整形外科
大園健二

 整形外科が取り扱う疾患は多岐にわたる上に、近年の救急医療へのてこ入れによ り、多発外傷を取り扱う頻度も増している。当院では専門分野別には温度差はあるが 1)小児整形外科、2)骨軟部腫瘍、3)脊椎外科、4)股関節外科、5)膝関節外科、 6)上肢の外科(肩、肘、手)、7)足の外科、8)リウマチ性疾患、9)リハビリテー ション医学、10)スポーツ整形外科、11)骨折外傷全般の各部門に取り組んでいる。 難病もしくは専門的治療を要する疾患群では1年間に入院患者数(ほぼ100%が手術 例)として骨軟部悪性腫瘍約80例、小児難病・骨系統疾患約70例、変形性股関節症約 240例、変形性膝関節症約50例、特発性大腿骨頭壊死症約20例、慢性関節リウマチ約 30例、後縦靱帯骨化症若干例、脊椎変性疾患約90例を取り扱っており総退院患者数の 6割を占める。
 骨軟部悪性腫瘍については、先進的な化学療法+患肢温存的腫瘍広汎切除など治療 成績のみならずQOLを鑑みた体系的治療法の確立にむけて診療に取り組んでいる。ま た転移性骨腫瘍に関しても積極的にQOL改善を目指した治療戦略を展開中である。小 児難病とくに骨系統疾患は症例集積が進んでおり、中でも骨形成不全症に対する最小 侵襲手術としての経皮的髄内釘挿入固定術の開発により本疾患の治療体系が整備され つつある。特発性大腿骨頭壊死症に対しては積極的な外科的介入を施行しながら、大 阪大学や厚生省研究班とのコラボレーションで遺伝子解析などの病態解明、新しい治 療法の開発を目指している。後縦靱帯骨化症、慢性関節リウマチなどの難病に対して は今後もより多くの症例の集積が予想され専門的体系的診療を継続するとともにさら なるレベルの向上を図っている。
 高齢者層の増加にともない変性疾患の激増が予測される関節外科や脊椎外科分野に おいては、カスタムメイド人工股関節や日本人骨格のCTデータより設計された新開発 の人工股関節や人工膝関節、脊椎インスツルメンテーションが臨床応用される段階に 達している。全国の大学、研究施設との共同臨床研究も計画中であり、当院において も症例数の増加と平行して先進的な治療の展開が期待される。
 これら整形外科の幅広い各専門分野において担当のスタッフが国内外での学術集会 における発表ならびに論文発表を精力的に行っており、内外でも一定の評価を得つつ ある。これは各スタッフの臨床的能力、手術の高い技量に裏打ちされているだけでな く、科学的アプローチと裏付けを恒常的に行っている証でもある。今後の課題は若手 スタッフやレジデント、研修医への診療面での教育、手術トレーニングのみならず、 研究発表面での教育指導であるが、スタッフの人的不足のため両輪ともに十分とはい えない。今後の底挙げのためにもマンパワー問題の改善が必要と考える。
 救急医療への積極的な取り組みやスポーツ整形外科的アプローチにより、各種の骨 折外傷、靱帯損傷などを取り扱う頻度が増加している。これらは整形外科の臨床的基 盤ともいえるもので、学会活動など学術的取り組みも行っており、研修医の重要なト レーニングの機会として教育上も重要な役割を果たしている。

【平成14年度研究発表業績】
A-0
KISHIDA Y, SUGANO N, OHZONO K, SAKAI T, NISHII T, YOSHIKAWA H. Stem fracture of the cementless spongy metal lubeck hip prosthesis. J Arthroplasty. 17:1021-1027

SAKAI T, SUGANO N, NISHII T, MIKI H, OHZONO K, YOSHIKAWA H. Bone scintigraphy screening for osteonecrosis of the shoulder in patients with non-traumatic osteonecrosis of the femoral head. Skeletal Radiol. 31:650-655

KAZUKI K, MIYAMOTO T, OHZONO K. Intra-articular corrective osteotomy for the malunited intercondylar humeral fracture: a case report. Osaka City Med J. 48:95-100

