免疫感染症科
白阪 琢磨

平成9年4月に当院が近畿ブロックのエイズ診療におけるブロック拠点病院に選定され、エイズを専門に診療するグループとして総合内科内に免疫感染症グループが新設された。平成13年4月には独立した診療科として免疫感染症科が誕生し、主にHIV感染症、免疫性疾患、感染症の診療を行っている。ただ、当院は感染症指定医療機関ではないので、感染症法に定める第一類、第二類感染症の診療は行わないし、排菌のある活動性肺結核症も診療対象ではない。当院を受診した新規HIV感染者、AIDS患者数は平成8年度まで4名、平成9年度53名、平成10年度56名、平成11年度59名、平成12年度62名、平成13年度90名、平成14年度96名の合計420名(平成15年3月末日)であった。年齢別では30台が最多、20台、40台が多い、性別では9割が男性であった。一日平均患者数も平成9年度以降、1.9人、4.6人、7.0人、9.4人、12.2人、13.1人と上昇を続け、年間延べ患者数も平成14年度は3000人を超えた。この外来受診患者数の増加傾向は、30日を超えた処方が可能となってからも続いており、新規患者数も毎週2人前後が紹介されている。HIV感染症は早期に発見されれば抗HIV療法の適切な継続実施によって慢性疾患として捉えられる様になり、患者数増に対応するには外来機能の充実が重要である。当院では早くから外来看護師のコ?ディネ?タ?機能の充実をはかり、昨年度からはエイズ専任コーディネーターナースが配置された。服薬は外来のHIV診療の要であるので、当院では薬剤師による外来での服薬相談を早くから実施してきた。さらに、以前はプライバシーの観点から抗HIV薬は院内処方のみであったが院外薬局の理解と努力によって院外処方も実現している。患者は病気になった事によって心理的、社会的、経済的支援を必要とするケースが多いが、エイズにおいては社会的偏見や差別が他疾患より根強く残っており、これらの支援のニーズは高いので、病院の通常の診療機能に加えて心理的、社会的、経済的支援がいっそう必要である。当院では関係各位のご理解とご協力を得られ、カウンセラー、情報担当官、MSWが配置され、支援にあたっている。コーディネータ-ナースは文字通り患者の診療、院内外支援のコーディネートの核として機能している。
平成9年4月1日から平成15年3月31日までに353名のHIV感染症患者が入院した。診療科は免疫感染症科(総合内科)がほとんどであるが消化器科、産婦人科、外科など7科におよんだ。平成9年当初は全科対応の考えから院内の6病棟に感染症病床を7床整備し対応してきたが、HIV感染症治療、ケアの専門化、患者数の増加から、内科系の一病棟に感染症病床の集中化を行うこととなり、当該病棟のエイズ看護の専門化も進められている。これまでに入院した理由として、AIDS発症は76名で、これら全員が性的接触による感染であった。その他、抗HIV剤の導入や変更での入院が277名であった。年齢では30台が最多(40.5%)で、20台(30.0%)、40台、50台が続いた。退院患者350名の中で14名が死亡退院だった。平均在院日数は6年間で38.3日であったが、年々短縮傾向にある。
HIV感染症は全身疾患であり全科対応が原則であるが、HIV感染症の診断や治療などの診療を主に行う科として当科が誕生した経緯があり、これまではHIV感染症を中心に診療を行ってきた。院内でも全科の協力を頂けた。臨床検査科では国内でもいち早く薬剤耐性検査を立ち上げ、薬剤の選択や変更に大きな威力を発揮したし、薬剤科では薬剤の血中濃度測定により適切な服用を選択できるなど、近畿ブロック拠点病院である当院のHIV診療は全国でも有数のレベルを維持してきた。
さて、国内で毎年千人近いHIV感染者、AIDS患者が報告され、今後も新規患者数は増加を続けると考えられる。2010年に国内の有病者数が5万人になるとの推定がある。潜伏期間が5年?10年であるので、早期に発見されなければ2020年頃には5万人近くがAIDSを発症し医療機関を訪れると予想される。近畿の感染症患者は全国の概ね15%、大阪府が概ね5?6%であるので、この予測は2020年頃には近畿で7500人、大阪府で2500?3000人がAIDSを発症し医療機関を受診する事を意味する。今後もエイズ診療の充実・整備が必要と考えられる。診療を担う医師について見ると、国内の医学系大学には感染症の講座が少なく、感染症を専門とする医師も少ないので、HIV感染症など感染症専門若手医師の育成が急がれる。HIV感染症は病期によって様々な免疫不全症状を呈し、種々の日和見感染症、日和見悪性腫瘍を合併する。HIV感染症は免疫不全症あるいは感染症全般の診療経験を深めるに格好の場である。当科でも診療の充実・整備に加え、今後、感染症の後期研修の場として充実をはかりたいと考える。
今後、当科はHIV感染症のみならず、一般の感染症、免疫疾患を対象に、診療、教育、研究そして情報発信を行っていきたい。とりわけ、HIV感染症については、近畿のみならず、わが国にとっても深刻な病期となっていくと予想せざるを得ず、当院は近畿を中心に西日本のエイズセンターとしての機能を充実、整備していく必要があると考えられ、当科はその中心的役割を担っていきたい。

