外 科

辻仲利政

国立病院機構大阪医療センター外科は、がん治療および外科治療における標準治療確立と先進医療の開発を目指している。高度総合医療施設として、ほとんどの疾患およびがん腫に対して専門性の高い治療が可能であるが、一方でがん専門施設とは異なり各種の合併症を有する患者に対しても治療可能な体制となっている。外科療法に加えて放射線療法や抗がん剤治療を組み合わせた集学的治療を推進している。また、教育研修病院として多くの臨床研修医を引き受け、医学生の卒前教育を担当して臨床医学教育に貢献している。臨床研究および共同研究を積極的に行い、根拠のある治療の確立を目指している。公平で客観的な立場から新薬や市販後薬剤の評価、標準的な外科およびがん治療の検証を任務としている。
以下の方針に基づいた研究活動を行ってきた。
1)専門性および先進性の高い医療(臓器別専門治療体制)
2)医療の質の向上とチーム医療の推進(クリニカルパスの推進、緩和および栄養カンファレンスの開催、外来化学療法室の運営、NSTおよびがんサポートチーム活動)
3)標準治療の確立(臨床研究および共同研究の推進、公的研究費による研究班への参加、治験への推進)
研究として価値が高いのは、過去のデータをまとめたretrospective studyやcase reportではなく、きっちりと研究計画を立てて行われたprospective studyやrandomized control studyである。臨床共同研究においては研究計画に基づいた研究が行われるのは当然であるが、自施設における自主研究のおいても計画研究が必要である。本年度は、共同研究において得られた結果を分担発表および執筆することが出来た。また、自施設の計画研究の結果も英文誌に掲載された。従来から意図してきたことの成果がようやく得られるようになった。今後もこのような成果が継続して得られることが期待されている。
若手医師の教育を兼ねた研究発表も盛んに行っている。これも各分野の専門家であるスタッフの指導の結果である。また、チーム医療推進の結果として、看護師および薬剤師、栄養士による多くの学会発表を支援することができた。これも誇るべき成果である。
依頼講演や講師依頼の件数も非常に増加した。外部評価が高いことや先進医療に努めた成果であると判断している。病院評価を高めるためにも、出来る範囲で依頼を引き受けるようにしている
外科の基本は、質の高い外科手術である。安全で質の高い手術を行うため、絶えず切磋琢磨し、努力を重ねている。

【2005年研究発表業績】
A-0
KONDO M,NAGANO H,WADAH,DAMDINSUREN B,YAMAMOTO H,HIRAOKA N,EGUCHI H,MIYAMOTO A,YAMAMOTO T,OTA H,NAKAMURA M,MARUBASHI S,DONO K,UMESHITA K,NAKAMORI S,SAKON M,MONDEN M:Combination of IFN-alpha and 5-fluorouracil induces apoptosis through IFN-alpha/beta receptor in human hepatocellular carcinoma cells. Clin Cancer Res 11(3):1277-1286,2005年2月

DAMDINSUREN B,NAGANO H,KONDO M,YAMAMOTO H,HIRAOKA N,YAMAMOTO T,MARUBAYASHI S,MIYAMOTO A,UMEHASHI K,DONO K,NAKAMORI S, WAKASA K,SAKON M,MONDEN M:Expression of Id proteins in human hepatocellular carcinoma:relevance to tumor dedifferentiation.Int J Oncol 26(2):319-327,2005年2月

MARUHASHI S,DONO K,SAKON M,TAKAHASHI H,HASHIMOTO K,KUBOTA M,YAMAMOTO S,MIYAMOTO A,NAGANO H,NAKAMORI S,& UMESHITA K,MONDEN M:Portal venous reconstruction in a living liver donor with an anomalous hepatic arterial and portal venous anatomy.J Gastrointest Surg 9(3):365-368,2005年3月

OTA H,NAGANO H,SAKON M,EGUCHI H,KONDO M,YAMAMOTO T,NAKAMURA M,DANDINSUREN B,WADA H,MARUBASHI S,MIYAMOTO A,DONO K,UMESHITA K,NAKAMORI S,WAKASA K,MONDEN M:Treatment of hepatocellular carcinoma with major portal vein thrombosis by combined therapy with subcutaneous interferon-alpha and intra-arterial 5-fluorouracil;role of type 1 interferon receptor expression.Br J Cancer 95(5)557-564,2005年9月

HAYASHI S,DONO K,SHIMIZU J,MURAKAMI T,TAKAMURA M,KIM T,HORI M,LU Z,NAGANO H,NAKAMORI S,SAKON M,NAKAMURA H,MONDEN M:New measurement of hepatic blood flow by xenon CT system an animal study with PGE1.J Surg Res129(1):24-30,2005年11月

TAKAHASHI H,DONO K,MARUBASHI S,HASHIMOTO K,KUBOTA M,YAMAMOTO S,MIYAMOTO A,NAGANO H,UMESHITA K,NAKAMORI S,SAKON M,MONDEN M:Reconstruction of the middle hepatic vein in a modified right liver graft of living-donor liver transplantation while preserving the recipient's middle hepatic vein.Transplant Int 18(12):1386-1387,2005年12月

MISHIMA H:Sequential Treatment with Irinotecan and Doxifluridine:Optimal Dosing Schedule in Murine Models and in a Phase I Study for Metastatic Colorectal Cancer.Chemotherapy 51:32-39,2005年

FUJITANI K,NARAHARA H,TAKIUCHI H,TSUJINAKA T,SATOMI E,GOTOH M,HIRAO M,FURUKAWA H,and TAGUCI T:Phase I and pharmacokinetic study of S1 combined with weekly paclitaxel in patients with advanced gastric cancer.Oncology,Basel.69:414-420,2005年S.Karger AG.

HIRAO M,FUJITANI K,TSUJINAKA T:Delayed gastric emptying after distal gastrectomy for gastric cancer.Hepato-Gastroenterology 52:305-309,2005年

MASUDA T,KATAOKA A,OHNO S,MURAKAMI S,UTSUNOMIYA T,INOUE H,TSUTSUI S,KINOSHITA J,MASUDA N,MORIYAMA N,MORI M:Detection of occult cancer cell in preripheral blood and bone marrow by quantitative RT-PCR assay for cytokeratin-7 in breast cancer patients. Int.J.Oncology 26:721-730,2005年

IWATA H,NAKAMORI S,TOI M,SHIN E,MASUDA N,OHNO S,TAKATSUKA Y,HISAMATSU K,YAMAZAKI K,KUSAMA M,KAISE H,SATO Y,KUROI K,AKIYAMA F,TSUDA H,KUROSUMI M:Interim Analysis of a Phase II trial of cyclophosphamide,epirubicin and 5-fluorouracil(CEF) followed by docetaxel as preoperative chemotherapy for early stage breast carcinoma.BreastCancer 12(2):99-103,2005年

HIRAO M,TSUJINAKA T,TAKENO A,FUJITANI K,KURATA M:Patient-controlled dietary schedule improves clinical outcome after gastrectomy for gastric cancer World Journal of Surgery 29(7):853-857,2005年

HIRAO M,FUJITANI K,TSUJINAKA T,NAKAMORI S,SAWAMURA T,MISHIMA H,IKENAGA M,MASUDA N,KASHIWAZAKI M:Randomized clinical trial of R-Y vs rho-R-Y reconstruction after distal gastrectomy for gastric cancer-an interim report-.International proceeding of Gastric cancer congress 6:459-462,2005年Medimond

