薬剤科

赤野威彦

基本方針
 平成10年4月より開始された院外処方箋の全面発行も、13年度に於いては90 %弱の発行しており、当初目標(かかりつけ薬局の推進、面分業の推進、90%以上 の発行等)を毎年、若干下げつつ推移している。
 一方、薬剤業務においては外来受診者を核とした業務の流れを大きく転換させる必 要の中で、常に患者中心の医療を考え、専門的知識を駆使しながら他部門と情報交換 を図る中で医療チームの一員としての責務を薬剤内部の意思統一を図るべく、業務転 換にかかる基本方針を示す必要があった。
 医療全体の中で薬剤師として果たしてきた役割を考えるとき、薬剤部門という 「壁」と「門」を自ら構築し、ひたすらこれを守り、壁の中での集団を構築し、自己 評価して来たという感は否めない。このような背景の下では、最早、医療人たる薬剤 師を期待すべくもなく、社会からの評価も厳しく薬剤師不要論も囁かれる現実は医療 の中での薬剤師評価が危機的状況にあることを物語っている。このことが最も顕著に 現れた例として、医療法における病院薬剤師定数改定である。
 このような状況の中で、院外処方箋全面発行を契機に、薬剤科として「門戸」の解 放、「壁」の撤去を基本的コンセプトとし、薬剤科員一人一人が危機意識を持って、 医師、看護婦、また他の多くの職種の方々の協力と指導を得ながら、医療の最前線で の評価を確立すべく日々努力している。
 業務を遂行する上で、薬剤科内で共有する具体的コンセプトとしては以下の4項目 としている。

 1.患者さんにとって有益であること。
 2.基幹施設としての役割が果たせること。
 3.施設経営にとって有益であること。
 4.薬剤師の評価が高まること。

以上4項目のコンセプト基に、実践し課題と考える薬剤科業務を紹介する。

業務内容
I.病棟業務(薬剤管理指導業務・病棟薬品管理業務)
 患者個々の薬物療法に参画し、医薬品情報の提供と薬学的管理に基づいた情報の収 集・評価・蓄積によって、医薬品の適正使用を支援する薬剤管理指導業務については 平成10年6月より全病棟に拡大し、指導件数も現在に於いては月間1000件を越 える件数までに拡大するにまでに至っている。

II.IVH・抗癌剤の無菌調製
 注射薬の混合調製については、無菌室・クリームベンチ・安全キャビネット内での 調製が「良質の医薬品の供給」と言う意味でもベターであることは、誰しも認めると ころである。IVHに関しては、平成10年5月より開始し、月間に1000本近く 無菌調製し、抗癌剤に関しては全外来を対象に平成10年10月より開始し、現在月 160本の無菌調製を行っている。

III.情報管理(収集・提供)
 情報化社会と言われる現在、医療の中で取り扱う情報のすべては、医薬品の使用者 である患者の有効性・安全性を確保し、『医薬品の適正使用』にいかに貢献すること であり、当薬剤科においても情報の収集・整理・提供について、平成10年4月より 常備4名の薬剤師を配置し、その拡充強化に努めている。

IV.治験業務
 適正な治験実施については、国際的な評価に値する臨床データの作成がもとめられ ており、厚生労働省としても新GCPに基づく治験の実施にかかわる指導を強化して いるところである。当薬剤科にあっても治験支援業務を行うCRC(Clinica l Research Coordinator)を新たな病院薬剤師業務として位 置付け、平成13年度より専任薬剤師3名を配置している。

V.医薬品適正使用より
1.くすり相談の充実
 現在、薬剤科では「HIV感染患者に対する服薬指導」及び「麻薬服薬指導」につ いては、“くすりの相談室”があり積極的に実施している。しかし、一般外来患者に 対する<クスリに関する相談>は受け身的であり、相談窓口も患者が何時でも気軽に 訪れ易いとは言い難い。
 薬剤科としては「くすり」に係わる情報をより多くの人達に提供することが、医薬 品の適正使用に繋がると確信し、「おくすり相談室」を設置し担当薬剤師を常時対応 できる体制を整えたい。

