整形外科

大園健二

 整形外科が取り扱う疾患は多岐にわたる上に、近年の救急医療へのてこ入れによ り、多発外傷を取り扱う頻度も増している。当院では専門分野別には温度差はあるが 1)小児整形外科、2)骨軟部腫瘍、3)脊椎外科、4)股関節外科、5)膝関節外科、 6)上肢の外科(肩、肘、手)、7)足の外科、8)リウマチ性疾患、9)リハビリテー ション医学、10)スポーツ整形外科、11)骨折外傷全般の各部門に取り組んでいる。 難病もしくは専門的治療を要する疾患群では1年間に入院患者数(ほぼ100%が手術 例)として骨軟部悪性腫瘍約80例、小児難病・骨系統疾患約70例、変形性股関節症約 120例、変形性膝関節症約40例、特発性大腿骨頭壊死症約20例、慢性関節リウマチ約 30例、後縦靱帯骨化症若干例、脊椎変性疾患約70例を取り扱っており総退院患者数の 6割を占める。
 骨軟部悪性腫瘍については、先進的な化学療法+患肢温存的腫瘍広汎切除など治療 成績のみならずQOLを鑑みた体系的治療法の確立にむけて診療に取り組んでいる。ま た転移性骨腫瘍に関しても積極的にQOL改善を目指した治療戦略を展開中である。小 児難病とくに骨系統疾患は症例集積が進んでおり、中でも骨形成不全症に対する最小 侵襲手術としての経皮的髄内釘挿入固定術の開発により本疾患の治療体系が整備され つつある。特発性大腿骨頭壊死症に対しては積極的な外科的介入を施行しながら、大 阪大学や厚生省研究班とのコラボレーションで遺伝子解析などの病態解明、新しい治 療法の開発を目指している。後縦靱帯骨化症、慢性関節リウマチなどの難病に対して は今後もより多くの症例の集積が予想され専門的体系的診療を継続するとともにさら なるレベルの向上を図っている。
 高齢者層の増加にともない変性疾患の激増が予測される関節外科や脊椎外科分野に おいては、カスタムメイド人工股関節や日本人骨格のCTデータより設計された新開発 の人工股関節や人工膝関節、脊椎インスツルメンテーションが臨床応用される段階に 達している。全国の大学、研究施設との共同臨床研究も計画中であり、当院において も症例数の増加と平行して先進的な治療の展開が期待される。
 これら整形外科の幅広い各専門分野において担当のスタッフが国内外での学術集会 における発表ならびに論文発表を精力的に行っており、内外でも一定の評価を得つつ ある。これは各スタッフの臨床的能力、手術の高い技量に裏打ちされているだけでな く、科学的アプローチと裏付けを恒常的に行っている証でもある。今後の課題は若手 スタッフやレジデント、研修医への診療面での教育、手術トレーニングのみならず、 研究発表面での教育指導であるが、スタッフの人的不足のため両輪ともに十分とはい えない。今後の底挙げのためにもマンパワー問題の改善が必要と考える。
 救急医療への積極的な取り組みやスポーツ整形外科的アプローチにより、各種の骨 折外傷、靱帯損傷などを取り扱う頻度が増加している。これらは整形外科の臨床的基 盤ともいえるもので、学会活動など学術的取り組みも行っており、研修医の重要なト レーニングの機会として教育上も重要な役割を果たしている。

【平成13年度研究業績発表】
―著述発表―
A-0
HARAGUCHI K, SUGANO N, NISHII T, SAKAI T, YOSHIKAWA H, OHZONO K: Influence of polyethylene and femoral head surface quality on wear: A retrieval study. International Orthopaedics 25:29-34, 2001

SUGANO N, OHZONO K, NISHII T, SAKAI T, HARAGUCHI K, YOSHIKAWA H, KUBO T: Early MRI findings of rapidly destructive coxopathy. Magnetic Resonance Imaging 19 (1): 47-50, 2001

NAKATA K, MASUHARA K, SUGANO N, SAKAI T, HARAGUCHI K, OHZONO K: Dome (Modified Chiari) Pelvic Osteotomy. Clin. Orthop 389: 102-112, 2001

