救命救急センター・総合救急部
定光大海

 総合救急部は平成12年度に開設され、少ないスタッフで救命救急センターの診療業務に24時間対応している。年間症例数は約360例でその約半数が重症外傷である。すでに日本救急医学会認定医指定施設であるが、2002年度には指導医指定施設となり、救急専門医を養成できる施設となった。今後、スタッフの充実に伴い重症入院患者数の増加が見込まれ、将来的には高度救命救急センターの申請も視野に入れている。
 本院は同時に西日本の災害拠点病院としての機能をはたすことが求められており、政策医療としての災害医療にも果たす役割は大きい。それには、プレホスピタルケア、病診あるいは病々連携などのネットワーク、より広域の災害ネットワークなどを基盤にした広域救急医療体制の一翼を担う施設になる必要がある。そのため政策医療である災害医学に関する臨床研究や教育も重要な課題である。侵襲期の呼吸・循環・代謝動態の変動、外傷急性期の重症度評価法、化学災害への対応策、脳低温療法など脳蘇生に関する臨床研究などが当面の臨床研究課題である。
 救急医学教育では現在、救急救命士の養成課程や就業前、就業後の病院実習を受け入れている。また、救急救命士との臨床検討会や災害看護の講習会などにも協力している。救命士の業務拡大に伴い、地域メディカルコントロール体制の確立が急務であるが、すでに大阪では組織作りがすみ、救急救命士の病院前の医行為を検証するシステムができつつある。
 総合救急部スタッフはこれらの委員会委員の参加メンバーであり、今後は病院前医療の効果を検証する作業を行なうことになっている。

【平成14年度研究業績発表】
A-0
SAWDON M, OHNISHI M, WATKINS PE, KIRKMAN E. The effects of primary thoracic blast injury and morphine on the response to haemorrhage in the anaesthetised rat. Experimental Physiology 87(6): 683-689

HARADA K, MAEKAWA T, TSURUTA R, KANEKO T, SADAMITSU D, YAMASHITA T, YOSHIDA K. Hypothermia inhibits translocation of CaM kinase II and PKC-α, β, γ isoforms and fodrin proteolysis in rat brain synaptosome during ischemia-reperfusion. Journal of Neuroscience Research 67(5): 664-669

KAZUKI K, MIYAMOTO K, OHZONO K, HIROSHIMA K. Extensor tendons rupture due to osteoarthritis of the distal radioulnar joint. Hand Surgery Update in the New Millenium 452-454

KAZUKI K, MIYAMOTO T, OHZONO K.:Intra-articular corrective osteotomy for the malunited inter-condylar humeral fracture. Osaka City Med Journal 48: 95-100

KAMANO M, HONDA Y, KAZUKI K, YASUDA M. Palmar plating for dorsally displaced fractures of the distal radius. Clinical Orthopedics 397: 403-408

A-3
香月憲一、田野確郎、松峯昭彦、家口 尚、廣島和夫、青木康彰:AW-ガラスセラミックスを用いた内軟骨腫の治療成績。Orthopaedic Cera-mic Implants 20:93-96

香月憲一、田野確郎、廣島和夫:人工骨併用Intra-focal pinning法で治療した高齢者橈骨 遠位端骨折の臨床成績。骨折24:714-716

香月憲一、田野確郎、廣島和夫、恵木 丈:病的骨折を伴った手指内軟骨腫の治療。骨折24:767-769

香月憲一、宮本隆司、田野確郎:長母指伸筋腱皮下断裂症例の検討。日本手の外科学会雑誌19:375-379

釜野雅行、香月憲一、安田匡孝:不安定型コーレス型骨折に対する掌側プレート固定法。日本手の外科学会雑誌 19

恵木 丈、香月憲一、日高典昭、坂中秀樹、山野慶樹:骨粗鬆症性橈骨遠位端骨折に対するintra-focal pinning法の治療成績?リン酸カルシウム骨セメントは有用か??。日本手の外科学会雑誌19

A-4
中田康城:圧挫症候群。治療学36:999-1003

中田康城:血尿。救急救命士標準テキスト」改訂第6版:470-473

大西光雄:化学損傷。救急救命士標準テキスト改訂第6版:750-756

定光大海:喀血-応急処置と緊急検査。今日の治療指針:11-12

定光大海、前川剛志:脳脊髄障害の病態と治療法「脳虚血,頭部外傷,頭蓋内圧亢進」。脳神経外科手術と麻酔 基礎と臨床110-118

B-1
NAKATA Y, OHNISHI M, SHIMAZU T, YOSHIOKA T, SUGIMOTO H: Clinical presentation of typical and atypical crush syndrome. 6th Asia-Pacific Conference on Disaster Medicine (Pre-Conference Seminar) 、福岡、2002年2月

