薬 剤 科

赤野威彦

 独立行政法人化を迎えた薬剤科は、科員一人一人が危機意識を持ち、経営改善への積極的な取組みと患者中心の医療を目指し、医師、看護師、また他の多くの職種の方々の協力と指導を得ながら、医療の最前線で役割と専門的知識を駆使し、評価を確立すべく病棟への業務展開と医薬品管理・情報管理に日々努力している。
 薬剤科の特徴
 1. 病棟業務(薬剤管理指導業務・病棟薬品管理業務)
  患者個々の薬物療法に参画し、医薬品情報の提供と薬学的管理に基づいた情報の収集・評価・蓄積によって、医薬品の適性使用を支援する薬剤管理指導業務については全病棟に拡大するまでに至っている。
  本年7月より1フロアーを1チームで管理し、少なくとも1名は常勤体制で病棟に於ける医薬品のリスクマネジメント管理、適正な医薬品管理等を実施するために病棟への拡大を図っていく。
 2. IVH・抗癌剤の無菌調製
  感染対策上よりも注射薬の混合調製については、無菌室・クリームベンチ・安全キャビネット内での調製が「良質の医薬品の供給」と言う意味でも最良である。
 現在は月間に660本近く無菌調製を行っている。抗癌剤に関しては平成14年7月に外来化学療法室が開設され現在、外科・内科・婦人科・消化器科等の全外来患者を対象に月間700本の抗癌剤無菌調製を行っている。
 3. 情報管理(収集・提供)
 情報化社会の現在で医療の中で取り扱う情報のすべては、医薬品の使用者である患者の有効性・安全性を確保し、『医薬品の適正使用』にいかに貢献することであり、当薬剤科においても情報の収集・整理・提供について、常置している。
 4. 治験業務
  適正な治験実施については、国際的な評価に値する臨床データの作成がもとめられており、厚生労働省としても新GCPに基づく治験の実施にかかわる指導を強化しているところである。当薬剤科にあっても治験支援業務を行うCRC(Clinical Research Coordinator)を新たな病院薬剤師業務として位置付け、治験主任薬剤師、その他専門薬剤師2名を配置している。
 5. 医薬品適性使用より(くすりの相談室の充実)
  現在、薬剤科では政策医療のひとつでもあるHIV患者さんに対するコーディネーターとして定員2名体制である。「HIV感染患者に対する服薬指導」は、入院患者さんは基より外来患者さんには“くすりの相談室”を通じて積極的に実施し、増加しつつある患者に対応し、何時でも気軽に訪れ易い環境整備を図っている。
 6. 卒前・卒後教育の充実
  薬学生、開局薬剤師及び多施設薬剤師・厚生労働省(日本薬剤研修センター)薬剤師実務研修生の教育
【平成16年研究発表業績】
A-3
吉野宗宏:エファビレンツの薬物血中濃度の測定とその臨床的意義。医療 February 2004 Vol.58 P99-101,2004年2月

B-4
吉野宗宏、永井聡子:当院におけるアバカビルの使用経験。第18回近畿エイズ研究会、大阪、2004年6月

後藤拓也、齋藤誠、中井正彦、軍司剛宏、川戸順之、小竹武、高田充隆、柴川正彦:循環器用薬のTDMによる投与量の適正化に関する研究。第14回日本医療薬学会年会、幕張、2004年10月

吉野宗宏、永井聡子:当院における院外処方箋発行の取り組みと課題。第18回日本エイズ学会、静岡、2004年12月

吉野宗宏、永井聡子:当院における硫酸アタザナビルの使用経験。第18回日本エイズ学会、静岡、2004年12月

B-5
吉野宗宏:抗HIV薬の服薬指導の実際。平成15年度エイズブロック拠点病院HIV/エイズ看護研修、大阪、2004年2月

吉野宗宏:最近の抗HIV薬について。滋賀県HIV臨床ネットワーク連絡会、滋賀、2004年2月

吉野宗宏:抗HIV薬の服薬指導と院外処方について。神戸市立中央市民病院、神戸、2004年5月

吉野宗宏:HIV/エイズの治療薬について。独立行政法人国立病院機構姫路医療センター、姫路、2004年6月

齋藤誠:当院におけるワーファリン教室の役割。独立行政法人国立病院機構大阪医療センター循環器看護プロジェクト、大阪、2004年7月

齋藤誠:狭心症、心筋梗塞に対する薬物治療。独立行政法人国立病院機構大阪医療センター循環器看護プロジェクト、大阪、2004年7月

政道修二:当院における共同研究、知的財産制度について。産学官連携セミナー「産学官連携はこう変わる」、大阪、2004年7月

吉野宗宏:上手なお薬のつきあい方。阪急百貨店健康セミナー、大阪、2004年8月

吉野宗宏:抗HIV薬について。独立行政法人国立病院機構大阪医療センターHIV/AIDS看護プロジェクト、大阪、2004年9月

吉野宗宏:最新の抗HIV薬について 1日1回投与。 院外薬局薬剤師対象、大阪、2004年9月

吉野宗宏:抗HIV薬の服薬指導の実際。平成16年度エイズブロック拠点病院HIV/エイズ看護研修大阪、2004年10月

吉野宗宏:最新の抗HIV薬の服薬指導と1日1回投与について。神戸市立中央市民病院、神戸、2004年11月

吉野宗宏:抗HIV薬の服薬指導の実際。平成16年度エイズブロック拠点病院HIV/エイズ看護研修、大阪、2004年11月

B-6
田路章博、福田利明、上野裕之、北村良雄、赤野威彦、笹山久美子、樋口久子、沢村敏郎:当院外科におけるPCC(Palliative Care Conference)チームならびにその中での薬剤師の役割。第22回日本病院薬剤師会近畿学術大会、大津、2004年1月

北川智子、堀川裕子、羽田かおる、豊田俊江、森下典子、政道修二、是恒之宏、楠岡英雄:治験実施管理におけるワークシート作成への留意点。第25回日本病院薬剤師会近畿学術大会、大津、2004年1月

矢倉裕樹輝、永井聡子、吉野宗宏、白阪琢磨、齋藤誠、北村良雄、赤野威彦:HIV患者におけるST合剤の過敏症と脱感作療法、第25回日本病院薬剤師会近畿学術大会、大津、2004年1月

吉野宗宏:ブロックにおける病院連携とブロック拠点の役割 薬剤師の立場から。大阪、2004年12月