眼 科

斉藤喜博

当院における研究はその豊富な手術件数をもとにした多くの臨床症例による臨床研究が主になっている。大阪随一とされる網膜硝子体疾患の分野では糖尿病網膜症や網膜剥離の治療成績、黄斑部疾患の治療成績や視機能評価法、稀な網膜・硝子体疾患の症例報告、緑内障疾患においては難治である血管新生緑内障の治療成績、ぶどう膜炎に続発した緑内障に対する解析、悪性リンパ腫への治療成績、各種眼内レンズの使用比較から術後の晩期合併症などの研究をおこなっている。
さらに当院の特徴のひとつであるAIDS基幹病院の眼科として、サイトメガロウイルス網膜炎などAIDSの眼合併症に対する症例報告や治療成績をはじめとする臨床研究にも取り組んでおり、また角膜疾患やぶどう膜炎の治療、眼科画像データのデジタル化ならびにデータベース作成においても最先端の研究成果をあげている。
また他施設との共同研究として眼カラードップラーを用いた糖尿病網膜症や他の眼疾患と全身疾患との関連の眼循環の研究、カリジノゲナーゼの薬効に関する研究などをおこなっている。
さらに厚生労働省の推し進める国立病院機構の感覚器疾患政策医療ネットワークの一員として、緑内障および加齢黄斑変性の遺伝子解析の研究と、ドライアイおよび白内障のQOLについての共同研究も積極的に推し進め、将来の最先端の治療を提供すべく鋭意奮闘中である。
このように国内外を問わず、さまざまな学会報告や論文投稿、医学書の執筆がなされている。

【2005年研究発表業績】
A-0
SAITO Y,UEKI N,HAMANAKA N,SHIOTANI Y,NAKAE K,KIUCHI Y.Transient Optic Disc Edema by Vitreous Traction in a Quiescent Eye with Proliferative Diabetic Retinopathy Mimicking Diabetic Papillopathy.Retina.25:83-4,2005

FUJIOKA S,KARASHIMA K,INOUE A,TAKAMI H,NISHIKAWA N,SAITO Y.Case of infectious endocarditis predicted by orbital color Doppler imaging.Jpn J Ophthalmol.49:46-8.2005

SAWA M,OHJI M,KUSAKA S,SAKAGUCHI H,GOMI F,SAITO Y,TANO Y.Nonvitrectomizing vitreous surgery for epiretinal membrane long-term follow-up.Ophthalmology.112:1402-8.2005

SAKIMOTO S,GOMI F,SAKAGUCHI H,TANO Y.Recurrent Retinal Angiomatous Proliferation after Surgical Ablation.Am J Ophthalmol 139:917-918.2005

NAKATA K,CRABB JW,HOLLYFIELD JG.Crystallin distribution in Bruch's membrane-choroid complex from AMD and age-matched donor eyes.Exp Eye Res.80:821-6.2005

A-2
斉藤喜博:黄斑病変の手術治療 特発性黄斑円孔(解説/特集):樋田哲夫編、「眼科プラクティス2巻、黄斑疾患の病態理解と治療」Page244-247文光堂、東京、2005.03)

中田亙:術後眼内炎の予防 ハイリスク患者の扱い アトピー性皮膚炎、大鹿哲郎編、「眼科プラクティス 1巻、術後眼内炎」. p146-149 文光堂、東京、2005.1.

中田亙、日下俊次:網膜硝子体所見の捉え方と描き方 外傷眼と術後早期の眼底観察、田野保雄編、「眼科プラクティス 4巻、眼科所見の捉え方と描き方」.p126-127文光堂、東京、2005.7.

中田亙、日下俊次:網膜硝子体所見の捉え方と描き方 ガスタンポナーデ眼の眼底検査、田野保雄編、「眼科プラクティス 4巻、眼科所見の捉え方と描き方」.p128文光堂、東京、2005.7

斉藤喜博:硝子体手術、吉田晃敏編 「すぐに役立つ眼科診療の知識」金原出版2005.9.30

A-3
木内良明、長谷川利英、原田純、奥村真理子、藤本雅彦、斉藤喜博、岡田康平:Ahmad glaucoma valveを挿入した難治性緑内障の術後経過。臨床眼科 59:433-436.2005

崎元晋、大鳥安正、岡田正喜、三木篤也、田野保雄:ステロイド緑内障を合併したPosner-Schlossman症候群の2症例.眼紀 56:640-644,2005.

