外 科

辻仲利政

 外科における主たる研究テーマは癌および外科治療に関するものです。まだ解決されていない諸問題、現在試みている新しい治療法や術後管理法、治験成績、集学的治療の試み、希な症例に対する治療経験、癌の特性や悪性度に関する研究、発がん機序や免疫に関する研究、癌治療に関する共同研究の成果、標準的外科治療に関する問題、新規抗がん剤の至適投与法の開発と安全性の確認、等が現在の主たる研究課題です。研究成果を積極的に発表し有益な結論を導き、実際の医療を改革改良して、患者利益に結びつけることが必要です。今年度の業績を発表いたしましたが、これらには私たちが癌治療に費やしてきた努力や目的意識が反映しています。まだ学会発表に比べて原著の数が少ない欠点がありますが、この点を改善するための努力が引き続き必要です。本年度も、ASCO(アメリカ癌治療学会)に3つの報告を行うことが出来ました、新規抗がん剤の組み合わせに関するphaselおよびstudyの結果です。共同研究として取り組んできた多施設共同研究の成果です。また、自主研究として取り組んできた前向き研究の結果は、英文誌に採用されました。以前より問題意識を持って取り組んできた課題の結果が出せるようになったことは大きな進歩です。
 外科治療において、出来る限りエビデンスに基づいて治療方針を立て確かな技術に裏付けられた治療を行うことが重要です.外科には、幸い新鮮な頭を持った若い研修医とテジデントおよび各領域における専門家であるスタッフが存在しています。引き続き、多くの課題について積極的に研究し成果を発表(情報発信)し、自らの医療を改善して行く所存です。
外科手術も日進月歩の分野であります。絶えず自分たちの技術を向上させ工夫を凝らして、患者様の利益に結びつけなければなりません。外科には技術が必要ですが、加えて技術を科学的に考えること、技術だけにとどまらない広い視野と科学する精神が必要です、癌治療は生存率と生存の質において評価を受けるものですから、技術と経験だけで解決されるものではなく、科学に基づいた総合的な戦略が必要です。癌治療において、分子標的治療が現実化し、新規抗がん剤の導入も進んでいます。分子標的治療剤や抗がん剤治療と外科治療をうまく組み合わせて治療成果をあげる事は今後の大きなテーマのひとつです。

【平成16年研究発表業績】
A-0
SATO T, TSUJINAKA T, et al:Gastric Cancer Surgery:Morbidity and Mortality Results From a Prospective Randmized Controlled Trial Comparing D2 and Extended Para-Aortic Lymphadenec tomy―Japan Clinical Oncology Group Study 9501. J Clin Oncol,22: 2767-2773,2004

TAO H, TSUJINAKA T, et al:A novel splice-site variant of the base excision repair gene MYH is associated with production of an aberrant mRNA transcript encoding a truncated MYH protein not localized in the nucleus. Carcinogenesis, 25: 1859-1866,2004

HIRAO M, FUJITANI K, TSUJINAKA T:Delayed gastric emptying after Distal Gastrectomy for Gastric Cancer. Hepato-Gastroentorology 51(1): 305-309,2004

HIRAO M, FUJITANI K, TSUJINAKA T:PhaseTstudy of the combination of nedaplatin, adriamycin, and 5-Fu for treatment of advanced esophageal cancer. Diseases of the Esophagus 17(3): 247-250,2004

HIRAO M, FUJITANI K, TSUJINAKA T:PhaseT-Ustudy of the combination of NED, ADM, and 5-Fu for treatment of previously untreated advanced esophageal cancer. ASCO proceedings 23: 349,2004

HATASHI H, NAKAMORI S, HIRAKAWA N, TSUJIE M, XU X, TAKANO T, AMINO N, SAKON N, MONDEN M:Antitumor effects of peroxisome proliferator activate receptor γ ligands on anaplastic thyroid carcinoma. International Journal of Oncology, 24: 89-95,2004

OJI Y, NAKAMORI S, FUJIKAWA M, NAKATSUKA S, YOKOYAMA A, TATSUMI N, ABENO S, TAKASHIMA S, TUJIE M, YAMAMOTO H, SAKON M, NEZU R, KAWANO K, NISHIDA S, IKEGAMI K, KAWAKAMI M, TSUBOI A, OKA Y, YOSHIKAWA K, AOZASA K, MONDEN M, SUGIYAMA:Overexpression of the Wilm's tumor gene WT1 in pancreatic ductal adenocarcinoma. Cancer Science 95(7): 583-587, 2004

HAYASHI H, NAKAMORI S, OKAMI J, NAGANO H, CONO K, UMESHITA K, SAKON M, NARIMATSU H, MONDEN M:The association with expression levels of CA19-9 and N-acetylglucosamine??1,3-galactosyltransferase 5 (?3Gal-T5) gene in human pancreatic cancer tissue. Pathobiology 71(1): 26-34, 2004

YAMAMOTO S, NAKAMORI S, TSUJIE M, TAKAHASHI Y, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, TOMITA Y, HOSHIDA Y, AOZASA K, KOHNO K, MONDEN M:Expression of UDP-N-acetyl-a-D-galactosamine: Polypeptide N- acetylgalactosaminyl transferase-3 (GalNAc-T3) in adenocarcinoma of the pancreas. Pathobiology 71: 12-18, 2004

AOKI T, MIYAMOTO A, MARUHASHI S, NAGANO H, UMESHITA K, FUJIWARA Y, DONO K, NAKAMORI S, SAKON M, MONDEN M:Clinical value of alterations in p73 gene, related to p53 at 1p36, in human hepatocellular carcinoma. International Journal of Oncology 24: 441-446, 2004

TAKAHASHI Y, HAMADA J, MURAKAMI K, TAKADA M, TADA M, NOGAMI I, HATASHI N, NAKAMORI S, MONDEN M, MIYAMOTO M, M, KATOH H, MORIUCHI T:Expression profiles of 39 HOX genes in normal human adult organs and anaplastic thyroid cancer cell lines by quantitative real-time RT-PCR system. Experimental Cell Research 293(1): 143-153, 2004

YAMAMOTO S, TOMITA Y, HOSHIDA Y, NAGANO Y, NAGANO H, DONO K, UMESAKI K, SAKON M, ISHIKAWA O, OHIGASHI H, NAKAMORI S, MONDEN M, AOZASA K:Increased Expression of Valosin-Containing Protein (p97) is Associated With Lymph Node Metastasis and Prognosis of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. Annals of Surgical Oncology 11(2): 165-172, 2004

YAMAMOTO S, TOMITA Y, HOSHIDA Y, SAKON M, KAMEYAMA M, IMAOKA S, SEKIMOTO M, NAKAMORI S, MONDEN M, AOZASA K:Expression of valosin-containing protein in colorectal carcinomas as a predictor for disease recurrence and prognosis. Clinical Cancer Research 10(2): 651-657,2004