A-1
ENDO T,KUBOTA M,KONISHI Y,SHIMAMOTO K,TANAKA K,TSUNODA H,HASHIMOTO H,MASUDA N,MIZUTANI M,MORISHIMA I,TASUDA T,WATANABE Y,UENO E:Draft Diagnostic Guidelines for Non-Mass Image-Forming Lesions by the Japan Association of Breast and Thyroid Sonology (JABTS) and the Japan Society of Ultrasonics in Medicine:89-100,2005年 Springer-Verlag

A-2
中森正二:転移性肝癌。専門医のための消化器病学:418-424,2005年4月 医学書院

沢村敏郎:わかる身につく医療コミュニケーションスキル、2005年 メディカルレビュー

三嶋秀行:肛門扁平上皮癌治療の日本における現状とEBM。大腸疾患NOW2005:135-142,2005年、日本メディカルセンター

A-3
沢村敏郎:クレームに対応するためのかきくけこ。レジデントノート7(5):661-668,200年、羊土社

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:根治切除不能進行食道癌に対するNedaplatin/Adriamycin /5-FU(NAF)併用療法のPhase I Study。癌と化学療法32(1):53-56,2005年 癌と化学療法社

徳岡優佳、柏崎正樹、武田裕、蓮池康徳、三嶋秀行、池永雅一、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:大腸癌肝転移治癒切除例に対する5FU予防肝動注療法の検討。癌と化学療法31(11):1806-1808,2005年

沢村敏郎:悪い知らせを伝えるかきくけこ。レジデントノート7(4):505-512,2005年 羊土社

沢村敏郎:医療面接のあいうえお。レジデントノート7(3):386-392,2005年 羊土社

池永雅一、三嶋秀行、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:完全内臓逆位症に合併した大腸多発癌の1例。日本外科系連合会誌30(1):52-56,2005年

三嶋秀行:大腸癌の化学療法−レボホリナート・フルオウラシル持続静注療法の実際−。新薬と臨床54(7):2-17,2005年

三嶋秀行:直腸低位前方切除後のベーカー法。臨床外科60(10):1291-1296,2005年

池永雅一、関本貢嗣、山本浩文、池田正孝、三宅泰裕、金柄老、能浦真吾、永野浩昭、左近賢人、門田守人:妊娠中に診断された肝転移を伴う遺伝性非ポリポーシス大腸癌の1例。日本消化器外科学会誌38(6):722-727,2005年

A-4 
宮崎道彦:野澤真木子ほか論文に対するLetter to the Editor。日本大腸肛門病会誌58:230-230,2005年

宮崎道彦、豊原敏光、黒水丈次:Rectoceleに対する治療成績-Prospective study-(大きさと手術適応第2報)。日本大腸肛門病会誌 58:266-271,2005年5月

宮崎道彦:壁島康郎ほか論文に対するLetter to the Editor。日消外会誌38:103-103,2005年5月

ほう英峰、永野浩昭、金致完、太田英夫、山本為義、堂野恵三、梅下浩司、中森正二、左近賢人、門田守人:肝細胞癌切除後、孤立性リンパ節再発の1例。 外科67(5):600-605,2005年5月

浅岡忠史、近藤礎、永野浩昭、花田浩之、左近賢人、堂野恵三、梅下浩司、中森正二、若狭研一、門田守人:肝細胞癌と鑑別が困難であったalpha-fetoprotein産生胆嚢癌の1切除例。日本消化器外科学会雑誌 38(6):655-660,2005年6月

鈴木玲、池田正孝、畑泰司、真貝竜史、安井昌義、竹政伊知朗、山本浩文、関本貢嗣、門田守人、堀雅俊、大植雅之、中森正二、左近賢人:消化器癌術後の静脈血栓予防に対するダナパロイド投与の安全性と有効性の検討。Therapeutic Reseach 26(6):1202-1204,2005年6月

中森正二:腫瘍マーカー研究の新しい流れ。medicalforum CHUCAI 9(4):17-23,2005年7月

宮崎道彦、黒水丈次:遡及的観察によって直腸重積から移行したと考えられる完全直腸脱の一例。日外科連会誌30:775-779,2005年10月

井上聡子、森田有美、野崎恭子、的場美智子、鞍田三貴、沢村敏郎、辻仲利政:大阪医療センターNST依頼における終末期患者の背景。静脈経腸栄養学会誌、20増刊:173,2005年

山下晋也、平尾素宏、辻仲利政、沢村敏郎、中森正二、三嶋秀行、藤谷和正、池永雅一、柏ア正樹、増田慎三:NAF併用化学療法(Nedaplatin+Aderiamycin+5-Fluorouracil)が著効した原発不明頚部リンパ節扁平上皮癌の一例。癌と化学療法32(8),2005年

増田慎三、古妻嘉一、中谷守一、松並展輝、古川順康、中島直、竹川直哉、本田育子、田口哲也、西敏夫、畑埜武彦、寺田央、弥生恵司:大阪府におけるマンモグラフィ併用検診の現状と今後の課題。日本乳癌検診学会雑誌14(2):114-122,2005年

増田慎三:解説「科学的根拠に基づく乳がん診療ガイドライン(2003)」。今日の治療指針1571-1576,2005年 医学書院

辻仲利政:がん治療におけるインフォームドコンセント:基本原則と実践。臨床腫瘍プラクティス1(2):202-206,2005年

辻仲利政:経腸栄養・TPNモデル。Surgery Frontier 12(3):73-78,2005年

増田慎三:若年者乳癌における卵巣機能抑制と保持。治療学39(2):134-135,2005年

牧野知紀、増田慎三、竹田雅司、多根井智紀、真能正幸、辻仲利政:周術期化学療法を工夫した乳腺扁平上皮癌の2例。日本外科系連合学会雑誌30(5):716-722,2005年

辻仲利政:術後小腸瘻。手術59(10):1489-1493,2005年

藤谷和正、辻仲利政、平尾素宏、佐野武、笹子三津留:胃癌症例における減量手術の意義に関するアンケート調査―JCOG胃がん外科グループの検討―。日臨外会誌66(5):995-1000,2005年

藤谷和正、里見絵理子、竹野淳、平尾素宏、辻仲利政、中森正二、三嶋秀行、池永雅一、柏崎正樹、池田昌弘:進行胃癌による上部消化管癌性狭窄に対するステント療法の意義。癌と化学療法32(11):1623-1626,2005年 癌と化学療法社

A-5
柏ア正樹、武田裕、蓮池康徳、増田慎三、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:残膵再発病変を切除し得た膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC)の1例。癌と化学療法32(11):1863-1865,2005年 癌と化学療法社

池永雅一:直腸癌局所再発に対する積極的拡大切除の手術成績向上への工夫。手術59(4):531-539,2005年 金原出版

A-6
三嶋秀行:当院の化学療法におけるリスクマネジメントへの取り組み。「ACTIVE SUPPORT No.10」定期情報誌(発行:中外製薬株式会社)、大阪、2005年6月

増田慎三:Book review-外来がん化学療法Q&A。薬事47(3):152-152,2005年 じほう

B-2
TSUJINAKA T,FUJITANI K,TAKIUCHI H,NARAHARA H,TAMURA T,SATPMI M,FURUKAWA H,TAGUCHI T.:A PhaseT/U Study of S-1 Plus Paclitaxel in Patients with Advanced Gastric Cancer(OGSG 0105).2005 Bangkok In vestigators Workshop,Bangkok,2005年1月

