外 科
 
辻仲利政
 

外科における主たる研究テーマは、癌および外科治療に関するものです。まだ解決されていない諸問題、現在試みている新しい治療法や術後管理法、治療成績、集学的治療の試み、希な症例に対する治療経験、癌の特性や悪性度に関する研究、発がん機序や疫学に関する研究、癌治療に関する共同研究の成果、標準的外科治療に関する問題、新規抗がん剤の至適投与法の開発と安全性の確認、等が現在の主たる研究課題です。研究成果を積極的に発表し有益な結論を導き、実際の医療を変革改良して、患者利益に結びつけることが必要です。今年度の業績を発表いたしましたが、これらには私たちが癌および外科治療に費やしてきた努力や目的意識が反映しています。学会発表に比べて原著の数が少ない欠点がありますが、今後努力を重ねてこの点を改善するつもりです。
 本年度は、ASCO(アメリカ癌治療学会)に6つの報告を行うことが出来ました。一施設の発表数としては、評価されるべき数です。新規抗ガン剤の組み合わせに関するphaseIおよびII study の結果や、以前より積極的に取り組んできた多施設共同研究の成果です。また、自主研究として取り組んできた前向き研究の結果の成果も報告出来るようになりました。今後、プロトコールに基づいた質の高い前向き研究が重要になります。問題意識を持って取り組んできた課題の結果が出せるようになったことは大きな進歩です。
 外科治療において、出来る限りエビデンスに基づいた治療方針を立て、確かな技術に裏付けられた治療を行うことが重要です。クリニカルパスは医療内容を検証する便利な道具です。パスについても、積極的に報告を続けてきました、また、パスを用いることで手術術式の評価が正確に行うことが出来ます。今後はより合理的で質の高い手術を確立するための指標として、パスを使って行く予定です。外科には、新鮮な頭をもった若い研修医とレジデントおよび各領域における専門家であるスタッフが存在しています。引き続き、多くの課題について積極的に発表してゆく予定です。
 外科手術も日進月歩の分野であります。絶えず自分たちの技術を向上させ工夫を凝らして、患者様の利益に結びつけなければなりません。外科には技術が必要ですが、加えて技術を科学的に考えること、技術だけにとどまらない広い視野と科学する精神が必要です。特に癌治療は生存率と生存の質において評価を受けるものですから、技術と経験だけで解決されるものではなく、科学に基づいた総合的な戦略が必要です。癌治療において、分子標的治療が現実化してきました。グリベックやハーセプチンなどの分子標的薬が臨床の現場に登場し、分子標的治療と外科治療をどのように組み合わせて行くのかが今後の大きなテーマです。世界では標準治療として用いられているが、日本ではまだ使用することの出来ない薬剤も少なからず存在します。世界の先進治療を、日本の現場にどのように導入発展させていくのかも、これからの大きな課題です。

【平成15年度研究発表業績】
A-0
MIKI H, YANO M., TSUJINAKA T, NAKAYAMA M, KOBAYASHI M., OHISHI K., SHIOZAKI H, ISHIDA N, NAGAI K., MONDEN M. Total parenteral nutrition entrains the central and peripheral circadian clocks. Neuro Report. 14(6)1457-1461.2003

YOKOYAMA A, KATO H, TSUJINAKA T, MUTO M, OMORI T, HANEDA T, KUMAGAI Y, IGAKI H, YOKOYAMA M, WATANABE H, YOSHIMIZU H. Alcohol flushing, Alcohol and Aldehyde Dehydrogenase Genotypes, and Risk for Esophageal Squamous Cell Carcinoma in Japanese Men. Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention 12: 1227-1233.2003

TANIGUCHI H, YANO M, TSUJINAKA T, OGAWA A, MORITA S, KANEKO K, AKIYAMA Y, MIKI H, MONDEN M. Parenteral Nutrition Decreases Hepatic Dihydropyrimidine Dehydrogenase Activity and Modulates Catabolism of 5-Fluorouracil in Rats. In vivo 17:219-224.2003

FUJITANI K, TAKIUCHI H, NARAHARA H, TAMURA T, SATOMI E, HIRAO M, TSUJINAKA T, FURUKAWA H, TAGUCHI T. Phase I study of S1 plus paclitaxel in patients with advanced gastric cancerProceedings of American Society Clinical. Oncology 22:358 (abst. No 1437).2003

FUJITANI K, TSUJINAKA T, HIRAO M. Pharmacokinetic study of two infusion schedules of irinotecan combined with cisplatin in patients with advanced gastric cancer. Oncology (Basel)64:111-115.2003

FUJITANI K, TSUJINAKA T, HIRAO M. Feasibility study of S1 for resectable gastric cancer with peritoneal seeding. Hepato-Gastroenterology 50: 889-892.2003

FUJITANI K, NISHIYAMA A, TSUJINAKA T, HIRAO M, HASUIKE Y, TAKEDA Y. Portal vein thrombosis after splenectomy for gastric malignant lymphoma. Gastric Cancer, in press

HIRAO M, FUJITANI K, TSUJINAKA T. Delayed Gastric Emptying after Distal Gastrectomy for Gastric Cancer. Hepato-Gastro enterology in press,

HIRAO M, TSUJINAKA T, FUJITANI K, TAKIUCHI T, FURUKAWA H. A phaseT-Ustuday of TS-1 and CPT-11in patients with unresectable or recurrent gastric cancer. ASCO Meeting Proceedings 22: 340(Abst,No1367).2003

KASHIWAZAKI M, TANAKA T, KANDA H, EBISUNO Y, IZAWA D, HUKUMA N, AKIMITSU N, SEKIMIZU K, MONDEN M, MIYASAKA M. A high endothelial venule-expressing promiscuous chemokine receptor DARC can bind the inflammatory but not lymphoid chemokines and is dispensable for lymphocyte homing under physiological conditions. International Immunology 15(10): 1219-1227.2003

TANAKA T, EBISUNO Y, KANDA H, UMEMOTO E, NAGAKUBO D, USUI T, KASHIWAZAKI M, MURAI M, MIYASAKA M. Expression of chemokine and chemokine binding molecules in high endothelial venules that mediate lymphocyte homing into lymph nodes and Peyer's patches. Microcirculation Annual 19:3-6.2003

KATO T, MISHIMA H, NISHISYOU I, YANAGISAWA M, TABAKA Y, KIKKAWA N. Sequence effect of CPT-11 and 5’-deoxy-5-fluorouridine(5’-DFUR), an intermediate form of capecitabine :Optimal dosing schedule in a human colorectal cancer. Proceedings of American Society Clinical Oncology 22:306(Abst,No1230).2003

KONDOU K, CHIN K, SAKAMOTO J, KOJIMA H, TERASHIMA M, YAMAMURA Y, TSUJINAKA T, HYOUDOU I. A multi-center phaseU trial using 4-wk cycles of capesitabine in advanced/metastatic gastric cancer(AGC). Proceedings of American Society Clinical Oncology 22:321(Abst,No1289).2003

