消化器科
池田昌弘
消化器科は消化管、肝、胆・膵の消化器全般にわたる疾患の診療を行うなかで、一例一例を大切にして臨床研究を推進している。
  
消化管の分野では(胆膵を含め)、内視鏡診断と治療が中心となっている。
1 早期胃癌内視鏡切除: ITナイフを用いたsubmucosal dissectionを導入し、適応拡大をテーマとしてprospective studyをすすめている。胃以外の臓器(食道、十二指腸、大腸)への応用も期待されている。
2 QOL改善を目指した治療:狭窄解除、瘻孔形成などを対象として先進的な技術を取り入れて研究をすすめている。
3 癌化学療法:切除不能消化管癌を対象にいくつかのプロトコールで有効性を検討している。最近増加している膵癌の治療成績向上が今後の課題である。
4 炎症性腸疾患:症例の増加とともに、新しい治療法と長期経過が研究対象となっている。
  
肝疾患の入院症例の大部分は肝癌、慢性肝炎、合併症を伴った肝硬変によって占められている。
1 肝細胞癌:従来からのTAE・PEITのほかに、適応を選んでラジオ波治療、持続動注療法などを行い、臨床研究に結びつけている。早期発見のための診断体系の精度向上も研究対象となっている。
2 慢性肝炎:より有効性の高いインターフェロン製剤や投与法が開発され、治験も含めて治療成績が研究対象となっている。今後続々と新しい薬剤の開発が予定されている。
3 原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎:症例が集積しおりて診断治療が研究対象となっている。
4 肝硬変合併症:低アルブミン血症、腹水、肝性脳症などの治療が、治験を含めた研究対象となっている。
 その他、十二指腸乳頭機能異常、胃食道逆流症、腸管運動障害などの機能障害に対する診断と治療、内視鏡診断能の向上、消化器疾患でのQOL評価の標準化といった視点からも取り組みをすすめている。

【平成15年度研究業績発表】
A-0
SUGIYASU Y, YUKI N, NAGAOKA T, YAMASHIRO M, KAWAHARA K, IYODA K, KAKIUCHI Y, KANEKO A, YAMAMOTO K, HIKIJI K, KATO M. Histological Improvement of Chronic Liver Disease After Spontaneous Serum Hepatitis C Virus Clearance. Journal of Medical Virology 69:41-49(2003)

YUKI N, NAGAOKA T, YAMASHIRO M, MOCHIZUKI K, KANEKO A, YAMAMOTO K, OMURA M, HIKIJI K, KATO M. Long-Term Histologic and Virologic Outcomes of Acute Self-Limited Hepatitis B. HEPATOLOGY 2003;37:1172/1179

A-3 
谷尻知栄子、西山彩子、阪森亮太郎、分島 一、里見絵理子、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、柏崎正樹、武田 裕、河原邦光:膵に浸潤し、閉塞性黄疸で発症した十二指腸癌の一例。Endoscopic Forum for digestive disease. 19:209-213,2003

加藤道夫、笠原彰紀、吉原治正、片山和宏、肱岡泰三、久保田真司、神田 勤、益澤 学、林 紀夫:難治性C型慢性肝炎に対するIFN-β(1日2回投与)+α2b 20週間歇投与の有用性について。肝臓、44巻5号222-229,2003

高松正剛、宮崎浩彰、片山和宏、山東剛裕、高橋洋三、土畑工利夫、水野雅之、加藤道夫:難治性腹水症濾過濃縮再静注法(CART)の現況−特に副作用としての発熱に影響する臨床的因子の解析。肝胆膵、46巻5号663-669,2003