NAKAMORI S,TSUJI M,NAKAMORI S,MIYAMOTO A,MARUBASHI S,NAGANO H,DONO K,SAKON M,TSUJINAKA T:Growth Inhibition of Pancreatic Cancer Cells by a Ligand of Peroxisome Proliferator Activated Ganma/Retinoid X Receptor Alpha.58th SSO Annual Cancer Symposium,Atlanta,2005年3月

NAKAMORI S,MIYAMOTO A,MARUBASI S,NAGANO H,DONO K,UMESHITA K,SAKON M,MONDEN M:Outcomes of Preoperative Chemoradiation Therapy with Gemcitabine and Accelerated Hyperfractionaed Radiation Potentially Resectable Pancreatic Cancer. 58th SSO Annual Cancer Symposium,Atlanta,2005年3月

FUJITANI K,HIRAO M,TSUJINAKA T:High value of LN7 as a guide for para-aortic lymphadenectomy.6th International Gastric Cancer Congress,Yokohama,2005年5月

HIRAO M,FUJITANI K,NAKAMORI S,SAWAMURA T,MISHIMA H,IKENAGA M,MASUDA N,KASHIWAZAKI M:Randomized clinical trial of R-Y vs rho-R-Y reconstruction after distal gastrectomy for gastric cancer-an interim report-.6th International Gastric Cancer Congress(IGCC),Yokohama,2005年5月

IKENAGA M,KATO K,FUKUNAGA M,MURATA K,TOMINAGA S,LANO T,SEKIMOTO J,MONDEN M:A multicenter phase 2 study of irinotecan(CPT-11) and doxifluridine(5'-DFUR),an intermediate from of capesitabine,for metastatic colorectal cancer(MCRC).41st ASCO Annual Meeting,USA,2005年5月

KATSUMATA N,KATSUMATA H,MINAMI H,AOGI K,SANO N,MASUDA N,ANDO J,IKEDA T,ISHIZAKI N,TAKASHIMA S:Phase III trial of doxorubicin /Cyclophosphamide(AC),Docetaxell(D)and alternating AC and D(AC-D)as front-line chemotherapy for metastatic breast cancer(MBC):Japan clinical oncology group trial(JCOG9802).2005 ASCO Annual Meeting,Orlando,2005年5月

NAKAMORI S,TSUJINAKA T,TAKAHASHI Y,MARUBASHI S,MIYAMOTO A,NAGANO H,DONO K,SAKON M,MONDEN M:Schedule-dependent antitumor effects of gemucitabine and S-,a novel oral derivative of 5-fluorouracil,in human pancreatic cancer xenografts.41st ASCO Annual Meeting,Orland,2005年5月

NAKAMORI S,ENDO Y,HASUIKE Y,MASHUTANI S,MORIMOTO T,OHZATO H,SHIBATA T,TAKEDA Y,TOHONO K,MONDEN M:Multicenter phase II study of pre-administrated uracil/tegafur(UFT)plus gemcitabine for unresectable/recurrent pancreatic cancer.41st ASCO Annual Meeting,Orland,2005年5月

NAKAMORIS,TSUJII M,SAKON M,MONADEN M:Schedule-dependent effect of gemucitabine and S-1 in human pancreatic cancer cells.15th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar,Hiroshima,2005年10月

NAKAMORI S,SHUJII M,NAKANISHI S,SAKON M,MONDEN M:Activation of peroxusine proliferator activated ganma/retinoid Xalpha pathway inhibit pancreatic cancer cell growth.15th International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar,Hiroshima,2005年10月

TUJINAKA T,HIRAO M,FUJITANI K,MISHIMA H,IKENAGA M,KURATA M:Effect of Preoperative Immunonutrition on Body Structural Changes in Patients Undergoing Abdominal Cancer Surgery.アジア経腸静脈栄養学会(PENSA)、韓国・ソウル、2005年10月

TSUJINAKA T,HIRAO M,FUJITANI K,KURATA M:Enhanced Dietary Sdhedule Improves Clinical Outcome after Gastrestomy for Gastric Cancer.アジア経腸静脈栄養学会(PENSA)、韓国・ソウル、2005年10月

B-3
岩崎善毅、笹子三津留、佐野武、荒井邦佳、福島紀雅、小林理、梨本篤、種村廣巳、辻仲利政、古河洋、木下平:進行胃癌に対するneoadjuvant chemotherapy:JCOG胃がん外科グループの挑戦。第77回胃癌学会、横浜、2005年5月

鞍田三貴、角谷勲、笹山久美代、東堂龍平、沢村敏郎、辻仲利政:NSTの問題点。第20回日本静脈栄養学会、名古屋、2005年2月

鞍田三貴、笹山久美代、東堂龍平、沢村敏郎、辻仲利政:大規模病院におけるNSTの確立プロセスと実践。第7回医療マネジメント学会、福岡、2005年6月

中平伸、中森正二、辻江正徳、高橋裕二、岡見次郎、竹政伊知朗、丸橋繁、宮本敦史、武田裕、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司 、左近賢人、門田守人:膵癌におけるGemcitabine耐性機序の基礎的検討。第17回日本肝胆膵外科学会、横浜、2005年6月

三好康雄、紅林淳一、高橋将人、徳永えり子、黒住昌史、松浦成昭、柄川千代美、増田慎三、河野誠之:2004年度日本乳癌学会班研究中間発表:化学療法感受性予測因子の開発に関する研究。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

宮崎道彦:ディスポーザブル痔核結紮システムによる痔核結紮術。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

三嶋秀行:Irinotecan+5-FU/l-LV抵抗性進行再発大腸癌に対するFOLFOX4の多施設第II相臨床パイロット試験。第60回日本消化器外科学会、東京、2005年7月

池永雅一、三嶋秀行、石飛真人、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:安全で確実な機械吻合術をめざして。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

中森正二、中平伸、宮本敦史、丸橋繁、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、門田守人:膵癌に対する術前放射線化学療法の臨床的意義。第105回日本外科定期学術集会、名古屋、2005年5月

辻仲利政:胃癌手術に於ける消化菅吻合のこだわり。サージョンパネルディスカッション、東京、2005年11月

(司会・座長)増田慎三:超音波診断能。第14回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、三重、2005年3月

(司会・座長)中森正二:肝・胆・膵27。第60回日本消化器外科学会、東京、2005年7月

B-4
赤井裕子、増田慎三、福田俊明、上野裕之、北村良雄、赤野威彦、田中登美、多根井智紀、辻仲利政:外来がん薬物療法−チーム医療-における薬剤師の役割。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

岡見次郎、中森正二、門田守人、尾田一之、高見康二、東山聖彦、児玉憲:膵癌のMicroarray解析より同定したBNIP3(Hyoxia inducible cell death protein)の発現量低下は低酸素に対する耐性に寄与する。第64回日本癌学会学術総会、札幌、2005年9月

古妻嘉一、遠藤登喜子、森本忠興、岩瀬拓士、大貫幸二、東野英利子、角田博子、大村峯夫、増田慎三、中谷守一、大内憲明:マンモグラフィ(MMG)読影講習会の教育効果と精度管理。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

小西豊、高塚雄一、辛栄成、増田慎三、光山昌珠、西川秀文、宮内啓輔、前浦義市、古川順康、山本仁、宮下勝、大歳雅洋、野村孝、山中英治、先田功、北田昌之:閉経後早期乳癌(T≦3cm、NO)に対する腋窩リンパ節郭清と非郭清の比較試験。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

