皮膚科・アレルギー科・形成外科

田所丈嗣

当科では、国立病院機構が担うべき政策医療を中心とした診療を行っています。特に皮膚がんの診断と治療を基本として、外科的並びに内科的対応が可能です。当科は皮膚悪性腫瘍に対する手術療法ならびに化学療法、放射線療法などの集学的な診療を行える数少ない施設のひとつであり、皮膚科専門医をはじめ優れたスタッフと恵まれた医療設備のもと、皮膚がんに対する正確な診断と十分な説明、事実に裏付けられた治療をモットーに、皮膚がん患者の社会的な生活の質を第一とした診療を行い、皮膚がんの中核病院としての役割を果たすべく責任を持って診療に従事しています。
また、皮膚腫瘍の診断は容易ではないものも多いためダーモスコープを導入して診断精度を高めるとともに、治療方法を含めたセカンド=オピニオンの要請にも十分に応えられる体制を整えています。悪性腫瘍切除後の組織欠損に対する再建外科に関しても、形成外科専門医が皮膚がん切除術後の再建のみならず、他の診療科でのがん手術における再建も要請に応じて積極的に行っています。皮膚に対する自己抗体によって皮膚や粘膜に繰り返し水疱を生じる難治性皮膚疾患である天疱瘡や類天疱瘡は一般に長期間にわたる治療が必要であり、天疱瘡は厚生労働省によって特定疾患に指定されています。通常は副腎皮質ステロイドホルモン剤を中心とした治療を行い、場合によっては免疫抑制剤を併用することもあります。当科では自己免疫性水疱症の診断および各々の患者さんの病状に応じた治療を行っています。また、パッチテストによる接触皮膚炎の診断と治療、下肢静脈瘤の超音波ドップラー検査と手術治療、あざの相談と治療など専門性の高い診療や皮膚筋炎や強皮症などの皮膚の難病にも対応しています。
以上のような当科における診療内容の性格上、病状説明や検査、処置に十分な時間をかける必要性があり、安定期の患者さんには密接な病診連携のもとに地域の医療機関での診療を勧めつつ、医療機関から広く紹介患者さんを受け入れることで地域のニーズに積極的に応えるよう努力しています。
また、平成16年度より政策医療ネットワークの共同臨床研究として「我が国の小児・成人アレルギー疾患患者実態調査」が行われ、アレルギー性疾患における治療管理法の効果を検証し、ガイドライン普及の実態を明らかにすると共に国立病院機構所属施設のアレルギー患者治療管理状況を把握し、今後の診療レベルの向上に繋げため、当科もこれに参加しています

【2005年研究発表業績】
A-0
TADOKORO T,OZAWA K,BONNET-DUQUENNOY M,BONTE F.Hormone influence on melanogenesis and spots formation,Int J Cosmet Sci 27:56-59、2005,Feb

TADOKORO T,YAMAGUCHI Y,BATZER J,COELHO SG,ZMUDZKA BZ,MILLER SA,WOLBER R,BEER JZ,HEARING VJ,Mechanisms of Skin Tanning in Different Racial/Ethnic Groups in Response to Ultraviolet Radiation,J Invest Dermatol124:1326-32、2005,Jun

A-2
田所丈嗣:肝斑「実践 皮膚病変のみかた」西岡清、片山一朗、勝岡憲生、川名誠司、斉藤隆三、186、第134巻・特別号(2)、日本医師会雑誌、東京、2005年10月

小澤健太郎:梅毒「実践 皮膚病変のみかた」西岡清、片山一朗、勝岡憲生、川名誠司、斉藤隆三、317-318、第134巻・特別号(2)、日本医師会雑誌、東京、2005年10月

A-5
大畑千佳、田所丈嗣、板見智:性ホルモンと性ホルモン結合蛋白による皮膚メラニン産生の検討、コスメトロジー研究振興財団研究業績中間報告集、14:31-33、2005年5月

