循環器科

安村良男

 循環器疾患は高齢化社会を反映して、1)動脈硬化、心筋の線維化を基礎としている、2)疾患が複合している、2)増加傾向にある、などの特徴がある。治療においては病態の解析が進歩し、症状の改善をめざすだけでなく、むしろ予後の改善をめざすことが基本となってきている。個々の仮説は大規模臨床試験で実証され、この試験結果に基づいたガイドラインが作成されている。我々、循環器医には直面している診療にガイドラインが適応されるか否か、その判断が問われると伴に個々の症例の特殊性に対応する柔軟性が要求されている。
 虚血性心疾患:過去および将来的にも、この治療は循環器科の基本であり、当センター循環器科においても入院の約半数は虚血性心疾患またはその疑いである。虚血性心疾患の治療においては、最適の治療法を選択する医療レベルと冠動脈形成術の一流のスキルが要求される。この要求に沿う医療を提供する。また、虚血性心疾患の二次予防を重視する。特に、高血圧、糖尿病、高脂血症やメタボリック・シンドロームの治療に重点をおく。
 心不全:心不全は急性期治療と慢性期治療からなるが、いずれも幅広い知識と経験を要する。特に高齢者心不全に対する対応が重要である。我が国における最高水準の心不全治療を提供する。
 重症心不全:拡張型心筋症は難病(特定疾患)の一つであるが、循環器科では、本疾患を含む重症心不全治療を重点課題の一つとしている。心臓移植は施行されたものの、レシピエントに比しドナーの絶対的不足解消は悲観的であり、今後、幸運に移植を受け得る患者は重症心不全患者のほんの一握りにすぎないであろう。現時点では、内科的に重症心不全患者をいかに安定した状態に維持するかが重要であり、ACE阻害剤はもちろん、β遮断薬療法、アミオダロン療法、カテコラミン間欠投与法などを駆使して取り組んでいる。循環器科では、重症心不全外来を開設し、重症心不全患者の系統的・専門的治療と追跡調査に科をあげて最善の努力を行っている。一方、拡張型心筋症に対するBatistaの手術、循環器病における遺伝子治療等の先進的医療については、心臓血管外科と連係をとるとともに、国立循環器病センター、大阪大学との交流を密接にして貢献できるよう体制を整えている。
 不整脈診療:頻脈性不整脈に対する基本的なカテーテルアブレーション治療を提供する。また、高齢者心房細動に対して積極的にワーファリンを導入し、心原性脳梗塞の予防を行っている。
 心原性脳塞栓の予防:高齢者の一次予防で重要なものに心原性脳塞栓がある。心原性脳塞栓のうち約半数は非弁膜性心房細動(NVAF)が原因であり、70才以上の高齢者でNVAFが飛躍的に増加することから、この疾患群における脳梗塞の予防は極めて重要である。1998年4月より塞栓予防を目的とした「心房細動外来」を開設し、ハイリスク患者に予防的にワーファリンを使用することにより一次、二次予防に努めてきた。この分野において当院は全国でもオピニオンリーダー的存在であり、今後ワーファリンにかわる新しい抗凝固薬の開発治験にも大きな役割を果たしている。
 

【平成16年研究発表業績】
A-0
FUKUCHI K, YASUMURA Y, KISO K, HAYASHIBA K, MIYAKE K, ISHIDA Y:Gated myocardial SPECT to predict response to β-blocker therapy in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy. J Nucl Med. 2004;45:527-531

KOMAMURA K, IWAI N, KOKAME K, YASUMURA Y, KIM J, YAMAGISHI M, MORISAKI T, KIMURA A, TOMOIKE N, KITAKAZE M, MIYATAKE K:The role of a common TNNT2 polymorphism in cardiac hypertrophy. J Hum Genet. 2004;49:129-133

TAKAGI S, SAKURAGI S, BABA T, TAKAKI H, AIHARA N, YASUMURA Y, SUMIDA H, NONOGI H, GOTO Y:Predictors of left ventricular remodeling in patients with acute myocardial infarction patricipating in cardiac rehabilitation. Brain natriuretic peptide and anterior infarction. Circ J. 2004;68:214-219

YASUMURA Y, MIYAKE K, OKAMOTO H et al:Rationale for the use of combination angiotensin -converting enzyme inhibitor and angiotensin II receptor blocker therapy in heart failure. Circ J 2004;68:361-366

HIROOKA K, KORETSUNE Y, YOSHIMOTO S, IRINO H, ABE H, YASUOKA Y, YAMAMOTO H, HASHIMOTO K, CHIN W, KUSUOKA H:Twice-daily administration of a long-acting angiotensin -converting enzyme inhibitor has greater effects on neurohumoral factors than a once-daily regimen in patients with chronic congestive heart failure. J Cardiovasc Pharmacol. 2004;43:56-60.

