精神・神経科
谷口典男

【診療方針】
 当科では、外来診療・入院診療としての神経科(神経内科)と外来診療としての精神科の2診療部門を統合することにより、より包括的、全人的な立場にたった医療を志している。
 具体的には、神経科(神経内科)診療では、政策医療である神経難病を中心にパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症などの治療を行っている。
 精神科診療においては、外来診療で可能な疾患の治療にあたっており、躁うつ病、神経症、てんかんなどを中心に診療をおこなっている。また、院内での精神症状について、リエゾン精神医学としてコンサルテ?ションに応じている。

【スタッフ】
部長     谷口典男
 医員     真野恵子
 レジデント  廣瀬千治
 レジデント  滝沢義唯
臨床心理士  小川伊津子
招聘医師   上西圀宏 、槇永剛一、藤村晴俊

【臨床研究のテーマ】
1. パーキンソン病における薬物動態的研究
2. アルツハイマー病における遺伝子解析
3. 筋萎縮性側索硬化症における段階的告知に関する研究

【研修システム】
 当院においては、日本神経学会教育関連病院に指定されているために、神経内科専門医の取得が可能である。また精神保健指定医取得のための臨床研修も積むことができる。

【平成14年度研究業績発表】
A- 2
谷口典男:「メンタルヘルスケア実践ガイド」260-262、産業医学振興財団、東京

B-7 
真野恵子:アルツハイマー病の精神症状について。第3回神経内科/精神科共同カンファレンス、大阪、2002年11月