精神・神経科

越智直哉

 本院精神神経科は、臨床部門において平成15年度までは神経内科、精神科の2部門を統合し、神経内科部門ではパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症などの神経難病の診療を中心に行ってきた。しかし平成16年度より、全科的リエゾンサービスを中心として医療提供を中心とし、やむを得ない場合を除き原則として科独自の入院患者はとらない方針に変更した。従って入院が必要な神経難病の新規の取り扱いを中止することになり、精神科部門を中心とした診療体制となった。入院部門では、他科に入院中の患者のメンタルケアが中心となっている。それに伴い特に@HIV感染患者の抱えるさまざまな精神的問題の対応、Aがん患者のメンタルケアをより充実させるための緩和ケアチーム、B救命救急センターに搬送される自殺未遂患者に対する精神的なサポートに力を入れている。
 研究分野においてもそれら3部門の臨床研究に力を入れている。平成16年4月に責任医長の交代があり、臨床部門も様変わりしたため、それ以降に研究を開始した分野が多く、平成16年後半頃からそれらの研究発表を行うことができるようになってきた。
@HIV
 当院は全国有数のHIV感染者を取り扱っている。HIV感染に伴って、患者はさまざまな精神的影響を受ける。精神面に対する影響因子として@HIV感染という事実を知らされることによる心的反応、A抗HIV薬の精神面に対する副作用、BHIV脳症、免疫低下に伴う合併症など、疾病による脳への器質的な影響、C患者の性格要因、D患者を取り巻くさまざまな社会的要因、などが考えられる。それら感染者を取り巻く多岐の精神的問題点をさまざまな視点から研究していきたい。すでにHIVに関しては、厚生労働科学研究費助成金エイズ対策研究事業の分担研究班となり、当院免疫感染症科と連携して「抗HIV療法に伴う心理的負担、および精神医学的介入の必要性に関する研究」を開始している。
A緩和ケア
 総合病院における精神科として、がん患者の伴うさまざまな精神的問題を研究することは非常に大きな使命である。特に本院は多くのがん患者を扱っており、がん患者を心身両面から総合的にサポートする医療体制の構築が必要であった。平成16年7月に精神科医を専任医師として含む緩和ケアチーム「癌サポートチーム」が活動を開始している。平行して緩和ケアの臨床研究も行い、平成17年6月の緩和医療学会で研究発表を予定している。
B救命救急センターとの連携
 救命救急センターに入院する患者には、環境の変化によるICU精神病や自殺未遂患者など精神科の関与が必要な症例が多い。平成16年にすでに同分野でのいくつかの口演発表を行い、平成17年1月には著述発表も行っている。昨年救命救急センターに搬送された自殺未遂患者は80人余りであり、すべてに精神科が関与している。今後も引き続き救命救急センターと協力して、豊富な症例からの研究に力を入れていきたい。

【平成16年研究発表業績】
A-3
小川朝生、広常秀人、武田雅俊:うつ病と自殺。Clinical Neuroscience,22:178-181

B-3
滝沢義唯、竹村泰隆、小川朝生、西村輝明、越智直哉、定光大海:精神科と救命救急センターの連携強化の試み。日本総合病院精神医学会、東京、2004年11月

B-7
滝沢義唯、竹村泰隆、小川朝生、西村輝明、越智直哉:総合病院における外傷を併存した精神疾患患者に対しリスペリドン内服液を処方した4症例。CNSフォーラ2004、東京、2004年7月

滝沢義唯、竹村泰隆、小川朝生、西村輝明、越智直哉:総合病院における外傷を併存した精神疾患患者に対しリスペリドン内服液を処方した4症例。総合病院精神科懇話会、大阪、2004年6月