田中登美、増田慎三、上野裕之、赤井裕子、多根井智紀、辻仲利政:乳癌チーム医療におけるがん看護専門看護師の役割。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

多根井智紀、増田慎三、藤田由佳、吉田謙、徳田由紀子、竹田雅司、真能正幸、中森正二、辻仲利政:長期生存を得た乳癌肝転移例の検討。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

塚本文音、芝英一、増田慎三、多根井智紀、中山貴寛、青野豊一、島津研三、下村淳:乳癌骨転移症例に対するPamidronate 90mg短時間投与の認容性。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

徳田由紀子、増田慎三、藤田由佳、吉田謙、多根井智紀、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:非触知乳頭異常分泌に対するMRIの有用性。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

中平伸、中森正二、辻江正徳、高橋裕二、岡見次郎、竹政伊知朗、丸橋繁、宮本敦史、武田裕、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、門田守人:膵癌におけるGemcitabine耐性機序へのRibonucleotide reductase M1 subunit(RRM1)の関与。第64回日本癌学会学術総会、札幌、2005年9月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、中森正二、沢村敏郎、三嶋秀行、池永雅一、増田慎三、柏ア正樹:術前化学放射線療法と比較した術前NAF併用化学療法の検討。第59回日本食道学会、東京、2005年6月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、中森正二、沢村敏郎、三嶋秀行、池永雅一、増田慎三、柏ア正樹:胃癌幽門側胃切除後、R-Y再建法versus ρ型吻合付加R-Y再建法に関するランダム化比較臨床試験。第60回日本消化器外科学会、東京、2005年7月

増田慎三、中山貴寛、赤木謙三、野村孝、山口政英、先田功、富永修盛、中野芳明、林博人、松並展輝、辛栄成:HER2/neu過剰発現転移性乳がんに対するハーセプチン単読療法(H-mono)の検討。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

増田慎三、田口哲也、中山貴寛、芝英一、綿谷正弘、中村香苗、坂本純一、野口眞三郎:手術不能又は再発乳癌に対するCapecitabineとPaclitaxelの併用療法における用量設定試験。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

増田慎三、石飛真人、多根井智紀、竹田雅司、徳田由紀子、真能正幸、辻仲利政:乳腺非触知病変の診断アプローチ−吸引型組織生検の適応を考える−。第14回日本乳癌検診学会、京都、2005年11月

増田慎三、中野芳明、新田敦範、中村三千人、西敏夫、野村孝、松並展輝、藤本幹夫、弥生恵司:進行再発乳癌に対する優しい治療Paclitaxel/5’-DFUR併用療法の有用性(OBCTG02)。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

山下晋也、増田慎三、中森正二、多根井智紀、柏崎正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:乳癌肝転移に対して肝切除を施行した2例。第14回日本がん転移学会、大阪、2005年6月

山下晋也、増田慎三、多根井智紀、益澤徹、日浦祐一郎、中森正二、辻仲利政:乳癌手術におけるクリニカルパスの評価と今後の課題。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

山本和義、中山貴寛、龍田眞行、福永睦、今村博司、藤島成、大城良太、米本千春、古河洋、増田慎三:当院におけるMDCTの導入とセンチネルリンパ節生検。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

米川みな子、大城良太、佐々木伸也、棟方哲、増田慎三、中山貴寛、龍田眞行:乳腺穿刺吸引細胞診でClear cell carcinomaの像を呈した2例。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

井上聡子、森田有美、野崎恭子、的場美智子、鞍田三貴、沢村敏郎、辻仲利政:大阪医療センターNST依頼における終末期患者の背景。第20回日本静脈栄養学会、名古屋、2005年2月

宮垣博道、池永雅一、三嶋秀行、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:潰瘍性大腸炎急性劇症型の2例。第91回日本消化器病学会、東京、2005年4月

宮垣博道、藤谷和正、平尾素宏、柏ア正樹、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:非治癒進行胃癌における胃原発巣切除の意義に関する検討。第60回日本消化器外科学会、東京、2005年7月

宮垣博道、藤谷和正、平尾素宏、柏ア正樹、池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:進行胃癌非治療症例における胃原発巣切除の意義に関する検討。第64回日本癌学会学術総会、札幌、2005年9月

宮垣博道、中森正二、柏ア正樹、池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:膵転移を契機に発見された肺小細胞癌。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

宮崎道彦:「後医は名医か?」。第11回近畿大腸肛門疾患カンファレンス、大阪、2005年4月

宮崎道彦:完全直腸脱、不完全直腸脱に対するDelorme手術。第17回六甲肛門疾患研究会、神戸、2005年5月

宮崎道彦:肛門狭窄に対するIsland flap anoplasty。第21回岐阜大腸肛門疾患懇談会、岐阜、2005年5月

宮崎道彦:完全直腸脱、不完全直腸脱に対するDelorme手術。第4回ウロギネコロジ−研究会、金沢、2005年6月

宮崎道彦:複雑痔瘻、肛門周囲膿瘍の治療戦略:Jack Knife position MRI。第16回日本外科系連合学会学術集会、東京、2005年6月

宮崎道彦:完全直腸脱に対するEndopath EMS Staplerを用いた直腸固定術。第15回骨盤外科機能温存研究会、名古屋、2005年7月

宮崎道彦:痔瘻の手術後の大腸内視鏡検査が肺結核の診断・治療の動機になった一例。第70回日本消化器内視鏡学会、三宮、2005年10月

宮崎道彦:「誰かは自分」−HIV陽性肛門疾患8例の治療経験−。第60回日本大腸肛門病学会、東京、2005年10月

宮崎道彦:完全直腸脱、不完全直腸脱に対するDelorme手術。第60回日本大腸肛門病学会、東京、2005年10月

宮崎道彦:直腸粘膜脱症候群(MPS)に対してDelorme変法を施行した一例。第178回近畿外科学会、大阪、2005年11月

宮崎道彦、宮本徳広、宮崎昌之:肛門の不定愁訴「先生、便が出ません」。第74回近畿肛門疾患懇談会、大阪、2005年11月

三嶋秀行:CPT-11+5-FU/l-LV抵抗性の進行再発結腸直腸癌に対するL-OHP+5-FU/l-LV療法の第II相臨床パイロット試験。第53回日本化学療法学会、東京、2005年5月

三嶋秀行:大腸癌の化学療法〜外科医の責任と役割〜。第105回日本外科学会ランチョンセミナー、名古屋、2005年5月

三嶋秀行:オキサリプラチンの使い方-FOLFOXでの延期減量の実際−。第60回消化器外科学会ランチョンセミナー、東京、2005年7月

三嶋秀行:大腸癌化学療法の現状と展望。第43回日本癌治療学会サテライトシンポジウム、名古屋、2005年10月

三嶋秀行:IFL抵抗性の進行再発結腸直腸癌に対するFOLFOX4療法の第II相臨床パイロット試験。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

三嶋秀行:低位前方切除後のDST法−トラブルを避けるために−。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

山下晋也、池永雅一、三嶋秀行、増田慎三、柏ア正樹、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:体内異物(ペースメーカー)挿入患者に発症した急性腹症の2例。第41回日本腹部救急医学会、名古屋、2005年3月月

山下晋也、平尾素宏、藤谷和正、柏ア正樹、増田慎三、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:Nedaplafin Adriamycun 5-Flioroiracin(NAF)併用化学療法が著効した進行食道扁平法彼岸の一例。第91回日本消化器病学会、東京、2005年4月