結城暢一、長岡貴幸、加藤道夫:B型急性肝炎の長期予後−肝組織像とHBV DNA−。肝胆膵、47巻5号 691-695,2003

結城暢一:B型肝炎ウイルス(HBV)感染臨床的治癒後の長期予後。医学のあゆみ、207巻8号 197-203,2003

結城暢一、阪森亮太郎、加藤道夫:B型慢性肝炎におけるラミブジン長期投与の効果、消化器科、36巻2号197-200,2003

結城暢一:B型急性肝炎自然治癒後の組織学的およびウイルス学的長期予後。HEPATOLOGY Selected Article、6巻4号11,2003

A-4
金子晃、池田昌弘:肝硬変に合併した直腸静脈瘤からの出血。消化器内視鏡、15:314-315,2003

池田昌弘、道田知樹、西村善也、里見絵理子:周堤が崩れてoozing中type2胃癌。消化器内視鏡、15:230-231,2003

道田知樹、池田昌弘:貧血・低蛋白血症を認めた高酸球胃炎。消化器内視鏡、15:430-431,2003

西村善也、道田知樹、池田昌弘:胃生検による大量出血。消化器内視鏡、15:1362-1363, 2003

里見絵理子、道田知樹、池田昌弘:食道静脈瘤に対するEIS後の食道狭窄。消化器内視鏡、15:1332-1333, 2003

佐藤公、北原史章、里見絵理子、井上泰輔、岡田俊一、赤羽賢浩、藤野雅之、板倉 淳、藤井秀樹、松本由朗、市川智章:膵管内発育を示した悪性膵内分泌腫瘍の一例。消化器画像、5巻1号5−8,2003

清水健太郎、池田昌弘:びまん性白苔−糞線虫症。消化器内視鏡、15:1138-1139,2003

道田知樹、阪森亮太郎、河原邦光、池田昌弘:Ub様進展を伴う診断困難例。消化器内視鏡、15:602-603, 2003

道田知樹、阪森亮太郎、河原邦光、池田昌弘:sm浸潤を伴った遺残再発癌(EMR例)。消化器内視鏡、15(4) 602-603,2003.

道田知樹、阪森亮太郎、池田昌弘:EMRに伴う胃穿孔症例。消化器内視鏡、15(10):1379-1380,2003.

道田知樹、池田昌弘:胃EMR時の術中・術後出血。消化器内視鏡、15:220-251,2003

加藤道夫、平松直樹、林紀夫、岡上武、熊田博光:インターフェロン/リバビリン併用治療の有用性。C型慢性肝炎治療の新たなストラテジー−インターフェロン治療の今後−184-191,2003 先端医学社

加藤道夫:慢性肝炎の治療;コンセンサスIFN療法。消化器病セミナー、91巻125-136,2003

加藤道夫、結城暢一、山本佳司、金子晃、笠原彰紀、益澤学、林紀夫:難治性C型慢性肝炎に対するTwo-step Interferon Rebound Therapy。消化器科、36巻3号303-307,2003

加藤道夫、結城暢一、山本佳司、金子晃、笠原彰紀、益澤学、林紀夫:Two-step IFN rebound療法の有効性。Progress in Medicine、23巻4号1095-1101,2003

結城暢一、林紀夫:治療効果予測因子としての第1相ウイルス動態パラメータ。Journal of Viral Hepatitis 日本語版、4巻1号 26-27,2003

A-5
海老原敏、道田知樹、他:がん専門医療施設を活用したがん診療の標準化に関する共同研究。平成14年度厚生省がん研究助成金による研究報告集、787-794,2003

加藤道夫:C型慢性肝炎に対するIFN monotherapy 治療成績の検討。厚生労働科学研究費補助金 平成14年度報告書、49-51,2003

B-3
道田知樹、河原邦光、池田昌弘:胃腫瘍治療例での生検診断の正確性の検討−切開・剥離法でのprospective study−。DDW Japan (内視鏡)、大阪、2003年10月

結城暢一、阪森亮太郎、加藤道夫:B型慢性肝炎の自然経過と抗ウイルス療法の影響 自然経造とラミブジン療法でのHBV感染制御とその臨床的意義。第89回日本消化器病学会総会、埼玉、 2003年4月

加藤道夫:C型慢性肝炎におけるIFN長期投与と新たなるIFN治療戦略。第89回日本消化器病学会総会ランチョンセミナー、埼玉、2003年4月

結城暢一、長岡貴幸、加藤道夫:C型慢性肝炎IFN治療におけるShort-term Biochemical/Virologic Responseの長期予後。第35回日本肝臓学会西部会、岡山、2003年11月

道田知樹、西村善也、池田昌弘:ITナイフ法導入後の胃腫瘍に対するEMRの適応 ―治療成績と内視鏡診断の正確性の検討―。第65回日本消化器内視鏡総会、福岡、2003年5月

B-4
阪森亮太郎、道田知樹、山中ゆか、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:ITナイフを用いた切開・剥離法を導入後の早期胃癌に対するEMR。 DDW Japan(内視鏡)、大阪、2003年10月

里見絵理子、中村剛之、中川瑠美子、上田高志、山中ゆか、阪森亮太郎、分島一、伊与田賢也、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:Gastric antral vascular ectasiaにおけるargon plasma coagulationによる止血効果−他の内視鏡的焼灼術との比較検討。DDW Japan、大阪、2003年10月

