総合内科

東堂龍平

 総合内科は、脳循環・高血圧グループ、腎臓グループ、糖尿病グループ、血液グループ、呼吸器グループの5グループで構成されており、以下に各グループ別に述べる。

脳循環・高血圧グループ
 脳血管障害、高血圧の診断、治療、予防戦略面から、臨床的、基礎的研究をおこなっている。平成15年度には動脈壁不安定プラークの昨日画像診断の臨床実用化に関する研究(循環器病委託研究)、高血圧の大規模臨床試験研究施行のための総合的研究、家庭血圧に基づいた高血圧の至適治療に関する大規模研究(効果的医療技術確立推進臨床研究)を主テーマとして取り組んできた。

腎臓グループ
 当グループでは、腎疾患、とりわけ慢性腎炎についてその診断と治療に積極的に取り組んでいる。また進行性腎障害の管理、慢性腎不全の合併症の予防と治療に取り組んでいる。
 IgA腎症における腎組織病変のスコアー化と治療指針作成に関する研究(国立病院共同臨床研究)、IgA腎症に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬の効果に関する研究(厚生科学研究事業)、腎血流ドプラ法による慢性糸球体腎炎における尿細管間質病変の評価などが主テーマである。

糖尿病グループ
 内分泌・代謝疾患としての糖尿病と腎臓病としての糖尿病性腎症の2つの政策医療に関連して、臨床的、基礎的研究を行っている。
 厚生科学研究として、糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究(JDCS)に取り組んでいる。また、政策医療ネットワーク共同臨床研究として、2型糖尿病の二次予防、三次予防に関する多施設前向き疫学研究、糖尿病・耐糖能障害の心、腎、血管合併症に対する最適な薬物療法の確立、日本における糖尿病教育アウトカム指標の開発、糖尿病足病変の発症予防と治療に関する集学的研究、全国規模で構築されたデータベース解析による糖尿病性腎症進展抑制と治療指針作成のための研究(家庭血圧管理法)などに取り組んでいる。

血流グループ
 政策医療(血液・造血器疾患ネットワーク)の近畿地区基幹医療施設、日本血液学会認定研修施設でもある。スタッフは臨床血液学を専門とする医師と無菌室看護など卓越した専門技術を有する看護師およびコメディカルで構成される。造血器悪性疾患の化学療法、自家および同種造血血幹細胞移植も行っている。関連大学院(複数)のみならず近辺の血液を専門とする施設とも密接な関連を持ち、最新の情報を交換、最新の医療を行っている。

呼吸器グループ
 呼吸器疾患は、人口の高齢化や大気汚染や喫煙により、悪性腫瘍や慢性閉塞性肺疾患が増加している。今後、禁煙運動、早期発見に努めて関連病院(独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センター、刀根山病院など)とも密接に情報交換し、事実に裏付けられた最新の医療を行っていく。

【平成16年研究発表業績】
A-0
SAKAMOTO F, TAKI H, YAMAGATA T, TUKURIMICHI S, IKEDA M, SUGIURA T, WADA A, FUKUHARA Y, ETANI H, TODO R:Emphysematous Cystitis with Severe Hemorrhagic Anemia Resulting from Diabetes Mellitus Type 2. Internal Medicine 43(4):315-318,2004

SUGIURA T, NAKAMORI A, WADA A, FUKUHARA Y:Evaluation of tubulointerstitial injury by Doppler ultrasonography in glomerular diseases, Clin Nephrol 61:119-126,2004

HASHIMOTO H, KITAGAWA K, HOUGAKU H, ETANI H, HORI M:Relationship between C-reactive protein and progression of early carotid atherosclerosis in hypertensive subjects. Stroke 35:1625-1630,2004

KAJI T, KUGE Y, YOKOTA C, TAGAYA M, INOUE H, SHIGA T, MINEMATSU K, TAMAKI N:Characterization of [123I] iomazenil distribution in a rat model of focal cerebral ischemia in comparison with pathophysiological findings. Eur J Nucl Med Mol Imaging 31:64-70,2004

A-1
東堂龍平:第5回患者情報室勉強会 糖尿病入門、COLM 2004年1月発行

A-2
東堂龍平:糖尿病100例に学ぶ第13章糖尿病網膜症、監修河盛隆造、山崎義光、編集 久保田稔、梶本佳孝、松久宗英、287-305、永井書店、2004年5月10日発行