【平成14年度研究業績発表】
A-0
SHIMAKAGE M, HORII K, TEMPAKU A, KAKUDO K, SHIRASAKA T, SASAGAWA T. Association of Epstein-Barr virus with oral cancers. Human Pathology 33(6) : 608-614

YAMAGUTI T, HASHIMOTO S, OKA S, YOSHIZAKI K, KIMURA S, FUKUTAKE K, SHIRASAKA T. Physical Condition and Activity of Daily Living among HIV Patient Infected through Blood Products in Japan. Journal of Epidemiology 12(5) : 383-393

A-2
上平朝子、白阪琢磨:労作時呼吸困難と低酸素血症が急速に進行する間質性肺炎を認めた30歳男性「血液疾患第3版」安部達生、横田昇平、308-316、日本医事新報社、東京

白阪琢磨、藤純一郎:抗ウイルス療法「カラーアトラスAIDS」福武勝幸、327-352、サイエンスプレス株式会社、東京

白阪琢磨:HIV「改訂地域看護学」津村智恵子、319-327、中央法規出版株式会社、東京

白阪琢磨:HIV感染症/AIDS「小児科学第2版」伊藤克己、大関武彦、岡田伸太郎、近藤直実、杉本徹、田澤雄作、田村正徳、埜中征哉、原田研介、福嶋義光、567-572、医学書院、東京

安尾利彦:家族へのケア「HIVと心理臨床」野島一彦、矢永由里子、66-72、(株)カニシア出版、京都

安尾利彦:ライフサイクルとHIV「HIVと心理臨床」野島一彦、矢永由里子、119-125、(株)カニシア出版、京都

A-3
山口拓洋、橋本修二、川戸美由紀、中村好一、木村博和、市川誠一、松山裕、木原正博、白阪琢磨:エイズ治療の拠点病院におけるHIV/AIDSの受療者数。日本エイズ学会誌4(3):91-95