SAKAI T, SUGANO N, NISHII T, HARAGUCHI K, YOSHIKAWA H, OHZONO K: Bone acintigraphy for osteonecrosis of the knee in patients with non-traumatic osteonecrosis of the femoral head; comparison with magnetic resonance imaging. Annals of Rheumatic Disease 60(1): 14-20, 2001

SATO M, SUGANO N, OHZONO K, NOMURA S, KITAMURA Y, TSUKAMOTO Y, OGAWA S: Apoptosis and expression of stress protein (ORP150, HO1) during development of ischeamic osteonecrosis in rat. J. Bone Joint Surg.83-B (5): 751-759, 2001

KISHIDA Y, SUGANO N, SAKAI T, NISHII T, HARAGUCHI K, OHZONO K, YOSHIKAWA H: Full weight-bearing after cementless total hip arthroplasty. Int Orthop. 25 (1): 25-28, 2001

HARAGUCHI K, SUGANO N, NISHII T, SAKAI T, YOSHIKAWA H, OHZONO K: Analysis of survivorship after total hip arthroplasty using a cermaic head. Clin. Orthop. 391: 198-209, 2001

NISHII T, SUGANO N, SAKAI T, HARAGUCHI K, OHZONO K, YOSHIKAWA H: Osteoblastic response to osteoarthrosis of the hip does not predict outcome of cementless cup fixation: 79 patients followed for 5-11 years. Acta Orthop Scand 72(4): 343-347, 2001

NISHII T, SUGANO N, TANAKA H, NAKANISHI K, OHZONO K, YOSHIKAWA H: Articular Cartilage Abnormalities in Dysplastic Hips Without Joint Space Narrowing. Clin Orthop. 383:183-190, 2001

KUDAWARA I, YOSHIKAWA H, ARAKI N, UEDA T. Intramuscular haemangioma adjacent to the bone surface with periosteal reaction. J Bone Joint Surg 83-B: 659-662, 2001

KUDAWARA I, UEDA T, ARAKI N, MORI S. Malignant Hemangiopericytoma of the Breast. J Comput Assist Tomo 25: 319-321, 2001

KUDAWARA I, UEDA T, YOSHIKAWA H, MIYAMA T, YAMAMOTO T, NISHIZAWA Y. In vivo inhibition of tumour growth by dexamethasone in murine osteosarcomas. Eur J Cancer 37: 1703-1708, 2001

KUDAWARA I, UEDA T, ARAKI N. Extraskeletal Chondroma Around the Knee. Clin Radiol 56: 779-782, 2001

KUDAWARA I, ARAKI N, NAKANISHI H, MANO M, ISHIGURO S. Malignant mesenchymoma of the lower leg. J Clin Pathol 54: 877-879, 2001

IKUSHIMA K, UEDA T, KUDAWARA I, YOSHIKAWA H. Lipoma Arborescence of the Knee as a Possible Cause Osteoarthrosis. Orthopedics 24: 603-605, 2001

Kazuki K, Denno K, Hiroshima K, Egi T: Digital flap for cleft hand with severe syndactyly of the thumb and index finger: case report. Congenital Differences of the Upper Limb 81-83, 2001

Kazuki K, Denno K, Hiroshima K, Egi T: Clinical aspects and outcomes of enchondroma in the hand. J Jpn Soc Surg Hand 18, 2001

Kamano M, Honda Y, Kazuki K: Palmar lunate transscaphoid fracture-dislocation caused by palmar flexion injury. J Orthop Trauma15: 225-227, 2001

TAKEUCHI E, SUGAMOTO K, NAKASE T, MIYAMOTO T, KANEKO M, TOMITA T, MYOUI A, OCHI T, YOSHIKAWA H: Localization and expression of osteopontin in the rotator cuff tendons in patients with calcifying tendinitis, Virchows Archiv 438 (6): 612-617, 2001

INUI H, SUGAMOTO K, MIYAMOTO T, MACHIDA A, HASHIMOTO J, NOBUHARA K: Evaluation of three-dimensional glenoid structure using MRI, J Anatomy 199: 323-328, 2001

