消化器科

池田昌弘

T 消化管、胆、膵
1 内視鏡診断、治療
 早期癌に対するESD(Endoscopic Submucosal Dissection)のprospective studyが、外科と病理の協力を得ながら順調に進行している。他病院からの紹介患者が中心である。超音波内視鏡を取り入れて、より正確な術前診断を目指している。看護師も、より安全な治療環境を絶えず工夫し対応している。
 色素散布、拡大観察を用いた大腸ポリープ、早期癌のピットパターン診断に取り組んでいる。他施設と共同の画像解析に関する研究も引き続きすすめている。
 アルゴンプラズマ凝固法を毛細血管性出血に対する止血に導入して、優れた効果が得られている。高周波ソフト凝固法、エタノール局注法、HSE局注法、クリップ法など、病変に応じた最適な止血システムの確立をすすめている。小腸出血の診断、治療が今後の課題である。
 QOL改善のための瘻孔形成、ステントによる狭窄解除を、胆道、食道、胃から十二指腸、大腸へと対象部位を拡げて行っている。今後は膵嚢胞や膵管狭窄への応用をすすめていく。
2 癌化学療法
 食道癌、胃癌、大腸癌、膵癌などで、一部外科と共同で化学療法プロトコールがすすめられている。
引き続き膵癌の治療成績向上が重要課題である。
3 機能性疾患の診断、治療
 膵液排出障害に関する放射線科との共同研究において、一定の成果が得られた。胃食道逆流症に関する多施設共同研究が進行中である。

U 肝臓
1 慢性肝炎
 インターフェロン製剤が次々と開発され、他の抗ウイルス薬との併用や投与法の工夫によるウイルス消失効果の向上が多数の症例において得られている。肝発癌予防効果も長期的な検討対象となっている。B型、C型肝炎ウイルスのより精密な解析が、診断治療に応用されている。
2 肝硬変症
 肝性脳症、低アルブミン血症や腹水に対する栄養療法、腹水還元療法などの実践研究が引き続きすすめられている。
3 肝細胞癌
 ラジオ波治療が保険適応になって治療選択肢が増え、治療成績の向上が期待され、より有効な治療システムと長期予後の検討がすすめられている。

V その他
 癌による死亡症例が多く、癌サポートチームの発足により、系統的な緩和医療の研究開発が行える環境を整えつつある。


【平成16年研究発表業績】
A-0
HOSOKI T, MICHIDA T:Visualization of Pancreaticobiliary Reflux in Anomalous Pancreaticobiliary Junction by Secretin-Stimulated Dynamic Magnetic Resonance Cholangiopancreatography. Acta Radiologica, 45:375-382, 2004

TANIOKA R, MICHIDA T, SHIMIZU K, SAKAMORI R, SATOMI E, YAMAMOTO K, IKEDA M:Endoscopic gastritis showing nodular lesions in the gastric antrum and duodenal bulb - Report of a case-. Digestive Endoscopy, 16:253-256, 2004

TSUDA N, YUKI N, MOCHIZUKI K, NAGAOKA T, YAMASHIRO M, OMURA M, HIKIJI K, KATO M: Long-term clinical and virological outcomes of chronic hepatitis C after successful IFN therapy. Journal of Medical Virology, 406-413, 2004

KAKIUCHI Y, YUKI N, IYODA K, SUGIYASU Y, KANEKO A, KATO M:Circulating soluble Fas levels in patients with hepatitis C virus infection and interferon therapy, Journal of Gastroerol. 39:1189-1195, 2004

A-2
金子晃、池田昌弘:直腸静脈瘤出血。浅木茂(編)消化器内視鏡止血術、194-195,2004

伊与田賢也、加藤道夫:C型慢性肝炎に対するIFN再治療の成績とその適応 Efficacy and indication of IFN retreatment for patients with chronic hepatitis C。ウイルス性肝炎(上)62(7):502-505, 2004

伊与田賢也:お年寄りの病気 消化器疾患 肝硬変。家庭医学大全科、584-585, 2004

A-3
平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、池田昌弘、林伊吹:食道癌の放射線化学療法後に発見された微少な下咽頭表在癌の一例。消化器内視鏡、16:1898-1901,2004