SUGANO N, ATSUMI T, OHZONO K, KUBO T, HOTOKEBUCHI T, TAKAOKA K. The 2001 revised criteria for diagnosis, classification, and staging of idiopathic osteonecrosis of the femoral head. J Orthop Sci. 7:601-605

SAKAI T, SUGANO N, FUJII M, NISHII T, OHZONO K, YOSHIKAWA H. Sciatic nerve palsy after cementless total hip arthroplasty. Treatment by modular neck and calcar shortening: a case report. J Orthop Sci.7:400-402

NISHII T, SUGANO N, OHZONO K, SAKAI T, HARAGUCHI K, YOSHIKAWA H. Progression and cessation of collapse in osteonecrosis of the femoral head. Clin Orthop. 400:149-157

NISHII T, SUGANO N, OHZONO K, SAKAI T, SATO Y, YOSHIKAWA H. Significance of lesion size and location in the prediction of collapse of osteonecrosis of the femoral head: a new three-dimensional quantification using magnetic resonance imaging. J Orthop Res. 20:130-136

SAKAI T, SUGANO N, OHZONO K, NISHII T, HARAGUCHI K, Yoshikawa H. Femoral anteversion, femoral offset, and abductor lever arm after total hip arthroplasty using a modular femoral neck system. J Orthop Sci. 7:62-7

KAZUKI K, MIYAMOTO K, OHZONO K, HIROSHIMA K. Extensor tendons rupture due to osteoarthritis of the distal radioulnar joint. Hand Surgery Update in the New Millenium 452-454

KAMANO M, HONDA Y, KAZUKI K, YASUDA M. Palmar plating for dorsally displaced fractures of the distal radius. Clinical Orthopedics 397: 403-408

NAKANISHI H, ARAKI N, KUDAWARA I, KURATSU S, MATSUMINE A, MANO M, NAKA N, MYOUI A, UEDA T, YOSHIKAWA H. Clinical implications of serum C-reactive protein levels in malignant fibrous histiocytoma. Int. J. Cancer 99:167-170

UEDA T, ARAKI N, MANO M, MYOUI A, JOYAMA S, ISHIGURO S, YAMAMURA H, TAKAHASHI K, KUDAWARA I, YOSHIKAWA H. Frequent expression of smooth muscle markers in malignant fibrous histiocytoma of bone. J Clin Pathol 55: 853-858

YAMAMOTO T, NISHIGUCHI M, INOUE N, GOTO H, KUDAWARA I, UEDA T, YOSHIKAWA H, TANIGAKI Y, NISHIZAWA Y. Inhibition of murine osteosarcoma cell proliferation by glucocorticoid. Anticancer Res 22:4151-4156

OMITA T, NAKASE T, KANEKO M, SHI K, TAKAHI K, OCHI T, YOSHIKAWA H Expression of extracellular matrix metalloproteinase inducer and enhancement of the production of matrix metalloproteinases in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 46:373-378

TAKAHI K, HSHIMOTO J, HAYASHIDA K, SHI K, TAKANO H, TSUBOI H, MATSUI Y, NAKASE T, TOMITA T, OCHI T,YOSHIKAWA H Early closure of growth plate causes poor growth of long bones in collagen-induced arthritis rats. J Musculoskel Neuron Interact 2:344-351

NAKASE T, SUGAMOTO K, MIYAMOTO T, TSUMAKI N, LUYTEN FP, INUI H, MYOUI A, TOMITA T, YOSHIKAWA H Activation of Cartilage-Derived Morphogenetic Protein-1 in Torn Rotator Cuff, Clin Orthop 2002:140-145

NAKASE T, ARIGA K, MENG W, IWASAKI M, TOMITA T, MYOUI A, YONENOBU K, YOSHIKAWA H Distribution of genes for parathyroid hormone (PTH)-related peptide, Indian hedgehog, PTH receptor and patched in the process of experimental spondylosis in mice. J Neurosurg (Spine) 97:82-87

