臨床検査科

 
真能正幸

 臨床検査科は主に血液・尿などの検体検査を行う「総合検査室」、外来患者様の採血・採尿と診察前検査を扱う「外来一般検査室」、細菌やウイルスなど感染症の検体を扱う「微生物遺伝子検査室」、安全かつ適正な輸血ができるよう血液製剤の管理と検査を行う「輸血管理室」、心電図・呼吸機能・超音波検査などを行う「生理機能検査室」、生検・手術標本などを対象に主に癌の診断を行う「病理検査室」に大別される。各検査室では臨床検査技師が、自動分析装置や最新の医療機器を駆使しながら、外来や病棟へ高度に精度管理された報告を正確かつ迅速に届けるよう日夜努力している。
臨床検査科の特徴:
1. 私たちのモットー 「正確なデータをいつでも迅速に」正しいデータを臨床側に返すことは臨床検査技師にとって最も大切なことである。このため,精度管理には大きな努力を払っており、日本医師会の精度管理試験では常に国立病院トップレベルを維持している。
2. 24時間緊急検査対応 夜間・休日も当直制をとり、いつでも必要な臨床検査が迅速に行えるようになっている。取り扱い数は年々増加の一途をたどっていて、救急救命に寄与している。さらに、外来での診察前検査にも力を入れ、外来診療の充実に尽力している。
3. 輸血管理業務 血液製剤の発注・管理,輸血検査業務のすべてを検査科で行い、リスク管理を強化し、安全な血液製剤をいかに患者様にご提供できるかをテーマに積極的な業務改善に取り組んでいる。
4. 院内感染防止 病院の診療レベルを測る上で,院内感染対策がどの程度徹底しているかは大きな評価ポイントである。臨床検査科内に感染情報室を設置し臨床側に定期的に情報発信するとともに、感染コントロールチームの主要メンバーとして中心的役割を果たしている。日本環境感染症学会の認定病院を獲得している。
5. 病理検査 当院では婦人科悪性腫瘍、大腸癌をはじめとする消化器癌、乳癌、骨軟部腫瘍、血液系腫瘍症例が多い。これらに対し、2名の病理専門医、3名の細胞検査士を含めた7名のスタッフで免疫染色(酵素抗体法)も併用し、チーム医療の一員として組織・細胞診断にあたっている。細胞診の対象も広い領域におよび、術中の迅速組織診の活用もはばひろく行い、治療法の選択に寄与している。

【平成16年研究発表業績】
A-0
SHIMAKAGE M, SASAGAWA T, KIMURA M, SHIMAKAGE T, SETO S, KODAMA K, SAKAMO TO H:Expression of Epstein- Barr virus in Langerhans’ cell histiocytosis. Human Pathology 35: 862-868. 2004

SHIMAKAGE M:Reply Human Pathology 35:1574. 2004

NKANISHI H, ARAKI N, JOYAMA S, HIGUCHI C, MANO M, ISHIGURO S, ITOH K, UEDA T, YOSHIKAWA H:Myxoid liposarcoma with adipocytic maturation: detection of TLS/CHOP fusion gene transcript, Diagn Mol Pathol. 13: 92-6, 2004

HIGASHIYAMA M, KODAMA K, TAKAMI K, HIGAKI N, YAMADA T, MANO M, TSUKAMOTO Y, ARAKI N, YOSHIKAWA H:Surgical treatment of bone metastasis followed by a primary lung cancer lesion: report of a case, Surg Today. 34: 600-5,2004

TSUGI N, ISHIGURO S, TSUKAMOTO Y, MANO M, KASUGAI T, MIYASHIRO I, DOKI Y, IISHI H, KUDO M:Mucin phenotypic expression and background mucosa of esophagogastric junctional adenocarcinoma, Gastric Cancer 7:97-103, 2004

KUDAWARA I, AONO M, OHZONO K, MANO M:Synovial chondromatosis of the acromioclavicu lar joint, Skeletal Radiol 33:600-3, 2004

A-3
竹田雅司、森本卓、野村孝:S-100タンパク陽性を示した乳腺glycogen-rich clear cell carcinomaの1例。診断病理、21(2):119-121、2004