MISHIMA H, TSUJINAKA T, FUJITANI K, HIRAO M, TAGUCHI T. Optimal dosing schedule of irinotecan plus fluorouracil and high l-leucovorin : phaseTstudy for metastatic colorectal cancer. Proceedings of American Society Clinical Oncology 22:338(Abst,No1356).2003

NARAHARA M, UEDOU N, FUJITANI K, TSUJINAKA T, NAKANE K, KATO M, SUGIHARA S, HURUKAWA H, TSUKUMA H, TAGUCHI T. PhaseU study of CPT-11 plus docetaxel in patients with metastatic gastric cancer-Osaka Gastroiutestiual Cancer Chemotherapy Group(OGSG) Proceedings of American Society Clinical Oncology 22:374(Abst,No1504).2003

A-2
辻仲利政:残胃の癌手術 1)手術適応「胃外科の要点と盲点」236-238、文光堂、東京、2003年

辻仲利政:残胃の癌手術 2)残胃全摘術のコツ「胃外科の要点と盲点」239-243、文光堂、東京、2003年

辻仲利政:広範なリンパ節転移を伴う食道癌症例に対する術前化学療法「食道外科の要点と盲点」345-347、文光堂、東京、2003年

池田正孝、関本貢嗣、横山茂和、能浦真吾、福永浩紀、池永雅一、山本浩文、大植雅之、門田守人:特集T・機能的腸管障害の病態生理と治療 大腸癌切除後の便通異常に対するポリカルボフィルカルシウムの臨床効果「消化器科」35(5):467-473、東京、2003年

A-3
楢原啓之、上堂文也、飯石浩康、竜田正晴、津熊秀明、滝内比呂也、加藤道男、今野元博、辻仲利政、藤谷和正、古河 洋、田口鐵男:切除不能進行・再発胃癌に対するCPT-11+S-1併用療法。消化器科 36(4):391-396、東京、2003年

鞍田三貴、辻仲利政:パス使用による胃切除術後患者の栄養管理。臨床栄養 102(7):919-924

三嶋秀行、西庄勇、辻仲利政、沢村敏郎、辛栄成、藤谷和正、平尾素宏、武田裕、柏崎正樹:進行再発大腸癌に対する標準化学療法。消化器科 36(4):379-402、2003年

藤谷和正、滝内比呂也、楢原啓之、今野元博、平尾素宏、辻仲利政、古河洋、津熊秀明、田口鐵男:切除不能進行・再発胃癌に対するCPT11+TS1併用第I/II相臨床試験。癌の臨床 49(7):605-609、2003年

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:Roux-Y再建術後残胃癌に対する、残胃全摘・Roux-Limb温存再建術の工夫。手術(印刷中)、東京

武田裕、蓮池康徳、柏崎正樹、辻仲利政:膵癌に対する予防肝動注療法。癌と化学療法 30(11):1762-1765、2003年

柏崎正樹、三嶋秀行、武田裕、蓮池康徳、西庄勇、辻仲利政:集学的治療により長期生存した切除不能直腸癌肝転移の一例。癌と化学療法 30(11):1733-1736、2003年

谷尻知栄子、西山彩子、阪森亮太郎、分島一、里見絵里子、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、柏崎正樹、武田裕、河原邦光:膵に浸潤し、閉塞性黄疸で発症した十二指腸癌の1例。ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 19(2):209-213、2003年

山本浩文、高山治、福永浩紀、安井昌義、瀬下巌、畑泰司、万井真理子、関洋介、木谷光太郎、藤江裕二郎、小森隆通、池永雅一、池田正孝、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:微小転移診断・治療の臨床応用におけるトランスレーショナルリサーチの重要性。外科治療 89(2):196-202、東京、2003年

池田正孝、関本貢嗣、瀧口修司、久保田勝、池永雅一、今村博司、山本浩文、大植雅之、安田卓司、矢野雅彦、龍田眞行、古河洋、門田守人:腹腔鏡下脾臓摘出術後の門脈系血栓症。外科治療 89(3):336-340、東京、2003年

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、福永浩紀、中井國博、矢野健二、細川瓦、門田守人:直腸癌局所再発症例に対して経仙骨的切除術および大腿後弁による会陰部再建を施行した1例。癌と化学療法 30(11):1710-1712、2003年

池田正孝、畑泰司、池永雅一、山本浩文、大植雅之、中森正二、関本貢嗣、左近賢人、金東石、門田守人:<第27回日本外科連合会学術集会シンポジウム3>術後肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症−診断,治療とその予防-2.消化器癌術後肺塞栓症の発生頻度についての検討。日本外科系連合学会誌・別冊 28(1):2-6、2003年

関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、池永雅一、瀧口修司、門田守人:脾腫への腹腔鏡下脾臓摘出術の適応と課題。外科治療 88(4):794-802、東京、2003年

関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、池永雅一、瀧口修司、門田守人:特集・消化器疾患の腹腔鏡下治療−適応と限界 A腹腔鏡下手術におけるトラブルと対策。臨床消化器内科 18(6):653-662、日本メディカルセンター、東京、2003年

池田正孝、畑泰司、池永雅一、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、左近賢人、門田守人:特集・手術と肺塞栓 消化器外科領域における肺塞栓。呼吸 22(6):566-569、東京、2003年

青儀健二郎、佐伯俊昭、今本治彦、佐藤信昭、中村清吾、辛栄成、野中道泰、増田慎三、菰池佳史、相原智彦、高塚雄一:多施設共通乳がん診療用標準パス作成−乳がん周術期管理の標準化の試み− Geriatric Medicine(老年医学) 41(10):1485-1490、2003年

竹野淳、藤谷和正、辻仲利政、平尾素宏、武田裕、柏崎正樹、三嶋秀行、池永雅一、沢村敏郎、蓮池康徳:胃癌肝転移に対する動注化学療法の検討。癌と化学療法 30(11):1631-1634、2003年

A-4
鞍田三貴、辻仲利政:New Diet Therapy 日本臨床栄養協会誌 18(4):27-31、2003年

鞍田三貴、柳崎麻里、今西健、真鍋悟、藤田清治、辻仲利政:チーム医療における経口栄養療法へのアプローチ。日本臨床栄養協会誌 24(4):233-239、2003年

辻仲利政:ケアにつなげる消化器外科の基礎知識―食道編。消化器外科NURSING 514-524、2003年

B-1
FUJITANI K, TAKIUCHI H, NARAHARA H, TAMURA T, SATOMI E, HIRAO M, TSUJINAKA T, FURUKAWA H, TAGUCHI T.:Phase I study of Taxol + S1 for gastric cancer。Korea/Japan collaboration meeting、兵庫、2003年10月