A-4
白阪琢磨:逆転写酵素阻害薬の種類と特徴。ModernPhysician 22(3):293-296

白阪琢磨:初回治療の開始時期とそのレジメ。化学療法の領域18(4):49-54

白阪琢磨:エイズ治療はどこまで進むか。月刊薬事21世紀の医療と創薬44(4):86-93

白阪琢磨:抗HIV薬。医薬ジャーナル38(5):94-99

白阪琢磨:いま エイズ患者・HIV感染者計7186人で過去最高・・・・・・?エイズ 今年のデータと治療の現状?。健31(9):14-19

白阪琢磨:免疫不全における下痢発症の機序と対策。総合臨床51(11):2928-2932

白阪琢磨:エイズ治療の現状。遺伝子医学6(4):95-100

白阪琢磨:抗HIV薬耐性検査-その臨床的意義について-。医療56(12):729-732

桑原健、白阪琢磨:プロテアーゼ阻害剤血中濃度測定の臨床的意義。医療56(12):743-744

金田次弘、白阪琢磨:HIV-1感染症/エイズ治療遂行のためのモニタリング・システムの構築の進展。医療56(12):727-728

A-5
白阪琢磨、小池隆夫、佐藤功、荒川正昭、河村洋一、内海 眞、高田 昇、山本政弘、河北博文、木村和子、渡辺 恵、兒玉憲一、坂谷光則、若井 晋、小西加保留、中尾篤人、瀧 正志、圓山誓信、池田正一:HIV感染症の医療体制に関する研究。厚生科学研究費補助金エイズ対策研究事業平成13年度研究報告書7-11

白阪琢磨、荒木輝美、有馬靖佳、安藤敬子、石田哲志、上田千里、上田良弘、宇野賀津子、上平朝子、大森佐知子、岡本幸春、織田幸子、甲斐千恵子、桑原 健、古金秀樹、後藤哲志、古西 満、笹山久美代、繁浦洋子、岳中美江、藤純一郎、外川正生、友田恭子、西村千代、林 素子、日笠 聡、日高庸晴、藤山佳秀、前田憲昭、松浦基夫、南 幸子、簑内公子、森田 文、森田美揚子、安尾利彦、山下佳子、吉野宗宏、若生治友:近畿地方におけるHIV医療体制の構築に関する研究、厚生科学研究費補助金エイズ対策研究事業平成13年度研究報告書81-99

白阪琢磨、岡慎一、木村哲、橋本修二、福武勝幸、吉崎和幸、山口拓洋:エイズ発症予防に資するための血液製剤によるHIV感染者の調査研究。平成12年度研究報告書1-92A-6

白阪琢磨:プロウイルスDNA量のマーカーとしての意義。日本臨床60(4):694-702

A-6
白阪琢磨:若者を襲うHIV変わる感染症、朝日新聞、2002年11月30日

B-2
OMORI S, TAKENAKA M, HIDAKA Y, SHIRASAKA T:Prevalence of drug use behaviors among Japanese youth, 130th Annual Meeting of American Public Health Association, Philadelphia, 2002年11月

B-3
白阪琢磨:HIV感染被害者をめぐる医療体制。サテライトシンポジウム「HIV感染被害者のQOLとサポート」、第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

吉野宗宏、桑原 健、北村良雄、赤野威彦、織田幸子、大谷成人、藤純一郎、上田千里、上平朝子、白阪琢磨:薬物血中濃度の測定とその臨床的意義。第57回国立病院療養所総合医学会シンポジウム、福岡、2002年10月

岳中美江:大阪における若者を対象とした予防介入プロジェクト。日本心理学会第66回大会、広島、2002年9月

B-4
桑原 健、日笠 聡、後藤哲志、古西 満、有馬靖佳、松浦基夫、白阪琢磨、上田良弘:関西HIV臨床カンファレンス参加施設における抗HIV薬の組み合わせ調査。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

桑原 健、吉野宗宏、工藤正樹、榊原則寛、内藤義博、清田雅子、下川千賀子、長岡宏一、畝井浩子、西野 隆、白阪琢磨:抗HIV薬の服薬に関するアンケート調査結果報告。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

白阪琢磨、山口拓洋、岡慎一、吉崎和幸、木村哲、福武勝幸、橋本修二:血液製剤によるHIV感染者の調査成績第1報 CD4値、HIV?RNA量と治療の現状と推移。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

上平朝子、吉野宗宏、藤純一郎、上田千里、大谷成人、織田幸子、桑原 健、白阪琢磨:当院におけるAZT/3TC合剤(コンビビル)の使用成績調査 第2報。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