榊原敦子、永野忠義、鈴木瞭、荒川奈央子、藤田浩平、高橋秀元、平野剛、岡垣篤彦、伴千秋、河原邦光、倉田明彦:悪性腺腫の鑑別診断と治療。産婦人科の進歩 56: 122-124、2004

永野忠義、松本久宣、堀江昭史、榊原敦子、高橋秀元、山田成利、平野剛、岡垣篤彦、伴千秋、真能正幸:4年間の経過観察後に手術に至った子宮平滑筋肉腫の1例。産婦人科の進歩 56: 466-468、2004

牧野知紀、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、高田賀章、真能正幸:胃神経鞘腫の1例−自験例を含む本邦報告287例の検討− 日本臨床外科学会雑誌、65(7):1813-1817、2004

A-4
西口驤フ、川口和子、佐藤清、福原吉典、真能正幸:臨床検査科部門から臨床側へのコンサルテーション−輸血後異なる起序で溶血性副作用を示した症例− 31-35、医療の広場、2004年9月

B-3
中山富雄、竹中明美、大鑓志保、成瀬靖悦、塚本吉胤、真能正幸、今村文生、東山聖彦、楠洋子:ワークショップ「末梢小型肺腺癌の細胞診」小型肺腺癌の予後は細胞所見で推定可能か? 第45回日本臨床細胞学会春期大会、東京、2004年7月

増田慎三、竹田雅司、徳田由紀子、多根井智紀、真能正幸、辻仲利政:乳腺非触知病変に対する診断アプローチ−超音波所見とガイド下生検成績を中心に− 第13回日本乳腺甲状腺超音波学会(ワークショップ)、大阪、2004年9月

B-4
増田慎三、新井貴士、徳田由紀子、真能正幸、龍田眞行、中山貴博、馬渡晶子、武智加世、辻仲利政:乳頭異常分泌に対する精査・治療のStrategy−超音波・MRI検査の有用性− 第13回日本乳癌画像研究会、京都、2004年2月

牧野知紀、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、池永雅一、武田裕、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政、志水健太郎、池田昌弘、高田賀章、真能正幸:胃神経鞘腫の1例−自験例を含む本邦報告287例の検討− 第76回日本胃癌学会総会、鳥取、2004年3月

平尾素宏、辻仲利政、藤谷和正、真能正幸:食道癌術後頚部再発に対するSalvage surgeryの有用性の検討。第58回日本食道学会学術集会、東京、2004年6月

森本卓、野村孝、足立真一、柴田信博、竹田雅司:再発乳癌に対するcapecitabineの経験(6例)。第12回日本乳癌学会総会、小倉、2004年6月
 
野村孝、森本卓、足立真一、柴田信博、竹田雅司:当院における高齢者乳癌症例の検討。第12回日本乳癌学会総会、小倉、2004年6月

田中雄悟、増田慎三、新井貴士、真能正幸、徳田由紀子、辻仲利政:センチネルリンパ節の術中診断法に関する検討。第12回日本乳癌学会総会、小倉、2004年6月

益澤徹、増田慎三、新井貴士、真能正幸、徳田由紀子、吉田謙、辻仲利政:乳房温存手術おける術中断端検索法に関する検討。第12回日本乳癌学会総会、小倉、2004年6月

狩野繁之、源河いくみ、片倉道夫、佐藤功、伊藤俊広、間宮均人、渡邉清司、山本政弘、宮村知也、岡慎一:わが国におけるエイズ患者に合併する寄生虫症。第15回日本臨床寄生虫学会、東京、2004年6月

山下晋也、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、平尾素宏、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政、真能正幸:原発部位不明の巨大腹部腺癌の一例。第59回日本消化器外科学会総会、鹿児島、2004年7月

堀本文美、政岡佳久、竹田雅司:乳腺アポクリン癌4症例。第45回日本臨床細胞学会総会、東京、2004年7月

島影美鈴、井上信正、大島孝一、井上寛一、湯通堂満寿男:がん抑制遺伝子ASYの発現抑制とATL発症との関連。第63回日本癌学会学術総会(ワークショップ)、福岡、2004年9月