A-2
SAKAI T, SUGANO N, MATSUI M, LEE SB, NISHII T, HARAGUCHI K, NAKATA K, OCHI T, YOSHIKAWA H, OHZONO K: Cementless total hip arthroplasty using a custom-made femoral component with sand-blasted surface. Arthroplasty 2000; Matsui N, Taneda Y, Yoshida Y (Eds.): 111-116, Springer-Verlag, Tokyo, 2001

SUGANO N, NISHII T, SAKAI T, NISHIHARA S, OHZONO K, YONENOBU K, SATA Y, SASAMA T, NAKAHODO K, TAMURA S, OCHI T: A novel combined acetabular and femoral computer navigation system. Arthroplasty 2000; Matsui N, Taneda Y, Yoshida Y (Eds.): 129-135, Springer-Verlag, Tokyo, 2001

KOYAMA T, SUGANO N, NISHII T, SAKAI T, HARAGUCHI K, NISHIHARA S, HAGIO K, NAKAMURA N, OHZONO K, OCHI T: Virtual implantation using the ROBODOC preoperative planning workstation. Arthroplasty 2000; Matsui N, Taneda Y, Yoshida Y (Eds.): 157-161, Springer-Verlag, Tokyo, 2001

宮本隆司:慢性関節リウマチの肩症状と治療方法「NEW MOOK 整形外科 No.10肩の外科」越知隆弘、菊池臣一、221-229、金原出版、東京

宮本隆司:トピックス―Bipolar型人工骨頭「NEW MOOK 整形外科 No.10 肩の 外科」越知隆弘、菊池臣一、342-346、金原出版、東京

A-3
廣島和夫:骨形成不全症の骨折・変形の手術治療 - 経皮的伸展性髄内釘挿入 固定法。整形災害外科44:1021-1028

蒲生和重、松峯昭彦、青木康彰、家口 尚廣島和夫:大腿骨近位部 転移性骨腫瘍に対する外科的治療の検討。中部整災誌44:1147-1148

香月憲一田野確郎大園健二廣島和夫: Dupuytren 拘縮に対する拡大手掌腱膜切除および Y-V 形成法の治療成績。中部整 災誌44:941-942

田村太資、廣島和夫:Hinge abduction を示した Perthes 病の治療経験。 近畿小児整形外科14:21-23

草開義治、廣島和夫、河原邦光、藤田 良、中瀬尚長:観血的治療をおこな った濃化異骨症(Pycnodysostosis)の1例。近畿小児整形外科14:25-28

大園健二、坂井孝司:骨壊死動物モデルの開発とその病態解析ー血清病ウサ ギ骨壊死モデル。Monthly Book Orthopaedics 14:55-61

大園健二、菅野伸彦、李 勝博、西井 孝、原口圭司、坂井孝司、吉 川秀樹:人工股関節の弛みに伴う臼蓋側巨大骨欠損の再建。関節外科 20(7):103-108

岸田友紀、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、原口圭司、萩尾佳介、西原俊作、吉川秀 樹、大園健二:セメントレス人工股関節は10年を越えたか;種々の人工股関 節手術の成績ーLuebeck型人工股関節。骨・関節・靱帯14(1):35-40

西井 孝、菅野伸彦、坂井孝司、原口圭司、萩尾佳介、西原俊作、岸田友紀、吉川秀 樹、大園健二、山口勝之:遠位スロットを有する大腿骨ステムを用いたセメ ントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨密度変化。Hip Joint 26: 463-466

西井 孝、菅野伸彦、三木秀宣、坂井孝司、原口圭司、西原俊作、萩尾佳介、吉川秀 樹、大園健二:Ceramic on Ceramic人工股関節全置換術:追跡期間2−4年の 成績。日本人工関節学会誌31:9-10

廣島和夫:麻痺性扁平足の病態と治療。関節外科20:177-181

大園健二李 勝博、菅野伸彦:特発性大腿骨頭壊死症の治療。 日本医事新報4049:19-25

香月憲一田野確郎廣島和夫:拡大手掌腱膜切除および Y-V形成法を用いて治療したDupuytren拘縮の治療成績。臨床整形外科36: 89-91、2001年1月

香月憲一田野確郎廣島和夫:Dupuytren拘縮に対する拡大 手掌腱膜切除およびY-V形成法の治療成績。中部日本整形外科災害外科学会誌 44:941-942、2001年