B-2
FUJITAI K, TAKIUCHI H, NARAHARA H, TAMURA T, SATOMI E, HIRAO M, TSUJINAKA T, HURUKAWA H, TAGUCHI T.:Phase I study of S1 plus paclitaxel in patients with advanced gastric cancer。5th International Gastric Cancer Congress、ローマ、2003年5月

CHIN K, SAKAMOTO J, KOJIMA H, TERASHIMA M, YAMAMOTO Y, TSUJINAKA T, HYOUDOU I.:Medified capecitabine regimen for metastatic gastric cancer。第12回ECCO、コペンハーゲン、2003年9月

TSUJINAKA T, HIRAO M, TAKIUCHI H, NARAHARA H, IMANO M, FUJITANI K, TSUKUMA H.:Phase T/U study of cambination of CPT-11 with TS-1 in patients with advanced gastric cancer。第6回The Asian Clinical Oncology Society、韓国、2003年11月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:Roux-en-Y syndrome after resection of gastric cancer。第5回国際胃癌学会、ローマ、2003年5月

IKEDA M, OGAWA M, YAMAMOTO M, NAGANO H, SUGITA Y, MIYAKE Y, UWADA A, IKENAGA M, OHUE M, NAKAMORI S, SEKIMOTO M, MASUURA N, MONDEN M:Expression of Ang-2 in Metastatic Liver Tumors From Colorectal Cancer(CRC)。th56 Annual Cancer Symposium Society of Surgical Oncology、アメリカ、2003年3月

YASUI M, YAMAMOTO H, YAMAMOTO H, SEKIMOTO M, OHUE M, IKEDA M, IKENAGA M, MONDEN M:Autisense to Cyclin DI mRNA Decreases Cyclin DI and VEGF Protein Expression in Human Colon and Gastric Cancer Cell and Inhibits VEGF Mediated Vascularization of Human U bilical Vein Endothelial Cell(HUVECs)。th56 Annual Cancer Symposium Society of Surgical Oncology、アメリカ、2003年3月

ANAN S, MASUDA N, NISHIKATA M, MATSUYAMA K:Appropriate Solution Selection When Administering Epirubicin for Breast Cancer Patients。第2回日韓合同注射薬臨床情報シンポジウム、山形、2003年5月

TAKENO A, JINAKA T, FUJITANI K, KURATA M:Patient Demand Enhanced Dietary Schedule Improves Clinical Outcome After Distal Gastrectomy。第5回国際胃癌学会、ローマ、2003年5月

MIYAKE M, HIRAO M, FUJITANI K, TSUJINAKA T:TS-1,A NOVEL ANTICANCER AGENT, IS EFFECTIVE FOR THE PATIENTS WITH DISSEMINATED INTRAVASCULAR COAGULATION (DIC) DUE TO RECURRENT GASTRIC CANCER。第5回国際胃癌学会、ローマ、2003年5月

B-3
辻仲利政:胃癌化学療法−大阪消化管がん化学療法研究会(OGSG)の取り組み。第75回日本胃癌学会、京都、2003年2月

辻仲利政:静脈栄養法の合併と対策。第18回日本静脈栄養学会、岩手、2003年2月

辻仲利政、藤谷和正、平尾素宏、竹野淳、鞍田三貴:術後早期経口摂取パスの可能性と利点。第35回日本胃癌学会、京都、2003年2月

沢村敏郎、辻仲利政:緩和医療における質の保証。第5回日本マネージメント学会、2003年6月

三嶋秀行:消化器癌治療における化学療法の動向−結腸・直腸癌−。第65回日本臨床外科学会ランチョンセミナー、福岡、2003年11月

藤谷和正、滝内比呂也、楢原啓之、今野元、平尾素宏、辻仲利政、古河洋、津熊秀明、田口鐵男:切除不能進行・再発胃癌に対するCPT11+TS1併用第I/II相臨床試験。第75回日本胃癌学会総会、東京、2003年2月

藤谷和正、里見絵里子、平尾素宏、滝内比呂也、楢原啓之、田村孝雄、辻仲利政、古河洋、津熊秀明、田口鐵男:切除不能進行・再発胃癌に対するTS1+Weekly Paclitaxel第I/II相臨床試験。第103回日本外科学会総会、札幌、2003年6月

藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:食道癌手術における高位胸腔内吻合胃管再建術の安全性と機能評価。第57回日本食道学会、京都、2003年6月

藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:胃癌腹膜播種に対するPaclitaxelを用いた腹腔内化学療法の安全性。第41回日本癌治療学会総会、札幌、2003年10月

藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:当科における左上腹部内臓全摘(LUAE)の経験。第65回日本臨床外科学会総会、福岡、2003年11月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:外科臨床におけるクリニカルパスの役割:バリアンス評価の変還と術後早期経口摂取スケジュールの検証。第103回日本外科学会(サージカルフォーラム)、札幌、2003年6月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、小川稔、福永浩紀:骨盤外科における外科共同手術。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、安井昌義、矢野健二、細川瓦、門田守人:骨盤内蔵全摘術後骨盤死腔炎予防としての腹直筋脂肪弁充填術の試み。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

池永雅一、大植雅之、松本崇、小川稔、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、門田守人:直腸癌治療戦略におけるDecision making。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

大植雅之、関本貢嗣、池永雅一、福永浩紀、山本浩文、池田正孝、高山治、安井昌義、瀬下 巌、樋口一郎、門田守人:直腸癌局所再発に対する新しい診断と治療の試み。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

今本治彦、中村清吾、佐藤信昭、佐伯俊昭、辛栄成、野中道泰、菰池佳史、相原智彦、増田慎三、高塚雄一:乳癌における具体的な医療手順としてのクリニカルパスの有用性。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

相原智彦、辛栄成、中村清吾、佐伯俊昭、佐藤信昭、野中道泰、菰池佳史、増田慎三、高塚雄一:乳癌手術療法における標準的クリニカルパスの作成。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

増田慎三、龍田眞行、中山貴寛、阿南節子、松本多枝、山本和義、加藤仁、岸健太郎、清水潤三、今村博司、石田秀之、桝谷誠三、川崎高俊、古河 洋:地域中核一般病院における乳癌化学療法施行時の工夫−外来通院型治療を中心に−。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

古妻嘉一、遠藤登喜子、岩瀬拓士、大貫幸二、永井洋、東野英利子、角田博子、大村峯夫、増田慎三、中谷守一、森本忠興、大内憲明:マンモグラフィ(MMG)検診の精度管理におよぼす読影講習会企画の意義。第13回日本乳癌検診学会、高崎、2003年11月

増田慎三、古妻嘉一、中谷守一、松並展輝、古川順康、中島直、竹川直哉、本田育子、西敏夫、畑埜武彦、寺田央、弥生恵司:ワークショップV大阪におけるマンモグラフィ併用検診導入の現状と今後の課題。第13回日本乳癌検診学会、高崎、2003年11月