泉裕子、平松直樹、糸瀬一陽、井上隆弘、柄川悟志、西田勉、垣内佳美、外山隆、中西文彦、井倉技、田村信司、辻井正彦、辻晋吾、考藤達哉、竹原徹郎、笠原彰紀、佐々木裕、福田和人、今井康陽、林紀夫: HBV初感染により劇症化15時間後に深昏睡となり死亡した急性型激症肝炎の1例。肝臓、45(2):109-115, 2004

井上隆弘、平松直樹、西田勉、泉裕子、柄川悟志、糸瀬一陽、垣内佳美、外山隆、中西文彦、望月圭、考藤達哉、辻井正彦、竹原徹郎、辻晋吾、笠原彰紀、大須賀慶悟、村上卓道、中村仁信、林紀夫:シスプラチン動注化学療法が奏効した進行肝細胞癌の1例。肝臓、45(9): 499-504, 2004

岡本理恵子、清水健太郎、中川瑠美子、上田高志、中村剛之、阪森亮太郎、分島一、里見絵理子、伊与田賢也、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:黄疸を繰り返し、ステロイド治療が著効した自己免疫性膵炎の1例。Endoscopic Forum for digestive disease, 20(1):51-56, 2004

武田裕、蓮池康徳、柏崎正樹、道田知樹、池田昌弘、辻仲利政:膵管胆道合流異常に対して分流手術を施行後発生した膵癌の2例。手術、58(7):1207-1211, 2004

細木拓野、道田知樹:膵・胆管合流異常におけるセクレチン刺激下 dynamic MRCP による膵液胆管逆流の描出。臨床放射線、49(7):892-897, 2004

A-4
池田昌弘:赤いビロードは異所性胃粘膜。消化器内視鏡、16:919,2004

池田昌弘:食道-皮膚との類似に要注意。消化器内視鏡、16:925,2004

池田昌弘:T法は後壁、U法は鞍部。消化器内視鏡、16:970-971,2004

池田昌弘:前庭部憩室は異所性膵。消化器内視鏡、16:987,2004

池田昌弘:粘膜境界に要注意。消化器内視鏡、16:1072-1073,2004

池田昌弘:Thumb-printingとシダの葉状発赤。消化器内視鏡、16:1076,2004

峯徹哉、池田昌弘、大原隆、杉山政則:慢性膵炎の診断・治療の現状(座談会)。消化器内視鏡、16:1595-1608,2004

伊与田賢也、結城暢一、山本佳司、加藤道夫:B型急性肝炎と慢性肝炎急性増悪Acute Hepatitis B and Acute Exacerbation of Chronic Hepatitis B。最新医学別冊「ウイルス性肝炎」、2, 2004

伊与田賢也、池田昌弘:大腸粘膜に咲く花火、肝硬変に合併した大腸vascular ectasia。消化器内視鏡、16(6):1069-1070, 2004

阪森亮太郎、池田昌弘:思いがけない合流部異常。消化器内視鏡、16:1036-1047,2004

里見絵理子、道田知樹、池田昌弘:見落としがちな血管性病変。消化器内視鏡、16(6):903, 2004

中村剛之、池田昌弘:ちょっと違うぞ胃粘液癌。消化器内視鏡、16:981,2004

道田知樹、池田昌弘:体上後壁に注意。消化器内視鏡ことわざ寸言集、16(6):905, 2004

道田知樹、池田昌弘:色に頼りすぎるなかれ。消化器内視鏡ことわざ寸言集、16(6):863, 2004

道田知樹、池田昌弘:内視鏡ITナイフ。消化器Now、25:7, 2004

結城暢一、加藤道夫:HBV replicationのマーカーとしてのウィルス関連蛋白。日本臨床、62(8):33-35, 2004

結城暢一、長岡貴幸、大村昌男、加藤道夫:B型急性肝炎に長期存続するHBVの意義。臨床消化器内科、19:1475-1479, 2004

結城暢一、林紀夫:B型肝炎ウィルス関連抗原のEIA測定法に関する臨床的評価。Journal of Viral Heptatis日本語版、5:26-27, 2004

分島一、池田昌弘:閉塞性黄疸を造影したらドレナージ。消化器内視鏡、16:1047,2004

A-5
海老原敏、道田知樹他:がん専門医療施設を利用したがん診療の標準化に関する共同研究。平成15年度厚生労働省がん研究助成金による研究報告集、584-594, 2004