藤純一郎、桑原 健、上平朝子、吉野宗宏、白阪琢磨:当院におけるdual PI療法の現状。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

吉野宗宏、桑原 健、織田幸子、大谷成人、藤純一郎、上田千里、上平朝子、白阪琢磨:当院におけるアバカビルの使用経験。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

大森佐知子、岳中美江、日高康晴、白阪琢磨:性経験を有する若者のHIV感染リスク行動と要因に関する研究 第1報 アメリカ村の若者における感染リスク行動について。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

岳中美江、日高康晴、大森佐知子、白阪琢磨:性経験を有する若者のHIV感染リスク行動と要因に関する研究 第2報 アメリカ村の若者における感染リスク行動と関連要因との関連性について。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

宇野賀津子、沢田貴志、内海 眞、菊池恵美子、吉崎和幸、白阪琢磨:外国人HIV/AIDS患者医療の充実の為に?医療の場で活躍できる通訳派遣体制確立に向けて?。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

若生治友、亀山敦之、鈴木智子、須貝 恵、米倉弥久里、辻 典子、古金秀樹、大江昌恵、井上 緑、小池隆夫、佐藤 功、荒川正昭、内海 眞、河村洋一、高田 昇、山本政弘、白阪琢磨:我が国のエイズ診療拠点病院の診療体制について。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

高西優子、中石朋見、木村和子、池上千寿子、桜井賢樹、沢田貴志、林 素子、圓山誓信、若井 晋、渡辺 恵、白阪琢磨:海外をモデルとしたHIV医療体制の確立に関する研究-オタワ・サンフランシスコ?。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

中石朋見、高西優子、木村和子、池上千寿子、桜井賢樹、沢田貴志、林 素子、圓山誓信、若井 晋、渡辺 恵、白阪琢磨:外国人医療提供体制における日本とカナダ(加)、イギリス(英)、オーストラリア(豪)との比較。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

古金秀樹、織田幸子、中田万貴子、池尻千乃、繁浦洋子、白阪琢磨:国立大阪病院における受診患者の紹介元医療機関と今後の課題。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

織田幸子、中田万貴子、繁浦洋子、簑内公子、岳中美江、安尾利彦、吉野宗宏、桑原 健、藤純一郎、上平朝子、上田千里、白阪琢磨:当院のチーム医療における問題と課題:看護の視点から。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

高田知恵子、矢永由里子、古谷野淳子、仲倉高広、山中京子、加瀬まさよ、田上恭子、山下美津江、島 典子、菊池恵美子、安尾利彦、喜花伸子:拠点病院心理職のHIV医療への関わりとその認識-HIV医療と拠点病院心理職の実態調査から(1)-。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

古谷野淳子、矢永由里子、高田知恵子、仲倉高広、山中京子、加瀬まさよ、田上恭子、山下美津江、島典子、菊池恵美子、安尾利彦、喜花伸子:派遣/ブロックカウンセラーと拠点病院心理職の連携可能性-HIV医療と拠点病院心理職の実態調査から(2)-。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

安尾利彦、西村輝明、白阪琢磨、織田幸子、上平朝子、藤純一郎、上田千里:国立大阪病院でのHIV医療におけるカウンセリング実施状況 カウンセリング開始時期および実施期間によるテーマの分析。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

河原邦光、上平朝子、藤純一郎、上田千里、大谷成人、白阪琢磨:BALにて診断されたAIDS合併カリニ肺炎5例の細胞神学的検討。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

山口拓洋、橋本修二、岡慎一、吉崎和幸、木村哲、福武勝幸、白阪琢磨:血液製剤によるHIV感染者の調査成績 第2報 抗HIV薬の併用区分・併用薬剤の変更状況と変更前後での臨床状況の変化。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

川戸美由紀、橋本修二、山口拓洋、中村好一、木村博和、市川誠一、松山裕、木原正博、白阪琢磨:拠点病院におけるHIV/AIDS受療者数の推移。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