MORITOMO H, NAKASE T, MAEDA K, MURASE T, YOSHIKAWA H. Surgical treatment of hand disorders in Farber's disease: A case report, J Hand Surg [Am] 27:503-507

TSUMAKI N, NAKASE T, MIYAJI T, KAKIUCHI M, KIMURA T, OCHI T, YOSHIKAWA H. Bone morphogenetic protein signals are required for cartilage formation and differently regulate joint development during skeletogenesis, J Bone Miner Res 17:898-906

TAMAI N, MYOUI A, TOMITA T, NAKASE T, TANAKA J, OCHI T, YOSHIKAWA H. Novel hydroxyapatite ceramics with an interconnective porous structure exhibit superior osteoconduction in vivo, J Biomed Mater Res 59:110-117

INUI H, SUGAMOTO K, MIYAMOTO T YOSHIKAWA H, MACHIDA A, HASHIMOTO J, NOBUHARA K. Three-dimensional relationship of the glenohumeral joint in the elevated position in shoulders with multidirectional instability. J Shoulder Elbow Surg 11:510-515

INUI H, SUGAMOTO K, MIYAMOTO T, YOSHIKAWA H, MACHIDA A, HASHIMOTO J, NOBUHARA K, Glenoid shape in atraumatic posterior instability of the shoulder. Clin Orthop 403:87-92.

SUGAMOTO K, HARADA T, MACHIDA A, INUI H, MIYAMOTO T, TAKEUCHI E, YOSHIKAWA H, OCHI T. Scapulohumeral rhythm: relationship between motion velocity and rhythm. Clin Orthop 401:119-124

A-1
宮本隆司:上肢の手術?肩関節(関節鏡視下滑膜切除術、人工肩関節置換術)「図説 関節リウマチの手術-基本手技の展開とポイント」、メジカルビュー社: 34-43

A-3
廣島和夫:骨形成不全症の治療:経皮的伸展性髄内釘挿入による長管骨骨折の治療。日本小児整形外科学会雑誌11:25-28

大園健二、李 勝博、安藤 渉 高尾正樹 菅野伸彦 西井 孝 廣田良夫:膠原病におけるステロイド性大腿骨頭壊死症発生の危険因子。リウマチ科27:114-117

香月憲一、田野確郎、松峯昭彦、家口 尚、廣島和夫、青木康彰:AW-ガラスセラミックスを用いた内軟骨腫の治療成績。Orthopaedic Cera-mic Implants 20:93-96

香月憲一、田野確郎、廣島和夫:人工骨併用Intra-focal pinning法で治療した高齢者橈骨 遠位端骨折の臨床成績。骨折24:714-716

香月憲一、田野確郎、廣島和夫、恵木 丈:病的骨折を伴った手指内軟骨腫の治療。骨折24:767-769

香月憲一、宮本隆司、田野確郎:長母指伸筋腱皮下断裂症例の検討:日本手の外科学会雑誌19:375-379

恵木 丈、香月憲一、日高典昭、坂中秀樹、山野慶樹:骨粗鬆症性橈骨遠位端骨折に対するintra-focal pinning法の治療成績−IFP単独法v.s. CPC併用IFP 法−。日本手の外科学会雑誌19:633-637