香月憲一田野確郎廣島和夫、釜野雅行、岸本正文、河野  浩:Galeazzi骨折における遠位橈尺関節脱臼の治療。骨折23:298-301、 2001年

香月憲一、H. Kirk Watson:Kienb-ck病に対する治療-部分手関節固定術-。 シンポジウム、手根部骨壊死疾患の病態と治療。臨床整形外科 36:1353-1357、2001年

惠木 丈、香月憲一:Double thread screw を用いた舟状骨骨折の治療経 験。骨折23:306-308、2001年

田野確郎香月憲一:肘部管症候群に対する肘部管形成術の術後成 績。日本肘関節研究会雑誌8:19-20、2001年

宮本隆司:慢性関節リウマチの外科的治療の適応と効果―人工肩関節全置換 術。リウマチ科25(2):113-120、2001年

A-4
香月憲一:部分手関節固定術の適応-その変遷について-。特集:手関節固定 術の適応と術後成績。関節外科20:22-28、2001年

A-5
吉川秀樹、西井 孝、菅野伸彦、中村宣雄、坂井孝司、原口圭司、岸田友紀、大 園健二:特発性大腿骨頭壊死症の病型分類の見直しに関する研究。厚生労働 省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科 会・平成12年度研究報告書:11-12、2001年

吉川秀樹、坂井孝司、菅野伸彦、中村宣雄、西井 孝、原口圭司、岸田友紀、大 園健二:特発性大腿骨頭壊死症における多発性骨壊死に関する研究。厚生労 働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分 科会・平成12年度研究報告書:13、2001年

吉川秀樹、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、中村宣雄、原口圭司、岸田友紀、大 園健二、久保俊一、小林千益、高岡邦夫。特発性大腿骨頭壊死症の治療ガイドラ イン作成にあたって。厚生労働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・ 特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科会・平成12年度研究報告書:23-24、2001年

小林千益、堀内博志、縄田昌司、斉藤直人、高岡邦夫、菅野伸彦、大園健二 :特発性大腿骨頭壊死症に対する人工物置換術の術後成績調査。厚生労働省 特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科会 ・平成12年度研究報告書:25-38、2001年

久保俊一、大園健二、菅野伸彦、廣田良夫:2施設間における腎移植後大腿骨 頭壊死症。厚生労働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿 骨頭壊死症調査研究分科会・平成12年度研究報告書:107-112、2001年

渥美 敬、大園健二、久保俊一、菅野伸彦、高岡邦夫、佛淵孝夫:特発性大 腿骨頭壊死症の診断基準、病型分類、病期分類(平成13年6月改訂案)。厚生労働 省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科 会・平成12年度研究報告書:123-127、2001年

―口演発表―
OHZONO K, LEE SB, HARAGUCHI K, SUGANO N, NISHII T, SAKAI T, NISHIHARA S, HAGIO K, KISHIDA Y, NAKAMURA N: Surgical Management of Congenital Hip Dysplasia. Current Technique in Joint Replacement 2001, Okinawa, June 2001.

OHZONO K, LEE SB, NISHII T, SUGANO N, YOSHIKAWA H: New MRI Classification of Non-traumatic Osteonecrosis of the Femoral Head. SICOT Hip Section Meeting, Paris, France, September 2001

B-2
KIM Wook-Cheol, HIROSHIMA K:Outcomes of Legg-Calve-Perthes disease in Japan ~ Multi-Center Study organized by JPOA, 2nd Congress of International Federation of Pediatric Orthopedic societies, 11/Nov/01, Sendai, JAPAN.

