総合内科
東堂龍平
総合内科は、脳循環・高血圧グループ、腎臓グループ、糖尿病グループ、血液グループ、呼吸器グループの5グループで構成されており、以下に各グループ別に述べる。

脳循環・高血圧グループ
 脳血管障害、高血圧症の診断、治療、予防戦略面から、臨床的、基礎的研究をおこなっている。平成15年度は動脈壁不安定プラークの機能画像診断の臨床的実用化に関する研究(循環器病委託研究)、高血圧の大規的模臨床試験研究施行のための総合的研究、家族血圧に基づいた至適治療に関する大規模研究(効果的医療技術確立推進臨床研究)を主テーマとして取り組んできた。

腎臓グループ
 当グループでは、腎疾患、とりわけ慢性腎炎についてその診断と治療に積極的に取り組んでいる。また、進行性腎障害の管理、慢性腎不全の合併症の予防と治療に取り組んでいる。
 IgA腎症における腎組織病変のスコアー化と治療指針作成に関する研究(国立病院共同臨床研究)、IgA腎症に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬の効果に関する研究(厚生科学研究事業)、腎血流ドプラ法による慢性糸球体腎炎における尿細管間質病変の評価などが主テーマである。

糖尿病グループ
 内分泌・代謝疾患としての糖尿病と、腎臓病としての糖尿病性腎症の2つの政策医療に関連して、臨床的、基礎的研究を行っている。
 厚生科学研究として、糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究(JDCS)や難治性腎疾患の進展抑制のための新たな指標作成とそれに基づく治療指針作成に関する研究(糖尿病性腎症study:AngII projectとCase Contorol Study)に取り組んでいる。また、国立病院共同臨床研究として、1型糖尿病性腎症に対する腎移植・膵島移植の効果に関する研究、内分泌代謝性疾患ネットワークによる2型糖尿病の前向き介入試験、糖尿病足病変における治療方針及びクリニカルパスの作成、全国規模で構築された糖尿病性腎症データベース解析による腎不全進展抑制と治療指針作成のための研究、政策医療ネットワーク施設における内分泌疾患の標準化に関する研究などに取り組んでいる。

血液グループ
 政策医療(血液・造血器疾患ネットワーク)の近畿地区基幹医療施設、日本血液学会認定研修施設でもある。スタッフは臨床血液学を専門とする医師と無菌室看護など、卓越した専門技術を有する看護婦およびコメディカルで構成されている。造血器悪性疾患の化学療法、自家および同種造血幹細胞移植も行っている。関連大学病院(複数)のみならず近辺の血液を専門とする施設とも密接な関連を持ち、最新の情報を交換し最新の医療を行っている。
呼吸器グループ
 呼吸器疾患は、人口の高齢化や大気汚染や喫煙により、悪性腫瘍や慢性閉塞性肺疾患が増加している。なかでも政策医療の一つである肺癌の診療に力を入れている。肺癌化学療法の研究は兵庫医科大学と臨床共同研究として、大学病院と同等レベルの事実に裏付けされた最新の治療を行っている。

【平成15年度研究発表業績】
A-0
HASHIMOTO H, KITAGAWA K, KUWABARA K, HOUGAKU H, MATSUMOTO M, HORI M : Circulating Adhesion Molecules are Correlated with Ultrasonic Assessment of Carotid Plaques. Clinical Science 104: 521-527 2003

KIMURA Y, HASHIMOTO H, TAGAYA M, ABE Y, ETANI H: Ipsilateral Hemiplegia in a Lateral Medullary Infact-Opalski’s Syndrome. JNeuroimaging 13:83-83,2003

SAKAGUCHI M, KITAGAWA K, HOUGAKU H, HASHIMOTO H, NAGAI Y, YAMAGAMI H, OHTSUKI T, OKU N, HASHIKAWA K, MATSUSHITA K, MATSUMOTO M, HORI M: Mechanical compression of the extracranial vertebral artery during rotation. Neurology 61:845-847,2003

NARITA M, KITAGAWA K, NAGAI Y, HOUGAKU H, HASHIMOTO H, SAKAGUCHI M, YANG X,TAKESHITA T, MORIMOTO K, MATSUMOTO M, HORI M: Effects of Aldehyde Dehydrogenase Genotypes on Carotid Atherosclerosis Ultrasound Med Biol 29:1415-1419, 2003

HASEGAWA Y, TAGAYA M, FUJIMOTO M, HAYASHIDA K, YAMAGUCHI T, MINEMATSU K:Extracorporeal Double Filtration Plasmapheresis in Acute Atherothrombotic Brain Infarction Caused by Major Artery Occlusive lesion. JClin Apheresis 18:167-174,2003

