麻酔科

 
平田隆彦

 日常の手術麻酔や術後管理を通しての臨床研究が中心である。その主流は術後痛対策であり、ことに硬膜外鎮痛法では投与薬剤の選択、至適投与量の決定など、より質の高い術後鎮痛法を目指して検討を重ねてきている。現在では、腹部外科患者でも手術翌日には歩行可能となっているが、その一方で、硬膜外投与薬剤の副作用(嘔気嘔吐、掻痒感、ふらつきなど)のため、早期離床ができない患者もいる。これまで対症療法のみで対応されてきたが、副作用の強い患者では全く痛みがないことに着目し、過量投与、いわゆる効き過ぎが副作用発現の原因であることを明らかにして、投与量の漸減法を確立した。
現在の取り組みを以下に示す。
1 婦人科症例を中心に患者自身による自己調節硬膜外鎮痛(Patient-Controlled Epidural Analgesia,PCEA)の導入
2 開胸手術症例に対する肋間神経ブロックの導入
3 漸減法によっても副作用の出現は皆無ではない:この原因を個体差に求め、麻酔導入時の麻薬に対する反応を観察することにより、麻薬に対する感受性を予測すること
4 鎮痛法の定時処方化:痛みが出てから鎮痛薬を投与するのではなく、痛みに先んじる鎮痛薬投与を目標とした疼痛管理を確立すること
5 早期離床の評価:鎮痛効果に加え、運動量(ADL)を評価すること

【平成16年研究発表業績】
A-3
小原洋昭、清水智明、渋谷博美、赤松哲也、谷口洋、平田隆彦:Gorlin’s Syndrome患者に対する卵巣腫瘍摘出術の麻酔経験。臨床麻酔 28(2):261‐262,2004

日浦祐一郎、渋谷博美、赤松哲也、谷口洋、衣笠誠二、平田隆彦:前胸部ペースメーカー植え込み患者の同側乳癌手術の1例。臨床麻酔 28(11):1863−1864,2004

B-3
渋谷博美:女性医師のライフスタイルと環境整備。日本麻酔科学会第51回学術集会、名古屋、2004年5月

B-4
小原洋昭、赤松哲也、園田俊二、渋谷博美、谷口洋、清水智明、平田隆彦:ラリンゴマイクロ下声帯脂肪注入術の麻酔管理。日本麻酔科学会第51回学術集会、名古屋、2004年5月

園田俊二、赤松哲也、清水智明、谷口洋、渋谷博美、平田隆彦:婦人科上腹部までの開腹患者に対するPCEAポンプシステムによるロピバカイン・フェンタネスト持続硬膜外鎮痛の有用性に関する検討。日本麻酔科学会第51回学術集会、名古屋、2004年5月

渋谷博美、内田貴久、清水智明、谷口洋、赤松哲也、平田隆彦:開胸術後痛に対する持続肋間神経ブロックの有用性の検討。日本ペインクリニック学会第38回大会、東京、2004年7月