阪森亮太郎、道田知樹、山中ゆか、西山彩子、清水健太郎、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:PharamacoMRCP-十二指腸乳頭機能不全の診断について。DDW Japan(消化器)、大阪、2003年10月

山中ゆか、里見絵理子、西山彩子、阪森亮太郎、清水健太郎、分島一、伊与田賢也、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:経内視鏡的胆管ステントを留置した高齢者の治癒不可能な悪性腫瘍症例におけるQOL向上についての検討。DDW Japan(消化器)、大阪、2003年10月

里見絵理子、道田知樹、池田昌弘:EVLデバイスを用いた吸引法による十二指腸乳頭部腫瘍切除術〜特に隆起性小病変・遺残病変に対して〜。第65回日本消化器内視鏡総会、福岡、2003年5月

中村剛之、道田知樹、山中ゆか、阪森亮太郎、西山彩子、清水健太郎、里見絵理子、西村善也、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、河原邦光、倉田明彦:ITナイフ切除材料を用いたEMR後再発胃癌の病理学的検討。第65回日本消化器内視鏡総会、福岡、2003年5月

西山彩子、里見絵理子、山中ゆか、阪森亮太郎、清水健太郎、分島一、西村善也、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:当院における下部消化管悪性狭窄に対する消化管ステント留置例の検討。第65回日本消化器内視鏡総会、福岡、2003年5月

津田奈都子、道田知樹、阪森亮太郎、西山彩子、清水健太郎、里見絵理子、西村善也、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:出血性消化性潰瘍の再出血予防におけるPPIの有用性−24時間PHモニタリングによる検討−。第65回日本消化器内視鏡総会、福岡、2003年5月

西村善也、山中ゆか、阪森亮太郎、西山彩子、清水健太郎、分島一、里見絵理子、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、 池田昌弘:潰瘍性大腸炎に対し白血球除去療法を施行した12例の検討、第65回日本消化器内視鏡総会、福岡、2003年5月

田中登美、宮下まさみ、里見絵理子、田中利夫、繁浦洋子、辻仲利政:外来化学療法室における看護師の役割。第8回緩和医療学会総会、千葉、2003年6月

里見絵理子、山中ゆか、阪森亮太郎、西山彩子、清水健太郎、分島一、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:終末期における腹水管理。第8回緩和医療学会総会、千葉、2003年6月

石川綾加、安達慈由子、里見絵理子、加藤道夫、池田昌弘:急性期消化器内科病棟における緩和医療の現状とPalliative care conferenceの取り組み。第8回緩和医療学会総会、千葉、2003年6月

田中利夫、宮下まさみ、里見絵理子、田中登美、繁浦洋子、辻仲利政:外来抗癌剤無菌調製によるリスクマネージメント。第5回医療マネージメント学会、仙台、2003年6月

田中登美、宮下まさみ、里見絵理子、田中利夫、繁浦洋子、辻仲利政:外来化学療法室の運用と問題点。第5回医療マネージメント学会、仙台、2003年6月

B-5
道田知樹、阪森亮太郎、池田昌弘:早期胃癌に対するEMR-切開・剥離法導入前後の治療成績、内視鏡診断の正確性の検討。第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方会、京都、2003年10月

結城暢一:B型慢性肝炎に対する抗ウイルス治療の評価。第4回大阪肝臓研究会、大阪、2003年6月

B-6
岡本理恵子、清水健太郎、阪森亮太郎、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:閉塞性黄疸で発症し、ステロイドが著効した自己免疫性膵炎の一例。第79回日本消化器病学会近畿支部例会、奈良、2003年9月

岡内幸義:MKリンパ腫、第70回日本内視鏡学会近畿地方会、大阪、2003年3月

谷尻知栄子、西山彩子、山中ゆか、阪森亮太郎、清水健太郎、分島一、里見絵理子、西村善也、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:膵に浸潤し閉塞性黄疸で発症した原発性十二指腸癌の一例。第78回日本消化器学会近畿支部例会、神戸、2003年2月

波多野貴昭、清水健太郎、山中ゆか、阪森亮太郎、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、和田 晃:破傷風感染にTTPを合併しMOFをきたした1剖検討。第171回日本内科学会近畿地方会、大阪、2003年9月

里見絵理子、藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:進行再発胃癌におけるS-1/TXL併用化学療法。第41回癌治療学会、北海道、2003年10月

中川瑠美子、里見絵理子、上田高志、中村剛之、山中ゆか、阪森亮太郎、分島一、伊与田賢也、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:内視鏡的乳頭切除術によって診断し得た十二指腸乳頭部炎症性胃上皮化生の一例。第71回日本消化器内視鏡学会地方会、京都、2003年10月