中瀬尚長、安井夏生、立石耕介、清水信幸、 吉川秀樹:Ilizarov hip法の短期成績。関節外科 21:36-40

中瀬尚長、安井夏生、川端秀彦、柴田 徹、 吉川秀樹:ALBIZZIA髄内釘による大腿骨延長術。関節外科21:161-166

坂井孝司:術前プランと術後評価-レントゲン計測-。リウマチ科28:434-440

宮本隆司、菅本一臣、乾 浩明、吉川秀樹、竹内英二、林田賢治:慢性関節リウマチ肩に対する人工関節置換術後の肩関節機能。肩関節26;497-499


A-4
廣島和夫:整形外科が関与する小児難病とその治療。医療56:387-392

廣島和夫:シーティングシステムの概念。看護技術48:78-82

冨田哲也、中瀬尚長、橋本英雄:変形性関節症とMMP/TIMP。整形・災害外科 45:696-697

中瀬尚長:整形外科疾患における遺伝子発現解析ー先進医療の為のEBM。整形外科 53:1552

中瀬尚長、 安井夏生:卒後研修講座「骨延長術の臨床」。整形外科 53:581-589

A-5
大園健二、菅野伸彦、渥美敬、久保俊一、佛淵孝夫、高岡邦夫:診断基準、病型分類、病期分類、治療指針ワーキング・グループ。厚生労働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科会・平成11?13年度総合研究報告書5-7

渥美敬、大園健二、久保俊一、菅野伸彦、高岡邦夫、佛淵孝夫:特発性大腿骨頭壊死症の診断基準・病型分類・病期分類(平成13年6月改訂案)。厚生労働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科会・平成11?13年度総合研究報告書217-221

西井 孝、菅野伸彦、三木秀宣、中村宣雄、坂井孝司、原口圭司、岸田友紀、吉川秀樹、大園健二:新しい病期・病型分類を用いた大腿骨頭壊死症の自然経過。厚生労働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科会・平成13年度研究報告書9-10

西井 孝、菅野伸彦、三木秀宣、中村宣雄、坂井孝司、岸田友紀、吉川秀樹、大園健二:病型分類と壊死体積比率との関連性;特発性大腿骨頭壊死症の自然経過予測への有用性。厚生労働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科会・平成13年度研究報告書11-13

西井 孝、菅野伸彦、三木秀宣、中村宣雄、坂井孝司、岸田友紀、吉川秀樹、大園健二:特発性大腿骨頭壊死症の凝固・線溶系の検討。厚生労働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科会・平成13年度研究報告書78-79

菅野伸彦、西井 孝、三木秀宣、中村宣雄、原口圭司、坂井孝司、岸田友紀、吉川秀樹、佐藤宗彦、大園健二ほか:ORP150と OH1による骨組織の虚血性変化の検討。厚生労働省特定疾患対策研究事業・骨関節系調査研究班・特発性大腿骨頭壊死症調査研究分科会・平成13年度研究報告書93-94

上田優子、米田昌弘、青野勝成、高岡邦夫:外傷を起点として異所性骨化を疑われた骨軟骨腫の一例。中部日本整形外科災害外科学会雑誌45:81

川端確、青野勝成、五谷寛之、岡田充弘、政田俊明、山野慶樹:腕神経叢麻痺を呈した静脈内腫瘍塞栓の1例。中部日本整形外科災害外科学会雑誌45:383

B-1
NAKASE T, YOSHIKAWA H: Expression profile of BMP members in orthopaedic diseases. 4th international conference of bone morphogenetic proteins. Sacramento, October

TSUMAKI N, NAKASE T, YOSHIKAWA H, et al. Role of BMPs during cartilage formation and joint development.. 4th international conference of bone morphogenetic proteins. Sacramento, October

B-2
OHZONO K, LEE SB, SUGANON, HARAGUCHI K, SAKAI T, NISHII T, MIKI H, YOSHIKAWA H: Acetabular revision THA using ModuRec Cup. Asia Pacific Orthpaedic Society, Honolulu, June

LEE SB, OHZONO K. Short-term Results of VerSys Enhanced Taper Stem with Ceramic-on-ceramic Articulation, THA Conference in Vail, Vail, January

KAZUKI K, MIYAMOTO T, OHZONO K, HIROSHIMA K. Extensor tendons rupture due to osteoarthritis of the distal radioulnar joint. The 4th Asian Pacific Federation of Society for Surgery of the Hand, Seoul, March

KAZUKI K, TADA S, MIYAMOTO T, OHZONO K, HIROSHIMA K.: A vascularized bone graft from the distal radius for the treatment of Preiser's disease: Two cases report. The 4th Asian Pacific Federation of Society for Surgery of the Hand, Seoul, March

