院長室
井上通敏

【平成14年度研究業績発表】
A-2
井上通敏:電子カルテへの期待とその実現のために、「病院・薬剤業務と電子カルテ」折井孝男編集:4-6、エルゼビアサイエンスミクス

A-3
井上通敏:遠隔診療レポート−Tele Medicine−〜第21回医療情報学連合大会より〜、医療の構造改革にITは何をもたらすか。Home Care MEDICINE 52-53

井上通敏:総特集・IT医療と電子カルテ、特集・医療改革と医療IT−私のグランドデザイン、−社会投資としての医療IT。新医療 2002年7月号

井上通敏:IT時代の医療情報電子化の動向2002 医療における情報化のグランドデザインの全貌―T保険医療分野の情報化に向けてのグランドデザイン策定 2.医療情報学会の立場から。月刊インナービジョン 2002年7月特集号

楠岡英雄、東堂龍平、是恒之宏、岡垣篤彦、山崎邦夫、井上通敏:特集:データウェアハウス・データマイニング−長期診療支援システムの構築とその利用。BME 16(4):44-50

井上通敏:特集:「患者さん満足度と医療サービス」。クリニシアン 517号(新年号)

井上通敏:視点−医療のIT化は「医療の質向上」を優先すべき。クリニックマガジン 2002年12月号

A-5
井上通敏:平成13年度厚生科学研究健康科学総合研究成果発表会-HOSPnetを用いた急性心筋梗塞多施設共同調査研究- 入院中の死亡率は12.4%。Medical Tribune 2002年2月7日号:8

井上通敏:保健医療福祉の情報化と産業界への期待。第8回JAHIS講演会、JAHIS会誌(32)

B-3
井上通敏:生体のサイバネティクスと医療のサイバネティクス。第41回日本エム・イー学会大会、京都、2002年5月

井上通敏:わが国における看護教育改革は如何にあるべきか−特に専門学校と大学並存の意義−専門学校の立場から。平成14年度国立病院・療養所付属看護学校協議会総会 シンポジスト特別発言、東京、2002年9月

井上通敏:医療におけるIT導入の必要性 医療の質改善を目的とするITの活用と政策医療の評価。第57回国立病院療養所総合医学会、福岡、2002年10月

B-8
井上通敏:保健医療福祉の情報化と産業界への期待。第8回JAHIS講演会、東京、2002年2月