HIROSHIMA K, Kim Wook-Choel:History of Pediatric Orthopedics in Japan: Legg-Calve-Perthes Disease, 2nd Congress of International Federation of Pediatric Orthopedic societies, Sendai, Nov/2001

MATSUMINE A, KUDAWARA I, IEGUCHI M, HIROSHIMA K, AOKI N, ARAKI N. Ifosfamide (IFM) - induced encephalopathy in bone and soft tissue patients. Thirty-Seventh Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology. San Francisco, California, May, 2001

KAZUKI K, IEGUCHI M, MATSUMINE A, DENNO K, HIROSHIMA K: Clinical findings of Glomus tumor. The 8th Congress of the IFSSH, Istanbul, June 2001

KAZUKI K, KAMANO M, EGI T, DENNO K, HIROSHIMA K: New concept of the treatment for Galeazzi lesions. The 8th Congress of the IFSSH, Istanbul, June 2001

KAZUKI K, SHIMADA N, DENNO K, HIROSHIMA K: Scaphoid fractures in athletes. The 8th Congress of the IFSSH, Istanbul, June 2001

KAMANO M, HONDA Y, KAZUKI K, YASUDA M: Palmar plating for the dorsally displaced fractures of the distal radius. The 8th Congress of the IFSSH, Istanbul, June 2001

DENNO K, KAZUKI K, OHZONO K, HIROSHIMA K: Results of cubital tunnel plasty for ulnar neuropathy. The 8th Congress of the IFSSH, Istanbul, June 2001

B-3
大園健二李 勝博、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、原口圭司、西 原俊作、萩尾佳介、岸田友紀:ModuRec Cupを用いた股臼再建と適応。第31回日本 人工関節学会、東京、2001年3月

大園健二李 勝博、石井良章、田原泰久、鳥巣岳彦、徳永純一:大 腿骨頭壊死症・頚部骨折に対するBipolar人工骨頭の多施設共同研究(中間報告)。 第31回日本人工関節学会、東京、2001年3月

大園健二李 勝博、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、原口圭司、吉 川秀樹、廣田良夫:膠原病におけるステロイド大腿骨頭壊死症発生の危険因子。 第74回日本整形外科学会、千葉、2001年4月

菅野伸彦、西井 孝、佐藤嘉伸、笹間俊彦、田村進一、原口圭司、坂井孝司、西原俊 作、萩尾佳介、大園健二、米延策雄、吉川秀樹:寛骨臼移動術の手術ナビゲ ーション。第74回日本整形外科学会、千葉、

大園健二李 勝博高尾正樹安藤 渉:症例検 討。私はこの治療法を選択します。第28回日本股関節学会、埼玉市、2001年 11月

上田孝文、名井 陽、城山 晋、荒木信人、中 紀文、中西啓文、久田原郁夫 、吉川秀樹:骨軟部悪性腫瘍における初診時M1症例に対する手術法の選択とその 意義。第34回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、宇都宮市、2001年 7月

角永茂樹、中西啓文、中 紀文、荒木信人、倉都滋之、久田原郁夫、松峯昭 彦、上田孝文、吉川秀樹:悪性線維性組織球腫におけるCRP値とその臨床的意義。 第34回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、宇都宮市、2001年7月

香月憲一田野確郎廣島和夫、ck病の治療&-部分手関節固 定術-。第74回日本整形外科学会パネルディスカッション、千葉、2001年4月

香月憲一:手根骨の脱臼と骨折(日整会認定教育研修会)。第44回日本手 の外科学会春期教育研修会、大阪、2001年5月

香月憲一田野確郎:手舟状骨の無腐性壊死(Preiser病)に対する 血管柄付き橈骨移植術の治療経験。第45回日本リウマチ学会、東京、2001年 5月

蒲生和重久田原郁夫家口尚廣島和夫: 大腿骨 近位部転移性骨腫瘍に対する外科的療法の検討- costs and benefitsの視点も含め て。第83回中部日本整形外科・災害外科学会、大阪市、2001年6月

B-4
西井 孝、菅野伸彦、坂井孝司、原口圭司、西原俊作、萩尾佳介、岸田友紀、吉川秀 樹、大園健二:Cearmic on Ceramic人工股関節全置換術;追跡期間2-4年の成 績。第31回日本人工関節学会、東京、2001年3月

李 勝博大園健二:70歳以上の症例に対するセメントレス人工股関 節全置換術の中期成績。第31回日本人工関節学会、東京、2001年3月

西原俊作、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、原口圭司、萩尾佳介、岸田友紀、大 園健二、中村宣雄、吉川秀樹、越智隆弘:コンピューターナビゲーションシステ ムを用いた人工股関節全置換術中における骨盤傾斜角度の計測。第31回日本人工 関節学会、東京、2001年3月