ITOH K, YOSHIOKA K, NAKASE T, YOSHIKAWA H: Stimulation of ectopic bone formation in response to BMP-2 by Rho-associated kinase inhibitor. 4th international conference of bone morphogenetic proteins. Sacramento, October

HORIKI M, NAKASE T, MYOUI A, NISHII T, SUGANO N, YOSHIKAWA H Involvement of RANKLE in Osteolytic Loosening of the Prosthesis. 24th annual meeting of ASBMR Sanantonio, September

SUGANO N, SASAMA T, NISHIHARA S, NAKASE H, NISHII T, MIKI H, MOMOI Y, YOSHINOBU S, NAKAJIMA Y, TAMURA S, YONENOBU K, OCHI T. Clinical applications of a laser guidance system with dual laser beam rays as augmented reality of surgical navigation. 6th Annual Conference of the International Society for Computer Aided Surgery, Paris June

SAKAI T, SUGANO N, NISHII T, NAKAMURA N, KISHIDA Y, MIKI H, OHZONO K, YOSHIKAWA H. Multiple osteonecrosis in patients with steroid-related, alcohol-related, and idiopathic osteonecrosis of the femoral head. ARCO, San Diego, August

B-3
大園健二、李 勝博:人工股関節置換術のクリティカル・パス。平成14年度国立病院・療養所総合医学会、福岡市、2000年10月

上田孝文、名井陽、城山 晋、荒木信人、中紀文、中西啓文、久田原郁夫、家口尚、青木康彰、吉川秀樹:軟骨肉腫の長期治療成績。第75回日本整形外科学会学術集会、岡山市、2000年5月

吉川秀樹、上田孝文、名井陽、城山 晋、荒木信人、中紀文、中西啓文、久田原郁夫:骨盤、股関節周囲発生の骨軟部腫瘍に対する患肢温存術後の患肢機能。第75回日本整形外科学会学術集会、岡山市、2002年5月

荒木信人、中紀文、中西啓文、青木康彰、久田原郁夫、倉都滋之、内田淳正、名井陽、上田孝文、吉川秀樹:10歳以下の小児悪性骨軟部腫瘍の患肢温存術後成績の検討。第35回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、山口市、2002年7月

上田孝文、名井陽、荒木信人、中紀文、中西啓文、久田原郁夫、家口尚、青木康彰、吉川秀樹:高悪性度軟部肉腫におけるIfosfamide を中心としたneoadjuvant化学療法の検討。第35回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、山口市、2002年7月

名井陽、荒木信人、上田孝文、久田原郁夫、青木康彰、倉都滋之、中紀文、中西啓文、家口尚、森茂樹、松峯昭彦、内田淳正、玉井宣行、吉川秀樹:術中体外照射自家骨移植法の臨床成績。第35回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、山口市、2002年7月

荒木信人、中紀文、中西啓文、前田一哉、藤本哲穂、名井陽、久田原郁夫、青木康彰、上田孝文、小泉雅彦、倉都滋之、内田淳正、吉川秀樹:術中体外照射自家骨の組織学的検討。第35回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、山口市、2002年7月

中瀬尚長、他:骨折治療における変形矯正。第75回日本整形外科学会学術集会、岡山、2002年5月

中瀬尚長、吉川 秀樹:機械刺激による骨棘形成機序。第17回日本整形外科学会基礎学術集会、青森、2002年10月

有賀健太、米延策雄、中瀬尚長、細野 昇、吉川秀樹:椎間板変性におけるアポトーシスの役割。第17回日本整形外科学会基礎学術集会青森、2002年10月

中瀬尚長、他:イリザロフ創外固定を用いた矯正術による内反足遺残変形の治療成績。第13回日本小児整形外科学会、博多、2002年11月

B-4
西井 孝、菅野伸彦、三木秀宣、中村宣雄、坂井孝司、岸田友紀、吉川秀樹、大園健二、高尾正樹:特発性大腿骨頭壊死症における凝固・線溶系因子の検討。厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成13年度第2回会議、東京、2002年1月
 