OGAWA M, YAMAMOTO H, NAGANO H, MIYAKE Y, SUGITA Y, HATA T, KIM BN, NGAN CY, DAMDINSUREN B, IKENAGA M, IKEDA M, OHUE M, NAKAMORI S, SEKIMOTO M, SAKON M, MATSUMURA N, MONDEN M:Hepatic expression of ANG2 RNA in metastatic colorectal cancer. Hepatology 39(2): 528-539,2004

YAMAMOTO S, TOMITA Y, HOSHIDA Y, MOROOKA T, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, ISHIKAWA O, OHIGASHI H, NAKAMORI S, MONDEN M, AOZASA K:Prognostic significance of activated akt expression in pancreatic ductal adenocarcinoma. Clinical Cancer Research 10(8): 2846-2850, 2004

KOBAYASHI S, HORII M, DONO K, NAGANO H, UMESHITA K, NAKAMORI S, SAKON M, OSUGA K, UMETANI K, MURAKAMI T, NAKAMURA H, MONDEN M:In vivo real-time microangiography of the liver in mice using synchrotron radiation. Journal of Hepatology 40(3): 405-408,2004

KUROKAWA Y, MOTOBA R, NAKAMORI S, TAKEMASA I, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN M, KATO K:PCR-array gene expression profiling of hepatocellular carcinoma. Journal of Experimental and Clinical Cancer Research 23(1): 135-141,2004

YAMAMOTO S, TOMITA Y, HOSHIDA Y, IIZUKA N, KIDOGAMI S, MIYATA H, TAKIGUCHI S, FUJIWARA Y, YASUDA T, TANO M, NAKAMORI S, SAKON M, MONDEN M, AOZASA K,:Expression level of valosin-containing protein (p97) is associated with prognosis of esophageal carcinoma. Clinical Cancer Research 10(16): 5558-5565,2004

YAMAMOTO S, TOMITA Y, HOSHIDA Y, IIZUKA N, MARUBASHI S, MIYAMOTO A, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, NAKAMORI S, SAKON M, AOZASA K, MONDEN M:Interstitial pneumonia induced by combined intraarterial 5-fluorouracil and subcutaneous interferon-alpha therapy for advanced hepatocellular carcinoma. Journal of Gastroenterology 39(8): 793-797,2004

YAMAMOTO S, TOMITA Y, NAKAMORI S, HOSHIDA Y, IIZUKA N, OKAMI J, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, ISHIKAWA O, OHIGASHI H, AOZASA K, NIBDEN M:Valosin-containing protein (p97) and Ki-67 expression is a useful marker in detecting malignant behavior of pancreatic endocrine neoplasms. Oncology 66(6): 468-475,2004

KUROKAWA Y, MOTOBA R, NAGANO H, SAKON M, TAKEMASA I, NAKAMORI S, UMESHITA K, UENO N, OBA S, OSHII S, KATO K, MONDEN M:Molecular-based prediction of early recurrence in hepatocellular carcinoma. Journal of Hepatology 41: 284-291,2004

KUROKAWA Y, MOTOBA R, TAKEMASA I, NAGANO H, DONO K, NAKAMORI S, UMESHITA K, UENO N, ISHII S, KATO K, MONDEN M:Molecular prediction of response to 5-fluorouracil and interferon-alpha combination chemotherapy in advanced hepatocellular carcinoma. Clinical Cancer Research 10: 6029-6038,2004

SAKON M, KAKKAR AK, IKEDA M, SEKIMOTO M, NAKAMORI S, YANO M, MONDEN M:Current status of pulmonary embolism in general surgery in Japan. Surgery Today 34(10): 805-810,2004

MARUBASHI S, SAKON M, NAGANO H, GOTOH K, HASHIMOTO K, KIBOTA M, KOBAYASHI S, YAMAMOTO S, MIYAMOTO A, DONO K, NAKAMORI S, UMESHITA K, MONDEN M:Effect of portal hemodynamics on liver regeneration studied in a novel portohepatic shunt rat model. Surgery 136(5): 1028-1037,2004

YAMAMOTO T, NAGANO H, SAKON M, WADA H, EGUCHI H, KONDO M, DAMDINSUREN B, OTA H, NAKAMURA M, WADA H, MARUBASHI S, MIYAMOTO A, DONO K, UMESHITA K, NAKAMORI S, YAGITA H, MONDEN M:Partial contribution of tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL)/TRAIL receptor pathway to antitumor effects of interferon-alpha/5-fluorouracil against Hepatocellular Carcinoma. Clinical Cancer Research 10(23): 7884-7895,2004

KOMORI T, TAKEMASA I, HIGUCHI H, YAMASAKI M, IKEDA M, YAMAMOTO H, OHUE M, NAKAMORI S, SEKIMOTO M, MATSUBARA K, MONDEN M:Identification of differentially expressed genes involved in colorectal carcinogenesis using a cDNA microarray. Journal of Experimental and Clinical Cancer Research 23(3): 521-527,2004

A-2
増田慎三、: 乳癌薬物療法における工夫―外来通院型治療を中心に―「乳癌診療2頁の秘訣」 光山昌珠、236-237、金原出版、東京、2004

増田慎三、: 腋窩リンパ節微小転移の臨床学的意義。「乳腺疾患-State of arts」伊藤良則・戸井雅和、152-155 医歯薬出版株式会社、東京、2004

中森正二、門田守人、: 膵臓「ナースのための消化器外科」門田守人、275-328 メデイカ出版、大阪、2004年9月

A-3
平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、池田昌弘、林伊吹:食道癌の放射線化学療法後に発見された微小な下咽頭表在癌の1例。消化器内視鏡、16 (12):1-4、2004

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:根治切除不能進行食道癌に対するNAF併用療法のPhaseTstudy。癌と化学療法(原著、32 (1):101-104 2004

柏崎正樹、武田裕、蓮池康徳、三嶋秀行、池永雅一、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:直腸癌肝・肺転移に対して5回の切除を施行後無再発の1例。癌と化学療法、31(11):1894-1896 2004

中森正二、辻江正徳、高橋裕二、丸橋繁、宮本敦史、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、左近賢人、門田守人:切除不能・再発膵癌に対するGemcitabineとUFT併用療法の第I相試験。癌と化学療法、31(1):51-54、2004年1月

牧野知紀、藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:上部早期胃癌に対する噴門側胃切除・空腸pouch間置再建術と胃全摘・Roux-en-Y再建術との比較検討-術後栄養状態の変化-。日本外科系連合学会、29(6):968-972 2004

A-4
綾部志津、笹山久美代、辻仲利政:第10回食道切除術 Case1食道癌パスはチーム医療が要! 消化器外科NURSING、9:754-762 2004

日浦祐一郎、渋谷博美、平田隆彦、衣笠誠二:前胸部ペースメーカー埋め込みの患者の同側乳癌手術の1例。臨床麻酔、28(11):1863-1864 2004

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:Roux-Y再建術後の残胃の癌に対する残胃全摘・Roux-Limb温存再建術の工夫。手術、58(4):517-520 2004

増田慎三:乳癌の診断から治療へのストラテジー。Sysmex Journal Web5(2):1-11 2004 Sysmex 兵庫

増田慎三、: What's going on 「HER2陽性転移性乳癌における、HER2検査方法別のtrastuzumab療法の費用効果分析を評価した論文」(解説)。大橋靖雄・渡辺亨 、Mebio Oncology、1(3):72-75 2004 Medical View、東京

