泌尿器科

岡聖次

 平成16年(2004年)は、4月からの国立病院の独立行政法人化をうけて、泌尿器科も今後の診療方針を明確化する必要に迫られる年であったと認識している。
 当科は悪性腫瘍と尿路結石を2大疾患として取り扱ってきたが、平成16年の入院患者総数636名のうち悪性腫瘍患者が315名(49.5%)であったのに対し、尿路結石症患者は73名(11.5%)であり、悪性腫瘍患者が圧倒的に多くを占めるようになってきた。悪性腫瘍患者の増加は、前立腺特異抗原(PSA)検査の普及に負うところが大きいが、膀胱癌患者も急速に増加している。これを受けて、当科では悪性腫瘍患者に対し、以下のような患者の満足度を高める工夫を凝らし、そのことを学会やホーム・ページなどを通じて外部へ広報することにより、さらなる患者確保を目指しているところである。
1. サドル・ブロック、エコー・ガイド下での前立腺針生検術を、合併症を有していない患者に対しては一泊二日入院でも施行可能とした。
2. 早期前立腺癌患者に対しては、年齢を考慮しながら、充分なインホームド・コンセントを行った上で根治的前立腺全摘除術や放射線療法、その他の治療法を提示し、その選択を患者さんに委ねている。
3. 最終治療選択を患者に委ねていることにより、早期前立腺癌に対し放射線治療を希望される患者も多いが、短期間で治療が可能な組織内放射線照射(RALS)法は、10数本のアプリケーターを会陰部に装着した状態が5日間続くために、その期間歩行ができないなどの問題点があり、この治療法を患者に提示しない泌尿器科医もいると聞くが、当院では放射線科吉田先生の独自の工夫により歩行可能なものとしている。
4. 腎細胞癌に対する根治的腎摘除術や腎部分摘除術、ならびに腎盂・尿管腫瘍に対する腎尿管全摘除術においては、ミニマム創手術を積極的に行っている。この手術法は、腹腔鏡下手術よりも安全であり、使用器具も安価であり、かつ摘除のために必要な最小切開創のみで行うため、皮膚切開創の合計は通常は腹腔鏡下手術創よりも短くて済む。

【平成16年度研究業績】
A-0
TSUJIMOTO Y, TOMITA Y, HOSHIDA Y, KONO T, OKA T, YAMAMOTO S, NONOMURA N, OKUYAMA A and AOZASA K.:Elevated expression of Valosin-Containing Protein( p57 ) is associated with poor prognosis of prostate cancer. Clinical Cancer Research. 10: 3007-3012, 2004.

TAKAHASHI T, TANAKA H, IGUCHI N, KITAMUTRA K, CHEN Y, MAEKAWA M, NISHIMURA H, OTA H, MIYAGAWA Y, MATSUMIYA K, OKUYAMA A, and NISHIMUNE Y:Rosbin A Novel Homeobox-Like Protein Gene Expressed Exclusively in Round Spermatids. Biology of Reproduction 2004; 70(5):1485-92.

TANAKA H, TAKAHASHI T, IGUCHI N, KITAMURA K, MIYAGAWA Y, TSUJIMURA A, MATSUMIYA K, OKUYAMA A, and NISHIMUNE Y:Ketone Bodies Could Support Hyperactivation Motility But Not the Acrosome Reaction of Mouse Sperm. International Journal of Andrology 2004, 27(3):172-7.

TSUJIMURA A, MATSUMIYA K, TAKAHASHI T, YAMANAKA M, KOGA M, MIURA H, NISHIMURA K, TAKAYAMA M, FUJIOKA H, OKAMOTO Y, IWAMOTO T, OKUYAMA A:Effect of Lifestyle factors on infertility in men. Arch Androl 2004, 50(1):15-7.

A-3
熊本悦明、塚本泰司、松川雅則、国島康晴、広瀬崇興、茂田士郎、山口脩、石橋啓、錫谷達夫、吉田浩、今福祐司、村井勝、渡辺清明、小林芳夫、内田博、松田静治、佐藤新一、藤目真、藤田和彦、猪狩淳、小栗豊子、山口恵三、古谷信彦、出口隆、石原哲、大江宏、西川美年子、岡聖次、北村雅哉、福原吉典、守殿貞夫、荒川創一、公文裕巳、門田晃一、松本哲朗、高橋康一、内藤誠二、江頭稔久、河野茂、宮崎義継、平瀉洋一、青木志保:尿路感染症分離菌に対する経口並びに注射用抗菌薬の抗菌力比較(第24報2002年)、その1、感受性について。Jpn J Antibiotics、57:246-274、2004

熊本悦明、塚本泰司、松川雅則、国島康晴、広瀬崇興、茂田士郎、山口脩、石橋啓、錫谷達夫、吉田浩、今福祐司、村井勝、渡辺清明、小林芳夫、内田博、松田静治、佐藤新一、藤目真、藤田和彦、猪狩淳、小栗豊子、山口恵三、古谷信彦、出口隆、石原哲、大江宏、西川美年子、岡聖次、北村雅哉、福原吉典、守殿貞夫、荒川創一、公文裕巳、門田晃一、松本哲朗、高橋康一、内藤誠二、江頭稔久、河野茂、宮崎義継、平瀉洋一、青木志保:尿路感染症分離菌に対する経口並びに注射用抗菌薬の抗菌力比較(第24報2002年)、その2、患者背景。Jpn J Antibiotics、57:275-287、2004