牧野知紀、藤谷和正、平尾素宏、柏崎正樹、武田裕、辛栄成、三嶋秀行、西庄勇、沢村敏郎、辻仲利政:U領域早期胃癌に対する噴門側胃切除 空腸pouch間置再建術と胃全摘・R-Y再建術との機能比較。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年 7月

B-4
辻仲利政、藤谷和正、平尾素宏、三嶋秀行、池永雅一、沢村敏郎、武田裕、柏崎正樹、増田慎三:がん治療における外来化学療法室の役割。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

辻仲利政、藤谷和正、平尾素宏、三嶋秀行、池永雅一、寺山元和、鞍田三貴:術前免疫増強栄養剤投与が身体組成に与える影響 標準品とフレーバー添加品との無作為比較試験。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

坂本純一、辻仲利政、小島宏、寺島雅典、山村義孝、兵頭一之介:R009-1978(Capecitabine)の進行胃癌に対する後期第U相臨床試験。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

三嶋秀行、西庄勇、辻仲利政、沢村敏郎、辛栄成、藤谷和正、平尾素宏、武田裕、柏崎正樹、吉川宣輝:進行再発大腸癌に対する標準化学療法の確立にむけて。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

三嶋秀行、門田卓士、吉川宣輝、門田守人:肛門扁平上皮癌の治療の現状と大腸外科医のアンケート-臨床外科共同研究会。第59回大腸癌研究会、東京、2003年7月

三嶋秀行、石田秀之、加藤健志、岩本慈能、杉原誠一:進行大腸癌に対するIrinotecan+5FU/高用量l-LV療法の第U相試験(OGSG00201)。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

三嶋秀行、門田卓士、吉川宣輝、門田守人:肛門扁平上皮癌の治療の現状と大腸外科医のアンケート−臨床外科共同研究会より−。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:Roux-Y stasis syndrome症例の検討。第75回日本胃癌学会、京都、2003年2月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:再発進行食道癌に対するNAF併用療法の安全性、及び有効性の評価。第57回日本食道学会学術集会、京都、2003年6月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:胃切除後Roux-Y syndromeの検討。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:切除不能進行食道癌にNAF療法のPhaseT/Ustudy。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

木田裕之、武田裕、柏崎正樹、蓮池康徳、沢村敏郎、辛栄成、三嶋秀行、西庄勇、藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:当科における自己血輸血例の検討。第16回日本自己血輸血学会、東京、2003年3月

木田裕之、武田裕、蓮池康徳、柏崎正樹、辻仲利政:当施設の肝切除における自己血輸血について。第15回日本肝胆膵外科学会、金沢、2003年5月

武田裕、蓮池康徳、柏崎正樹、辻仲利政:膵癌に対する術後予防肝動注療法の試み。第15回日本肝胆膵外科学会、金沢、2003年5月

武田裕、蓮池康徳、柏崎正樹、辻仲利政:膵癌に対する術後予防肝動注療法。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

武田裕、蓮池康徳、柏崎正樹、辻仲利政:体外循環を用いた肝切除の検討(Bio-pumpによるactive veno-veno bypass)。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

柏崎正樹、武田裕、蓮池康徳、辻仲利政:当科におけるIPMT(Intraductal papillary-mucinous tumor)切除例の検討。第15回日本肝胆膵外科学会、金沢、2003年6月

柏崎正樹、三嶋秀行、武田裕、蓮池康徳、西庄勇、辻仲利政:集学的治療により長期生存した切除不能直腸癌肝転移の1例。第25回日本癌局所療法研究会、千葉、2003年6月

柏崎正樹、武田裕、三嶋秀行、蓮池康徳、池永雅一、辻仲利政、吉川宣輝:大腸癌肝転移後の残肝再発に対する治療戦略−再肝切除、肝動注、全身化学療法による集学的治療−。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

池田正孝、畑泰司、万井真理子、福永浩紀、瀬下巌、高山治、安井昌義、松本崇、小川稔、池永雅一、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:突発性小腸穿孔の1例。第39回日本腹部救急医学会、弘前、2003年4月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、安井昌義、畑泰司、藤江裕二郎、門田守人:直腸癌術後、下腹部に発症したデスモイド腫瘍の一切除例。第39回日本腹部救急医学会、弘前、2003年4月

池永雅一、松本崇、小川稔、瀬下巌、高山治、安井昌義、福永博紀、関洋介、畑泰司、池田正孝、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:直腸カルチノイド経肛門切除後に局所リンパ節転移をきたした1例。第89回日本消化器病学会、大宮、2003年4月

大植雅之、関本貢嗣、山本浩文、池田正孝、池永雅一、畑泰司、木谷光太郎、藤江裕二郎、門田守人:腹腔鏡補助下大腸切除術後trocar siteに問題があると考えられた再手術例の検討。第39回日本腹部救急医学会、弘前、2003年4月

木谷光太郎、池永雅一、安井昌義、畑泰司、藤江裕二郎、池田正孝、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:S状結腸癌術後の十二指腸潰瘍からの出血に対してIVRにより止血した1例。第39回日本腹部救急医学会、弘前、2003年4月

関洋介、池永雅一、松本崇、小川稔、池田正孝、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:会陰部基底細胞癌術後に骨盤内再発にて消化管穿孔をきたした1例。第39回日本腹部救急医学会、弘前、2003年4月

畑泰司、池田正孝、池永雅一、山本浩文、大植雅之、小川稔、松本崇、瀬下巌、高山治、福永浩紀、安井昌義、万井真理子、木谷光太郎、小森孝通、関洋介、藤江裕二郎、関本貢嗣、川崎富夫、左近賢人、門田守人:デスモイド腫瘍摘出術後に合併した急性肺動脈塞栓症の1例。第39回日本腹部救急医学会、弘前、2003年4月

藤江裕二郎、池永雅一、木谷光太郎、関洋介、畑泰司、安井昌義、小川稔、松本崇、池田正孝、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:宿便性大腸穿孔の1例。第39回日本腹部救急医学会、弘前、2003年4月

安井昌義、池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、小川稔、松本崇、門田守人:痔ろう癌の1切除例。第89回日本消化器病学会、埼玉、2003年4月

池田正孝、瀬下巌、福永浩紀、安井昌義、高山治、松本崇、小川稔、池永雅一、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:高度リンパ節転移に対してCPT-II/UFT療法が著効を示した1例。第65回日本消化器内視鏡学会、福岡、2003年5月

池永雅一、大植雅之、松本崇、山本浩文、池田正孝、山川稔、関本貢嗣、門田守人:下部進行直腸癌治療に関する検討。第65回日本消化器内視鏡学会、福岡、2003年5月

池田正孝、畑泰司、福永浩紀、小川稔、池永雅一、山本浩文、大植雅之、中森正二、関本貢嗣、左近賢人、門田守人:消化器腫瘍術後肺塞栓症における動脈血液酸素濃度の検討。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