西井 孝、菅野伸彦、三木秀宣、中村宣雄、坂井孝司、岸田友紀、吉川秀樹、大園健二、高尾正樹:病型分類と壊死体積比率との関連性;特発性大腿骨頭壊死症の自然経過評価への有用性。厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成13年度第2回会議、東京、2002年1月

小林千益、高岡邦夫、菅野伸彦、西井 孝、吉川秀樹、大園健二:特発性大腿骨頭壊死症に対する人工物置換術の術語成績調査。厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成13年度第2回会議、東京、2002年1月

小林千益、高岡邦夫、吉川秀樹、久保俊一、大西英生、長谷川幸治、大園健二:特発性大腿骨頭壊死症に対する人工物置換術の術後成績調査。第32回日本人工関節学会、名古屋、2002年1月

坂井孝司、菅野伸彦、大園健二、李 勝博、西井 孝、三木秀宣、中田活也、吉川秀樹:カスタムメイド人工股関節 術後4?8年の成績。第32回日本人工関節学会、名古屋、2002年1月

大園健二、李 勝博、菅野伸彦、西井 孝、三木秀宣:THA再置換のコンセプトと成績(臼蓋側):ModuRec Cupを用いた臼蓋側再置換術。第32回日本人工関節学会、名古屋、2002年1月

菅野伸彦、大園健二、倉都滋之、中村宣雄:THA再置換のコンセプトと成績(大腿骨側):Wagnerを用いる方法。第32回日本人工関節学会、名古屋、2002年1月

岸田友紀、菅野伸彦、西井 孝、三木秀宣、吉川秀樹、山口勝之、大園健二:表面置換型人工股関節全置換術後の大腿骨近位での骨密度。第32回日本人工関節学会、名古屋、2002年1月

森本大樹、安藤 渉、李 勝博、大園健二:同一家系内に生じた狭義の特発性大腿骨頭壊死症の3症例。厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成14年度第1回会議、大阪、2002年8月 

小林千益、堀内博志、菅野伸彦、西井 孝、吉川秀樹、大園健二:特発性大腿骨頭壊死症に対する人工骨頭・人工関節置換術の術後成績(多施設共同研究);骨頭壊死Stage II ・III症例での検討。厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成14年度第1回会議、大阪、2002年8月

安藤 渉 高尾正樹 李 勝博、大園健二:人工股関節全置換術における術中脚長測定の精度についての検討。第29回日本股関節学会、札幌、2002年9月

高尾正樹、西井 孝、三木秀宣、菅野伸彦、吉川秀樹、安藤 渉、李 勝博、大園健二:Press fit固定によるuncemented porous cupの初期固定性。第29回日本股関節学会、札幌、2002年9月

林 潤三、山下和夫、大園健二、廣島和夫:腰部脊柱管狭窄症後方除圧術後の遺残腰痛とその関連因子。第75回日本整形外科学会、岡山、2002年5月

林 潤三、山下和夫:腰部脊柱管狭窄症後方除圧術後の遺残腰痛とその関連因子。第31回日本脊椎脊髄病学会、宮崎、2002年6月

有光小百合、家口尚、久田原郁夫、河原邦光、倉田昭彦、青木康彰:骨外性骨肉腫の3例。第35回日本整形外科学会、骨・軟部腫瘍学術集会、山口2002年7月

中紀文、荒木信人、伊藤和幸、中西啓文、城山 晋、名井陽、久田原郁夫、上田孝文、青木康彰、吉川秀樹:滑膜肉腫におけるSSX遺伝子の発現。第17回日本整形外科学会基礎学術集会、青森市、2002年10月

越智健介、土井光人、醍醐弥太郎、片桐豊雅、角田達彦、名井陽、中紀文、久田原郁夫、戸口田淳也、吉川秀樹、中村祐輔:cDNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析に基づく骨肉腫の抗がん剤感受性予測。第61回日本癌学会総会、東京、2002年10月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫、恵木 丈、日高典昭:橈骨遠位端骨折の治療−intra-focal pinning法における人工骨の有用性−。第75回日本整形外科学会、岡山、2002年5月

