心臓血管外科

磯部文隆

診療科の特徴
当心臓血管外科は現在スタッフ4名、レジデント1名にて構成されている。
当科は、日本胸部外科学会認定研修指定施設、日本心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設に認定されている。
 診療対象疾患としては、心臓弁膜症、虚血性心疾患等の後天性心疾患を中心に、膝下以下の末梢血管を除く大血管及び末梢血管疾患、不整脈、先天性心疾患まで幅広く心臓血管外科全般である。2004年には、年間125例の開心術、総数166例の心臓血管外科手術を行った。
 当科の特徴として、弁膜症に対しては、人工弁置換術だけでなく可能な限り自己弁を温存することを基本方針とし弁形成術を積極的に施行している。人工弁置換例では、機械弁だけでなく65歳以上の年齢層患者には基本的に生体弁を選択し抗血栓性を高めQOLの向上を目指している。したがって、年々機械弁の使用頻度は減少してきている。さらに、弁膜症を多く合併する心房細動の根治術として改良メイズ手術:両心耳温存メイズ手術(BAP-maze procedure)を開発し、世界に向けて紹介した。96%の高い成功率とより良好な術後心房機能・ANP分泌能の維持確保が可能なことを立証し、患者様により良い術後QOLを提供できていることを誇ってきた。さらに、確実な伝導遮断が安全に短時間に行えるbipolar radiofrequency deviceを用いるBAP-mazeIV手術を考案し、手術時間の短縮・簡便化を達成している。虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術では、人口心肺を使用できない高度動脈硬化病変合併例に対し人工心肺を使用しない冠動脈バイパス術:off pump bypass(OPCAB)を1998年から積極的に導入し施行している。その頻度も年々増加し2003年度には冠動脈バイパス術の70%に達した。必然的に、動脈グラフトを多用することから、将来の開存率の向上も期待される。その他心室中隔穿孔・左室破裂などの緊急症例にも対応している。高齢化社会を反映し近年増加している大血管疾患に対しても積極的に取り組み、その手術例も年々増加している。待機手術は勿論、急性大動脈解離・動脈瘤破裂等の緊急手術例も飛躍的に増加した。残念ながら施設の特殊性から小児例の先天性疾患は扱っていないが、成人例の心房中隔欠損、心内膜床欠損などを扱っている。その他、不整脈に対する手術治療やペースメーカー植込みも施行している。
 チーム一丸となり心疾患の診断・治療と研究に日夜努力している。

【平成16年研究発表業績】
A-0
SASAKI Y, ISOBE F, KINUGASA S, IWATA K, MURAKAMI T, SAITO M, MOTOKI M:Influence of coronary artery disease on operative mortality and long-term survival after abdominal aneurysm repair. Surgery Today 34:313-317,2004

A-2
磯部文隆:V.ペースメーカー植込み手技。「ペースメーカー治療」100-104、メディカルレビュー社、2004年

B-1
ISOBE F:Bilateral atrial appendage-preserving maze procedure for chronic atrial fibrillation, Beating Heart Surgery Kyoto 2004年3月

B-3
磯部文隆、衣笠誠二、岩田圭司、野村幸哉、斉藤素子、秦雅寿:慢性心房細動に対する外科治療の新たなる治療戦略に向けて。慢性心房細動に対する最も信頼できる手術治療法は?−BAP-maze手術の信頼性―。第57回日本胸部外科学会総会、札幌、2004年10月

B-4
秦雅寿、磯部文隆、岩田圭司、衣笠誠二、村上忠広、元木学、斉藤素子:高度石灰化弁輪に対するCollar補強僧帽弁置換術での補強範囲の検討。第47回関西胸部外科学会、名古屋、2004年6月