A-3
中森綾、杉浦寿央、和田晃、福原吉典:維持透析中に著明な低カリウム血症を呈した1症例、透析会誌37:1665-1669,2004

A-4
永野恵子:PFOとDVTによる奇異性脳梗塞症−下肢静脈エコー脳梗塞−「Cardiovascular Med−Surg」小柳仁、第6巻第4号35-39、2004,11 メディカルレビュー社

A-5
山田信博、斉藤康、小田原雅人、井藤英喜、豊永哲至、山下英俊、佐藤麻子、阿部隆三、藤田芳邦、大橋靖夫、石橋俊、松岡健平、宮川潤一郎、野田光彦、山崎義光、曽根博仁、笈田耕治、東堂龍平:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究(Japan Diabetes Complications Study; JDCS)、厚生科学研究費(21世紀型医療開拓研究事業)総括研究報告書 p2-15、2004年3月

東堂龍平:高度総合医療施設における電子カルテ実用化と評価に関する研究:国立大阪病院総合内科における電子カルテ評価基準作成の試み。平成15年度厚生労働科学研究費補助金、医療技術総合評価研究事業分担研究報告書、p11-20、2004年3月 

恵谷秀紀:高血圧における末梢血Monocyte chemotactic protein-1濃度の臨床的意義について、厚生労働科学研究費補助金(効果的医療技術の確立推進臨床研究事業:家庭血圧にもとづいた高血圧の至適治療に関する大規模臨床研究:主任研究者 河野雄平)平成15年度分担研究報告書、p47、2004年4月

A-6
東堂龍平:第5回患者情報室勉強会 糖尿病入門、会報誌COML 171(11):8-9 2004

HASHIMOTO H, KITAGAWA K, ETANI H:Optimal population for the measurement of high-sensitivity C-reactive protein. 2004, Commentary for International Atherosclerosis Society Website (WWW.athero.org).

B-4
岡林千登、岡本万里子、沼田絵里、奥野明美、作道清香、瀧秀樹、東堂龍平:2泊3日糖尿病教育入院の教育効果の評価。第47回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、2004年5月

吉間陽子、作道清香、瀧秀樹、東堂龍平:糖尿病領域の臨床評価指標の試行。第47回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、2004年5月

西村元伸、小出信澄、山田研一、東堂龍平:糖尿病性腎症における家庭血圧の測定意義と、candesartan(CA)の降圧効果に対する遺伝因子の影響。第47回日本糖尿病学会年次学術集会、東京、2004年5月

西村元伸、小出信澄、山田研一、東堂龍平:全国規模で構築されたデータベース解析による糖尿病性腎症進展抑制と治療指針作成のための研究 −治療薬効果を最大限に引き出すための家庭血圧管理法と患者指導法の確立−。第16回日本糖尿病性腎症研究会、東京、2004年12月

長尾加奈子、鞍田三貴、大池教子、的場美智子、藤本亜紀、喜井三佐代、西田ひとみ、成田英子、山口裕子、深井照美、北村良雄、上野裕之、分島一、東堂龍平、辻仲利政:国立病院における全科型NSTの看護師の役割〜入院時SGAの使用経験〜。第19回日本静脈経腸栄養学会、大阪、2004年1月

的場美智子、森田有美、野崎恭子、藤田朋子、真鍋悟、鞍田三貴、角谷勲、笹山久美代、福井久美子、東堂龍平、沢村敏郎、辻仲利政:入院患者の栄養状態スクリーニング方(SGA:subjective global assessment)の検討。第26回日本臨床栄養学会総会、大阪、2004年10月

杉浦寿央、作道広樹、中森綾、和田晃、福原吉典:糸球体疾患における尿細管間質病変の腎血流ドプラによる評価。第101回日本内科学会講演会、東京、2004年4月

古松慶之、勝二達也、和田晃、山内淳、今井圓裕、椿原美春:RAASに対するtriple blockadeによる腎炎治療の可能性。第47回日本腎臓学会学術総会、宇都宮、2004年5月