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:直腸平滑筋肉腫の局所再発に対して繰り返し局所切除を施行した長期生存の1例。癌と化学療法、31(11):1897-1899 2004

藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:胃癌腹膜播種に対するPaclitaxelを用いた腹腔内化学療法の安全性。癌と化学療法、31(11):1855-1857 2004

牧野知紀、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、高田賀章、真能正幸:胃神経鞘腫の1例-自験例を含む本邦報告287例の検討-。日本臨床外科学会、65(7):1813-1817 2004

近藤礎、永野浩昭、左近賢人、宮本敦史、丸橋繁、山本為義、太田英夫、中村将人、和田浩志、堂野恵三、梅下浩司、中森正二、門田守人:進行肝癌。臨床と研究、81(8):1302-1305 2004

金昌徳、山本為義、中村将人、荒井勲、廬震輝、徐迅適、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、中森正二、左近賢人、門田守人:5-FU+Interferonn-α併用療法における 5-FU代謝関連酵素活性の検討。癌と化学療法、31(10):1511-1515 2004

牧野知紀、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、高田賀章、真能正幸:胃神経鞘腫の一例 −自験例を含む本邦報告287例の検討−。日本臨床外科学会、65(7):1813-1817 2004

A-5
中森正二:がんの早期診断および予後診断に役立つ腫瘍マーカーの開発。平成16年度がん研究助成金による研究中間報告要旨、88-90 2004 国立がんセンター 東京

A-6
平尾素宏:最新医療シリーズ8「幽門側胃切除後再建に関する比較臨床試験の概要」。大阪医療センターニュース、15:2-3 2004 大阪医療センター地域医療室 大阪

B-1
NAKAMORI S, MIYAMOTO A, TAKAHASHI Y, TSUJIE M, MARUBASHI S, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN M:Randomized clinical trial of long-term outcome after curative resection of pancreatic head cancer by post-operative intra-arterial infusion chemotherapy. Society of Surgical Oncology 57th Annual Cancer Symposium, New York, 2004年3月

B-2
HIRAO M, FUJITANI K, TSUJINAKA T:PhaseT-Ustudy of the combination of NED, ADM, and 5-Fu for treatment of previously untreated advanced esophageal cancer. 第40回ASCO Annual Meeting USA 2004年6月

MASUDA N, ANAMI S, NISHIKAWA M, MATSUYAMA K, TSUJINAKA T:Appropriate Solution Selection at the Administering Epirubicin Hydrochloride to the Breast Cancer Patients. #4 European Breast Cancer Conference, ハンブルグ、2004年3月

NAKAMORI S, NAKAHIRA S, TAKAHASHI Y, TSUJIE M, MARUBASHI S, MIYAMOTO A, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN M:Phase I Study of Gemcitabine and UFT Combination Chemotherapy for Unresectable/Recurrent Pancreatic Cancer. 第11回国際膵臓学会、仙台、2004年7月

NAKAMORI S, TSUJIE M, NAKAHIRA S, TAKAHASHI Y, MARUBASHI S, MIYAMOTO A, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN M:Activation of Peroxisome Proliferator Activated Gamma/Retinoid X Alpha Pathway Inhibit Pancreatic Cancer Cell Growth.  第11回国際膵臓学会、仙台、2004年7月

NAKAMORI S, ANAKA E, MARUBASI S, MIYAMOTO A, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN M, : Neoadjuvant chemoradiation therapy with gemcitabine and accelerated hyperfractionated rediation for potentially resectable pancreatic cancer: A dose finding study. 40th Annual Meetig for Americam Society of Clinical Oncology, New Orleans, 2004年6月

NAKAMORI S, MIYAMOTO A, hiMARUHASI S, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN M:Ling-term Outocome after Curative Resection of Pancreatic Head Cancer by Post-operative Intra-arterial Infusion Chemothearpy. 19th World Congress of International Society for Digestive Surgery, 横浜、2004年12月

NAKAMORI S, MIYAMOTO A, MARUHASHI S, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONSEN M:Phase I Study of Gemcitabine and accelerated Hyperfractionated Radiation for Potentially Resectable Pancreatic Cancer. 19th World Congress of International Society for Digestive Surgery, 横浜、2004年12月

KONISHI K, IKENAGA M, MISHIMA H, KASHIWAZAKI M, MASUDA N, TAKEDA Y, HIRAO M, FUJITANI K, SAWAMURA T, TSUJINAKA T:Colitic Cancer:Report of Seven Cases. 19th World Congress of International Society for Digestive Surgery, 横浜、2004年12月

HIURA Y, IKENAGA M, MISHIMA H, TSUJINAKA T:Clinicopathological Study of Colorectal Malignant Lymphoma. 19th World Congress of International Society for Digestive Surgery  横浜、2004年12月

MAKINO T, FUJITANI K, HIRAO M, MASUDA N, KASHIWAZAKIi M, IKENAGA M, MISHIMA H, NAKAMORI S, SAWAMURA T, TUJINAKA T:Proxomal gastrectomy with jejunal pouch interposition vs total gastrectomy with Roux-en-Y reconstruction. 19th World Congress of International Society of Digestive Surgery, 横浜、2004年12月

IKENAGA M, MISHIMA H, TUJINAKA T:Particioation in a rendomized clinical trial of adjvant chemotherapy for stageIII colrectal cancer. 19th World Congress of International Society of Digestiv Surgery, 横浜、2004年12月

B-3
辻仲利政、藤谷和正、平尾素宏、沢村敏郎、池永雅一、武田裕、柏崎正樹、増田慎三:ワ−クショップ「消化器がん手術患者に対する術前免疫増強栄養剤投与の影響。第42回日本癌治療学会、京都、2004年10月

辻仲利政:栄養治療〜パターナリズムよりの脱却〜 第25・26回日本臨床栄養学会第U会大連合大会、大阪、2004年10月

平尾素宏:胃癌手術-各施設における標準的手術術式について。第11回Video Forum for Surgeons in Osaka、大阪、2004年2月

三嶋秀行:消化器癌化学療法の治療戦略−結腸・直腸癌-塩酸イリノテカンを中心に−。第104回日本外科学会、大阪、2004年4月

三嶋秀行、: 実地医療としての大腸癌化学療法--Best practice を目指して--  第66回臨床外科学会、盛岡、2004年10月

岩田広治、中村清吾、戸井雅和、辛栄成、増田慎三、大野真司、高塚雄一、久松和史、山崎弘資、日馬幹弘、海瀬博史、佐藤康幸、黒井克昌、秋山太、津田均、黒住昌史:原発乳癌に対するCEF followed by Docetaxel併用療法による術前化学療法の多施設共同試験。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

大住省三、稲治英生、大橋靖雄、明石定子、西村令喜、増田慎三、村上茂、池田正、西常博: 乳房温存療法の長期観察結果の解析に基づく乳房への放射線非照射乳房温存療法の多施設共同試験。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