A-6
結城暢一:Occult HBV感染症の実態、アボットニュース、6:1-4, 2004

B-2
SAKAMORI R, MICHIDA T, IKEDA M, HOSOKI T:Magnetic resonance cholangiopancreatography under secretin injection for the diagnosis of pancreatobiliary reflux. New Orleans, USA

B-3
伊与田賢也、佐々木裕、林紀夫:肝細胞癌におけるMAPK経路の細胞内シグナル伝達異常〜ヒト肝細胞癌におけるp38 MAPKカスケードの関与〜。第90回日本消化器病学会総会、宮城県仙台市、2004年4月

加藤道夫:HBVキャリアーのステージ分類と治療戦略。第90回日本消化器病学会総会、宮城県仙台市、2004年4月
B-4
伊与田賢也、山本佳司、上田高志、中村剛之、泉裕子、中川瑠美子、阪森亮太郎、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、加藤道夫、池田昌弘:肝細胞癌における多数回TAE施行長期生存症例の特徴。第40回日本肝癌研究会、茨城県つくば市、2004年6月

伊与田賢也、加藤道夫、上田高志、中村剛之、泉裕子、白畠伸宏、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、池田昌弘:C型慢性肝炎に対するIFN治療後の長期経過と肝発癌。第12回日本消化器関連学会週間(DDW-J)、福岡県福岡市、2004年10月

伊与田賢也、加藤道夫、上田高志、中村剛之、 中川瑠美子、阪森亮太郎、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、池田昌弘:HCV RNA 消失からみたC型慢性肝炎に対するIFN/リバビリン併用療法の治療成績。第40回日本肝臓学会総会、千葉県浦安市、2004年6月

上田高志、伊与田賢也、山本佳司、中村剛之、中川瑠美子、阪森亮太郎、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、加藤道夫、池田昌弘:肝細胞癌におけるTAEを中心とした治療戦略〜多数回TAE施行長期生存症例の検討〜。第90回日本消化器病学会総会、宮城県仙台市、2004年4月

金子晃、東谷光庸、山本守敏、中間昭弘、加藤道夫、池田昌弘、久保光彦、林紀夫:原発性胆汁性肝硬変に対するbezafibrate投与の効果と問題点。第40回日本肝臓学会総会、千葉県浦安市、2004年6月

里見絵理子、上田高志、中村剛之、中川瑠美子、阪森亮太郎、分島一、伊与田賢也、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、竹野淳、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:進行胃癌による狭窄に対する消化管ステント留置症例。第76回日本胃癌学会総会、鳥取県米子市、2004年3月

里見絵理子、辻仲利政:外来化学療法室の現状と役割。第2回日本臨床腫瘍学会総会、東京都港区、2004年3月

里見絵理子、上田高志、中村剛之、分島一、伊与田賢也、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:新しいオピオイドの緩和診療における可能性。第9回日本緩和医療学会総会、北海道札幌市、2004年6月

里見絵理子、泉裕子、上田高志、中村剛之、白畠伸宏、分島一、伊与田賢也、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:上部消化管癌性狭窄に対する消化管ステント留置症例。第68回日本消化器内視鏡総会、福岡県福岡市、2004年10月

里見絵理子、辻仲利政、平尾素宏、藤谷和正、柏崎正樹、池永雅一、三嶋秀行、増田慎三、 永野忠義、伴千秋:外来化学療法室における支援体制について。第42回日本癌治療学会総会、京都府京都市、10月

道田知樹、阪森亮太郎、上田高志、中川瑠美子、中村剛之、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:早期胃癌に対するEMR−切開・剥離法導入前後の治療成績・内視鏡診断の正確性の検討−。第76回日本胃癌学会総会、鳥取県米子市、2004年3月

道田知樹、阪森亮太郎、上田高志、中川瑠美子、中村剛之、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:胃腫瘍治療例で内視鏡・生検判断の正確性の検討−切開・剥離法でのprospective study-。第12回日本消化器関連学会週間(DDW-J)、福岡県福岡市、2004年10月

山本佳司、上田高志、中村剛之、中川瑠美子、阪森亮太郎、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、加藤道夫、池田昌弘:JIS score, CLIP scoreからみた肝細胞癌治療例の予後についての検討。第90回日本消化器病学会総会、宮城県仙台市、2004年4月