A-2
東堂龍平:糖尿病性昏睡、「糖尿病の治療と看護」編集 葛谷秀嗣、169-173 南江堂、東京、2003年8月

大江洋介:情報セキュリティ、日本医療情報学会医療情報技師平成15年度講習会テキスト、2003:177-197

福原吉典:6章 検査値異常の判断のしかた「透析患者の生活指導ガイド」改訂第2版 飯田喜俊、115-139 南江堂、東京、2003年12月

A-3
小堀祥三、高橋毅、東輝一朗、蛯原賢司、宮村信博、山田和範、後藤嘉樹、吉成元孝、平松真祐、東堂龍平、宮崎久義:糖尿病へのクリティカルパスの応用。医療マネジメント学会雑誌4(2):292-296、2003年

斉藤誠、河合実、小林優子、安部晴彦、是恒之宏、恵谷秀紀、北村義雄、赤野威彦:正常腎機能患者におけるアンギオテンシンII受容体拮抗薬の血清尿酸値への影響。臨床薬理 2003:34:37-42

和田晃:透析患者のQOLとLiving Will 光の部分:透析患者の社会復帰について。医療57,702-704,2003

A-4
楠岡英雄、岡垣篤彦、東堂龍平:医療者が創る電子カルテシステム。新医療30(7):72-75, 2003年

橋本弘行、恵谷秀紀:高血圧性脳症の病態診断法の進歩と降圧治療。血圧 9:914-918, 2003年

福原吉典:腎透析療法の長期合併症 血液統制の長期合併症とその対策。医療 57:693-698, 2003年

A-5
橋本弘行、多賀谷昌史、恵谷秀紀:動脈壁不安定プラークの機能画像診断法の臨床実用化に関する研究。班員(15公−5)

東堂龍平:高度総合医療施設における電子カルテの実用化と評価に関する研究:国立大阪病院総合内科における電子カルテの導入。平成14年度厚生労働科学研究費補助金 医療技術総合評価研究事業分旦研究報告書、p11-12、p25-27、2003年3月

A-6
恵谷秀紀:脳卒中治療の進歩:慢性期の管理 成人病シリーズ35回。SENRI NEWS 2003 No38,7-8

福原吉典:保存期慢性腎不全の治療戦略。大阪市東医師会月報 7月号:3-4、2003年

B-4
鈴木智子、池田雅彦、坂本扶美枝、作道清香、瀧秀樹、東堂龍平、久保田稔:短期血統管理のグルカゴン負荷検査へ及ぼす影響。第46回日本糖尿病学会年次学術集会、富山、2003年5月

西村元伸、小出信澄、山田研一、東堂龍平:糖尿病性腎症(DN)管理における家族血圧(hBP)測定の有用性に冠する検討。第46回日本糖尿病学会年次学術集会、富山、2003年5月

河野茂夫、斉藤齊美、海瀬和郎、大石昭、島田典生、小山一憲、新実光朗、山家由子、能登裕、瀧秀樹、大星隆司、尾山秀樹、野間興二、山崎弘子、後藤嘉樹、東輝一朗、葛谷秀嗣:本邦における糖尿病性足病変について−国立病院多施設共同研究 第2報−。第46回日本糖尿病学会年次学術集会、富山、2003年5月

木村泰之、橋本弘行、多賀谷昌史、杉山幸生、安部裕子、大江洋介、北川一夫、恵谷秀紀:Rosary-like pattern(数珠状)を呈する急性期梗塞の検討。第28回日本脳卒中学会総会、東京、2003年3月

金藤公人、北川一夫、寶学英隆、永井洋士、山上宏、星 拓、橋本弘行、松本昌泰、堀正二:動脈硬化進展の予測因子としての血中可溶性細胞接着分子濃度。第28回日本脳卒中学会総会、東京、2003年3月

金藤公人、北川一夫、寶学英隆、永井洋士、山上宏、星 拓、橋本弘行、松本昌泰、堀正二:動脈硬化進展の予測因子としての血中可溶性細胞接着分子濃度。第22回脳神経超音波学会、大阪、2003年4月

大江洋介、長倉俊明、古川俊之:ヒト生存数曲線の混合 Weibull関数による記述について。生体工学シンポジウム2003、札幌、2003年9月

中村亜紀、大野ゆう子、村田加奈子、杉山裕美、大江洋介:介護保険制度における在宅要介護者の機能訓練について。第62回日本公衆衛生学会総会、京都、2003年10月

松田利恵子、宮内真弓、桑原節子、小出信澄、西村元伸、山田研一、東堂龍平:糖尿病性腎症患者の食事摂取状況。第6回日本病態栄養学会、京都、2003年1月

東堂龍平、吉間陽子、坂本扶美枝、鈴木智子、作道清香、瀧秀樹、杉浦寿央、和田晃、福原吉典:糖尿病に合併した気腫性膀胱炎の一例。第58回国立病院療養所総合医学会、札幌、2003年10月