増田慎三、古妻嘉一、中谷守一、松並展輝、古川順康、中島直、竹川直哉、本田育子、西敏夫、畑埜武彦、寺田央、弥生恵司:シンポジウム:大阪府におけるマンモグラフィ併用検診の現状と今後の課題。第14回日本乳癌検診学会総会、大阪、2004年11月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:Liga Sure Atlas 20を用いた直腸癌手術。第42回日本癌治療学会、京都、2004年10月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:直腸癌に対するDSTの工夫。第42回日本癌治療学会、京都、2004年10月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:Liga Sure Atlas 20を用いた直腸癌手術。第29回日本外科系連合学会、東京、2004年7月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:高齢者大腸癌の治療方針。第29回日本外科系連合学会、東京、2004年7月

池永雅一、三嶋秀行、辻仲利政:高齢者大腸癌の治療方針。第90回日本消化器病学会、仙台、2004年4月

藤谷和正、辻仲利政、井上信正、加藤道夫、間城隆裕:癌患者の終末期医療ネットワーク作りに向けた病診連携の課題:アンケート調査から。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

柏崎正樹、清水潤三、宮本敦史、梅下浩司、小林哲郎、門田守人:関西地区における多施設共同手術部位感染サーベイランスの試み。第29回日本外科系連合学会、東京、2004年7月

NAKAMORI S, OKAMI J, NAKAHIRA S, MIYAMOTO A, MARUBASHI S, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN M:Influence of COX-2 inhibitor on pancreatic cancer invasion and metastasis. The 3rd International Conference on gastroenterological Carcinogenesis  札幌、2004年8月

中森正二、中平伸、高橋裕二、辻江正徳、丸橋繁、宮本敦史、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、左近賢人、門田守人:切除可能膵癌に対する術前gemcitabine併用加速多分割照射療法。第63回日本癌学会、福岡、2004年9月

中森正二、宮本敦史、丸橋繁、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、左近賢人、門田守人:切除可能進行膵癌に対する治療戦略。第66回日本臨床外科学会総会、盛岡、2004年10月

中森正二、中平伸、辻江正徳、丸橋繁、宮本敦史、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、左近賢人、門田守人:局所進行膵癌に対するNeo-adjuvant therapyとしてのgemcitabine 併用加速多分割照射の評価。第59回日本消化器外科学会学術総会、鹿児島、2004年7月

B-4
多根井智紀、増田慎三、竹田雅司、徳田由紀子、真能正幸、辻仲利政:確定診断に針生検や摘出生検を要した乳腺腺維線種の検討。第13回日本乳腺甲状腺超音波学会、大阪、2004年9月

多根井智紀、増田慎三、徳田由紀子、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:当院の乳頭異常分泌症例における超音波所見と病理像。第14回日本乳癌検診学会、大阪、2004年11月

田中雄悟、池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:放射線誘発直腸癌の検討。第59回日本消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

田中雄悟、池永雅一、三嶋秀行、小西健、益澤徹、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政: 腸穿孔したクローン病の3例。第29回日本外科系連合学会、東京、2004年7月

田中雄悟、池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:放射線誘発直腸癌の検討。第63回日本癌学会、福岡、2004年9月

田中雄悟、増田慎三、新井貴士、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、真能正幸、辻仲利政:乳腺Pseudoangiomatous stronal hyperplasia(PASH)の1例。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

田中雄悟、増田慎三、新井貴士、真能正幸、徳田由紀子、辻仲利政:センチネルリンパ節の術中診断法に関する検討。第12回日本乳癌学会、小倉、2004年6月

田中雄悟、平尾素宏、柏崎正樹、増田慎三、池永雅一、武田裕、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:噴門側胃切除空腸パウチ間置術後の残胃排出障害に対して再手術を要した症例。第34回胃癌外科術後障害研究会、東京、2004年11月

田中雄悟、池永雅一、小西健、益澤徹、柏崎正樹、増田慎三、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:汎発性腹膜炎にて緊急手術を必要としたクローン病の3例。  第46回日本消化器病学会、福岡、2004年10月

福田利明、上野裕之、北村良雄、赤野威彦、丸福直子、東真理子、實光瑞恵、南部智子、大迫志保、田口貴子、阪井亜希子、安田奈穂、樋口久子、笹山久美代、益澤徹、三宅正和、辻仲利政:クリニカルパスにおける術後疼痛管理対策について。第6回医療マネージメント学会、高松、2004年6月

辻仲利政、平尾素宏、藤谷和正、三宅正和、益澤徹、日浦祐一郎:胃切除術におけるクリニカルパスの有用性と経口摂取スケジュールの改善。第59回日本消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

辻仲利政、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、池永雅一、沢村敏郎:進行食道癌に対する術前NAF療法の検討。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

日浦祐一郎、池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:大腸悪性リンパ腫切除例の検討。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

日浦祐一郎、池永雅一、三嶋秀行、辻仲利政:大腸悪性リンパ腫切除例の検討。第59回日本大腸肛門病学会、久留米、2004年11月

日浦祐一郎、檀信浩、益澤徹、平尾素宏、藤谷和正、柏崎正樹、増田慎三、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:クリニカルパスを用いた胃癌手術におけるバリアンスの発生と術後在院日数に与えるstageと根治度の影響。第5回日本クリニカルパス学会、仙台、2004年11月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:腹膜転移を有する初発胃癌に対する切除の意義の検討。第76回日本胃癌学会、鳥取、2004年3月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:腹膜転移陽性StageW胃癌に対する切除の意義。第104回日本外科学会、大阪、2004年4月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:進行食道癌術前化療としてのNAFの検討。第42回日本癌治療学会、大阪、2004年10月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:残胃全摘後の再建術工夫 -R-Y後残胃全摘及びR-Linb温存−。第34回胃癌外科術後障害研究会、東京、2004年11月

平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、中森正二、三嶋秀行、池永雅一、柏崎正樹、増田慎三、辻仲利政:迷走神経温存胃切除およびp型吻合付加R-Y再建法。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

平尾素宏、池永雅一、柏崎正樹、武田裕、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政:食道癌3領域郭清の見直し-術後頚部再発に対するサルベージ・オペの有用性の検討-。第59回日本消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

平尾素宏、辻仲利政、藤谷和正、真能正幸:食道癌術後頚部再発に対するSalvage surgeryの有用性の検討。第58回日本食道学会、東京、2004年6月

益澤徹、辻仲利政、三嶋秀行、池永雅一、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、日浦祐一郎、檀信浩:当院における結腸パスのバリアンスとその評価。第5回日本クリニカルパス学会、仙台、2004年11月

益澤徹、辻仲利政、沢村敏郎、三嶋秀行、藤谷和正、平尾素宏、柏崎正樹、池永雅一、増田慎三、武田裕:Behcet病による多発小腸穿孔の1例。第46回日本消化器病学会、福岡、2004年10月

益澤徹、辻仲利政、沢村敏郎、藤谷和正、平尾素宏、中森正二、三嶋秀行、池永雅一、柏崎正樹、増田慎三、新井貴士:当科における胃癌由来Krukenberg転移症例の検討。 第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