B-2
YAMAGUCHI Y,TAKAHASHI K,ZMUDZKA BZ,KORNHAUSER A,MILLER SA,TADOKORO T,BERENS W,ITAMI S,KATAYAMA I,BEER JZ,HEARING VJ,Melanin in the upper epidermis not only protects against UV-induced DNA damage but also facilitates apoptosis in its vicinity,66th Annual meeting of Society for Investigative Dermatology,St.Louis,USA,2005年5月

BEER JZ,YAMAGUCHI Y,TADOKORO T,BATZER J,COELHO SG,ZMUDZKA BZ,MILLER SA,WOLBER R,HEARING VJ,UV-induced redistribution of epidermal melanin in different races-a defensive response 66th Annual meeting of Society for Investigative Dermatology,St.Louis,USA,2005年5月

NOBLESSE E,DUMASM,LANGLE S,BONNET-DUQUENNOY M,PELLE de QUERAL D,TADOKORO T,BONTE F,Variation of structural markers with aging on Japanese skin,66th Annual meeting of Society for Investigative Dermatology,St.Louis,USA,2005年5月

BEER JZ,ZMUDZKA BZ,BUSHAR HF,MILLER SA,KORNHAUSER A,YAMAGUCHI Y,TADOKORO T,COELHO SG,HEARING VJ,Melanin,race,and UV responses,19th International Pigment Cell Conference,Washington,DC,USA,2005年9月

YAMAGUCHI Y,TAKAHASHI K,TADOKORO T,ZMUDZKA BZ,KORNHAUSER A,MILLER SA,ERENS W,BEER JZ,HEARING VJ,Human skin responses to UV radiation:Pigment in the upper epidermis protects against DNA damage in the lower epidermis and facilitates apotosis,19th International Pigment Cell Conference,Washington,DC,USA,2005年9月

B-4
吉龍澄子、森川和子、吉田謙:ケロイドの組織内照射療法。第23回日本臨牀皮膚外科学会総会・学術大会、和歌山、2005年2月

吉龍澄子、森川和子、辻仲利政、藤谷和正、平尾素宏、川上理朗、林伊吹、岡田寿一、有家巧:当科における過去5年間の微小血管吻合を用いた頭頚部再建症例の検討。第48回日本形成外科学会総会・学術集会、東京、2005年4月

北場俊、北村昌紀、大黒奈津子、小澤健太郎、田所丈嗣:急性骨髄性白血病の診断の契機になった壊疽性膿皮症。第104回日本皮膚科学会総会、横浜市、2005年4月

吉龍澄子、森川和子、見目和崇:人工真皮で一時被覆後再建した頭部悪性腫瘍の2症例。第21回日本皮膚悪性腫瘍学会・学術大会、つくば、2005年5月

吉龍澄子、松田健、矢野健二、富田興一、細川亙:筋弁の萎縮に対するsensory protection効果。第14回日本形成外科学会基礎学術集会、東京、2005年10月

B-6
小澤健太郎、北村昌紀、北場俊、田所丈嗣:特異な臨床像を呈した帯状疱疹後の多形紅斑の1例。ひふ勉強会、大阪、2005年1月

小澤健太郎、北村昌紀、北場俊、田所丈嗣:指端壊死を生じたアナフィラクトイド紫斑の1例。ひふ勉強会、大阪、2005年2月 

吉龍澄子、森川和子、吉田謙:ケロイドの組織内照射療法。第21回大阪形成外科医会、大阪、2005年2月

北場俊、北村昌紀、小澤健太郎、田所丈嗣:長い経過を辿った脱分化型脂肪肉腫の1例。第387回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、2005年2月

小澤健太郎、北村昌紀、北場俊、田所丈嗣:前額に生じた肉芽腫様病変。第30回湾岸勉強会、神戸、2005年3月

北場俊、北村昌紀、小澤健太郎、田所丈嗣:Castleman病に合併したLymphoplasmacytic llymphomaの1例。第173回大阪皮膚科症例検討会、大阪、2005年3月

