小児科

多和昭雄

 小児科では、以下の疾患に重点的に取り組んでいる。
新生児医療:先天性脳神経疾患の新生児、血液、内分泌・代謝疾患の母親から出生した新生児、健康新生児ならびに病的新生児、HIV母子感染予防。
高度小児専門医療:先天異常、奇形、骨系統疾患、発育・発達障害、血液、がん、消化器、内分泌、膠原病、アレルギー、神経、心身症、感染症(HIV感染症を含む)。
成人化した小児難病治療:小児難病患者の内科専門外来への円滑なバトンタッチ。
 臨床研究として、全国規模のgroup studyである小児白血病研究会(JACLS)およびinter-group studyである日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)の参加施設として白血病・悪性リンパ腫に関する治療研究を行っている。なかでも未分化大細胞性リンパ腫などの希少疾患に関しては国際的多施設共同研究にも参加している。脳腫瘍は小児脳腫瘍コンソーシアムに参加し治療研究をおこなっており、その他の小児がん、特発性血小板減少症、栄養・消化器、膠原病、神経疾患に関しては、大阪近隣の施設と連携した治療研究を行っている。いずれの場合も治療に直結した実践的な医療、患者のQOLの改善に資するための研究を心がけている。また、厚生労働省「HIV感染妊婦の早期診断と治療および母子感染予防に関する基礎的・臨床的研究」班、厚生労働省がん研究助成金「小児の難治性白血病、骨髄異形成症候群におけるゲノム異常解析と治療法に関する研究」班、厚生労働科学研究費がん臨床研究事業「小児造血器腫瘍の標準的治療の確立に関する研究」班、研究協力者として参加している。

【平成16年研究発表業績】
A-2
多和昭雄:小児急性骨髄性白血病 AML 99 protocol 寛解導入療法A、「エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック」有吉寛、318-319、メディカルレビュー社、大阪、2004年8月

A-4
多和昭雄、月本一郎:急性骨髄性白血病のリスク分類に基づいた層別化治療。日小血会誌 18:200-209,2004

B-4
廣瀬衣子、犬飼岳史、稲葉俊哉、黒澤秀光、濱麻人、陳基明、永利義久、大塚欣敏、稲田浩子、今泉益泉、斎藤正博、川村尚久、多和昭雄、小田慈、柳井文男、宮島雄二、大竹正俊、宮地良介、森本哲、杉田完爾、中澤眞平:高カルシウム血症を合併した小児急性リンパ性白血病の検討。第46回日本臨床血液学会総会、京都、2004年9月

今泉益栄、多和昭雄、花田良二、土田昌宏、田渕健、小林良二、森本哲、中山秀樹、浜本和子、工藤寿子、矢部普正、気賀沢寿人、堀部敬三、土屋滋、月本一郎:急性前骨髄球性白血病に対するAML99-M3 プロトコール治療成績の予備的解析。第46回日本小児血液学会、京都、2004年11月

嶋田明、林泰秀、竹谷健、滝智彦、田渕健、花田良二、多和昭雄、土田昌宏、堀部敬三、月本一郎:AML99 プロコール登録症例におけるFLT3遺伝子異常の解析。第46回日本小児血液学会、京都、2004年11月

塚原優己、和田裕一、箕浦茂樹、蓮尾泰之、國方徹也、葛西健郎、井村総一、尾崎由和、北村勝彦、稲葉憲之:わが国におけるHIV母子感染の現状(2)−全国産婦人科施設に対する調査成績−。第40回日本周産期・新生児医学会、東京、2004年7月

國方徹也、箕浦茂樹、井村総一、葛西健郎、和田裕一、蓮尾泰之、塚原優己、北村勝彦、尾崎由和、稲葉憲之:わが国におけるHIV母子感染の現状(3)−全国小児科施設に対する調査成績−。第40回日本周産期・新生児医学会、東京、2004年7月

B-6
笹野衣理、寺田志津子、尾崎由和、多和昭雄:HIV陽性の母から出生した新生児についての検討。第240回NMCS例会、大阪、2004年2月

多和昭雄:小児血液疾患のキャリーオーバー。第7回こどもの成長を考える大阪フォーラム、大阪、2004年7月

多和昭雄:第一再発で移植後再び骨髄再発をきたしたAMLの男児例。第42回小児がんカンファレンス、大阪、2004年7月

B-8
尾崎由和:子供の発達。第3回おおさか健康セミナー、大阪、2004年7月

寺田志津子:子供の発熱。第3回おおさか健康セミナー、大阪、2004年7月

多和昭雄:急性骨髄性白血病(AML)。小児白血病セッションin関西、大阪、2004年8月