益澤徹、増田慎三、新井貴士、真能正幸、徳田由紀子、吉田謙、辻仲利政:乳房温存手術おける術中断端検索法に関する検討。第12回日本乳癌学会、小倉、2004年6月

益澤徹、池永雅一、三嶋秀行、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:多発小腸穿孔にて手術とのなったクローン病の1例。第90回日本消化器病学会、仙台、2004年4月

益澤徹、池永雅一、三嶋秀行、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:クローン病による多発小腸穿孔の一例。第40回日本腹部救急医学会、東京、2004年3月

宮垣博道、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:蛋白漏出性胃症を呈した胃巨大腫瘍の一例。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

三嶋秀行:当院における大腸癌clinical pathの変遷。第59回消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

三嶋秀行:進行再発大腸癌に対するirinotecan+5-FU/LV(RPMI)併用療法の多施設第2相試験(OGSG0201)。第42回日本癌治療学会、京都2004年10月

三嶋秀行:進行再発大腸癌に対するirinotecan+S1併用化学療法の第2相パイロット臨床試験-feasibilityに関する検討-。第42回日本癌治療学会、京都2004年10月

山下晋也、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、平尾素宏、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政、真能正幸:原発部位不明の巨大腹部腺癌の一例。第59回日本消化器外科学会、鹿児島2004年7月

山下晋也、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:十分なIC・コミュニケーションのもと、適切な治療プランを遂行できた妊娠期乳癌の1例。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

山下晋也、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:化学療法(NAF)が著効した原発不明頚部リンパ節扁平上皮癌の一例。第42回日本癌治療学会、京都2004年10月

山下晋也、三嶋秀行、池永雅一、辻仲利政:直腸早期癌粘膜切除後の鼡径リンパ節転移を切除し放射線化学療法を行った一例。第59回日本大腸肛門病学会、久留米、2004年11月

小西健、三嶋秀行、池永雅一、柏崎正樹、増田慎三、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:放射線化学療法によりCRが得られた肛門管扁平上皮癌の1例。第12回DDW Japan、福岡、2004年10月

小西健、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:乳癌胃転移の2例。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10 月

小西健、三嶋秀行、池永雅一、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:UFT+LV+COT-IIによる化学療法と放射線治療が奏効した局所進行直腸癌の一例。第42回日本癌治療学会、京都、2004年10月

小西健、柏崎正樹、武田裕、増田慎三、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:診断に苦慮した無症候性膵内分泌癌の1例。第29回日本外科系連合学会、東京、2004年7月

小西健、増田慎三、阿南節子、西方真弓、松山賢治、新井貴士、辻仲利政:乳癌化学療法におけるEpirubicin使用時の工夫。第12回日本乳癌学会、小倉、2004年6月

小西健、池永雅一、三嶋秀行、竹野淳、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政: 家族性大腸ポリポージス(FAP)癌化の1例。第67回日本消化器内視鏡学会、京都、2004年5月

小西健、池永雅一、三嶋秀行、益澤徹、牧野知紀、徳岡優佳、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:大腸粘液癌の臨床病理学的検討。第90回日本消化器病学会、仙台、2004年4月

小西健、藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:噴門部癌に対する予後因子と治療戦略の検討。第76回日本胃癌学会、2004年3月

小西健、池永雅一、三嶋秀行、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:小腸穿孔にて発症したCrohn病の1例。第40回日本腹部救急医学会、2004年3月

小西健、池永雅一、三嶋秀行、辻仲利政:大腸粘液癌の組織学的亜分類と臨床病理学的検討  第59回日本大腸肛門病学会、久留米、2004年11月

徳田由紀子、増田慎三、真能正幸、前田登、油谷健司、崔秀美、細木拓野、新井貴士、辻仲利政、沢井ユカ:MRIが診断に寄与した葉状腫瘍の1例 。第1回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2004年1月

古妻嘉一、遠藤登喜子、岩瀬拓士、大貫幸二、永井宏、東野英利子、角田博子、大村峯夫、増田慎三、中谷守一、大内憲明:マンモグラフィ(MMG)講習会の精度管理。第1回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2004年1月

新井貴士、増田慎三、徳田由紀子、龍田眞行、中山貴寛、辻仲利政:乳頭異常分泌に対する精査・治療のStrategy。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

大野真司、戸井雅和、中村清吾、岩田広治、増田慎三、片岡明美、森正樹:乳癌ネットワーク:DatabaseとTissue bank構築への取り組み。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

田中登美、増田慎三、田中利夫、新井貴士、繁浦洋子、辻仲利政:外来化学療法システム−チームワーク医療における当院の工夫−。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

徳田由紀子、増田慎三、藤田由佳、吉田謙、酒井美緒、油谷健司、崔秀美、細木拓野、多根井智紀、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政 :当院の乳頭異常分泌症例に対するMRIの有用性についての検討。第14回日本乳癌検診学会総会、大阪、2004年11月

古川順康、古妻嘉一、中谷守一、増田慎三、松並展輝、中島直、竹川直哉、本田育子、寺田央、弥生恵司、遠藤登喜子:マンモグラフィ講習会−医師・技師合同講習会−の効果。第14回日本乳癌検診学会総会、大阪、2004年11月

吉田謙、増田慎三、新井貴士、辻仲利政、辛栄成:原発性乳癌に対する温存術後組織内照射のfeasibility study。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

松並展輝、古妻嘉一、龍田眞行、中山貴大、武智加世、橋口順子、西敏夫、沢井ユカ、木田彰雄、田上玲子、増田慎三、篠原範充:地域開催型ミニマンモグラフィ勉強会の意義について −読影実験を通して−。第14回日本乳癌検診学会総会、大阪、2004年11月

武智加世、田上玲子、松並展輝、増田慎三、古妻嘉一:マンモグラフィにおける臨床画像の視覚評価〜従来方式と50μm読取CR方式の比較〜。第14回日本乳癌検診学会総会、大阪、2004年11月

武智加世、龍田眞行、中山貴博、増田慎三、岸本朋乃、古河洋:マンモグラフィにおける従来方式とCR方式での画像の比較検討。第1回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2004年1月

古妻嘉一、遠藤登喜子、森本忠興、岩瀬拓士、大貫幸二、永井宏、東野英利子、角田博子、大村峯夫、増田慎三、中谷守一、大内憲明:マンモグラフィ(MMG)検診におけるマンモグラフィ講習会の役割。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

里見絵理子、藤谷和正、三嶋秀行、増田慎三、池永雅一、武田裕、永野忠義、伴千秋、辻仲利政:外来化学療法室における支援体制について。第42回日本癌治療学会総会、京都、2004年10月

高塚雄一、辛栄成、増田慎三、光山昌珠、小西豊、宮内啓輔、前浦義市、古川順康、宮下勝、山本仁、大歳雅洋、先田功、北田昌之:早期乳癌における腋かリンパ節郭清省略のリスク・ベネフィット。第42回日本癌治療学会総会、京都、2004年10月

龍田眞行、中山貴寛、古河洋、藤島成、山本和義、加藤仁、清水潤三、今村博司、福永睦、岸本朋乃、棟方哲、増田慎三:進行再発乳癌に対する術前の動注療法と全身化学療法との比較検討。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

