関西地方会症例検討会、大阪、2001年12月