2.医薬品試験の充実
 当薬剤科においては特殊疾患、非市販薬品等に係わる特殊製剤については薬事委員 会を通して、医師の依頼に積極的に応じている。しかし、その調製薬品の品質そして 臨床で使用されたその評価については、未だ検討すべき事項が多々あり、業務を強化 する必要があると考える。

VI.卒前・卒後教育の充実
1.学生、開局薬剤師及び他施設薬剤師の教育
 現在、病院薬剤師・開局薬剤師に求められていることは、臨床的知識の充実であ り、臨床的業務の確立である。大阪病院薬剤科では学生・薬剤師を受け入れている が、その役割として卒前、卒後教育の充実に力を注ぐことは基幹施設の役割として当 然のことであり、学生、既卒薬剤師が医療の場において社会的にその評価を高めるべ く指導強化し、更に、薬剤師等を指導する薬剤師の養成にも今後取り組みを強化した い。
 以上6項目を基幹病院としての薬剤科として今後も強化すべき業務と考えている。

【平成13年度研究業績発表】
―著述発表―
桑原 健:薬物動態と抗HIV療法、治療学 35:149-156

吉野宗宏桑原 健小森勝也赤野威彦、三島正 彦、河村紀代美藤純一郎上平朝子白坂琢磨:当 院におけるエファビレンツの副作用発現状況。MEDICAL REVIEW 46:41-42、 2001年

A-5
斎藤 誠、足立和正、内海順子、小森勝也、赤野威彦:心不全患者に ロサルタンとスピロノラクトンを併用し高カリウム血症を来たした1例。日本医療 薬学 27:505-511、2001年

―口演発表―
B-3
政道修二:治験管理の電子化の事例。第3回治験の国際化シンポジウム 、大阪、2001年3月

寺川伸江:抗喘息薬の服薬指導。第8回薬と医療シンポジウム、大 阪、2001年8月

桑原 健:プロテアーゼ阻害剤血中濃度の測定の臨床的意義。第56回国立 病院療養所総合医学会、仙台、2001年11月

B-4
西田真佐夫熊谷加奈子桑原 健田伏成行小森勝也赤野威彦:INF療法における薬剤管理指導業務の標準化へ の試み。第22回日本病院薬剤師会近畿学術大会、京都、2001年2月

南畑智代岸本 歩堀川裕子桑原 健田伏 成行小森勝也赤野威彦:婦人科病棟におけるを活用した薬剤 管理指導業務。第23回医療学会大会、神戸、2001年3月

山内一恭、井上由美、福井啓祐、前川孝史、岡田全司、北村良雄:当院の治 験コーディネーター業務とその評価。第11回日本医療薬学会年会、東京、 2001年9月

小林優子齋藤 誠北村良雄赤野威彦:腎機能正 常患者に対するアトルバスタチンの腎機能への影響。第11回日本医療薬学会年会 、東京、2001年9月

齋藤 誠小林優子、上田善美、森本茂文、角井義晶、北村良雄 赤野威彦:血糖コントロールに対するM-valueおよびの服薬指導導入へ の検討。第11回日本医療薬学会年会、東京、2001年9月

上田善美、山口崇臣、鳴戸充吉、森田純央、小林雅典、谷口喜好、堀内保直、八野芳 巳、酒井 茂、小松須美生、山添勝一、森本茂文、齋藤 誠、角井義晶:輸 血用血液の一元管理とリスクマネージメントに対する薬剤師の役割。第11回日本 医療薬学会年会、東京、2001年9月

桑原 健:医療におけるインフォームドコンセントについて。第3回静岡 HIV支援ネットワーク会議、静岡、2001年10月

本田富得福田利明北村良雄赤野威彦沢村 敏郎辻仲利政奥野明美笹山久美代:癌性疼痛を中 心とした外科チームにおける緩和医療への取り組み。第56回国立病院療養所総合 医学会、仙台、2001年11月

政道修二北川智子柚本育世堀川裕子森下 典子西田佳奈子庄田千恵美藤村誠司是恒之宏 楠岡英雄:治験管理システムNMGCP/Standardによる治験業務電算化に ついて。第56回国立病院療養所総合医学会、仙台、2001年11月