山下晋也、柏ア正樹、増田慎三、多根井智紀、池永雅一、武田裕、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政、中森正二:乳癌の単発肝転移に対して外科的切除を施行した2例。第17回日本肝胆膵外科学会、横浜、2005年6月

山下晋也、増田慎三、石飛真人、多根井智紀、益澤徹、日浦祐一郎、中森正二、辻仲利政:乳癌手術におけるクリニカルパス評価と今後の課題。第13回日本乳癌学会、倉敷、2005年6月

山下晋也、藤谷和正、平尾素宏、石飛真人、柏ア正樹、増田慎三、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政、竹田雅司、眞能正幸:食道癌術後に発生した吻合部狭窄の遷延化因子の検討。第59回日本食道学会、東京、2005年6月

山下晋也、平尾素宏、藤谷和正、石飛真人、増田慎三、柏ア正樹、池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:Nedapiatin + Adriamycin + 5-Fluoro-uracin(NAF)併用化学療法にてCRを認めた進行食道扁平上皮癌の一例。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

山下晋也、中森正二、柏ア正樹、増田慎三、石飛真人、多根井智紀、池永雅一、平尾素宏、宮崎道彦、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:乳癌肝転移症例の検討−肝転移切除の適応を考える−。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

山下晋也、増田慎三、多根井智紀、柏ア正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、中森正二、辻仲利政:乳癌肝転移に対して肝切除を施行した2例。第14回日本がん転移学会、大阪、2005年

山下晋也、増田慎三、石飛真人、多根井智紀、益澤徹、日浦祐一郎、辻仲利政:乳癌術後のドレーン抜去遅延に関してのバリアンス評価。第7回医療マネジメント学会、福岡、2005年

山下保喜、管尾龍彦、佐藤清、福原吉典、眞能正幸、西村美樹、小池美津子、柏ア正樹、上平朝子、白阪琢磨:当院におけるパルスフィールドゲル電気泳動法(PFGE法)を用いたMRSA解析について。第20回日本環境感染学会、神戸、2005年2月

森下祐次、檀信浩、藤谷和正、平尾素宏、柏ア正樹、増田慎三、池永雅一、三嶋秀行、沢村敏郎、中森正二、竹田雅司、大澤政彦、真能正幸、辻仲利政:Dendritic cell Sarcomaを合併した早期胃癌の一例。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

森田有美、井上聡子、野崎恭子、的場美智子、藤田朋子、真鍋悟、内藤浩史、鞍田三貴、笹山久美子、沢村敏郎、辻仲利政:Palliative care(PC)食の意義。第20回日本静脈栄養学会、名古屋、2005年2月

西村美樹、田中康晴、鈴木厚子、坪倉美由紀、小池美津子、山下保喜、管尾龍彦、上西秀典、柏ア正樹、上平朝子、白阪琢磨:当院における中心静脈カテーテル関連血流感染発生状況の報告。第20回日本環境感染学会、神戸、2005年2月

石飛真人、増田慎三、多根井智紀、柏ア正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、徳田由紀子、真能正幸、辻仲利政:術前科学療法における局麻下センチネルリンパ節生検の意義。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

増田慎三、中村清吾、戸井雅和、岩田広治、大野真司、高塚雄一、久松和史、山崎弘資、日馬幹弘、海瀬博史、佐藤康幸、辛栄成、柏葉匡寛、黒井克昌、秋山太、津田均、黒住昌史:乳がん術前化学療法におけるsupportive careの現状と工夫。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、徳田由紀子、吉田謙、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:興味ある超音波像の変化を観測できた術前化学療法奏効1症例。第15回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、横浜、2005年10月

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、柏ア正樹、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、山下佐和、赤井裕子、上野裕行、田中登美、辻仲利政:乳癌治癒率向上を目指した外来通院型における化学療法の工夫。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

多根井智紀、増田慎三、沢村敏郎、吉龍澄子、石飛真人、柏ア正樹、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:乳癌放射線治療後に胸壁発生し著名に増大したspindle cell sarcomaの一例。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

大村仁昭、柏ア正樹、竹田雅司、増田慎三、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、眞能正幸、辻仲利政、中森正二:長期生存を認めた切除不能膵癌の一例。第17回日本肝胆膵外科学会、横浜、2005年6月

大村仁昭、池永雅一、三嶋秀行、石飛真人、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:癒合筋膜形成不全を合併した左傍十二指腸ヘルニアの一例。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

沢村敏郎、鞍田三貴、角谷勲、笹山久美代、東堂龍平、辻仲利政:NSTの問題点。第20回日本静脈栄養学会、名古屋、2005年2月

檀信浩、藤谷和正、平尾素宏、増田慎三、柏ア正樹、池永雅一、三嶋秀行、沢村敏郎、中森正二、辻仲利政:術後早期に再発し化学療法が著効した巨大後腹膜脂肪腫の一例。第67回日本臨床外科学会総会、東京、2005年11月

池永雅一、三嶋秀行、柏崎正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:StageV大腸癌化学療法における臨床比較試験参加の現状。第1回日本消化管学会、名古屋、2005年1月

池永雅一、三嶋秀行、辻仲利政:下部直腸癌に対する自動吻合器使用の工夫。第13回クリニカル・ビデオ・フォーラム、東京、2005年2月

池永雅一、三嶋秀行、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:炎症性腸疾患に対する緊急手術症例の検討。第41回日本腹部救急医学会、名古屋、2005年3月

池永雅一、三嶋秀行、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:実地臨床での大腸癌補助化学療法における臨床試験参加の現状。第91回日本消化器病学会、東京、2005年4月

池永雅一、三嶋秀行、道田知樹、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:内視鏡的粘膜切除術を施行した回腸腺種の一例。第69回日本消化器内視鏡学会、東京、2005年5月

池永雅一、三嶋秀行、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:機械を用いた自動吻合術における外科医の責務。第60回日本消化器外科学会、東京、2005年7月 

池永雅一、三嶋秀行、石飛真人、増田慎三、柏ア正樹、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:StageV大腸癌補助化学療法における臨床試験参加の現状。第64回日本癌学会学術総会、札幌、2005年9月

池永雅一、三嶋秀行、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:炎症性腸疾患に対する緊急手術症例の検討。第47回日本消化器病学会/DDW JAPAN2005、神戸、2005年10月

池永雅一、三嶋秀行、石飛真人、柏ア正樹、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:治癒切除不能な進行・再発結腸直腸癌に対する3rd line以降のL-OHP+5-FU/l-LV(FOLFOX4)療法の第II相臨床試験。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月&

池永雅一、三嶋秀行、宮崎道彦、辻仲利政:低位前方切除術における器械吻合の注意点。第12回近畿大腸肛門疾患カンファレンス、大阪、2005年11月

中森正二、中平伸、辻江正徳、武田裕、丸橋繁、宮本敦史、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、左近賢人、門田守人:ヒト膵癌細胞株におけるGemcitabine代謝関連遺伝子発現性と薬剤感受性に関する検討。第64回日本癌学会学術総会、札幌、2005年9月

中森正二、柏崎正樹、池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行、平尾素宏、藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政、河野公利:膵癌におけるGalNAc転移酵素発現の意義。第16回日本消化器癌発生学会総会、鹿児島、2005年10月

中森正二、中平伸、宮本敦史、丸橋繁、永野浩昭、堂野恵三、梅下浩司、左近賢人、門田守人:切除可能膵癌に対する術前放射線併用化学療法の評価。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

