小児科

多和昭雄

 診療面における病院小児科の役割として、無床診療所との連携を中心とする地域医 療の核となること、特殊な疾患に対する高度専門医療を推進することの2点があげら れる。
 以下に重点的に取り組んでいる疾患をあげる。
新生児医療:先天性脳神経疾患の新生児、血液、内分泌・代謝疾患の母親から出生し た新生児、健康新生児ならびに病的新生児。
高度小児専門医療:先天異常、奇形、骨系統疾患、発育・発達障害、血液、がん、消 化器、内分泌、膠原病、アレルギー、神経、心身症、感染症(HIV感染症を含む)。
成人化した小児難病治療:小児難病患者の内科専門外来への円滑なバトンタッチ。
 平成13年度の新たな動きとして、臨床心理士の外来診療への参加があげられる。不 登校を始め最近増加の一途をたどる小児の心理的なアプローチを必要とする疾患にも 積極的に取り組む基礎ができたと考えている。
 臨床研究としては、白血病に関して全国規模の治療研究(小児白血病研究会)に参 加、脳腫瘍を始めとする小児がん、再生不良性貧血、栄養・消化器、膠原病、神経疾 患に関しては、大阪近隣の施設と連携した治療研究に参加。治療に直結した実践的な 医療、患者のQOLの改善に資するための研究を行っている。

【平成13年度研究業績発表】
―著述発表―
A-0
OZAKI Y, TAJIRI H, TANAKA-TAYA K, MUSHIAKE S, KIMOTO A, YAMANISHI K, OKADA S. Frequent detection of the human herpesvirus 6-specific genomes in the livers of children with various liver diseases, J Clin Microbiol 39: 2173-2177, 2001

HARA J, PARKY-D, YOSHIOKA A, YUMURA-YAGI K, KOUDERA U, HOSOI G, SAKO M, KOSAKA Y, SANO K, MISU H, MABUCHI O, AOYAGI N, YAMAMOTO M, TAWA A, MIYATA H, TANAKA H, KIKKAWA M, SHIMODERA M, KAWA-HA K: Intensification of Chemotherapy Using Block Therapies as Consolidation and Reinduction Therapies for Acute Lymphoblastic Leukemia During Childhood, Int J Hematol 74:165-172, 2001

A-4
尾崎由和、田尻 仁:Gianotti-Crosti症候群、小児科診療64(増刊 号;小児の症候群):239、2001

A-6
多和昭雄:勤務医の窓―意識の差―、大阪府医ニュース、2215:4、 2001

多和昭雄:第106回学術集会印象記 免疫学からみた小児疾患―よくある病気 への新しいアプローチ―、大阪小児科医会会報、117:14、2001年4月

―口演発表―
大岩綾子:脳膿瘍の1例。第145回大阪小児症例検討会、大阪、2001年 3月

楠木重範:潰瘍性大腸炎にsubclavian steal syndromeを合併した1例。第 145回大阪小児症例検討会、大阪、2001年3月

寺田志津子:Amyopathic dermatomyositisの1例。第145回大阪小児症例検 討会、大阪、2001年3月

尾崎由和多和昭雄:HIV陽性の母親から出生した新生児4例。第 145回大阪小児症例検討会、大阪、2001年3月

楠木重範寺田志津子尾崎由和小高隆平多 和昭雄山崎麻美:非照射で経過観察中の髄芽腫2歳男児例。第14回 近畿小児科学会、大阪、2001年3月

寺田志津子多和昭雄:Anaplastic astrocytomaの5か月女児例。 平成13年小児脳腫瘍治療研究グループ例会、大阪、2001年3月

多和昭雄:対照的な経過をたどっているJRAの2例。第5回大阪小児免疫 研究会、大阪、2001年6月

多和昭雄:Up-date 2001 Pediatric Hematology-Oncology-AML -。第65回 京滋小児悪性腫瘍懇話会、第34回小児難治性白血病研究会合同研究会、京都、 2001年11月

B-9
多和昭雄:子供の膠原病。ラジオ大阪・アレルギー診察室、2001年 9月