増田慎三、辛栄成、新井貴士、龍田眞行、中山貴寛、辻仲利政:進行再発乳癌治療のStrategy。  第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

増田慎三、新井貴士、池永雅一、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政:再発乳癌におけるCapecitabine使用経験とその位置づけ。第42回日本癌治療学会総会、京都、2004年10月

増田慎三、新井貴士、辻仲利政:進行再発乳癌におけるCapecitabineの使用経験。第1回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2004年1月

増田慎三、古妻嘉一、中谷守一、寺田央、弥生恵司:大阪府におけるマンモグラフィ併用検診導入の現状と今後の課題。第1回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2004年1月

増田慎三、新井貴士、徳田由紀子、真能正幸、龍田眞行、中山貴博、馬渡晶子、武智加世、辻仲利政:乳頭異常分泌に対する精査・治療のStrategy-超音波・MRI検査の有用性-。第13回日本乳癌画像研究会、京都、2004年2月

難波奈々、池永雅一、三嶋秀行、山下晋也、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、中森正二、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:直腸肛門部悪性黒色腫の1例。第176回近畿外科学会、京都、2004年11月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:下部直腸癌に対するDSTの工夫。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:Colitic cancer切除例の検討。DDW-JAPAN2004、福岡、2004年10月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:Colitic cancerの検討。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:高齢者大腸癌の治療方針。第63回日本癌学会、福岡、2004年9月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:5FU/LV療法が奏効した直腸癌骨盤内再発の1例。第42回日本癌治療学会、京都、2004年10月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:Dukes C大腸癌補助化学療法における臨床試験参加の現状。第42回日本癌治療学会、京都、2004年10月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:標準化と低侵襲を目指した開腹直腸癌手術の試み。第59回日本消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:Rb直腸癌に対するDSTの工夫。第61回大腸研究会、新潟、2004年7月

池永雅一、三嶋秀行、徳岡優佳、竹野淳、増田慎三、柏崎正樹、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:下部直腸癌・肛門管癌に対する科学放射線療法における内視鏡検査の役割。第67回日本消化器内視鏡学会、京都、2004年5月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:低侵襲を目的とした開腹大腸癌手術。第2回ミニラパロ研究会、埼玉、2004年5月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:直腸平滑筋肉腫の局所再発に対して繰り返し局所切除を施行した長期生存の1例。第26回日本癌局所療法研究会、京都、2004年5月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:直腸低位前方切除術におけるDSTの工夫。第15回大腸疾患分科会、大阪、2004年5月

池永雅一、三嶋秀行、辻仲利政:下部直腸癌に対する自動吻合器使用の工夫。第59回日本大腸肛門病学会、久留米、2004年11月

池永雅一、三嶋秀行、辻仲利政:低侵襲を目的とした開腹大腸癌手術〜より安全に・より確実に・より標準手術として〜。第59回日本大腸肛門病学会、久留米、2004年11月

藤谷和正、吉岡慎一、平尾素宏、辻仲利政:2群リンパ節転移術中迅速診断による大動脈周囲リンパ節郭清標準化の試み。第76回日本胃癌学会、米子、2004年3月

藤谷和正、平尾素宏、辻仲利政:胃癌腹膜播種に対するPaclitaxelを用いた腹腔内化学療法の安全性。第26回日本癌局所療法研究会、京都、2004年5月

藤谷和正、辻仲利政、平尾素宏、佐野武、笹子充:胃癌ガイドレインの課題:根治不能例での減量手術の意義 -JCOG胃外科グループアンケート調査-。第59回日本消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

柏崎正樹、牧野知紀、田中雄悟、武田裕、増田慎三、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:SSIサーベイランスの導入と周術期感染対策 -日常のプラクティスを見直す-。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

柏崎正樹、武田裕、増田慎三、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:脾梗塞を合併した膵尾部癌の1切除例。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

柏崎正樹、武田裕、蓮池康徳、増田慎三、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:Vp3以上の高度進行肝細胞癌に対する外科治療 。第40回日本肝癌研究会、茨城、2004年6月

柏崎正樹、武田裕、蓮池康徳、三嶋秀行、池永雅一、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:直腸癌肝・肺転移に対して5回の切除術を施行後無再発の1例。第26回日本癌局所療法研究会、京都、2004年5月

柏崎正樹、武田裕、蓮池康徳、増田慎三、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:初回手術後短期間で再発し膵全摘術を施行したIPMCの1例。第16回日本肝胆膵外科学会、大阪、2004年5月

柏崎正樹、武田裕、三嶋秀行、蓮池康徳、池永雅一、沢村敏郎、藤谷和正、平尾素宏、増田慎三、辻仲利政、吉川宣輝:大腸癌肝転移切除後の残肝再発に対する治療戦略-再肝切除・動注・全身化学療法による集学的治療-。第90回日本消化器病学会、仙台、2004年4月

平尾素宏、池永雅一、柏崎正樹、武田裕、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政:食道癌3領域郭清の見直し-術後頚部再発に対するサルベージ・オペの有用性の検討-。第59回日本消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

牧野知紀、武田裕、柏崎正樹、藤谷和正、平尾素宏、増田慎三、池永雅一、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:先天性肝内狭窄のため胆道再建後に肝内結石・胆道炎を繰り返し、肝左葉切除にて根治し得た、先天性総胆管拡張症の一例。第27回日本膵管胆道合流異常研究会、福岡、2004年9月

牧野知紀、藤谷和正、平尾素宏、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:下大静脈血栓症を併発した進行胃癌の一例-予防的下大静脈フィルター留置の功罪について-。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

牧野知紀、藤谷和正、平尾素宏、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:上部早期胃癌に対する噴門側胃切除・空腸、pouch間置再建術と胃全摘・Roux-en-Y再建術との比較検討-術後栄養状態の変化-。第63回日本癌学会、福岡、2004年9月

牧野知紀、三嶋秀行、池永雅一、辻仲利政:肛囲Paget病の1例。第59回日本大腸肛門病学会、久留米、2004年11月

牧野知紀、池永雅一、三嶋秀行、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:完全内臓逆位症の合併した大腸多発癌の1例。第29回日本外科系連合学会、東京、2004年7月

牧野知紀、藤谷和正、平尾素宏、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:上部早期胃癌に対する噴門側胃切除・空腸pouch間置再建術と胃全摘・R-Y再建術との機能比較。第90回日本消化器病学会、仙台、2004年4月

牧野知紀、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、池永雅一、武田裕、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政、清水健太郎、池田昌弘、高田賀章、真能正幸:胃神経鞘腫の1例-自験例を含む本邦報告287例の検討-。第76回日本胃癌学会、鳥取、2004年3月

柏崎正樹、武田裕、蓮池康徳、道田知樹、池田昌弘、辻仲利政:膵体尾部癌に対する姑息的切除+術後補助療法の有用性。第59回日本消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