吉野宗宏桑原 健、北村良雄、赤野威彦南 幸子 織田幸子藤純一郎上平朝子白坂琢磨:当 院におけるアバカビルの過敏症発現頻度。第56回国立病院療養所総合医学会 、仙台、2001年11月

南畑智代岸本 歩堀川裕子桑原 健田伏 成行北村良雄赤野威彦:POSを活用した薬剤管理指導業務− 婦人科領域CAP療法−。第56回国立病院療養所総合医学会、仙台、2001年11月

西田真佐夫島田志美齋藤 誠桑原 健北 村良雄赤野威彦加藤道夫池田昌弘:肝硬変患者に おける栄養アセスメントの実施について。第56回国立病院療養所総合医学会 、仙台、2001年11月

桑原 健吉野宗宏南 幸子織田幸子藤純 一郎上平朝子白坂琢磨:プラバスタチンが抗HIV薬の血中濃 度に及ぼす影響。第15回日本エイズ学会、東京、2001年11月

吉野宗宏桑原 健南 幸子石田哲士藤純 一郎上平朝子上田千里白坂琢磨:エファビレンツ の副作用と薬物血中濃度。第15回日本エイズ学会、東京、2001年11月

木村恵介、芝田信人、高田寛治、白阪琢磨藤純一郎桑原 健 :HIVプロテアーゼ阻害薬サキナビルの体内動態に及ぼすエタノールの影響。 第15回日本エイズ学会、東京、2001年11月

上平朝子藤純一郎吉野宗宏木本美和織田 幸子桑原 健白坂琢磨:非ヌクレオシド核酸系逆転写酵素阻 害薬の使用例における耐性獲得についての臨床的検討。第15回日本エイズ学会 、東京、2001年11月

白阪琢磨上平朝子吉野宗宏藤純一郎南  幸子織田幸子桑原 健:当院においてHAART療法を開始した 症例についての検討。第15回日本エイズ学会、東京、2001年11月

堀川裕子北川智子柚本育世森下典子政道 修二是恒之宏楠岡英雄:治験実施管理システムによる治験業 務IT化の現状。第22回日本臨床薬理学会年会、横浜、2001年12月

B-5
桑原 健:抗HIV薬の服薬援助。HIV/AIDS拠点病院看護研修会、大 阪、2001年2月

桑原 健:抗HIV薬の服薬援助。学校共済近畿中央病院内研修会、大 阪、2001年2月

桑原 健:HIV/AIDSと抗HIV薬の服薬援助。北陸大学卒後研修会、大 阪、2001年2月

桑原 健:HIV/AIDSと抗HIV薬の服薬援助。大阪南部地区服薬指導研究会 、大阪、2001年3月

吉野宗宏:服薬援助−薬剤師の立場から−。第7回関東甲信越HIV感染症講 習会、長野、2001年3月

桑原 健:抗HIV薬の服薬援助の実際。東京都立駒込病院薬剤科研修会 、東京、2001年5月

桑原 健:抗HIV薬の服薬援助の実際。岡山HIV診療ネットワーク第43回研 究会、岡山、2001年5月

桑原 健:抗HIV薬−最新の新薬−。大阪HIV訴訟原告団 考える会 定期 講演会、大阪、2001年5月

桑原 健:抗HIV薬の服薬援助の実際。HIV医療研究会、東京、2001年 6月

桑原 健:服薬援助の実際。エイズ予防財団主催エイズカウンセリング研 修会<、軽井沢、2001年6月

桑原 健:抗HIV薬服薬援助の実際。中四国エイズブロック拠点病院、薬 剤師のためのHIV感染症治療薬の服薬指導研修会、広島、2001年7月

桑原 健:外来患者に対するチームアプローチの実際。近畿HIV/AIDS拠点 病院研修会、大阪、2001年7月

齋藤 誠:薬剤管理指導業務の立場から。シンポジウム「診療情報の提供をとお して診療録のあり方を考える」、大阪、2001年11月

B-6
吉野宗宏:当院におけるアバカビルの過敏症発現頻度。第15回近畿エイズ 研究会、大阪、2001年6月

桑原 健:HIV感染症患者に対する服薬援助。ラジオ短波放送、 2001年1月