高濱宗一郎、波多野貴昭、清水健太郎、池田昌弘、河原邦光、真能正幸、阿部亨、井上信正:血球貪食症候群を合併した初感染肺結核症の1剖検例。第172回日本内科学会近畿地方会、和歌山、2003年12月

岡内幸義、里見絵理子、清水健太郎、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、佐野徹明、河原邦光: C型肝硬変、肝細胞癌の経過中にNK/T細胞リンパ腫を発症し死亡した1剖検例。第170回日本内科学会近畿地方会、大阪、2003年6月

清水健太郎、池田昌弘:胃噴門部粘膜下腫瘍症例。第10回近畿EUSクリニカルカンファレンス、大阪、2003年3月

種池学、道田知樹、山中ゆか、西山彩子、阪森亮太郎、清水健太郎、分島一、里見絵理子、西村善也、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、河原邦光:ITナイフを用いたEMRにて一括切除しえたECJ直下の早期癌の一例。第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会、大阪、2003年3月

西山彩子、山中ゆか、阪森亮太郎、清水健太郎、分島一、里見絵理子、西村善也、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:S状結腸癌の狭窄に対してのステント留置に苦慮した1例。第70回日本消化器内視鏡学会近畿地方会、大阪、2003年3月

道田知樹:消化器内視鏡治療手技と安全対策−インフォームドコンセント。日本消化器内視鏡学会ガイドライン講習会、大阪、2003年11月

道田知樹、阪森亮太郎、池田昌弘:ECJ直下のUa病変に対するEMR。第6回内視鏡治療研究会、東京、2003年1月

道田知樹、阪森亮太郎、池田昌弘:食道癌切除後胃管に発生したUa病変に対するEMR。第7回内視鏡治療研究会、長野、2003年7月

道田知樹、阪森亮太郎、池田昌弘:胃癌EMR手技について。第1回近畿消化管内視鏡治療研究会、大阪、2003年11月

B-8
池田昌弘:ヘリコバクターピロリに関する最近の知見。東医師会学術講演会、大阪、2003年1月

池田昌弘:消化管内視鏡治療最近の進歩。生野区医師会学術講演会、大阪、2003年4月

池田昌弘:消化器内視鏡治療と問題点。社会保険審査委員会外科部会特別講演、大阪、2003年7月

中村剛之:遺残再発に対するsubmucosal dissected EMR治療の病理学的評価。大阪胃腸病研究会、大阪、2003年11月

加藤道夫:肝炎の診断。大阪府医師会講演会、大阪、2003年2月

加藤道夫:C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療 −monotherapyからribavirin併用療法へ−。大阪市東医師会学術講演会、大阪、2003年5月

加藤道夫:C型肝硬変に対するインターフェロン治療。大阪肝硬変フォーラム、大阪、2003年6月

加藤道夫:難治性腹水症の治療方針 Denver Shunt/腹腔−。静脈シャント術特別講演会、2003年7月

加藤道夫:ウィルス肝炎・肝硬変・肝がんの最新知識と療養について。平成15年度肝炎肝がん啓発普及講習会、大阪、2003年7月

加藤道夫:慢性肝炎はここまで治る−最新情報−。肝がん撲滅運動市民公開講座、2003年8月

加藤道夫:最近のウィルス肝炎の治療。国立病院平成15年度肝疾患研修会、長崎、2003年9月

加藤道夫:HBVキャリアのstageの分類と治療戦略。大阪肝炎ミーティング学術講演会、大阪、2003年9月

加藤道夫:ウィルス性肝炎診断治療の最新の話題。姫路消化器病研究会、兵庫、2003年9月

加藤道夫:C型慢性肝炎の新たなる治療戦略。西成区医師会講演会、大阪、2003年11月

加藤道夫:C型慢性肝炎の新たなる治療戦略。肝疾患学術懇話会、2003年11月

加藤道夫:慢性肝炎治療におけるCARTの位置付け・血液浄化療法の可能性。関西CART研究会、大分、2003年12月

加藤道夫:HBVキャリアーのステージ分類と治療戦略。GJCF(Gastroenterology &Hepatology Journal Club in Fukuyama)、広島、2003年12月

道田知樹:胃腫瘍に対する内視鏡治療 −ITナイフを導入して−。上町セミナー、大阪、2003年6月

B-9
池田昌弘:消化器アレルギー。ラジオ大阪アレルギー診察室、2003年7月20日