勝二達也、冨田弘道、古松慶之、金子哲也、戸川雅樹、岡田倫之、和田晃、今井圓裕、椿原美春:早期慢性腎不全患者に対するクレメジンの腎不全進行抑制効果。第47回日本腎臓学会学術総会、宇都宮、2004年5月

作道広樹、中森綾、杉浦寿央、和田晃、福原吉典:急速な腎機能低下をきたし血液透析に導入されたB型慢性肝炎の1例。第49回日本透析医学会年次学術集会、神戸、2004年6月

藤原美都、多賀谷昌史、橋本弘行、大江洋介、杉山幸生、安部裕子、木村泰之、恵谷秀紀:担がん患者に発症した急性期脳梗塞の検討。第29回日本脳卒中学会総会、名古屋市、2004年3月

橋本弘行、多賀谷昌史、杉山幸生、藤原美都、恵谷秀紀:急性期症候性頚動脈プラークと無症候性プラークのコンピュータ画像診断による比較検討。第23回日本脳神経超音波学会、久留米市、2004年6月

河野雄平、万波俊文、小島俊一、恵谷秀紀、斎藤大治、土橋卓也、品川達夫、桑島巌、滝下修一、佐藤一洋、佐藤俊哉、柊山幸四郎、友池仁暢:家庭血圧に基づいた高血圧の臨床試験(HOSP研究):Pilot studyの中間結果とMain studyの概要。第27回日本高血圧学会総会、宇都宮市、2004年10月

佐竹裕美子、鉄谷麻美子、池田弘和、井上信正:Rituximabによるin vivo purging併用自家末梢血幹細胞移植を施行した進行期濾胞性リンパ腫の2例。第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会(同時開催)、京都、2004年9月

B-5
永野恵子:超音波診断における下肢静脈血栓、第4回血管ドック研究会、千葉市、2004年11月

永野恵子:パネルディスカッション、深部静脈血栓症及び肺塞栓症の成因と予防ガイドライン「DVTと奇異性脳塞栓症」。第7回日本栓子検出と治療学会、横浜市、2004年12月

永野恵子:コンセンサスミーティング、肺塞栓予防用大静脈フィルターの適応とその管理、塞栓源検索のための下肢静脈エコー標準化(案)。第7回日本栓子検出と治療学会、横浜市、2004年12月

B-6
吉間陽子、瀧秀樹、杉浦寿央、高原充佳、難波奈々、作道広樹、和田晃、福原吉典、東堂龍平:プレドニゾロンが有効であった抗インスリン抗体陽性糖尿病腎症の1例。第41回日本糖尿病学会近畿地方会、大阪、2004年11月

吉間陽子、瀧秀樹、東堂龍平、作道広樹、杉浦寿央、和田晃、福原吉典:高血糖・低血糖を繰り返した抗インスリン抗体陽性糖尿病性腎症の1例。第34回日本腎臓学会西部学術大会、岡山、2004年10月

沢村敏郎、鞍田三貴、笹山久美代、東堂龍平、辻仲利政:国立病院大阪医療センターにおける全科型NST活動開始10ヶ月目の報告。第14回近畿輸液・栄養研究会、大阪、2004年9月

恵谷秀紀:リスクマネージャーを看護職で設置した効果、医師の立場から。第46回近畿地区国立病院看護学会、大阪市、2004年9月

井上信正、鉄谷麻美子、佐竹裕美子、池田弘和、松渕登代子:ホジキンリンパ腫加療中に発症したB細胞性非ホジキンリンパ腫の1例。第81回近畿血液学地方会、大阪、2004年7月

B-8
東堂龍平:糖尿病の注意すべき病態と最近の治療薬。南地区医師会第1回なにわDoctor’s Network 4月例会、大阪、2004年4月

東堂龍平:NSTに関連したわかりやすい糖尿病の話。NSTセミナー、大阪、2004年10月

東堂龍平:糖尿病入門。第5回患者情報室勉強会、大阪、2004年10月

瀧秀樹:病態情報内科学基幹病院の現況。内分泌代謝セミナー、大阪、2004年1月

瀧秀樹:糖尿病の診断と治療。平成16年度日本医師会生涯教育講座、大阪、2004年10月

阿部亨:呼吸器疾患の診断と治療。平成16年度日本医師会生涯教育講座、大阪、2004年10月