池田正孝、福永浩紀、小川稔、池永雅一、瀧口修司、大植雅之、藤原義之、安田卓司、関本貢嗣、矢野雅之、門田守人、胃癌術後門脈・上腸間膜静脈血栓症を合併した1例。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、福永浩紀、矢野健二、細川瓦、門田守人:直腸癌局所再発症例に対して経仙骨的切除術および大腿後弁による会陰部再建を施行した1例。第25回日本癌局所療法研究会、千葉、2003年6月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、小川稔、福永浩紀、門田守人:直腸カルチノイド経肛門切除後に局所リンパ節転移をきたした1例。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

大植雅之、関本貢嗣、池永雅一、福永浩紀、山本浩文、安井昌義、高山治、木谷光太郎、関 洋介、藤江裕二郎、樋口一郎、門田守人:FDG-PETの合成画像診断に基づき直腸癌局所再々発巣を治癒切除した1例。第25回日本癌局所療法研究会、千葉、2003年6月

大植雅之、関本貢嗣、山本浩文、池田正孝、池永雅一、福永浩紀、安井昌義、高山治、畑泰司、木谷光太郎、関洋介、藤江裕二郎、門田守人:直腸癌に対する欧米の拡大郭清とわが国の側方郭清の相違について。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

大植雅之、関本貢嗣、池永雅一、山本浩文、池田正孝、福永浩紀、安井昌義、高山治、木谷光太郎、岩崎善毅、荒井那佳、山口達郎、高橋慶一、森武生、門田守人:遺伝性非ポリポーシス大腸癌(HNPCC)の外科系診療におけるリスクマネジメント。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

増田慎三:一般演題・示説討論25(治療2)ホルモン+高齢者。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、池永雅一、門田守人、上田孝文:直腸癌局所再発に対する仙骨合併切除を伴う根治的切除術。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、池永雅一、小川稔、福永浩紀、門田守人、細川 瓦、矢野健二、中井國博:骨盤内臓器全摘術における骨盤死腔炎の予防。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

関洋介、関本貢嗣、松本崇、小川稔、池永雅一、池田正孝、山本浩文、大植雅之、門田守人:大腸癌手術における後腹膜修復の意義に関する検討。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

瀬下巌、山本浩文、池永雅一、池田正孝、大植雅之、福永浩紀、高山治、安井昌義、畑泰司、万井真理子、木谷光太郎、小森孝通、関洋介、藤江裕二郎、関本貢嗣、門田守人:大腸癌間質における血管密度と組織免疫反応の予後因子としての意義。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

畑泰司、池田正孝、池永雅一、山本浩文、大植雅之、小川稔、松本崇、瀬下巌、高山治、福永浩紀、安井昌義、万井真理子、木谷光太郎、小森孝通、関洋介、藤江裕二郎、中森正二、関本貢嗣、川崎富夫、左近賢人、門田守人:肺血流SPECTとマルチディテクターヘリカルCTを用いた消化器癌術後肺塞栓症発症頻度の検討。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

畑泰司、池田正孝、永野浩昭、安井昌義、瀬下巌、福永浩紀、小川稔、池永雅一、山本浩文、大植雅之、中森正二、関本貢嗣、左近賢人、門田守人:膵臓癌術前に無症候性の肺塞栓症と診断され安全に手術を施行した1例。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

藤江裕二郎、池永雅一、畑泰司、瀬下巌、高山治、安井昌義、福永浩紀、小川稔、池田正孝、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:Virchow転移を契機に発見された大腸癌の3例、第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

三宅泰裕、関本貢嗣、瀧口修司、安井昌義、池永雅一、池田正孝、山本浩文、大植雅之、門田守人、西川敦、宮崎文男:画像ベース情報解析システムによる鏡視下手術支援システムの開発。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

安井昌義、山本浩文、関本貢嗣、大植雅之、池田正孝、池永雅一、福永浩紀、松本崇、小川 稔、門田守人:Cyclin D1 Antisense遺伝子療法による血管新生抑制効果の検討。 第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

安井昌義、池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、小川稔、福永浩紀、門田守人:痔ろう癌の1例。第28回日本外科系連合学術集会、東京、2003年6月

池田正孝、福永浩紀、小川稔、池永雅一、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:進行・再発大腸癌に対する術前CPT-II/UFT-E療法の安全性ならび有効性に関する検討。 第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、小川稔、福永浩紀、高山治、安井昌義、門田守人:大腸癌取扱い規約の諸問題−リンパ節転移に関しての再検討−。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

大植雅之、関本貢嗣、池永雅一、山本浩文、池田正孝、安井昌義、瀬下巌、高山治、門田守人:骨盤再発腫瘍手術におけるLigaSureTMの有用性。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

木谷光太郎、池田正孝、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池永雅一、小川稔、福永浩紀、門田守人:腹腔鏡下脾臓摘出術における膵損傷の検討。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

関洋介、関本貢嗣、池永雅一、池田正孝、山本浩文、大植雅之、福永浩紀、門田守人:腹腔鏡下大腸手術の難易度に影響する因子についての検討。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

瀬下巌、山本浩文、福永浩紀、安井昌義、高山治、池永雅一、池田正孝、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:大腸癌間質における腫瘍反応性myofidroblastの予後因子としての意義。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

高山治、山本浩文、福永浩紀、安井昌義、瀬下巌、池永雅一、池田正孝、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:Wnt Signal系遺伝異常と大腸癌の細胞異型度。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年 7月

畑泰司、山本浩文、徐迅迪、安井昌義、小川稔、池永雅一、池田正孝、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:oxaliplatinにおけるp53,MSIとの関連性。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

藤江裕二郎、山本浩文、福永浩紀、小川稔、池永雅一、池田正孝、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:切除後再発を繰り返す腹部デスモイド腫瘍に対しメシル酸イマチニブを使用した1例。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

安井昌義、山本浩文、関本貢嗣、大植雅之、池田正孝、池永雅一、小川稔、福永浩紀、門田守人:Antisense cyclinD1による消化器癌In vivo治療モデルでの検討。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

池田正孝、福永浩紀、安井昌義、瀬下巌、高山治、畑泰司、池永雅一、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:CPT-11/UFT併用療法時の塩酸イリノテカン活性代謝産物SN38ならびに5-FUの薬物動態、第62回日本癌学会、名古屋、2003年9月

関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、池永雅一、瀬下巌、福永浩紀、高山治、安井昌義、門田守人:直腸癌局所再発に対する外科治療の問題と対策。第62回日本癌学会、名古屋、2003年9月