山本佳司、上田高志、中村剛之、泉裕子、阪森亮太郎、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、加藤道夫、池田昌弘:肝細胞癌治療におけるstaging system (CLIP score, BCLC staging, JIS score )の有用性についての検討。第46回日本消化器病学会大会、福岡県福岡市、2004年10月

結城暢一、山口敏和、加藤道夫:肝組織マイナス鎖HCV RNAレベルによりみたHCV増殖制御因子・臨床的意義の検討。第40回日本肝臓学会総会、千葉県浦安市、2004年6月

分島一、里見絵理子、池田昌弘、伊与田賢也、道田知樹、加藤道夫、山本佳司、結城暢一、阪森亮太郎、平尾泰宏、辻仲利政:Nedaplatin,Adriamycin,5FU(NAF)が奏功した高度進行食道癌の1例。第90回日本消化器病学会総会、宮城県仙台市、2004年4月

B-5
青木尚子、道田知樹、池田昌弘:当院の切開・剥離法における介助と工夫。第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会、大阪府大阪市、2004年9月

道田知樹、池田昌弘:切開・剥離法の有用性と問題点−術前診断の正確性について−。第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会シンポジウム、大阪府大阪市、2004年9月

里見絵理子、道田知樹、池田昌弘:GAVE出血例における 内視鏡的焼灼止血の実際。第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会、大阪府大阪市、2004年9月

B-6
泉裕子、伊与田賢也、加藤道夫、中村剛之、上田高志、中川瑠美子、阪森亮太郎、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、池田昌弘:急性発症で診断された男性高齢者原発性胆汁性肝硬変(PBC)の一例。第80回日本消化器病学会近畿支部例会、大阪府大阪市、2004年2月

泉裕子、道田知樹、上田高志、中川瑠美子、中村剛之、阪森亮太郎、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、山本佳司、結城暢一、加藤道夫、池田昌弘:出血を繰り返し、小腸鏡で診断・治療し得た空腸angiodysplasiaの一例。日本消化器内視鏡学会第72回地方会、奈良県奈良市、2004年3月

太田高志、里見絵理子、藤田実、林紀子、泉裕子、上田高志、中村剛之、分島一、伊与田賢也、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:ステロイド投与により軽快したCronkhite-Canada症候群の一例。第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会、大阪府大阪市、2004年9月

町田浩久、道田知樹、梅垣英次:近畿6施設の切開・剥離法の導入状況と問題点。第73回日本消化器内視鏡学会地方会、大阪府大阪市、2004年9月

岡本理恵子、伊与田賢也、加藤道夫、中村剛之、中川瑠美子、上田高志、阪森亮太郎、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、池田昌弘:IFN短期投与でHCV-RNAが消失した高齢者C型急性肝炎の一例。第80回日本消化器病学会近畿支部例会、大阪府大阪市、2004年2月

伊与田賢也、加藤道夫:当院におけるC型慢性肝炎に対するIFN/リバビリン併用治療成績。第80回日本消化器病学会近畿支部例会、大阪府大阪市、2004年2月

阪森亮太郎、上田高志、中川瑠美子、中村剛之、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:経胃的ドレナージで消失した巨大膵仮性嚢胞の一例。第80回日本消化器病学会近畿支部例会、大阪府大阪市、2004年2月

中村剛之、分島一、白畠伸宏、伊与田賢也、里見絵理子、道田知樹、山本佳司、池田昌弘、森正彦、白阪琢磨:AIDS患者に見られた食道潰瘍性病変の検討。第174回日本内科学会近畿地方会、大阪府大阪市、2004年9月

林典子、中村剛之、上田高志、泉裕子、伊与田賢也、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘、阪森亮太郎:IFN投与中にアメーバ赤痢を発症した症例。第81回日本消化器病学会近畿支部例会、京都府京都市、2004年9月

B-7
伊与田賢也、加藤道夫:当院におけるC型慢性肝炎に対するIFN/リバビリン併用治療成績。厚生労働省科学研究費肝炎班会議、長崎県長崎市、2004年1月

伊与田賢也、加藤道夫:当院におけるPeg-IFNα2a単独治療成績。厚生労働省科学研究費 肝炎班会議、長崎県長崎市、2004年7月

上田高志、伊与田賢也、山本佳司、中村剛之、中川瑠美子、阪森亮太郎、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、加藤道夫、池田昌弘:肝細胞癌におけるTAEを 中心とした治療戦略 〜多数回TAE施行長期生存症例の特徴〜。大阪肝臓病談話会、大阪府大阪市、2004年2月