中島英子、柏ア正樹、田中綾子、森岡亜希子、樋口久子、辻仲利政、国立病院大阪医療センター外科病棟:当課におけるMRSA交差感染予防への取り組み。第20回日本環境感染学会、神戸、2005年2月

田中康晴、小池美津子、鈴木厚子、西村美樹、坪倉美由紀、山下保喜、中西秀範、柏ア正樹、上平朝子、白阪琢磨:ウォッシャーディスインフェクターによる洗浄効果を高めるための浸漬行程の導入。第20回日本環境感染学会、神戸、2005年2月

藤谷和正、里見絵理子、竹野淳、平尾素宏、辻仲利政、中森正二、三嶋秀行、池永雅一、柏崎正樹、池田昌弘:進行胃癌による上部消化管癌性狭窄に対するステント療法の意義。第27回局所療法研究会、大阪、2005年7月

藤谷和正、小林研二、平尾素宏、辻仲利政、古河洋:4型胃癌に対する新しい治療戦略-術前S1+Paclitaxel併用化学療法と術後Paclitaxel,S1による逐次併用化学療法-。第60回日本消化器外科学会、東京、2005年7月

日浦祐一郎、平尾素宏、藤谷和正、石飛真人、増田慎三、柏ア正樹、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:食道癌術後の再建胃管潰瘍症例の治療の検討。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

日浦祐一郎、檀浩信、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政:胃癌クリニカルパスにおけるパスの変換とバリアンスの評価の検討。第6回日本クリニカルパス学会、新潟、2005年12月

柏ア正樹、牧野知紀、田中雄悟、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:日常のプラクティスを見直す−当科における周術期感染対策。第20回日本環境感染学会、神戸、2005年2月

柏ア正樹、武田裕、蓮池康徳、増田慎三、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:残膵再発病変を切除し得た膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC)の1例。第27回日本癌局所療法研究会、大阪、2005年7月

柏ア正樹、野口涼子:独立行政法人国立病院機構大阪医療センターにおけるSSIサーベイランス。第7回リスクマネジメント分科会、大阪、2005年9月

柏ア正樹、中森正二、辻仲利政:当科におけるSSI予防策と治療法。第7回大阪肝臓外科談話会、大阪、2005年11月

柏ア正樹、武田裕、蓮池康徳、細木拓野、池永雅一、増田慎三、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、中森正二、辻仲利政:セクレチン刺激下dynamic MRCPによる膵液胆道内逆流の診断といわゆる膵胆管逆流症の検討。第105回日本外科学会、名古屋、2005年

(司会・座長)辻仲利政:周術期-2。第20回日本静脈栄養学会、名古屋、2005年2月

(司会・座長)辻仲利政:クリティカルパス−安全管理。第7回医療マネジメント学会、福岡、2005年6月

(司会・座長)辻仲利政:侵襲。第42回日本外科代謝栄養学会、大阪、2005年7月

(司会・座長)辻仲利政:大腸6〜10。第16回日本消化器癌発生学会総会、鹿児島、2005年10月

(司会・座長)辻仲利政:QOLからみた胃癌縮小手術。第67回日本臨床外科学会、東京、2005年11月

(司会・座長)辻仲利政:バリアンス分析W。第6回日本クリニカルパス学会、新潟市、2005年12月

(司会・座長)中森正二:大腸癌の分子病態1。第1回日本消化管学会、名古屋、2005年1月

(司会・座長)中森正二:膵癌肝転移。第17回日本肝胆膵外科学会、横浜、2005年6月

(司会・座長)中森正二:ワークショップ2 接着分子。第14回日本がん転移学会総会、大阪、2005年6月

(司会・座長)中森正二:転移診断。第64回日本癌学会学術総会、札幌、2005年9月

(司会・座長)中森正二:胆膵1〜5。第16回日本消化器癌発生学会総会、鹿児島、2005年10月

(司会・座長)三嶋秀行:ディスカッサー 小腸・大腸・肛門21。第60回日本消化器外科学会、東京、2005年7月

(司会・座長)三嶋秀行:シンポ(大腸癌補助化学療法のスタンダードを求めて)。第60回日本大腸肛門病学会、東京、2005年10月

(司会・座長)増田慎三:示説56・予後因子4。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

(司会・座長)増田慎三:一般演題・口演12−精検施設−。第14回日本乳癌検診学会、京都、2005年11月

B-5
平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、中森正二、沢村敏郎、三嶋秀行、池永雅一、増田慎三、柏ア正樹:進行食道癌に対する神経温存リンパ節郭清のコツ。第12回ビデオフォーラムfor Surgeons Osaka、大阪、2005年2月

平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、中森正二、沢村敏郎、三嶋秀行、池永雅一、増田慎三、柏ア正樹:新規多施設共同研究−幽門側胃切除後再建法の検討−。第10回臨床外科共同研究会−上部消化管疾患研究会−、大阪、2005年12月

宮崎道彦:ミニレクチャー肛門疾患と直腸肛門機能性疾患。第17回臨床外科共同研究会大腸疾患分科会、大阪、2005年4月

池永雅一、三嶋秀行:外科医主導の臨床研究を成功させるためのポイント。第1回久留米がんシンポジウム学術講演会、久留米、2005年4月

池永雅一、三嶋秀行:大腸癌化学療法の新展開。第5回北九州BCM癌治療研究会、小倉、2005年7月

池永雅一、三嶋秀行:一般臨床医における大腸癌化学療法について。第7回臨床腫瘍医の会、兵庫、2005年11月

中森正二:第4回阪神膵臓外科研究会当番世話人。第4回阪神膵臓外科研究会、大阪、2005年3月

中森正二:次期臨床試験テーマについて。第5回膵癌研究会、大阪、2005年4月

中森正二:膵癌化学療法の現状と展望。第1回日医生涯教育講座消化器シリーズ、大阪、2005年5月

辻仲利政:化学療法とその臨床試験を支えるシステムの構築。OGSG2005夏季セミナー、兵庫、2005年8月

辻仲利政:選考委員。大阪南医療センターパス大会、大阪、2005年9月

B-6

大田真紀代、増田慎三、石飛真人、多根井智紀、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:術前化学療法により病理学的完全奏効(pCR)を得た粘液癌の1例。第3回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2005年12月

紺谷佳代、増田慎三、石飛真人、多根井智紀、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:1st line化学療法としてCapecitabineが奏効した進行再発乳癌の1例。第3回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2005年12月

田中登美、増田慎三:事例:チーム医療体制がうまく機能した再発乳癌患者の一例。第10回堺乳腺疾患勉強会、堺、2005年11月

多根井智紀、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:当院における化学療法施行中の卵巣機能保持を目的としたLH-RH agonist併用の試み。第113回阪神乳腺疾患談話会、大阪、2005年3月

辻仲利政:プロテアゾーム阻害剤。第25回外科腫瘍学研究会、大阪、2005年11月

徳田由紀子、増田慎三、藤田由佳、吉田謙、多根井智紀、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政、細木拓野:乳頭異常分泌症例に対するMRI像の検討。第14回日本乳癌画像研究会、横浜、2005年2月