阿部亨、竹中乃里子、仁木均、井上信正、鉄谷麻美子:肺結核後遺症の経過中に発症した多発性骨髄腫の1症例。第58回国立病院療養所総合医学会、札幌、2003年10月

大江洋介、古川俊之:高齢死亡数に関する検討。第58回国立病院療養所総合医学会、札幌、2003年10月

大江洋介:介護保険における訪問リハビリの効果。第58回国立病院療養所総合医学会、札幌、2003年10月

大江洋介、細木拓野、新田幸一、浅野智子、下司有加、白阪琢磨、伊藤俊広、美濃興三:サンフランシスコにおけるHID/AIDSに対するConfidrntiality。第58回国立病院療養所総合医学会、札幌、2003年10月

杉浦寿央、中森綾、和田晃、福原吉典:慢性糸球体腎炎における尿細管間質病変の腎血流ドプラによる評価。第46回日本腎臓学会学術総会、東京、2003年5月

中森綾、杉浦寿央、和田晃、福原吉典:維持透析中に著名な低カリウム血症を呈した1症例。第48回日本透析医学会年次学術集会、大阪、2003年6月

西口偉、川口和子、佐藤清、真能正幸、福原吉典:輸血後異なる機序で溶血性副作用を示した症例のコンサルテーション。第58回国立病院療養所総合医学会、札幌、2003年10月

古屋晃子、松永加奈江、新田幸一、船坂裕久、峠田孝、小野利枝、渡邉清司、佐藤清、真能正幸、福原吉典:全自動凝固線溶装置(STA)による血漿FDP試薬の検討。第52回日本医学検査学会、埼玉、2003年5月

B-5
岡林千登、岡本万里子、沼田絵里、石山薫、奥野明美、作道清香、瀧秀樹、東堂龍平:2泊3日糖尿病教育入院の教育効果の評価。第40回日本糖尿病学会近畿地方会、神戸、2003年11月

B-6
吉間陽子、作道清香、瀧秀樹、東堂龍平:糖尿病分野の臨床評価の試行。第40回日本糖尿病学会近畿地方会、神戸、2003年11月

澤村敏郎、鞍田三貴、角谷勲、東堂龍平、辻仲利政:国立病院における入院患者の栄養状態とNST設立の意義・問題点。第13回近畿輸液・栄養研究会、大阪、2003年10月

高濱宗一郎、波多野貴昭、清水健太郎、池田昌弘、河原邦光、真能正幸、阿部亨、井上信正:血球貧食症候群を合併した初発肺結核の1解剖例。第172回日本内科学会近畿地方会、和歌山、2003年12月

杉山幸生、多賀谷昌史、橋本弘行、大江洋介、安部裕子、藤原美都、和田晃、杉浦寿央、東堂龍平、恵谷秀紀:塩酸バラシクロビルによる薬剤性脳症を呈した血液透析患者の一例。第172回日本内科学会近畿地方会、和歌山、2003年12月

作道広樹、中森綾、杉浦寿央、和田晃、福原吉典:前立腺癌に対する治療開始後に発症した急性進行性糸球体腎炎の1例。第33回日本腎臓学会西部学術大会、名古屋、2003年10月

鉄谷麻美子、山崎裕美子、井上信正、松渕登代子、野村憲一、谷脇雅史:Ph染色体を伴った多発性骨髄腫の一例。第80回近畿血液学地方会、兵庫、2003年12月

井上信正、鉄谷麻美子、山崎裕美子、松渕登代子:ホジキンリンパ腫加療中に発症したB細胞非ホジキンリンパ腫の一例。第24回国立病院療養所血液同好会、北海道、2003年10月

B-8
東堂龍平:糖尿病性昏睡。大阪大学医学部臨床講義、吹田、2003年1月

瀧秀樹:糖尿病の診断と治療。平成15年度日本医師会生涯教育講座実習カリキュラム、大阪、2003年10月

瀧秀樹:下腹部腫瘤を呈した気腫性膀胱炎の1例。第15回病診(病)連携懇談会プログラム、大阪、2003年2月

瀧秀樹:重度の出血性貧血を伴う気腫性膀胱炎を来たした2型糖尿病の1例。第5回糖尿病治療セミナー、大阪、2003年4月

阿部亨:結核治療の実際。大阪府病院薬剤師会講演会、第297回診療所例会、大阪、2003年5月

阿部亨:呼吸器疾患の診断と治療。平成15年度日本医師会生涯教育講座、大阪、2003年10月

橋本弘行:動脈硬化危険因子の管理と脳梗塞予防−頚動脈動脈硬化性病変に注目した対策−。大阪市東医師会学術講演会、大阪、2003年9月

大江洋介:心電図モニターとの正しい付き合い方。第25回ME技術講習会、大阪、2003年6月

福原吉典:慢性腎不全の治療戦略。鶴見区医師会、大阪、2003年2月

福原吉典:慢性腎不全の治療戦略。東医師会、大阪、2003年6月

福原吉典:慢性腎不全の治療戦略。生野区医師会、大阪、2003年7月