岸田友紀、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、原口圭司、萩尾佳介、西原俊作、吉川秀 樹、大園健二、中村宣雄:人工股関節全置換術患者におけるQOLの評価。 第31回日本人工関節学会、東京、2001年3月

萩尾佳介、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、原口圭司、西原俊作、岸田友紀、吉川秀 樹、大園健二、中村宣雄:大腿骨頭壊死症に対するバイポーラー型人工骨頭 置換術の長期成績。第31回日本人工関節学会、東京、2001年3月

原口圭司、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、西原俊作、萩尾佳介、岸田友紀、吉川秀 樹、中村宣雄、大園健二:ポリエチレン摩耗計測値とX線撮影肢位。第 31回日本人工関節学会、東京、2001年3月

坂井孝司、菅野伸彦、藤井昌一、西井 孝、原口圭司、中村宣雄、西原俊作、萩尾佳 介、岸田友紀、大園健二、吉川秀樹:脚延長量を減じることにより改善した THA後座骨神経麻痺の1例。第31回日本人工関節学会、東京、2001年3月

西井 孝、菅野伸彦、坂井孝司、原口圭司、西原俊作、萩尾佳介、岸田友紀、越智隆 弘、吉川秀樹、大園健二:自然経過における大腿骨頭壊死症の圧潰後の進行 性。第74回日本整形外科学会、千葉、2001年4月

原口圭司、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、西原俊作、萩尾佳介、岸田友紀、中村宣 雄、大園健二、吉川秀樹:ポリエチレン摩耗計測値の撮影肢位による影響。 第74回日本整形外科学会、千葉、2001年4月

西原俊作、菅野伸彦、西井 孝、坂井孝司、原口圭司、萩尾佳介、岸田友紀、大 園健二、吉川秀樹、越智隆弘:コンピューターナビゲーションシステムを用いた 人工股関節全置換術中における骨盤傾斜角度の計測。第74回日本整形外科学会 、千葉、2001年4月

菅野伸彦、西井 孝、三木秀宣、中瀬尚長、中村宣雄、坂井孝司、原口圭司、岸田友 紀、吉川秀樹、佐藤宗彦、大園健二:ORP150とHO1による骨組織の虚血性変化 の評価。厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成13年度第1回会 議、東京、2001年6月

小林千益、高岡邦夫、菅野伸彦、西井 孝、大園健二、廣田良夫ほか:特発 性大腿骨頭壊死症に対する人工物置換術の術後成績調査。厚生労働省特定疾患特 発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成13年度第1回会議、東京、2001年6月 

西井 孝、菅野伸彦、三木秀宣、中村宣雄、坂井孝司、原口圭司、岸田友紀、吉川秀 樹、大園健二:新しい病期・病型分類を用いた大腿骨頭壊死症の自然経過。 厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成13年度第1回会議、 東京、2001年6月

高尾正樹多田祥子白 隆光安藤 渉李  勝博大園健二:大腿骨頭壊死症に対する人工関節置換術の中期成績。 第28回日本股関節学会、埼玉市、2001年11月
岸田友紀、菅野伸彦、西井 孝、三木秀宣、原口圭司、萩尾佳介、西原俊作、吉川秀 樹、渋谷高明、坂井孝司、大園健二:特発性大腿骨頭壊死症におけるcore biopsyの長期経過。第28回日本股関節学会、埼玉市、2001年11月

西井 孝、菅野伸彦、三木秀宣、原口圭司、萩尾佳介、西原俊作、岸田友紀、吉川秀 樹、大園健二:新病型・病期分類を用いた特発性大腿骨頭壊死症の自然経過 の評価。第28回日本股関節学会、埼玉市、2001年11月

原口圭司、菅野伸彦、西井 孝、三木秀宣、萩尾佳介、西原俊作、岸田友紀、吉川秀 樹、大園健二、中村宣雄、坂井孝司:人工股関節再置換術におけるハイドロ キシアパタイト顆粒の組織学的検討。第<28回日本股関節学会、埼玉市、 2001年11月

田村太資、山下和夫、蒲生和重、山崎直美、多田祥子廣島和夫 :腰椎変性すべり症における不安定性評価法−立位・臥位動態撮影での比較検 討。第74回日本整形外科学会学術集会、千葉市、2001年4月