多根井智紀、増田慎三、竹田雅司、徳田由紀子、真能正幸、辻仲利政:確定診断に針生検や摘出生検を要した乳腺腺維線種の検討。第13回日本乳腺甲状腺超音波学会、大阪、2004年9月

田中雄悟、増田慎三、新井貴士、柏崎正樹、池永雅一、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、真能正幸、辻仲利政:乳腺Pseudoangiomatous stronal hyperplasia(PASH)の1例。第66回日本臨床外科学会総会、盛岡、2004年9月

徳田由紀子、増田慎三、藤田由佳、吉田謙、酒井美緒、油谷健司、崔秀美、多根井智紀、辻仲利政、竹田雅司、真能正幸、細木拓野:葉状腫瘍の3例−乳癌との鑑別に苦慮した経験から。JSAWI2004、淡路、2004年9月

野村孝、森本卓、柴田信博、竹田雅司:原発性異時性両側乳癌症例の検討。第14回日本乳癌検診学会総会、大阪、2004年11月

徳田由紀子、増田慎三、藤田由佳、吉田謙、酒井美緒、油谷健司、崔秀美、細木拓野、多根井智紀、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:当院の乳頭異常分泌症例に対するMRIの有用性についての検討。第14回日本乳癌検診学会総会、大阪、2004年11月

多根井智紀、増田慎三、竹田雅司、徳田由紀子、真能正幸、辻仲利政:当院の乳頭異常分泌症例における超音波所見と病理像。第14回日本乳癌検診学会、大阪、2004年11月

徳田由紀子、増田慎三、真能正幸、前田登、油谷健司、崔秀美、細木拓野、新井貴士、辻仲利政、沢井ユカ:MRIが診断に寄与した葉状腫瘍の1例。第1回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2004年1月

B-6
山下晋也、平尾素宏、池永雅一、増田慎三、柏崎正樹、武田裕、三嶋秀行、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政、真能正幸、林伊吹:原発不明頚部悪性腫瘍の一例。第9回平成外科学会、2004年3月

野村孝、森本卓、足立真一、団野克樹、森田俊治、平岡伸章、福島幸男、西庄勇、柴田信博、竹田雅司:化学療法にてCRとなったが、その後二次腫瘍を発症したStageW乳癌の1症例。第36回阪南乳腺疾患研究会、堺、2004年5月

三宅正和、野村孝、森本卓、足立真一、森田俊治、平岡伸章、福島幸男、西庄勇、野村孝、柴田信博、竹田雅司:色素法による当院におけるセンチネルリンパ節生検の成績と腋窩郭清省略の試み。第37回阪南乳腺疾患研究会、堺、2004年11月

多根井智紀、増田慎三、竹田雅司、藤田由香、長谷川恵子、紺谷佳代、徳田由紀子、真能正幸、辻仲利政:乳癌との鑑別診断に苦慮した乳腺線維腫のエコー像と、その病理像。第2回日本乳癌学会近畿地方会、京都、2004年12月

長谷川恵子、増田慎三、竹田雅司、徳田由紀子、吉龍澄子、多根井智紀、藤田由香、吉田謙、田中雄悟、真能正幸、辻仲利政:巨大乳腺線維腺腫の1例。第2回日本乳癌学会近畿地方会、京都、2004年12月

紺谷佳代、増田慎三、竹田雅司、多根井智紀、徳田由紀子、吉田謙、藤田由香、小西健、真能正幸、辻仲利政:乳房温存療法後、早期に特異な乳房内再発を来たした1例。第2回日本乳癌学会近畿地方会、京都、2004年12月

川ア宗謙、野村孝、森本卓、足立真一、三宅正和、森田俊治、平岡伸章、福島幸男、西庄勇、柴田信博、竹田雅司:乳腺原発腺様嚢胞癌の1例。第2回日本乳癌学会近畿地方会、京都、2004年12月

B-8
渡邉清司:免疫装置の原理と性能の進歩。大阪府臨床検査技師会 第1回 機器管理講演会、大阪、2004年12月