日高庸晴、市川誠一、古谷野淳子、浦尾充子、安尾利彦、木原正博:オンライン自由記述質問紙によるMSMのコンドーム使用の心理・社会的背景に関する研究(SPIRITS,Wave1)。第16回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2002年11月

B-6
上平朝子、藤純一郎、吉野宗宏、木本美和、織田幸子、桑原健、白阪琢磨:非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬エファビレンツを含む抗HIV療法についての臨床的検討。第16回近畿エイズ研究会学術集会、大阪、2002年6月

B-8
白阪琢磨:エイズの現状と最新診療について。平成13年度地域におけるHIV感染症に関する研修会、大阪、2002年2月

白阪琢磨:HIV感染治療の現状。国立京都病院附属看護助産学校特別講義、京都、2002年2月

白阪琢磨:エイズの現状と最新の治療。平成13年度エイズ研究会、京都、2002年3月

岳中美江:予防活動大阪での取り組み。平成13年度厚生科学研究成果発表会、京都、2002年3月

白阪琢磨:HIV感染症について。HIV研修会、和歌山、2002年3月

白阪琢磨:HIV/AIDS治療に関する最新情報について。HIV/AIDSに関する講演会、神戸、2002年7月

白阪琢磨:HIV・エイズについて。院内感染防止勉強会、大阪、2002年7月

白阪琢磨:HIV感染症/AIDSの基礎知識。市民公開セミナー「エイズと予防」、大阪、2002年7月

白阪琢磨:エイズ医療の現状と予防。平成14年度大阪府学校保健研修会、大阪、2002年8月

白阪琢磨:HIV感染症の化学療法。12th Bayer Symposium Advance in Urology、東京、2002年8月

白阪琢磨:エイズの最新治療と課題。平成14年度エイズ対策研修会、長野、2002年10月

白阪琢磨:エイズの最新治療と課題。エイズ対策カウンセリング研修、大阪、2002年10月

白阪琢磨:エイズの診療の現状と予防について。地域におけるHIV感染症に関する研修会、大阪、2002年11月

白阪琢磨:HIV及びAIDS患者の動向。医療従事者のためのエイズ医療講習会、和歌山、2002年11月

白阪琢磨:エイズについての正しい知識・理解。エイズ教育事業、大阪、2002年11月

白阪琢磨:HIV感染症医療における治療の自己決定-治療選択とセカンドオピニオン-。血友病患者のためのシンポジウム、大阪、2002年12月

上平朝子:HIV感染症とエイズについて。エイズ教育講演会、大阪、2002年10月

安尾利彦:感染者を地域で支えるために。豊中市エイズ講演会、大阪、2002年1月

安尾利彦:HIV感染予防に関する相談。京都市保健婦HIVカウンセリング研修会、京都、2002年3月

岳中美江:HIV感染症予防について?ヘルスエデュケーションの視点から 予防の実践について。エイズブロック拠点病院HIV/AIDS看護研修会、大阪、2002年2月

岳中美江:しっかり学ぼうHIVのこと・生と性について考えよう・これから私たちにできることは?。春休みワークショップのつどい、大阪、2002年3月

岳中美江:これからの性感染症予防?性の自己決定と性感染症予防のために。Teen'sレッスンエイズ予防普及啓発事業、大阪、2002年6月

岳中美江:エイズの基礎知識。エイズファシリテーター研修会、大阪、2002年9月

岳中美江:HIV・AIDS。エイズ予防教育講演会、大阪、2002年10月

岳中美江:「コンペティション2003」へ向けてのリサーチ活動・訪問。「産業社会と人間」におけるリサーチ活動、大阪、2002年11月

岳中美江:HIV感染予防について?大阪における若者を対象とした予防介入の取り組みより?。第6回新潟HIVカンファランス、新潟、2002年12月

若生治友:HIV/AIDSの語るもの。大阪大学医学部保健学科地域看護学講座地域看護学セミナー、大阪、2002年9月