城山 晋、名井 陽、上田孝文、久田原郁夫、荒木信人、中 紀文、中西啓 文、吉川秀樹:腹壁外デスモイドに対するMethotrexateの治療効果の検討。第 34回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、宇都宮市、2001年7月

田村太資、久田原郁夫、青木康彰、山下和夫、松峯昭彦、家口  尚廣島和夫:転移性脊椎腫瘍の外科的治療成績の検討。第34回日本 整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、宇都宮市、2001年7月

中西啓文、荒木信人、伊藤和幸、名井 陽、久田原郁夫、倉都滋之、吉川秀 樹:高CRP血症を呈した悪性線維性組織球腫におけるIL-6の発現。第34回日本整形 外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、宇都宮市、2001年7月

荒木信人、中 紀文、中西啓文、真能正幸、石黒信吾、久田原郁夫、名井  陽、上田孝文、吉川秀樹:fusion geneによる実地臨床診断。第34回日本整形外科 学会骨・軟部腫瘍学術集会、宇都宮市、2001年7月

香月憲一田野確郎廣島和夫:弾発指に対する腱鞘外ステ ロイド注射の治療成績。第74回日本整形外科学会、千葉、2001年4月

香月憲一田野確郎廣島和夫、惠木 丈:手に発生した内 軟骨腫の治療成績。第44回日本手の外科学会、大阪、2001年5月

香月憲一田野確郎廣島和夫:人工骨併用Intra-focal pinning法で治療した高齢者橈骨遠位端骨折の臨床成績。第27回日本骨折治療学会 、東京、2001年7月

香月憲一田野確郎廣島和夫、惠木 丈:病的骨折を伴っ た手指内軟骨腫の治療。第27回日本骨折治療学会、東京、2001年7月

田野確郎香月憲一大園健二廣島和夫:肘部管症 候群に対する肘部管形成術の術後成績。第13回日本肘関節研究会、浜松、 2001年2月

惠木 丈、香月憲一田野確郎、坂中秀樹、杉本 武:舟状骨骨折に 対するcannulated headless compression screw。第44回日本手の外科学会、 大阪、2001年5月

釜野雅行、香月憲一、安田匡孝:手関節鏡を併用した橈骨遠位端関節内骨折 の治療成績。第44回日本手の外科学会、大阪、2001年5月

田野確郎香月憲一大園健二廣島和夫:正常アラ イメントを有する肘部管症候群に対する肘部管形成術の術後成績。第44回日本手 の外科学会、大阪、2001年5月

宮本隆司、菅本一臣、乾 浩明、冨田哲也、吉川秀樹、越智隆弘:RA肩にお ける人工関節置換術の長期成績。第74回日本整形外科学会総会・学術集会、 横浜、2001年5月

菅本一臣、原田 拓、町田明敏、乾 浩明、宮本隆司、中瀬尚長、冨田哲 也、吉川秀樹、越智隆弘:石灰沈着性腱板炎の成因に関して。第74回日本整形外 科学会総会・学術集会、横浜、2001年5月

宮本隆司、菅本一臣、乾 浩明、竹内英二、冨田哲也、林田賢治、吉川秀 樹、越智隆弘:慢性関節リウマチに対する人工関節置換術後の肩関節機能。第28回日 本肩関節学会、横浜、2001年9月

乾 浩明、菅本一臣、宮本隆司、町田明敏、橋本 淳、信原克哉:臼蓋の形 態から見た動揺肩の病態。第28回日本肩関節学会、横浜、2001年9月

椚座康夫、乾 浩明、宮本隆司、菅本一臣、吉川秀樹:肩関節部MRI画像にみ られるMagic angle phenomenon。第28回日本肩関節学会、横浜、2001年9月

宮本隆司、菅本一臣、乾 浩明、竹内英二、冨田哲也、橋本 淳、吉川秀 樹、越智隆弘:重度に破壊された慢性関節リウマチ肩における腱板の画像評価。 第45回日本リウマチ学会総会・学術集会、東京、2001年5月