YOSHIMOTO S, HIROOKA K, IRINO H, ABE H, YASUOKA Y, YAMAMOTO H, HASHIMOTO K, CHIN W, KORETSUNE Y, KUSUOKA H, YASUMURA Y:Anomalous right coronary artery originating from the distal left circumflex artery: single coronary artery with choronic atrial fibrillation. Jpn Heart J. 2004;45:679-83.

A-2
安村良男:慢性心不全患者におけるβ遮断薬による筋小胞体関連蛋白の遺伝子発現の変化、循環器薬物治療実践シリーズIII:β遮断薬による心不全・不整脈の基礎と臨床。ライフメディコム 児玉逸雄、清水渉、中谷晴昭、有田真 編集

安村良男、北風政史:心不全を治療する:心臓が大きくなっているといわれました。小さくなるのでしょうか?心不全診療ガイダンス。MEDICAL VIEW 松崎益徳編集

安村良男:心不全治療薬としてのβ遮断薬の位置付けと有効性の機序。β遮断薬のすべて 第2版、先端医学社 荻原俊男、築山久一郎、横山光宏編集

A-3
安村良男:病態と疾患からみたナトリウム利尿ペプチド:弁膜症。日本臨床 2004;62(増刊号9):93-94 

安村良男:急性心不全(虚血性、非虚血性)。ハートナーシング 2004;17:37-39

安村良男:心不全を有する頻脈性心房細動の心拍調節の仕方。今月の治療 2004;12:65-67

安村良男:慢性心不全に対するβブロッカー治療。循環制御 2004;25:6-9

安村良男:急性心不全に強心薬をこのように使ってみよう。呼吸と循環 2004;52:909-913

安村良男:PDEIII阻害薬をどういかすか。Heart View 2004;8:81-85

安村良男:心不全の診断法:予後を予測する検査所見のいろいろ-血液検査から核医学検査まで-。Medicina 2004;41:1842-1845

廣岡慶治、是恒之宏:心不全治療に関する具体的対処法:アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の使い方。Medicina 2004;41:1862-1865

是恒之宏、小向賢一:急性心筋梗塞の初期対応、処置。臨床研修プラクティス 2004;6:101-108

B-4
CHIN W, TANEIKE M, KOMUKAI K, YOSHIMOTO S, IRINO H, ABE H, YASUOKA Y, YAMAMOTO H, HIROOKA K, HASHIMOTO K, KORETSUNE Y, KUSUOKA H:Correlation between pacing rate and daily physical activity in patients with VVI pacemaker implantation in atrial fibrillation, 第68回日本循環器病学会、東京、2004年5月
  
陳若富、山元博義、廣岡慶治、橋本克次、安村良男、是恒之宏、楠岡英雄:慢性心房細動患者の右室ペーシングによる心拍数安定効果と運動耐容能との関係。第52回日本心臓病学会、京都、2004年9月

B-6
小向賢一、廣岡慶治、種池学、山元博義、橋本克次、陳若富、川口義廣、是恒之宏、楠岡英雄、安村良男:Bachmann束ペーシングにより抑制されたと考えられる運動誘発性心房細動の一例。第97回日本循環器学会近畿地方会、大阪、2004年6月

廣岡慶治、種池学、小向賢一、山元博義、橋本克次、陳若富、川口義廣、是恒之宏、楠岡英雄、安村良男:外傷性腎動脈閉塞に対しIVUSガイド下ステント留置を行った一例。第97回日本循環器学会近畿地方会、大阪、2004年6月
種池学、片岩秀朗、久米清士、小向賢一、安部訓世、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、橋本克次、陳若富、川口義廣、是恒之宏、楠岡英雄、安村良男:急性心不全治療に難渋した難治性上室性頻脈の一例。第98回日本循環器学会近畿地方会、京都、2004年12月
 
小向賢一、片岩秀朗、久米清士、種池学、安部訓世、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、橋本克次、陳若富、川口義廣、是恒之宏、楠岡英雄、安村良男:発作性頻脈・高血圧を繰り返した左室機能不全患者の一例。第98回日本循環器学会近畿地方会、京都、2004年12月

 
??

??

??

??