恵木 丈、香月憲一:橈骨遠位端骨折に合併する関節内軟部組織損傷。第75回日本整形外科学会、岡山、2002年5月

香月憲一、宮本隆司、田野確郎:長母指伸筋腱皮下断裂症例の検討。第45回日本手の外科学会、新潟、2002年4月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:手関節背側で伸筋腱皮下断裂をきたした慢性関節リウマチ患者の手の再建。第46回日本リウマチ学会、神戸、2002年4月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:舟状骨骨折に対する部分手関節固定術。第28回日本骨折治療学会、博多、2002年7月

釜野雅行、香月憲一、安田匡孝:不安定型コーレス型骨折に対する掌側プレート固定法。第45回日本手の外科学会、新潟、2002年4月

恵木 丈、香月憲一、日高典昭、坂中秀樹、山野慶樹:骨粗鬆症性橈骨遠位端骨折に対するintra-focal pinning法の治療成績−リン酸カルシウム骨セメントは有用か?−。第45回日本手の外科学会、新潟、2002年4月

坂井孝司、菅野伸彦、西井孝、三木秀宣、吉川秀樹、大園健二、李勝博、中田活也:カスタムメイド人工股関節 術後4-8年の成績。第32回日本人工関節学会、名古屋、2002年1月

坂井孝司、菅野伸彦、西井孝、原口圭司、三木秀宣、西原俊作、萩尾佳介、岸田友紀、吉川秀樹、越智隆弘、大園健二、中村宣雄:特発性上腕骨頭壊死症の自然経過とMRI評価。第75回日本整形外科学会学術集会、岡山、2002年5月 

宮地高弘、中瀬尚長、玉井宣行、名井 陽、吉川秀樹:骨折初期反応におけるBMP-4/Shhシグナリング。第17回日本整形外科学会基礎学術集会、青森、2002年10月

坂井孝司、島岡康則、杉本端生、小泉寿章、御勢真一、中崎学人:著しい股関節の破壊をきたした化膿性股関節炎の1例。第29回日本股関節学会、札幌、2002年9月

南野勝彦、中瀬尚長 他:M101延長器を用いた第4中足骨短縮症の治療経験。第15回日本創外固定学会、大阪、2002年3月

小島崇宏、中瀬尚長 他:ナビゲーションシステムを用いた片側仮骨延長術による脛骨高位骨切り術の経験。第15回日本創外固定学会、大阪、2002年3月

中瀬 尚長 他:化膿性股関節炎後遺障害に対するイリザロフヒップの短期成績。第15回日本創外固定学会、大阪、2002年3月

中瀬 尚長 他:Ilizarov法による内反足遺残変に対する非観血的矯正術の経験。第15回日本創外固定学会、大阪、2002年3月

B-5
廣島和夫:麻痺性足部変形の診断と治療 東海足の外科集談会。日整会教育研修講演、名古屋、2002年12月

廣島和夫:小児における足の痛み:病態と治療。第18回九州小児整形外科集談会ランチョンセミナー、博多、2002年2月

香月憲一:弾発指の臨床像と腱鞘外注射。大阪市立大学整形外科開業医会教育研修講演、大阪、2002年6月

B-6
白 隆光、大園健二、廣島和夫ほか:踵骨腫瘍の2例。第22回大阪整形外科症例検討会、大阪、2002年2月

林 潤三、高尾正樹、大園健二:足関節脱臼、尖足拘縮を伴った足関節MRSA骨髄炎の1例 経過報告。第22回大阪整形外科症例検討会、大阪、2002年2月

高山和士、大園健二、廣島和夫ほか:右頚腕症様の症状で発症した骨腫瘍の1例。第23回大阪整形外科症例検討会、大阪、2002年8月

安藤 渉、林 潤三、大園健二、廣島和夫ほか:Warfarinn内服中に腸腰筋内血腫による大腿神経麻痺を生じた2例。第23回大阪整形外科症例検討会、大阪、2002年8月