田中雅子、森脇信、斉藤喜博:急激な血糖コントロール後に悪化した糖尿病網膜症の可逆性と予後。臨床眼科59:659-662.2005

西田健太郎、斉藤喜博、高橋睦、北口善之、濱中紀子、阪本吉広、中江一人、岡田康平、塩谷易之、木内良明:インドシアニングリーンを用いた内境界膜剥離術後に視野障害を認めた2症例.眼紀56:925-930.2004

北口善之、斉藤喜博、中江一人、阪本吉広、濱中紀子、西田健太郎、高橋睦、岡田康平、塩谷易之:両眼に胞状網膜剥離をきたした腎性網膜症の1例。臨床眼科59:1119-1123.2005

A-4
阪本吉広、斉藤喜博:【透析患者の眼】 網膜色素上皮症(解説/特集)。臨床透析21:675-679.2005

B-2
SAKIMOTO S,OHGURO N,SAISHIN Y,KAMEI M,TANO Y:Two Cases Of Delayed-Onset Endophthalmitis Caused By Propionibacterium.4th International Conference on Ocular Infections,Sapporo.2006.Oct1-4

B-3
喜多美穂里、栗山晶治、斉藤喜博、日下俊次、塚原康友、安原徹、根木昭:網膜剥離ファイトクラブ。第59回日本臨床眼科学会、札幌市、2005年10月 

斉藤喜博:糖尿病網膜症への硝子体手術2005update、第7回Ophthalmic surgery club in 熊本、熊本市、2005年5月

B-4
阪本吉広、斉藤喜博、高橋睦、北口善之、西田健太郎、濱中紀子、塩谷易之、中江一人:サイトメガロウィルス網膜炎後に裂孔原性網膜剥離を発症した2症例、第28回日本眼科手術学会総会 大阪 2005年1月

濱中紀子、中江一人、塩谷易之、阪本吉広、西田健太郎、北口善之、高橋睦、斉藤喜博:眼内レンズ脱臼・亜脱臼症例の検討、第28回日本眼科手術学会総会 大阪、2005年1月

藤岡佐由里、辛島薫子、西川憲清、斉藤喜博:糖尿病網膜症における網膜中心動脈・静脈の流速比と関連因子の検討、第11回糖尿病眼学会総会 名古屋市、2005年3月 

藤岡佐由里、辛島薫子、西川憲清、斉藤喜博:糖尿病患者における全身合併症治療前後の眼窩カラードップラ血流検査所見、第109回日本眼科学会総会 京都市、2005年3月 

金子兵、劉暁強、内田飛香、伊藤重雄、西田健太郎、斉藤喜博、直井信久:クリスタリン網膜症患者におけるCYP4V2遺伝子の解析、第109回日本眼科学会総会 京都市、2005年3月 

藤岡佐由里、辛島薫子、西川憲清、斉藤喜博:糖尿病患者における全身合併症治療前後の眼窩カラードップラ血流検査所見 、第109回日本眼科学会総会 京都市、2005年3月 

西田健太郎、斉藤喜博、高橋睦、北口善之、中田亙、濱中紀子、阪本吉広、中江一人、久保田泰隆、木内良明:糖尿病網膜症に対する硝子体手術後の高眼圧症についての9年前と近年との比較、第59回日本臨床眼科学会、札幌市、2005年10月 

西田健太郎、斉藤喜博、中田亙、濱中紀子、中江一人:糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体トリプル術後の血管新生緑内障、第44回日本網膜硝子体学会、大阪、2005年12月

崎元晋、西田幸二、堀裕一、大鳥安正、前田直之、田野保雄:後部多形性角膜ジストロフィにおける臨床病型の検討、第109回日本眼科学会総会、京都市、2005年3月

B-5
斉藤喜博:私の硝子体手術は○○流、パネリスト、第9回Neo Surgeon Fight Club 大阪市、2005年6月 

B-6
高橋睦、北口善之、西田健太郎、中田亙、濱中紀子、阪本吉広、中江一人、斉藤喜博:偽水晶体性防腐剤黄斑症をきたした一例、第344回大阪眼科集談会、大阪、2005年2月

斉藤喜博:ILMってムズカシイ。第28回retinaの会、札幌市、2005年10月
B-8
斉藤喜博:黄斑疾患の機能的変化、診断と治療、第8回大阪北地区眼科病診連携の会 大阪市、2005年10月