増田慎三:新しいガイドラインに基づいたマンモグラフィ診断。第8回滋賀乳腺マンモグラフィカンファレンス、滋賀、2005年1月

増田慎三:乳癌の薬物療法−当院のPST(primary systemic therapy)を中心に−。なにわ乳癌懇話会、大阪、2005年2月

増田慎三:乳がん検診におけるマンモグラフィ読影のポイント。第209回尼崎医師会日医生涯教育講座「学術の午後」、尼崎、2005年3月

増田慎三:乳がん検診に必要なマンモグラフィ読影のポイント。平成16年度乳がん検診講習会、神戸、2005年3月

増田慎三:乳腺臨床における画像診断のポイント。Tokai Breast Cancer Meeting for Young Investigators Program、名古屋、2005年3月

増田慎三:乳癌検診におけるマンモグラフィ診断のポイント。福井県医師会外科医会講演会2005、福井、2005年3月

増田慎三:乳癌の薬物療法−当院のPST(primary systemic therapy)を中心に―。南大阪乳癌懇話会、堺、2005年4月

増田慎三:乳癌周術期薬物療法の現状。第2回奈良乳癌治療セミナー、奈良、2005年4月

増田慎三:乳癌周術期薬物療法の最新知見。Breast cancer meeting、大阪、2005年5月

増田慎三:当院におけるPST症例の臨床病理学的検討。日本乳癌学会三好班班会議、大阪、2005年5月

増田慎三:乳がん化学療法の今後の展望について(ラウンドテーブルディスカッション)。乳癌討論会(ファイザー)、東京、2005年5月

増田慎三、多根井智紀、増田慎三:外来通院型乳癌化学療法における工夫。第30回乳癌懇話会、名古屋、2005年5月

増田慎三:マンモグラフィ指導者研修会。マンモグラフィ検診精度管理中央委員会指導者研修会、名古屋、2005年5月

増田慎三:プロトコールの読み方。第3回国立病院機構大阪医療センター治験セミナー、大阪、2005年6月

増田慎三:グループ講習:その他の所見2。第5回大阪マンモグラフィ講習会、大阪、2005年6月

増田慎三:マンモグラム所見用語とカテゴリー分類2(石灰化・その他の所見・総合読影)。第5回大阪マンモグラフィ講習会、大阪、2005年6月

増田慎三:乳がん薬物療法におけるアロマターゼ阻害剤の位置づけ。乳癌学術講演会、大阪、2005年6月

増田慎三:乳がんのお話。阪急友の会:健康セミナー、大阪、2005年6月

増田慎三:第3回大阪乳がん検診研究会を主催(当番世話人)。第3回大阪乳がん検診研究会、大阪、2005年7月

増田慎三:乳がんの診断と治療。武田薬品工業大阪支店社員教育勉強会、大阪、2005年8月

増田慎三:乳癌周術期薬物療法−国立病院機構大阪医療センターの実際−。岡山乳癌学術講演会、岡山、2005年8月

増田慎三:当院における術前化学療法症例から学んだこと−今後の課題。厚生労働省秋山班班会議(H17-1)、東京、2005年8月

増田慎三:阪南マンモグラフィ勉強会−大読影大会−症例解説。第13回阪南マンモ勉強会、阪南、2005年8月

増田慎三:臨床試験におけるチーム医療の果たす役割−乳腺専門医の立場から−。堺市民公開フォーラム、堺、2005年9月

増田慎三:FEC100のSafety Management-血管炎とその対策。Pfizer Oncology Symposium-乳癌標準治療、東京、2005年10月

増田慎三:乳癌内分泌療法の最近の話題。Dr.Lommomg学術講演会、大阪、2005年11月

増田慎三:乳腺診療における臨床試験と治験。大阪健康セミナー、大阪、2005年11月

増田慎三:術前化学療法施行後の乳房温存療法症例の検討。厚生労働省秋山班班会議(H17-2)、東京、2005年11月

増田慎三:進行再発乳癌に対する新しい治療戦略-Capecitabineを中心に-。第2回再発乳癌勉強会、名古屋、2005年11月

増田慎三:登録委員会報告2005。第3回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2005年12月

増田慎三:閉経後乳癌内分泌療法の最近の話題。乳癌懇話会、大阪、2005年12月

増田慎三:乳癌周術期化学療法の現状。呉乳がんセミナー、広島、2005年12月

森下祐次、増田慎三、石飛真人、多根井智紀、柏崎正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、竹田雅司、真能正幸、沢村敏郎、辻仲利政:大腸生検で診断のついた異時性両側乳癌腹膜転移の1例。第546回大阪外科集談会、大阪、2005年7月

森下祐次、石飛真人、増田慎三、多根井智紀、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:異時性両側性乳癌腹膜転移の1例。第3回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2005年12月

宮崎道彦:排便症状からみた腹部大動脈瘤手術における下腸間膜動脈血行再建の意義。第11回大腸肛門機能障害研究会、東京、2005年9月

三嶋秀行:大腸(直腸)手術における器械吻合のトラブルを回避するために。第23回大腸疾患外科療法研究会、東京、2005年1月

三嶋秀行:大腸癌化学療法の現状と展望「わが国におけるCPT-11とオキサリプラチンの位置付け」。三重県病院薬剤師会三泗地区学術研修会、三重、2005年1月

三嶋秀行:一般診療としての大腸癌科学療法〜ベストプラクティスをめざして〜。第3回河北地区化学療法研究会、大阪、2005年2月

三嶋秀行:オキサリプラチンの注意点。Advisory Board Meeting、東京、2005年2月

三嶋秀行:大腸がんの診断と治療。癌化学療法専門薬剤師講習会、大阪、2005年3月

三嶋秀行:大腸癌化学療法の現状と今後の課題。所内教育講演会、大阪、2005年3月

三嶋秀行:外科医が臨床試験を成功させるために−オキサリプラチンの使い方−。第15回腸疾患若手勉強会、大阪、2005年3月

三嶋秀行:進行再発大腸癌の化学療法に対する外科医の挑戦。第8回北陸大腸癌研究会、金沢、2005年3月

三嶋秀行:オキサリプラチンの位置付け。大阪市立総合医療センター臨床腫瘍科カンファレンス、大阪、2005年4月

三嶋秀行:外科医主導の臨床研究を成功させるためのポイント。久留米がんシンポジウム学術講演会、久留米、2005年4月

三嶋秀行:わが国に於けるオキサリプラチンとイリノテカンの位置付け。金沢大腸癌化学療法学術講演会、金沢、2005年5月

三嶋秀行:大腸癌化学療法の現状と今後の課題。第17回神戸オンコロジーファーマシスト研究会、兵庫、2005年5月

三嶋秀行:これだけは知っておきたい―大腸癌の化学療法に関する最新医療情報―。第13回淀川消化器疾患懇話会、大阪、2005年6月

三嶋秀行:わが国に於けるオキサリプラチンとイリノテカンの位置付け。Round Table Discussion in酒田、酒田市、2005年6月

三嶋秀行:消化器癌に対する標準治療および実地治療。Chugai GI Cancer Symposium、東京、2005年6月

三嶋秀行:大腸癌の化学療法の諸問題。京阪神大腸癌化学療法研究会、大阪、2005年7月 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法の実際。北九州BCM癌治療研究会、小倉、2005年7月

三嶋秀行:大腸癌化学療法におけるエルプラットの位置付け〜教科書には載っていない化学療法のコツ〜。滋賀大腸癌学術講演会、草津、2005年9月

三嶋秀行:実施診療における大腸癌化学療法について。高松大腸癌学術講演会、高松、2005年9月

三嶋秀行:外科医によるFOLFOX療法-教科書に載っていない化学療法のコツ−。Colorrectal Cancer Symposium in KOBE、兵庫、2005年9月