B-2
KAZUKI K, MIYAMOTO T, OHZONO K, HIROSHIMA K. Extensor tendons rupture due to osteoarthritis of the distal radioulnar joint. The 4th Asian Pacific Federation of Society for Surgery of the Hand, Seoul Korea, Mar. 2002

KAZUKI K, TADA S, MIYAMOTO T, OHZONO K, HIROSHIMA K. A vascularized bone graft from the distal radius for the treatment of Preiser's disease: Two cases report. The 4th Asian Pacific Federation of Society for Surgery of the Hand Seoul Korea, Mar. 2002

B-4
大西光雄、中田康城、田村栄稔、若井聡智、奥田和功、定光大海、尾中敦彦、当麻美樹、田伏久之:化学薬品災害対策への提案ー化学薬品情報カードの作成ー。第24回日本中毒学会総会、京都、July 2002

笠岡俊志、金田浩太郎、河村宜克、山下進、小田泰崇、若月準、原田一樹、森景則保、井上健、鶴田良介、定光大海、前川剛志: 重症患者における心拍・血圧変動の検討。第29回日本集中治療医学会総会、岡山市、2002.2

香月憲一、宮本隆司、田野確郎:長母指伸筋腱皮下断裂症例の検討。第45回日本手の外科学会、2002年4月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:手関節背側で伸筋腱皮下断裂をきたした慢性関節リウマチ患者の手の再建。第46回日本リウマチ学会、2002年4月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫、恵木 丈、日高典昭:橈骨遠位端骨折の治療?intra-focal pinning法における人工骨の有用性?。第75回日本整形外科学会、2002年5月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:舟状骨骨折に対する部分手関節固定術。第28回日本骨折治療学会、2002年7月

釜野雅行、香月憲一、安田匡孝:不安定型コーレス型骨折に対する掌側プレート固定法。第45回日本手の外科学会、2002年4月

恵木 丈、香月憲一、日高典昭、坂中秀樹、山野慶樹:骨粗鬆症性橈骨遠位端骨折に対するintra-focal pinning法の治療成績?リン酸カルシウム骨セメントは有用か??。第45回日本手の外科学会、2002年4月

恵木 丈、香月憲一:橈骨遠位端骨折に合併する関節内軟部組織損傷。第75回日本整形外科学会、2002年4月

B-6
奥田和功、若井聡智、大西光雄、田村栄稔、中田康城、定光大海:鈍的肝外傷にともなう胆道損傷の診断と治療に3次元DIC-CTが有効であった一例。第85回近畿救急医学研究会(日本救急医学会近畿地方会)、尼崎市、2002年3月9日

井上 健,鶴田良介,笠岡俊志,定光大海,前川剛志:骨盤骨折を伴う外傷患者の検討。第11回組織酸素代謝研究会、岡山市、2002年3月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:橈骨遠位端骨折に伴う長母指伸筋腱皮下断裂の検討。第8回南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会、2002年4月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:舟状骨偽関節に対する部分手関節固定術の治療成績。第8回南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会、2002年4月

釜野雅行、香月憲一:観血的治療を要した若年者におけるGaleazzi-equivalent lesionの2例。第19回中部日本手の外科研究会、2002年1月

釜野雅行、香月憲一:観血的治療を要した若年者におけるGaleazzi-equivalent lesion の2症例。第8回南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会、2002年4月

恵木 丈、五谷寛之、高岡邦夫、山野慶樹、香月憲一:橈骨遠位端骨折に合併する関節内軟部組織損傷。第8回南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会、2002年4月

B-8
中田康城:止血法について。平成14年度救急蘇生法指導者講習会、大阪、2002年11月

香月憲一:弾発指の臨床像と腱鞘外注射。大阪市立大学整形外科開業医会教育研修講演、2002年6月

B-9
中田康城、その他:「???検証?地震??」。ニューススクランブル読売放送、大阪、2002年12月

波多野貴昭、定光大海、中田康城、その他:研修医?明日の医療のために?(ドキュメンタリー)。関西テレビ、大阪、2002年11月