高山治、山本浩文、畑泰司、関洋介、瀬下巌、安井昌義、福永浩紀、池永雅一、池田正孝、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:PPAR βの大腸癌における役割。第62回日本癌学会、名古屋、2003年9月

安井昌義、山本浩文、福永浩紀、瀬下巌、高山治、池永雅一、池田正孝、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:Cyclin D1 Antisense療法による血管新生抑制効果。第62回日本癌学会、名古屋、2003年9月

池田正孝、関本貢嗣、瀬下巌、福永浩紀、安井昌義、高山治、池永雅一、山本浩文、大植雅之、門田守人:脾臓摘出後の門脈系血栓症の検討。第45回日本消化器病学会(DDW-Japan)、大阪、2003年10月

池田正孝、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池永雅一、藤江裕二郎、関洋介、木谷光太郎、小森孝道、畑泰司、福永浩紀、瀬下巌、安井昌義、高山治、門田守人:CPT-11により誘発される悪心・嘔吐に対する5-HT3受容体拮抗在(経口塩酸グラニセトロン)の有効性の検討。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、福永浩紀、高山治、瀬下巌、安井昌義、畑泰司、木谷光太郎、関洋介、小森孝通、藤江裕二郎、門田守人:大腸癌取扱い規約におけるリンパ節転移に関しての再検討。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、福永浩紀、瀬下巌、高山治、安井昌義、畑泰司、木谷光太郎、小森孝通、関洋介、藤江裕二郎、門田守人:大腸癌取扱い規約におけるリンパ節転移に関しての再検討。第45回日本消化器病学会(DDW-Japan)、大阪、2003年10月

木谷光太郎、池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、福永浩紀、安井昌義、瀬下巌、高山治、門田守人:会陰浸潤を伴った局所進行直腸癌に対して拡大手術を施行した3例、第45回日本消化器病学会(DDW-Japan)、大阪、2003年10月

関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、池永雅一、福永浩紀、安井昌義、瀬下巌、高山 治、瀧口修司、門田守人:早期大腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除術の評価−手術成績と習熟効果−、第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

竹政伊知朗、山崎誠、小森孝通、池永雅一、池田正孝、山本浩文、大植雅之、中森正二、関本貢嗣、松原謙一:大腸癌治療戦略確立のためのトランスレーショナルリサーチ−ヒト全遺伝子型DNAチップの開発と大腸癌臨床診断DNAチップの臨床応用−。 第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

池田正孝、高山治、瀬下巌、安井昌義、福永浩紀、畑泰司、木谷光太郎、小森孝通、藤江裕二郎、池永雅一、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:直腸癌局所再発に対するCPT-ll/UFT併用化学療法施行症例の検討。第58回日本大腸肛門病学会、名古屋、2003年11月

池田正孝、福永浩紀、安井昌義、瀬下巌、高山治、池永雅一、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:大腸癌術後便異常に対するポリカルボフィルカルシウムによる治療、第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

池田正孝、関本貢嗣、瀧口修司、安井昌義、高山治、瀬下巌、福永浩紀、畑泰司、池永雅一、山本浩文、大植雅之、門田守人:脾臓疾患に対する腹腔鏡下脾臓摘出術。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

大植雅之、関本貢嗣、山本浩文、池田正孝、池永雅一、福永浩紀、安井昌義、瀬下巌、高山 治、門田守人:直腸癌手術における新しい吻合器と止血器具。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

高山治、大植雅之、安井昌義、瀬下巌、福永浩紀、池永雅一、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、門田守人:当教室における虫垂上皮性腫瘍症例。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

安井昌義、大植雅之、畑泰司、池永雅一、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、瀬下巌、高山治、福永浩紀、門田守人:Castleman diseaseの2切除例。第58回日本大腸肛門病学会、名古屋、2003年11月

三輪秀明、増田慎三、龍田眞行:StageU〜VB期乳癌における腋窩リンパ節転移の組織学的特徴の臨床学的意義。第92回日本病理学会総会、福岡、2003年4月

阿南節子、増田慎三、藤野美佐子、福島喜代子、寺本紀美子、龍田眞行、古河洋:外来治療室における乳癌化学療法の現状と課題。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

増田慎三、龍田眞行、加藤仁、山本和義、江角晃治、清水潤三、今村博司、石田秀之、桝谷誠三、川崎高俊、古河洋:センチネルリンパ節生検概念とCT評価を応用した乳癌腋窩サンプリング郭清。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

増田慎三、江角晃治、龍田眞行、井関千裕、別府正子、松本多枝、加藤仁、山本和義、清水潤三、今村博司、桝谷誠三、石田秀之、川崎高俊、古河洋:乳癌臨床におけるクリニカルパスの導入と経緯。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

加藤仁、増田慎三、龍田眞行、三輪秀明、阿南節子、山本和義、江角晃治、清水潤三、今村博司、石田秀之、桝谷誠三、川崎高俊、古河洋:「HER2陽性」再発乳癌症例の検討。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

古妻嘉一、遠藤登喜子、森本忠興、岩瀬拓士、大貫幸二、永井宏、東野英利子、角田博子、大村峯夫、中谷守一、増田慎三、大内憲明:アンケート調査によるマンモグラフィ読影講習会の精度管理。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

山本和義、増田慎三、龍田眞行、加藤仁、三輪秀明、米川みな子、江角晃治、清水潤三、今村博司、石田秀之、桝谷誠三、川崎高俊、古河洋:腋窩郭清縮小の一般実地臨床への普及を目指した"Sampling”の提案。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

米川みな子、増田慎三、三輪秀明、龍田眞行、佐々木伸也、花井淳、古河洋:乳房温存術における断端術中迅速細胞診の有用性。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

龍田眞行、増田慎三、古河洋、山本和義、加藤仁、江角晃治、清水潤三、今村博司、石田秀之、桝谷誠三、川崎高俊:乳癌術後10年を経過して至急および胃転移を手術した1例。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

増田慎三、中野芳明、新田敦範、中村三千人、西敏夫、野村孝、松並展輝、弥生恵司:進行・再発Paclitaxel/5'DFUR併用療法の有用性。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

松並展輝、武智加世、田上玲子、増田慎三、龍田眞行、石橋尚武、高田直樹:堺市の乳癌検診の現状−アンケート調査の結果をもとに−。第13回日本乳癌検診学会、高崎、2003年11月

新井貴士、辛栄成、増田慎三、辻仲利政:外来における術後補助療法(FEC100)中に起きたfebrile neuropeniaの検討。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

新井貴士、武田裕、柏崎正樹、三嶋秀行、蓮池康徳、沢村敏郎、辻仲利政:体外循環補助下に直腸癌の巨大転移性肝腫瘍に対し、肝拡大右葉切除を施行した1例。 第15回日本肝胆膵外科学会、金沢、2003年6月

新井貴士、平尾素宏、藤谷和正、竹野淳、辻仲利政、河原邦光、倉田明彦:病理組織学的に分類不能であった進行胃悪性腫瘍の1例。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

