院長室
廣島和夫
【平成15年度研究業績発表】
A-2
MURASE T, HIROSHIMA K:Rupture of the flexor tendon after malunited Colles' fracture Scand. J. Plast. Reconstr. Hand Surg. 37:188-191, 2003

A-4
廣島和夫、山本威久、大薗恵一:骨形成不全症2、整形外科的治療。小児内科、35(増刊号):1011-1018、2003

A-5
廣島和夫:教育研修講座 骨系統疾患 骨形成不全症。日本整形外科学会誌、77:675-683、2003

廣島和夫:骨形成不全症 その障害と治療方針。第76回日本整形外科学会 教育研修講演、日本整形外科学会誌、77:S649、2003

廣島和夫:骨形成不全症 乳児から老後まで。 第15回 日本整形外科学会骨系統疾患研究会 教育研修講演、日本整形外科学会誌、77:559、2003

A-6
廣島和夫:とびらの言葉[独法化以降の医療の展開]。医療の広場、43(12):7、2003

廣島和夫:道[混沌]。近畿、No.508:8-9、近畿厚生局、2003年10月

B-8
廣島和夫:骨系統疾患の最近10年間の進歩。第10回日本小児整形外科学会教育研修会、東京、2003年8月

廣島和夫:骨系統疾患と整形外科との関わり。昭和大学医学部 学生講義、東京、2003年6月

B-9
廣島和夫:色素性乾皮症の麻痺の在り方と変形。色素性乾皮症患者の会(フレックル)、舘山寺、2003年8月

廣島和夫:骨形成不全症 髄内釘挿入効果について。骨形成不全症友の会、神戸、2003年8月