熊本悦明、塚本泰司、松川雅則、国島康晴、広瀬崇興、茂田士郎、山口脩、石橋啓、錫谷達夫、吉田浩、今福祐司、村井勝、渡辺清明、小林芳夫、内田博、松田静治、佐藤新一、藤目真、藤田和彦、猪狩淳、小栗豊子、山口恵三、古谷信彦、出口隆、石原哲、大江宏、西川美年子、岡聖次、北村雅哉、福原吉典、守殿貞夫、荒川創一、公文裕巳、門田晃一、松本哲朗、高橋康一、内藤誠二、江頭稔久、河野茂、宮崎義継、平瀉洋一、青木志保:尿路感染症分離菌に対する経口並びに注射用抗菌薬の抗菌力比較(第24報2002年)、その3、感受性の推移。Jpn J Antibiotics、57:311-403、2004

永原啓、桃原実大、甲野拓郎、北村雅哉、赤井秀行、高羽津、岡聖次:精索静脈瘤を契機に発見された後腹膜脂肪肉腫の1例。西日泌尿、66(12):759-762、2004.

甲野拓郎、北村雅哉、永原啓、桃原実大、赤井秀行、高羽津、岡聖次:腹部腫瘤を触知した前立腺癌リンパ節転移の一例。泌尿器外科、17(10)1119-1122, 2004.

嘉元章人、高尾徹也、河嶋厚成、松岡庸洋、西村和郎、奥山明彦:嫌気性菌による後腹膜膿瘍の1例。泌尿器紀要50(10)717-720、2004.

河嶋厚成、高尾徹也、高羽夏樹、西村和郎、野々村祝夫、奥山明彦、辻本裕一、青笹克之:下大静脈に腫瘍塞栓を伴った腎盂腫瘍の1例。泌尿器紀要50(12)869-872、2004.

B-4
辻本裕一、富田裕彦、星田義彦、甲野拓郎、岡聖次、山本慎治、野々村祝夫、奥山明彦、青笹克之:前立腺癌におけるValosin-containing protein(p97)の発現と予後との関連。日本泌尿器科学会総会 第92回、大阪、2004年4月

北村雅哉、野原隆弘、永原啓、甲野拓郎、赤井秀行、高羽津、岡聖次、宮川康:MVAC療法が無効な腎盂尿管癌の予知とその治療。日本泌尿器科学会総会 第92回、大阪、2004年4月

高橋徹、ほか:マウス半数体精子細胞で特異的に発現する遺伝子Rosbinの解析。第23回日本アンドロジー学会、甲府、2004年7月

B-6
野原隆弘、永原啓、甲野拓郎、北村雅哉、赤井秀行、岡聖次、高羽津、真能正幸:短期間に急速な増大を示した巨大後腹膜脂肪肉腫の1例。日本泌尿器科学会関西地方会 第186回、高槻、2004年2月

河嶋厚成、塩塚洋一、任幹夫、小角幸人、市丸直嗣、高原史郎、奥山明彦:生体腎移植術後の移植尿管狭窄3例に対する治療経験。日本泌尿器科学会関西地方会 第186回、高槻、2004年2月

北村雅哉、野原隆弘、永原啓、高橋徹、甲野拓郎、赤井秀行、高羽津、岡聖次:ミニマム創手術による腎摘の試み。日本泌尿器科学会関西地方会 第187回、神戸、2004年6月

野原隆弘、永原啓、甲野拓郎、北村雅哉、赤井秀行、高羽津、岡聖次、林伊吹、真能正幸:甲状軟骨に転移した前立腺癌の1例。日本泌尿器科学会関西地方会 第187回、神戸、2004年6月

河嶋厚成、塩塚洋一、任幹夫、小角幸人:尿管原発悪性リンパ腫の1例。日本泌尿器科学会関西地方会 第187回、神戸、2004年6月

高橋徹、野原隆弘、河嶋厚成、北村雅哉、赤井秀行、岡聖次、竹田雅司、真能正幸、光林茂:悪性リンパ腫に伴った持続勃起症の1例。日本泌尿器科学会関西地方会 第189回、京都、2004年12月

河嶋厚成、野原隆弘、高橋徹、北村雅哉、赤井秀行、岡聖次、三嶋秀行、真能正幸:S状結腸癌の精索精巣上体転移の1例。日本泌尿器科学会関西地方会 第189回、京都、2004年12月

B-8
北村雅哉:知っておきたい男性の更年期。ウィメンズセンター大阪主催、大阪市、2004年1月

北村雅哉:知っておきたい男性の更年期。こうち男女共同参画センター「ソーレ」主催、高知市、2004年9月

B-9
岡聖次:泌尿器のがん。ABCラジオ妹尾和夫の「健やかライフ」、2004年7月