新井貴士、増田慎三、辛栄成、辻仲利政:乳腺悪性葉状腫瘍の肺転移に対しイフォスファミド大量療法が著効した1例。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

小西健、天野正弘、松井成生:胃透視後、バリウムが原因となったS状結腸憩室穿孔の1例。第58回日本大腸肛門病学会、名古屋、2003年11月

小西健、高田俊明、天野正弘、林田博人、松井成生、大島進:胃癌孤立性脳転移の1例。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

竹野淳、辻仲利政、平尾素宏、藤谷和正、鞍田三貴:胃切除後固形食開始時期に関する提案。第75回日本胃癌学会、東京、2003年2月

竹野淳、辛栄成、増田慎三、辻仲利政:ハーセプチン外来投与の安全性について。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

竹野淳、藤谷和正、平尾素宏、武田裕、柏崎正樹、辛栄成、三嶋秀行、西庄勇、沢村敏郎、蓮池康徳、辻仲利政:胃癌肝転移に対する動注化学療法〜当院における現状と問題点についての検討。第25回日本癌局所療法研究会、千葉、2003年6月

竹野淳、藤谷和正、平尾素宏、武田裕、柏崎正樹、増田慎三、池永雅一、三嶋秀行、沢村敏郎、蓮池康徳、辻仲利政:胃癌肝転移に対する動注化学療法。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

竹野淳、三嶋秀行、池永雅一、辻仲利政、沢村敏郎、藤谷和正、平尾素宏、武田裕、柏崎正樹、辛栄成、西庄勇、柳生俊夫、吉川宣輝:当院における肛門扁平上皮癌に対する治療法の変遷。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

三宅正和、藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政、倉田明彦、河原邦光:胃粘膜内癌術後Virchowリンパ節転移に対しTS-1が著効した1例。第75回日本胃癌学会、京都、2003年2月

三宅正和、辛栄成、辻仲利政:乳腺疾患のクリニカルパスから学ぶ。第103回日本外科学会、札幌、2003年6月

三宅正和、辛栄成、辻仲利政:乳癌治療におけるクリニカルパスの役割。第11回日本乳癌学会、新潟、2003年6月

三宅正和、西庄勇、辻仲利政、三嶋秀行:初回手術後5年後に再切除した後腹膜脂肪肉腫の1例。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

三宅正和、三嶋秀行、池永雅一、辻仲利政:大腸低分化腺DukesCに対する術後5FU/LV補助化学療法。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

徳岡優佳、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、横山顕:当科における食道癌合併症例の検討。第57回日本食道学会学術集会、京都、2003年6月

徳岡優佳、三嶋秀行、池永雅一、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:子宮癌放射線治療後31年目に発生した直腸扁平上皮癌の1例。第58回日本消化器外科学会、東京、2003年7月

徳岡優佳、三嶋秀行、池永雅一、西庄勇、辻仲利政:化学放射線療法が奏効した直腸腺癌の3例。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

徳岡優佳、柏崎正樹、武田裕、蓮池康徳、三嶋秀行、辻仲利政:大腸癌肝転移切除例に対する5-FU短期動注療法の試み。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

牧野知紀、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下および開腹Nissen噴門形成術の比較検討。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

益澤徹、辻仲利政、寺山元和、三宅正和、藤谷和正、平尾素宏:胃切除クリニカルパスにおける退院基準:炎症マーカーは。第5回医療マネジメント学会学術総会、仙台、2003年6月

益澤徹、辻仲利政、寺山元和、三宅正和、西庄勇、三嶋秀行、池永雅一:大腸癌クリティカルパスにおける退院基準 炎症マーカーは。第65回日本臨床外科学会、福岡、2003年11月

小森孝道、竹政伊知朗、山崎誠、加藤健志、辻江正樹、池永雅一、池田正孝、山本浩文、大植雅之、関本貢嗣、中森正二、吉川宣輝、松原健一、門田守人:遺伝子発現プロファイル解析を用いた大腸癌のadenoma-carcinoma sequenceについての検討。第41回日本癌治療学会、札幌、2003年10月

B-5
辻仲利政:外科領域における栄養管理:チーム医療の重要性。山口外科栄養フォーラム、山口、2003年3月

辻仲利政:栄養療法の必要性とNSTの役割、第4回福島外科セミナー、福島、2003年4月

辻仲利政:周術期栄養管理とチーム医療、第245回大阪大学臨床栄養研究会、大阪、2003年5月

辻仲利政:チーム医療をめぐって:急性疾患の栄養治療。第60回IIDES栄養士研修会・第47回IIDES薬剤師糖尿病研修会・第2回日本糖尿病栄養指導士兵庫県連合研修会:合同研修会、神戸、2003年6月

辻仲利政:クリニカルパスとチーム医療。クリニカルパス講習会、大阪、2003年12月

藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:StageW胃癌に対する術後adjuvantとしてのTS-1の安全性と効果。大阪消化器癌化学療法セミナー、大阪、2003年1月

藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:胃形質細胞腫の一切除例、第20回外科腫瘍学研究会、大阪、2003年3月

平尾素宏:パネルディスカッション(胃癌手術のD2郭清)。第8回平成カンファレンス、大阪、2003年11月

増田慎三:マンモグラフィ読影「腫瘤」の読影ポイント。第6回西宮マンモグラフィ研究会、西宮、2003年1月

増田慎三:マンモグラフィ読影「症例呈示」。第5回阪南マンモグラフィ勉強会、堺、2003年1月

増田慎三、馬渡晶子、武智加世、橋口順子、赤坂真由美、大西裕満、三輪秀明、米川みな子、龍田眞行:興味ある乳腺疾患2例。第13回関西乳房画像研究会、大阪、2003年2月

増田慎三:乳癌薬物療法の現状。市立松原病院院内講演会、松原、2003年2月

増田慎三:乳癌検診における最近の話題。2003年度堺市乳がん検診研修会、堺、2003年4月

増田慎三:マンモグラフィ「腫瘤」の読影の基礎と症例呈示。第6回阪南マンモグラフィ勉強会、堺、2003年5月

増田慎三:乳癌術後化学療法とチーム医療。阪南乳癌懇話会、堺、2003年8月

増田慎三、古妻嘉一、中谷守一、寺田央、弥生恵司:大阪府の自治体におけるマンモグラフィ導入の状況。第1回大阪乳がん検診研究会、大阪、2003年9月

藤井直子、竹川直哉、中島直、本多育子、古川順康、松並展輝、増田慎三、寺田央、古妻嘉一:第3回大阪マンモグラフィ講習会における施設画像評価・第1回大阪乳がん検診研究会、大阪、2003年9月