三嶋秀行:がん医療の動向。緩和ケアナース養成研修会、兵庫、2005年9月

三嶋秀行:大腸癌の新しい治療法(FOLFIRI/FOLFOX)。第22回消化器癌集学的治療研究会、兵庫、2005年9月

三嶋秀行:大腸癌化学療法の変遷。第3回DSMシンポジウム、大阪、2005年10月

三嶋秀行:大腸癌の化学療法。北陸大腸癌学術講演会、金沢、2005年10月

三嶋秀行:大腸癌化学療法の実際。大腸癌化学療法ラウンドテーブルレクチャー、浜松、2005年10月

三嶋秀行:実施診療における大腸癌化学療法について。第1回岩手大腸癌懇話会、盛岡、2005年10月

三嶋秀行:大腸癌化学療法におけるエルプラットの位置付け。消化器癌化学療法セミナー、青森、2005年11月

三嶋秀行:これだけは知っておきたい大腸癌の最新医療情報。阪急サロンレクチャー、大阪、2005年11月

三嶋秀行:実地診療における大腸癌化学療法。第7回臨床腫瘍医の会、兵庫(加古川)、2005年11月

三嶋秀行:実地診療における大腸癌化学療法。第3回東予消化器癌化学療法研究会、新居浜、2005年12月

山下晋也、平尾素宏、藤谷和正、石飛真人、増田慎三、柏ア正樹、池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政、竹田雅司、真能正幸:食道憩室を合併した重複胃癌の一例。第349回大阪胃研究会、大阪、2005年9月

山下晋也、宮崎道彦、池永雅一、三嶋秀行、石飛真人、増田慎三、柏ア正樹、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:当施設で経験したHIV陽性肛門疾患。第17回六甲肛門疾患研究会、神戸、2005年10月

多根井智紀、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:当院における化学療法施行中の卵巣機能保持を目的としたLH-RH agonist併用の試み。第113回阪神乳腺疾患談話会、大阪、2005年3月

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、柏崎正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、山下佐和、赤井裕子、上野裕之、戸高絹代、田中登美、辻仲利政:外来通院型乳癌化学療法における工夫。第30回乳癌懇話会、名古屋、2005年5月

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、柏崎正樹、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、沢村敏郎、吉田謙、徳田由紀子、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:長期生存を得た乳癌肝転移例の検討。第13回日本乳癌学会総会、倉敷、2005年6月

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、柏ア正樹、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:乳癌肝転移の長期生存例の検討。第114回阪神乳腺疾患談話会、大阪、2005年9月

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、徳田由紀子、吉田謙、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:CEA産生を認めた嚢胞壁外浸潤性乳癌の一例。第3回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2005年12月

大村仁昭、平尾素宏、藤谷和正、増田慎三、柏崎正樹、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:α-フェトプロティン産生胃癌の肝転移に対して化学療法が著効した一例。第543回大阪外科集談会、大阪、2005年1月

池永雅一:大腸癌化学療法における臨床試験参加の現状。第11回大腸外科検討会、大阪、2005年4月

中森正二:研究テーマの詳細内容。第5回膵癌研究会、大阪、2005年4月

辻仲利政:胃癌化学療法の進歩−OGSGの取り組み−。消化器癌化学療法セミナー、青森、2005年11月

藤谷和正:わが国における胃癌化学療法について。CPT-11発売10周年記念講演会、京都、2005年2月

藤谷和正:わが国における胃癌化学療法について。筑後胃癌治療セミナー、久留米、2005年7月

(司会・座長)辻仲利政:大腸。第27回日本癌局所療法研究会、大阪、2005年7月

(司会・座長)辻仲利政:第60回日本消化器外科学会、東京、2005年7月

(司会・座長)三嶋秀行:大腸IV 座長。第178回近畿外科学会、大阪、2005年11月

(司会・座長)藤谷和正:セッション:胃・十二指腸I。近畿外科学会、京都、2005年5月

(司会・座長)増田慎三:第6回乳癌若手勉強会。第6回乳癌勉強会、大阪、2005年3月

(司会・座長)増田慎三:若年者乳癌。第113回阪神乳腺疾患談話会、大阪、2005年3月

(司会・座長)増田慎三:外来化学療法。第30回乳癌懇話会、名古屋、2005年5月

(司会・座長)増田慎三:第7回乳癌若手勉強会。第7回乳癌勉強会、大阪、2005年9月

(司会・座長)増田慎三:診断の部。第1回Kinki Breast Cancer Frontier Meeting、大阪、2005年10月

(司会・座長)増田慎三:診断の部:症例検討。第1回Kinki Breast Cancer Frontier Meeting、大阪、2005年10月

(司会・座長)増田慎三:PST研究会中間検討会。PST研究会、大阪、2005年11月

(司会・座長)増田慎三:ラウンドテーブル−乳腺診療2005−。ラウンドテーブル−乳腺診療2005−、大阪、2005年11月

(司会・座長)増田慎三:術前化学療法。第3回日本乳癌学会近畿地方会、大阪、2005年12月

B-7
辻仲利政:切除不能進行・再発胃癌に対するS-1 vs S-1/CPT-11第V相市販後臨床試験の研究会、東京、2005年4月

辻仲利政:情報交換会。市販後臨床試験の実施を円滑に進るにあたり、実施計画書の規定に対する疑義の解釈、東京、2005年3月

辻仲利政:a new randomized trial of reduction surgery for gastric cancer。JCOG消化器がん関連第1回合同班会議、東京、2005年11月

B-8
沢村敏郎:緩和的治療T-現状の今後と課題-。一般病棟における緩和ケアチームの組織化の研修会(社団法人日本看護協会)、兵庫、2005年6月

沢村敏郎:緩和的治療-T-現状と今後の課題-。一般病棟における緩和ケアチームの組織化の講義(社団法人日本看護協会)、兵庫、2005年9月

辻仲利政:NSTの立上げから現在の稼動状況について。NSTセミナー、大阪、2005年12月

三嶋秀行:医師が専門薬剤師に求める役割。朝日薬剤師教育セミナー(大阪会場)、大阪、2005年7月

沢村敏郎:医療面接におけるコミュニケーションスキルを考える。鶴見区医師会学術講演会、大阪、2005年10月

中森正二:最近の膵腫瘍について。消化器シリーズ学術講演、大阪、2005年5月

辻仲利政:輸液に関する選択・適応とともに管理体制について。豊橋市民病院院内教育講演会、名古屋、2005年1月

辻仲利政:静脈栄養の合併と対策。第20回日本静脈栄養学会教育セミナー、名古屋、2005年2月

辻仲利政:新しいがん治療と臨床試験。堺市民公開講座:大阪消化管がん化学療法研究会の報告、大阪、2005年3月

辻仲利政:新しいがん治療法-がんの臨床試験。市民公開講座「新しいがん診療」、大阪、2005年3月

辻仲利政:NST:新たな病院機構ーパターナリズムよりの脱却。第4回NSTフォーラムin岡山、岡山、2005年6月

辻仲利政:がんのプロセスとその治療−化学療法。認定看護師教育課程「ホスピスケア」、兵庫、2005年11月

田中登美、辻仲利政:外来化学療法の役割と課題。第15回がん臨床研究フォーラム、東京、2005年6月

B-9
増田慎三:今日の乳癌化学療法の実際。抗癌剤適正使用TVカンファレンス、大阪、2005年7月

(司会・座長)増田慎三:今日の乳癌化学療法の実際。抗癌剤適正使用TVカンファレンス、大阪、2005年7月