宮本隆司、菅本一臣、冨田哲也、吉川秀樹、越智隆弘、藤井昌一:慢性関節 リウマチ肩の肩関節障害に対する鏡視下滑膜切除術の短期成績。第16回日本臨床 リウマチ学会総会、名古屋、2001年11月

B-5
香月憲一:部分手関節固定術(日整会認定教育研修会)、第67回近畿手の 外科症例検討会、大阪、2001年11月

惠木 丈、坂中秀樹、香月憲一、日高典昭:橈骨遠位端骨折に合併する関節 内軟部組織損傷。第18回中部日本手の外科研究会、大阪、2001年1月

釜野雅行、香月憲一、安田匡孝:橈骨遠位端関節内骨折に対する鏡視下掌側 プレート固定法の治療成績。第18回中部日本手の外科研究会、大阪、2001年 1月

香月憲一田野確郎廣島和夫、安田匡孝:Kienböck病に対する一時的舟状小菱形骨関節固定術の治療成績。 第18回中部日本手の外科研究会、大阪、2001年1月

B-6
草開義治、廣島和夫:濃化異骨症(Pycnodysostosis)の治療例。第27回 近畿小児整形外科懇話会、吹田市、2001年2月

田村太資、廣島和夫:Hinge abduction を示すペルテス病の治療経験。第 27回近畿小児整形外科懇話会、吹田市2001年2月

多田祥子廣島和夫:画像上広範な病巣を有する臨床症状軽微な脛骨 近位骨端骨髄炎の1例。第28回近畿小児整形外科懇話会、大阪市、2001年8月

李 勝博大園健二:ウルトラポアMTS HAステムとIBCの大腿骨頸部 骨折および大腿骨頭壊死症に対する多施設共同研究。第9回バイポーラー検討会 、長崎、2001年9月

久田原郁夫家口 尚、松峯昭彦、河原邦光、倉田明彦、荒木信人: 小児に発生した下腿皮下軟部腫瘍。第84回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中市、 2001年10月

香月憲一田野確郎廣島和夫:Dupuytren拘縮に対する拡大 手掌腱膜切除およびY-V形成法の治療成績。第96回中部日本整形外科災害外科学会 、大阪、2001年5月

香月憲一、釜野雅行、岸本正文:Galeazzi骨折後の手関節障害。第31回南 大阪リウマチ関節外科研究会、大阪、2001年7月/p> 家口 尚久田原郁夫:右大腿部軟部腫瘍の一例。第83回関西骨 軟部腫瘍研究会、豊中市、2001年2月

有光小百合家口 尚久田原郁夫:左大腿部の軟部腫瘍の症 例。第43回関西骨軟部腫瘍臨床研究会、豊中市、2001年10月

高山和士家口 尚久田原郁夫:脛骨遠位発生骨肉腫症例を 放射線処理骨で再建した2例。第23回小児整形外科・第8回骨軟部腫瘍研究会 、大阪市、2001年12月

白 隆光家口 尚久田原郁夫:骨外性骨肉腫の3症例。 第23回小児整形外科・第8回骨軟部腫瘍研究会、大阪市、2001年12月

柏井将文、宮本隆司、菅本一臣、吉川秀樹:外傷後の陳旧性肩関節後方脱臼 に対しglenoid osteotomyを施行した1例。第回中部整形災害外科学会、岐 阜、2001年10月

B-8
廣島和夫:骨系統疾患の診断と治療。昭和大学整形外科教育研修会、 東京、2001年3月

廣島和夫:進行性麻痺性疾患における下肢装具の適用と限界。第8回日本 小児整形外科学会教育研修会、東京、2001年8月

廣島和夫:色素性乾皮症と整形外科。色素性乾皮症ひまわりの会、横 浜、2001年3月

廣島和夫:骨形成不全症と整形外科。骨形成不全症友の会総会、宇都 宮、2001年8月

廣島和夫:骨形成不全症における骨折部位とタイプ・年齢・運動機能との関 係。骨形成不全症友の会(大阪支部)、神戸市、2001年8月

香月憲一:舟状骨骨折の診断と治療(日整会認定教育研修会)。なみはや 整形外傷21世紀フォーラム、大阪、2001年6月

香月憲一:手根骨の脱臼と骨折。大阪市大整形外科夏期セミナー、大 阪、2001年8月