中森正二:膵癌治療におけるGemcitabineを用いた化学療法の経験と今後の展望。第3回三重膵癌化学療法研究会、津、2004年11月

中森正二、中平伸、高橋裕二、辻江正徳、丸橋繁、宮本敦史、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、左近賢人、門田守人:切除不能・再発膵癌に対する外来治療としてのGemcitabine/UFT併用療法の第I相試験。第16回日本肝胆膵外科学会(日本肝胆膵外科関連会議in 大阪)、大阪、2004年5月

中森正二、辻江正徳、高橋裕二、中平伸、宮本敦史、丸橋繁、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、左近賢人、門田守人:膵癌に対する術前gemcitabine併用加速多分割照射療法。第104回日本外科学会定期学術集会、大阪、2004年4月

中森正二、岩永剛、宇都宮譲二、大島明、大橋秀一、岡島邦雄、亀山雅男、吉川宣輝、曽和融生、日置紘士郎、藤田昌英、門田守人、安富正幸:進行大腸癌におけるシアリルルイス抗原組織内濃度測定の意義-近畿大腸癌化学療法研究会第2次研究第4報-。第42回日本癌治療学会総会、京都、2004年10月

B-5
辻仲利政:NST。市立豊中病院講演会、大阪、2004年9月

平尾素宏、辻仲利政、徳岡優佳、藤谷和正、横山顕:胃癌食道癌合併症例の検討。厚生労働省がん研究助成金横山班班会議、東京、2004年6月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:噴門側胃切除後の空腸パウチ再建術。第2外科同窓会学術講演会、大阪、2004年1月

三嶋秀行:大腸癌化学療法におけるCPT-11の位置付け。消化器がん学術集会、神戸、2004年2月

三嶋秀行:大腸癌化学療法の動向。第1回大腸癌治療研究会、盛岡、2004年3月

三嶋秀行:大腸癌の化学療法。第2回静岡県西部大腸癌BCM研究会、浜松、2004、年4月

三嶋秀行:Chemotherapy for colorectal cancer in Japan -where are we standing and what are our future plans?-Asian GI Cancer Chemotherapy Work 、大阪、2004、年8月

三嶋秀行:外来化学療法の実際-大腸癌外来化学療法のポイント-。外来化学療法フォーラム、弘前、2004年9月

三嶋秀行:癌医療の動向。緩和ケアナース養成講座、神戸、2004年10月

三嶋秀行:大腸癌化学療法の現状と展望「わが国におけるCPT-11とオキサリプラチンの位置付けについて。CPT-11学術講演会、山口、2004 年10月

増田慎三:乳癌治療のおけるチーム医療。南大阪薬学ネットワーク研究会、2004年3月

増田慎三:パネルディスカッション:CADの有用性と問題点の検証(パネリスト)。第12回日本乳腺甲状腺超音波診断会議(JABTS)、東京、2004年4月

増田慎三:乳がん診療の最新情報。第4回国立病院機構大阪医療センター患者情報室勉強会、大阪、2004年6月

増田慎三:乳癌におけるPST(Primary systemic therapy)の現状。乳癌セミナー、大阪、2004年7月

増田慎三:乳腺診療における画像診断の基本。乳がん専門医をめざす若手の会、兵庫、2004年4月

増田慎三:マンモグラフィ・乳腺超音波診断のポイント。#1 Breast Cancer Frontier Meeting in Kyushu、福岡、2004年5月

増田慎三:EBM Workshop for Breast Cancerにおいて、パネリストを務める。EBM Workshop for Breast Cancer、大阪、2004年5月

増田慎三:(講師)「その他の所見2」のグループ講習を担当。第11回マンモグラフィ講習会、名古屋、2004年5月

増田慎三:乳腺臨床におけるマンモグラフィ読影のポイント。第8回乳腺診断フオーラム広島、広島、2004年7月

増田慎三:1.「乳癌の臨床」の全体講義 2.「石灰化」のグループ講習。乳房撮影ガイドライン精度管理研修会、大阪、2004年7月

増田慎三:1.「その他の所見」の全体講義 2.「その他の所見1」のグループ講習 3.「技術部門:カテゴリー診断」の全体講義を担当。福岡マンモグラフィ講習会、福岡、2004年7月

増田慎三:1.「カテゴリー診断の基本・腫瘤の読影」の全体講義 2.「腫瘤2」のグループ講習。第3回四国マンモグラフィ講習会、愛媛、2004年7月

増田慎三:1.「石灰化の読影」の全体講義 2.「石灰化1」のグループ講習 3.技術部門:カテゴリー診断の全体講義を担当。岡山マンモグラフィ講習会、岡山、2004年8月

増田慎三、竹田雅司、徳田由紀子、多根井智紀、真能正幸、辻仲利政:乳腺非触知病変に対する診断アプローチ-超音波所見とガイド下生検成績を中心に-。第13回日本乳腺甲状腺超音波学会、大阪、2004年9月

増田慎三:新しい乳がん検診システム導入にむけて―乳腺診療の最新知見とマンモグラフィ読影のポイント―。堺市医師会 乳がん検診研修会、大阪、2004年9月

増田慎三:1.「石灰化・その他の所見のカテゴリー診断」の全体講義 2.「その他の所見2」のグループ講習 。第2回滋賀県マンモグラフィ講習会、滋賀、2004年9月

増田慎三:乳癌薬物療法の最新情報。大阪府病院薬剤師会第15回支部癌関連学術講演会、大阪、2004年10月

増田慎三:「その他の所見1」のグループ講習。第12回マンモグラフィ講習会、名古屋、2004年10月

増田慎三:1.「その他の所見のカテゴリー診断」の全体講義 2.「その他の所見2」のグループ講習。第2回奈良県マンモグラフィ講習会、奈良、2004年11月

増田慎三:マンモグラフィ読影の初歩「腫瘤・構築の乱れ」。近畿医療技術専門学校放射線科学友会学術講演会、大阪、2004年11月

増田慎三:1.「カテゴリー所見用語と腫瘤の読影」の全体講義 2.「腫瘤2」のグループ講習  西宮マンモグラフィ講習会、西宮、2004年1月

増田慎三:乳癌治療のおけるチーム医療。南大阪薬学ネットワーク研究会、2004年3月

池永雅一、関本貢嗣、池田正孝、山本浩文、大植雅之、門田守人:直腸癌局所再発に対する積極的な拡大切除術の手術成績向上への工夫。第58回手術手技研究会、福岡、2004年5月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、武田裕、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:低侵襲を目的とした開腹大腸癌手術。第60回大腸癌研究会、大阪、2004年1月

池永雅一:低侵襲を目的とした開腹大腸癌手術〜より安全に・より確実に・より標準手術として〜。科研製薬セミナー、大阪、2004年10月

藤谷和正:Phase I/II clinical studies of TS-1 and Paclitaxel combination chemotherapy for advanced/recurrent gastric cancer, DIF Meeting 2004、東京、2004年6月