上田高志、加藤道夫、伊与田賢也、泉裕子、中村剛之、白畠伸宏、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、池田昌弘:C型慢性肝炎に対するPeg-IFNα2a治療。大阪肝臓を語る会、大阪府大阪市、2004年10月

上田高志、道田知樹、池田昌弘:内視鏡的粘膜下切開剥離法で切除した異所性胃腺。第349会大阪胃研究会、大阪府大阪市、2004年7月

阪森亮太郎、上田高志、中川瑠美子、里見絵理子、道田知樹、山本佳司、加藤道夫、池田昌弘:当院におけるB型慢性肝炎に対する治療の現状。第24回OLM研究会、大阪府大阪市、2004年2月

阪森亮太郎、道田知樹、池田昌弘:早期胃癌に対する内視鏡治療-ESD導入に伴う適応拡大と今後の展開。第7回臨床プロジェクト検討会、大阪府大阪市、2004年8月

道田知樹、阪森亮太郎、上田高志、中川瑠美子、中村剛之、分島一、伊与田賢也、里見絵理子、池田昌弘:切開・剥離法での、治療の各局面に応じた止血法の選択。第8回内視鏡治療研究会、東京都東京地方、2004年1月

道田知樹、阪森亮太郎、池田昌弘:胃癌EMR手技部位別切除法。第1回近畿消化管内視鏡治療研究会、大阪府大阪市、2004年1月

B-8
伊与田賢也、加藤道夫、上田高志、中村剛之、泉裕子、白畠伸宏、分島一、里見絵理子、道田知樹、結城暢一、山本佳司、池田昌弘:C型慢性肝炎に対するIFN治療後の長期経過と肝発癌。第1回国立年金ジョイントカンファレンス、大阪府、2004年12月

伊与田賢也:わかりやすい肝臓病の話 肝硬変と肝臓がん。大阪健康セミナー、大阪府大阪市(当院)、2004年11月

伊与田賢也:肝臓病の検査。肝臓病教室、大阪府大阪市(当院)、2004年9月

阪森亮太郎、道田知樹:早期胃癌に対する内視鏡治療。大阪大学第1内科プロジェクト研究会、大阪府大阪市、2004年9月

里見絵理子:緩和ケアチーム「がんサポートチーム」の大阪医療センターでの活動体制。国立病院機構近畿ブロックがん看護セミナー、大阪府大阪市、2004年11月

道田知樹:Endoscopic submucosal dissection-ここがポイントだ−。第1回GIイノベーション、大阪府大阪市、2004年5月

道田知樹:早期胃癌に対する内視鏡治療。第1回大阪健康セミナー、大阪府大阪市、2004年6月

道田知樹:早期胃癌に対するEMR。南大阪消化器フォーラム、大阪府堺市、2004年7月

道田知樹:早期胃癌に対するEMR。OGM、大阪府大阪市、2004年10月

道田知樹:早期胃癌に対する内視鏡治療。大阪市立大学内視鏡治療研究会、大阪府大阪市、2004年9月

道田知樹:部位別ESD戦略。第3回近畿消化管内視鏡治療研究会、大阪府大阪市、2004年3月

道田知樹:ESD困難例。第4回近畿消化管内視鏡治療研究会、大阪府大阪市、2004年5月

道田知樹:ESD偶発症例。第5回近畿消化管内視鏡治療研究会、大阪府大阪市、2004年7月

道田知樹:EMR deviceの使い分け。第6回近畿消化管内視鏡治療研究会、兵庫県神戸市、2004年11月

結城暢一:B型肝炎最近の話題。アボットフェア学術講演会、大阪府大阪市、2004年3月

結城暢一:B型肝炎研究最近の話題−Occult HBV感染病態と抗ウイルス治療、アボット肝炎セミナー、大阪府大阪市、2004年6月

結城暢一:B型肝炎研究の進歩。和歌山肝炎セミナー、和歌山県和歌山市、2004年10月