栄養管理室
三島喜久子

 当院は「癌治療」の基幹病院であり、入院患者の約40%が癌患者である。種々の癌治療、手術における強制栄養法(経静脈栄養、経腸栄養)はprimary therapyとして重要な役割を果たしているにもかかわらず、当院の入院患者の栄養状態を血清アルブミン値で検討したところ、3.5g/dl以下の低栄養患者は33%にみられた。また、入院時より退院時の血清アルブミン値が低下した患者の頻度は43%であった。この結果を踏まえ、平成13年より外科において外科部長を中心に薬剤師、看護師、栄養士からなるNutritional assessment conference (NAC)を隔週に開催し、栄養アセスメントにより栄養学的にハイリスクの低栄養患者を見いだし、それらの患者に最もふさわしい適切な栄養管理をおこなうチーム医療を開始した。平成14年度はその成果を在院日数短縮などで示した。
 一方、心・血管障害の進展に関わる疾病(高血圧・高コレステロール血症、糖尿病など)の多くは、食生活を中心として生活環境の中に存在する因子の関与が大きい。しかし診療面に於ける著しい進歩は見られるが、殊に栄養管理については医療の中での認識が非常に低い。栄養と疾患の関連に信頼度の高い研究方法に基づいた研究結果の報告はほとんど無く、入院など厳格な管理下で行う食事療法は高い改善効果が得られるが、外来診療における食事療法の効果は極めて低い。このことに対し問題意識を持ち、患者にとって有用な方法を企画し、評価することが今後の課題である。管理栄養士が科学的根拠をもって判断し、栄養療法をチーム医療において行い、その成果を示していくことも最大のテーマである。

【平成14年度研究発表業績】
A-3
鞍田三貴、今西健二、辻仲利政:入院患者に占める低栄養患者の割合。静脈経腸栄養17(4):77-82

A-4
鞍田三貴、中山 環、今西健二、真鍋 悟、三島喜久子、瀧 秀樹、池田雅彦、東堂龍平:外来糖尿病患者の有効的な指導に関する考察。New Diet Therapy 17(3):190-195

A-5
桑原節子、平野和保、川村美和子、鞍田三貴、田所真紀子、落合由美、馬場真佐美、宮坂政彦、田花利男:糖尿病性腎症の進展と食事調査から得た摂取栄栄養成分の検討。平成13年度政策医療振興財団助成金研究報告書、p.70

B-3
鞍田三貴:IT化にともなう病院栄養業務への変革 栄養食事指導とIT化。第57回国立病院療養所総合医学会シンポジウム、福岡、2002年10月

鞍田三貴、柳崎麻里、今西健二、真鍋 悟、藤田清治、三島喜久子、辻仲利政: 癌患者の栄養管理update チーム医療における経口栄養療法へのアプローチ。第24回日本臨床栄養学会総会シンポジウム、大阪、2002年11月

B-4
鞍田三貴、中山 環、今西健二、真鍋 悟、三島喜久子、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:開腹胃切除術後の早期経口摂取の可能性および有効性について。第17回日本静脈経腸学会、熊本、2002年2月

本田富得、福田利明、北村良雄、赤野威彦、今西健二、鞍田三貴、笹山久美子、奥野明美、辻仲利政:チームによる外科病棟における栄養管理。第17回日本静脈経腸学会、熊本、2002年2月

今西健二、鞍田三貴、三島喜久子、太田恭史、福田利明、笹山久美子、奥野明美、辻仲利政:低栄養患者に対するチーム医療によるアプローチ?外科病棟における栄養士の役割。第4回医療マネジメント学会、大阪、2002年6月

真鍋 悟、中山 環、今西健二、鞍田三貴、藤田清治、三島喜久子、辻仲利政:食欲低下および経口摂取不良患者に対する食事'ライト食'の検討。第57回国立病院療養所総合医学会、福岡、2002年10月

鞍田三貴、柳崎麻里、真鍋 悟、今西健二、藤田清治、三島喜久子、辻仲利政:食欲低下および経口摂取不良患者に対するライト食導入後の効果。第57回国立病院療養所総合医学会、福岡、2002年10月

平野和保、川村美和子、鞍田三貴、田所真紀子、落合由美、馬場真佐美、宮坂政彦、桑原節子:糖尿病患者におけるエネルギー・蛋白制限による微量元素(ミネラル)摂取に及ぼす影響。第57回国立病院療養所総合医学会、福岡、2002年10月

竹野 淳、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、鞍田三貴:開腹胃切除後の早期経口摂取クリ二カルパスに伴うバリアンス評価。第3回クリティカルパス学会、横浜、2002年11月

B-5
鞍田三貴:栄養部門における共同研究の進め方・まとめ方の実際?外科病棟における管理栄養士のかかわり。第6回九州国立病院療養所栄養士協議会研修会、福岡、2002年2月

鞍田三貴:病院栄養士の役割?チーム医療の重要性?。第回35夏期技術研修会、大阪、2002年8月