藤谷和正:胃癌化学療法の将来展望。新札幌がんフォーラム学術講演会、札幌、2004年4月

藤谷和正:胃癌化学療法の将来展望。北里研究所メディカルセンター胃癌治療セミナー、大宮、2004年7月

藤谷和正:胃癌化学療法の最前線。アベンティスファーマ(株)大阪第一エリア社内研修会、大阪、2004年10月

藤谷和正:外来で出来る胃がん化学療法-副作用を適切に評価し、うまく病院を使えば大丈夫!阿倍野区医師会学術講演会、大阪、2004年11月

柏崎正樹:「関西地区における他施設共同手術部位感染サーベイランスについて。第11回大阪病院機能向上研究会、大阪、2004年11月

B-6
多根井智紀、増田慎三、竹田雅司、藤田由香、長谷川恵子、紺谷佳代、徳田由紀子、真能正幸、辻仲利政:乳癌との鑑別診断に苦慮した乳腺線維腫のエコー像と、その病理像。第2回乳癌学会地方会、京都、2004年12月

田中雄悟、池永雅一、三嶋秀行、徳岡優佳、柏崎正樹、増田慎三、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:放射線誘発直腸癌の一例。第537回大阪外科集談会、大阪、2004年1月

日浦祐一郎、平尾素宏、池永雅一、柏崎正樹、増田慎三、武田裕、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:腹壁瘢痕ヘルニアの1例。第58回大阪外科集談会、大阪、2004年3月

山下晋也、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:根治切除不可能の原発不明頚部リンパ節扁平上皮癌にNAF併用化学療法が著効した一例。第176回近畿外科学会、京都、2004年11月

山下晋也、平尾素宏、池永雅一、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、三嶋秀行、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政、真能正幸、林伊吹:原発不明頚部悪性腫瘍の一例。第9回平成外科学会、大阪、2004年3月

山下晋也、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:根治切除不能の原発不明頚部リンパ節扁平上皮癌にNAF併用療法が著効した一例。第176回近畿外科学会、京都、2004年11月

山下晋也、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、平尾素宏、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政、真能正幸:原発部位同定に難渋した巨大腹部腫瘤の一例。第536回外科集談会、大阪、2004年12月

森下祐次、田中雄悟、沢村敏郎、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政:縦隔内甲状腺腫瘍の一例。第541回大阪外科集談会、大阪、2004年9月

森内秀祐、増田慎三、山崎麻美、中島伸、埜中正博、山田淳二、立石明広、二宮貢士、新井貴士、辻仲利政:ハーセプチン認可後の 乳癌転移性脳腫瘍治療の現状。第111回阪神乳腺疾患談話会、2004年3月

池永雅一:大腸癌手術における手術侵襲の評価について。国立病院機構共同研究「消化器外科手術の施設間技術評価法の確立」研究班班会議、盛岡、2004年10月

池永雅一:「腹腔鏡下大腸切除術の可否を検討する。」〜安全性・低侵襲はどうか?〜。第15回臨床外科共同研究会内視鏡外科分科会、大阪、2004年9月

池永雅一、三嶋秀行、徳岡優佳、辻仲利政:直腸悪性リンパ腫の1例。第9回近畿大腸肛門疾患カンファレンス、大阪、2004年3月

B-7
柏崎正樹、中森正二:Influence of COX-2 inhibitor on pancreatic cancer invasion and metastasis   厚生労働省がん研究助成金青木班班会議、東京、2004年10月

B-8
辻仲利政:-胃癌化学療法の現状と展望-「OGSG(大阪消化管がん化学療法研究会の取り組みについて)。CPT-II 学術講演会、山口、2004年10月

辻仲利政:「がんのプロセスとその治療」がんの診断と集学的治療1)外科療法 がんの外科治療および進行がん患者のQOL向上への外科的アプローチ。認定看護師教育課程「ホスピスケア」課程、兵庫、2004年10月

辻仲利政:静脈栄養の合併症と対策。第19回日本静脈栄養学会、大阪、2004年1月

司会
NAKAMORI S:Poster2-11 PC Cell Biology. 第11回国際膵臓学会、2004年7月

中森正二:化学療法5。第76回日本胃癌学会、米子、2004年3月

辻仲利政:残胃癌。第76回日本胃癌学会、鳥取、2004年3月

辻仲利政:クリティカルパス消化器(3)。第6回医療マネージメント学会、高松、2004年6月

辻仲利政:Salvage Surgery. 第58回日本食道学会、東京、2004年6月

辻仲利政:ステント療法の適応と意義。第59回消化器外科学会、鹿児島、2004年7月

辻仲利政:Gastric Cancer Session. Asian GI Cancer Chemotherapy Work Shop、大阪、2004年8月

辻仲利政:アウトカム設定とバリアンス分析。第5回クリニカルパス学会、仙台、2004年11月

辻仲利政:食道(8)。第42回日本癌治療学会、京都、2004年10月

辻仲利政:ポスター「Case Report Esophageal Cancer」 第19回国際消化器外科学会、横浜、2004年12月

辻仲利政:胃・十二指腸(悪性)。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

辻仲利政:動注療法A 第26回日本癌局所療法研究会、京都、2004年5月

辻仲利政:胃癌化学療法におけるタキソテール注の方向性 -これからの化学療法-。アドバイザリーボード会議、東京、2004年6月

辻仲利政:周術期管理。第19回日本静経腸脈栄養学会、大阪、2004年1月

三嶋秀行:大腸。近畿外科学会、神戸、2004年5月

三嶋秀行:大腸肛門・悪性05。第66回日本臨床外科学会総会、盛岡、2004年10月

増田慎三:ポスターセッション:化学療法9。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

増田慎三:フィルムリーディング FS vs Digital。第12回日本乳癌学会総会、北九州、2004年6月

増田慎三:乳癌治療の今後のあり方〜PSTを中心に〜。乳癌セミナー、大阪、2004年7月

増田慎三:第4回乳癌勉強会 総合司会。第4回乳癌勉強会、大阪、2004年2月

増田慎三:第2回マンモグラフィ指導者研修会「その他の所見に関する総合討論」。第2回マンモグラフィ指導者研修会、名古屋、2004年4月

増田慎三:第5回なにわ乳癌懇話会(特別講演・症例検討)。第5回なにわ乳癌懇話会、大阪、2004年6月

増田慎三: 一般演題「症例1」。第13回日本乳腺甲状腺超音波学会、大阪、2004年9月

増田慎三:第5回乳癌勉強会。第5回乳癌勉強会、大阪、2004年9月

藤谷和正:消化器外科とクリニカルパス(1)。第66回日本臨床外科学会、盛岡、2004年10月

NAKAMORI S:General: Molecular Biology. 19th World Congresss of International Society for Digestive Surgery、横浜、2004年12月

中森正二:大腸・悪性10。第66回日本臨床外科学会総会、盛岡、2004年10月

中森正二:膵5。第59回日本消化器外科学会学術総会、鹿児島、2004年7月

中森正二:一般演題-口演 膵-2。第16回日本肝胆膵外科学会(日本肝胆膵外科関連会議in 大阪)、大阪、2004年5月

中森正二:P6 がん転移診断。第13回日がん転移学会総会、東京、2004年6月

中森正二:膵良性。第90回日本消化器病学会総会、2004年4月

中森正二 一般演題II。第53回近畿膵疾患談話会、大阪、2004年10月