森本大樹、安藤 渉、李 勝博、大園健二:同一家系内に生じた狭義の特発性大腿骨頭壊死症の3症例。厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成14年度第1回会議、大阪、2002年8月

小林千益、堀内博志、菅野伸彦、西井 孝、吉川秀樹、大園健二ほか:特発性大腿骨頭壊死症に対する人工骨頭・人工関節置換術の術後成績(多施設共同研究);骨頭壊死Stage II ・III症例での検討。厚生労働省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成14年度第1回会議、大阪、2002年8月

大園健二、李 勝博、森本大樹、安藤 渉:大腿骨頚部骨折および大腿骨頭壊死症に対するHAバイポーラー人工骨頭の多施設臨床研究(中間報告)。第10回バイポーラー検討会、熱海、2002年9月 

森本大樹、安藤 渉、李 勝博、大園健二:バイポーラー人工骨頭のゆるみに対するrevision例の検討。第10回バイポーラー検討会、熱海、2002年9月 

尾上仁彦、香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:成人上腕骨偽関節長期経過例に対して骨接合術を行った1例。第26回大阪骨折研究会(OFC)、大阪、2002年12月

高山和士、香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:一側上肢同時多発外傷の1例。第26回大阪骨折研究会(OFC)、大阪、2002年12月 

久田原郁夫、家口 尚、青木康彰:外傷により局所再発が判明した骨肉腫。第47回関西骨軟部腫瘍研究会(臨床)、豊中市、2002年1月

白 隆光、久田原郁夫、家口 尚:踵骨骨内脂肪腫の2例。第22回大阪整形外科症例検討会、大阪市、2002年2月

家口 尚、久田原郁夫、河原邦光、倉田明彦、青木康彰:脛骨遠位発生骨肉腫症例を放射線処理骨で再建した2例。第24回近畿小児がん研究会、大阪、2002年2月

高山和士、林潤三、家口 尚、久田原郁夫、大園健二、廣島和夫:右肩痛で発症した骨腫瘍の1例。第23回大阪整形外科症例検討会、大阪市、2002年8月 

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:橈骨遠位端骨折に伴う長母指伸筋腱皮下断裂の検討。第8回南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会、大阪、2002年4月

香月憲一、宮本隆司、大園健二、廣島和夫:舟状骨偽関節に対する部分手関節固定術の治療成績。第8回南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会 、大阪、2002年4月

釜野雅行、香月憲一:観血的治療を要した若年者におけるGaleazzi-equivalent lesionの2例。第19回中部日本手の外科研究会、広島、2002年1月

釜野雅行、香月憲一:観血的治療を要した若年者におけるGaleazzi-equivalent lesion の2症例。第8回南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会、大阪、2002年4月

恵木 丈、五谷寛之、高岡邦夫、山野慶樹、香月憲一:橈骨遠位端骨折に合併する関節内軟部組織損傷。第8回南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会、大阪、2002年4月 

中瀬尚長 他:IlizarovフレームかTaylorフレームか?-下腿骨折revision手術例からの検討-。第8回日本イリザロフ法研究会、東京、2002年9月

南野勝彦、中瀬尚長 他:Pycnodysostosisに生じた大腿骨骨折の1例。第30回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2002年8月

平松久仁彦、中瀬尚長 他:著明な歩行障害を呈するSEDの一例。第30回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2002年8月

B-8
廣島和夫:障害児の医学的予後・二次障害の問題点。大阪府立茨木養護学校講演会、茨木市、2002年10月

廣島和夫:下肢の痛み。第9回日本小児整形外科学会教育研修会、東京、2002年8月

廣島和夫:経皮的鋼線髄内釘固定法の長所・短所。骨形成不全症友の会 大阪支部講演会、神戸、2002年8月

大園健二、李 勝博:形成不全股に対する人工股関節置換術。WMJ人工股関節セミナー、宮崎、2002年12月

B-9
中瀬尚長:外反母趾。CATV北大阪、2002年3月

中瀬尚長:O脚と変形性関節症。CATV北大阪、2002年3月