本田育子、寺田央、竹川直哉、中島直、増田慎三、中谷守一:大阪府下におけるマンモグラフィに関する調査(技術部門)。第1回大阪乳がん検診研究会、大阪、2003年9月

植野映、遠藤登喜子、久保田光博、小西豊、島本佳寿広、田中久美子、角田博子、橋本秀行、増田慎三、水谷三浩、森島勇、安田秀光、渡辺隆紀:パネルディスカッション・カテゴリーを考える。第11回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、宇都宮、2003年10月

阪井亜希子、渡部洋子、黒田イツ子、久保田千景、笹山久美代、吉田謙、増田慎三:乳房温存療法における放射線治療クリニカルパスの運用。第5回関西Breast Care Nurse研究会、大阪、2003年11月

田上玲子、武智加世、増田慎三、松並展輝、木田彰雄、龍田眞行、小妻嘉一、橋口順子、西 敏夫、沢井ユカ、中山貴寛:マンモグラフィ撮影の接遇における医療従事者の意識調査。第13回日本乳癌検診学会、高崎、2003年11月

増田慎三:マンモグラフィ「その他の所見」の読影ポイント、第9回西宮マンモグラフィ研究会、兵庫、2003年12月

B-6
平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:「胃ポリープに合併した印環細胞癌の1例」症例提示。第333回大阪胃研究会、大阪、2003年11月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、小川稔、松本崇、門田守人:大腸癌取扱い規約の諸問題−リンパ節転移に関しての再検討−。第58回大腸癌研究会、東京、2003年1月

関洋介、関本貢嗣、松本崇、小川稔、池永雅一、池田正孝、山本浩文、大植雅之、門田守人:後腹膜修復は必要か?腹腔鏡補助下大腸切除での検討。第58回大阪癌研究会、東京、2003年1月

池永雅一、大植雅之、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、門田守人:下部進行直腸癌に対する自律神経温存術の評価。第7回近畿大腸肛門疾患カンファレンス、大阪、2003年 2月

池永雅一、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、福永浩紀、門田守人:直腸癌局所再々発に対して再々切除を施行した1例、第173回近畿外科学会、京都、2003年5月

関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、池永雅一、門田守人:脾腫症例への腹腔鏡下脾臓摘出術におけるHALS(hand assisted laparoscopic surgery)の応用。第57回手術手技研究会、大阪、2003年5月

浜野梨絵、森琢児、池田正孝、山本浩文、畑泰司、池永雅一、大植雅之、関本貢嗣、門田守人:デスモイド腫瘍摘出後に急性肺塞栓を合併した1例。第533回大阪外科集談会、大阪、2003年5月

関洋介、関本貢嗣、大植雅之、山本浩文、池田正孝、池永雅一、瀬下巌、高山治、福永浩紀、安井昌義、万井真理子、門田守人:大腸sm癌術後のリンパ節転移の危険因子に関する検討。第59回大腸癌研究会、高崎、2003年7月

安井昌義、大植雅之、池永雅一、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、瀬下巌、高山治、福永浩紀、門田守人:いわゆる痔ろう癌の1症例。第59回大腸癌研究会、高崎、2003年7月

池永雅一、三嶋秀行、辻仲利政:Liga Sureを用いた直腸癌手術。第8回近畿大腸肛門疾患カンファレンス、大阪、2003年9月

増田慎三:症例呈示「閉経後ホルモン感受性陽性の転移性乳癌」。阪南乳癌懇話会、堺、2003年1月

山本和義、増田慎三、龍田眞行、米川みな子、三輪秀明、大西裕満、武智加世、馬渡晶子、赤坂真由美、橋口順子、杉原洋子、阿南節子、古河洋:乳房ページェット病の2例。第4回堺乳腺疾患研究会、堺、2003年3月

寺本紀美子、増田慎三、龍田眞行、中山貴寛、松本多枝、阿南節子、藤野美佐子、古河洋:通院型化学療法-外来治療室の開設の経緯と今後の課題 アンケート調査から。第34回阪南乳腺疾患研究会、堺、2003年5月

竹野淳、武田裕、柏崎正樹、平尾素宏、藤谷和正、辛栄成、三嶋秀行、沢村敏郎、西庄勇、辻仲利政、倉田明彦、河原邦光:胆管内腫瘍栓を伴った肝細胞癌の2例。第173回近畿外科学会、京都、2003年5月

牧野知紀、三嶋秀行、池永雅一、西庄勇、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、辛栄成、沢村敏郎、辻仲利政:胃0-Ua病変、大腸多発ポリープを合併したS状結腸癌の1例。第533回大阪外科集談会、大阪、2003年5月

益澤徹、西庄勇、三嶋秀行、藤谷和正、平尾素宏、沢村敏郎、辛栄成、辻仲利政、武田裕、柏崎正樹:腸重積を繰り返した小腸平滑筋腫の1例。大阪外科集談会、大阪、2003年1月

山下晋也、三嶋秀行、西庄勇、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷正和、辛栄成、沢村敏郎、辻仲利政:下部直腸sm癌のリンパ節転移に対しての超低位前方切除術(肛門吻合)を施行した1例、第532回大阪外科集談会、大阪、2003年3月

B-8
三嶋秀行:大腸癌の外来化学療法。奈良県病院薬剤師会、奈良、2003年3月

三嶋秀行:大腸癌の化学療法−初期トラブルの対処法−。第3回Cancer Forum、徳島、2003年6月

三嶋秀行:大腸癌の治療−化学療法−。第8回長崎BCM懇話会、長崎、2003年7月

三嶋秀行:大腸癌化学療法のJapanese Standard。第5回神戸オンコロジーファーマシスト研究会、神戸、2003年8月

三嶋秀行、池永雅一、辻仲利政、藤谷和正、平尾素宏、武田裕、柏崎正樹、増田慎三、西庄 勇、吉川宣輝:大腸癌に対するIrinotecan+5FU+高用量l-LV療法、大阪BCM研究会、大阪、2003年8月

三嶋秀行:がん医療の動向。平成15年度緩和ケアナース養成研修会、神戸、2003年10月

三嶋秀行:大腸癌の標準化学療法の確立に向けて−薬剤師との連帯−。第7回兵庫県薬剤師のためのオンコロジーセミナー、神戸、2003年11月

三嶋秀行:大腸癌の標準化学療法の確立に向けて−薬剤師との連帯−、滋賀県薬剤師会、長浜、2003年11月

三嶋秀行:大腸癌の治療方法。第1回患者情報室講演会、大阪、2003年11月

藤谷和正:胃癌化学療法の最前線。胃癌治療セミナー、松坂、2003年7月

藤谷和正:胃癌化学療法の最前線。第8回平成外科カンファレンス、大阪、2003年11月

平尾素宏:食道癌の治療指針。アベンティスファーマ社、大阪、2003年5月

増田慎三:乳がん診療における最近の話題。第1回堺乳がん患者の会、堺、2003年5月