小澤健太郎、北場俊、北村昌紀、田所丈嗣:原因特定に至らなかったacute generalized exanthematous pustulosis。ひふ勉強会、大阪、2005年3月

小澤健太郎、北場俊、北村昌紀、田所丈嗣、磯ノ上正明:Persistent edema of rosaceaの1例。ひふ勉強会、大阪、2005年3月

北場俊、北村昌紀、小澤健太郎、田所丈嗣:誘発にアスピリンが必要であったエビによる食物依存性運動誘発性アナフィラキシーの1例。第389回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、2005年5月

小澤健太郎、北場俊、北村昌紀、田所丈嗣:陰茎亀頭に生じた扁平苔癬の1例。ひふ勉強会、大阪、2005年6月

小澤健太郎、北場俊、北村昌紀、田所丈嗣:Wells症候群の1例。第31回湾岸勉強会、神戸、2005年6月

北村昌紀、小澤健太郎、北場俊、田所丈嗣、伊庭仁樹、太田馨:多形紅斑様皮疹を伴ったアンダーム軟による接触皮膚炎の1例。第98回近畿皮膚科集談会、大阪、2005年6月

森川和子、吉龍澄子:後頭部に発生したDFSPの一例。第84回日本形成外科学会関西支部学術集会、長浜、2005年6月

小澤健太郎、岡田明子、北村昌紀、田所丈嗣:下腿に生じた環状肉芽腫の1例。ひふ勉強会、大阪、2005年7月

小澤健太郎、岡田明子、北村昌紀、田所丈嗣:Aneurythmal fibrous histiocytomaの1例。第32回湾岸勉強会、神戸、2005年9月

小澤健太郎、北場俊、北村昌紀、田所丈嗣:色素沈着を伴った神経鞘腫。ひふ勉強会、大阪、2005年9月

北村昌紀、小澤健太郎、北場俊、田所丈嗣:指端皮膚壊死を生じた皮膚アレルギー性血管炎の1例。第56回日本皮膚科学会中部支部学術大会、大阪、2005年9月

小澤健太郎、北村昌紀、岡田明子、田所丈嗣:Pseudocarcinomatous hyperplasiaが著しかった肛囲乳房外ぺージェット病。ひふ勉強会、大阪、2005年10月

小澤健太郎、今中愛子、岡田明子、田所丈嗣:結節型血管肉腫の1例。ひふ勉強会、大阪、2005年11月

岡田明子、小澤健太郎、北村昌紀、田所丈嗣、磯ノ上正明:放射線療法が奏効した高齢者顔面皮膚B細胞リンパ腫の1例。第176回大阪皮膚科症例検討会、大阪、2005年11月

小澤健太郎、岡田明子、今中愛子、田所丈嗣:Proliferating trichilemmal cyst or Proliferating tricholemmal cystic-squamous cell carcinoma? 第33回湾岸勉強会、神戸、2005年12月

森川和子、吉龍澄子、青野勝成:腫瘍型人工膝関節露出に対し、peroneal island flapにより再建を行った一例。第85回日本形成外科学会関西支部学術集会、吹田、2005年12月

B-8
田所丈嗣:皮膚外科。大阪大学講義、大阪、2005年4月

田所丈嗣:血管外漏出について。抗癌剤安全投与懇話会、大阪、2005年6月

田所丈嗣:メラニン色素(正常と異常)。鳥居薬品教育講演会、大阪、2005年7月

田所丈嗣:間違えやすい皮膚腫瘍。中之島創傷治癒カンファレンス、大阪、2005年7月

田所丈嗣:メラニン色素と皮膚腫瘍。阪急サロンレクチャー、大阪、2005年8月

田所丈嗣:皮膚腫瘍の見分け方。大阪病診連携の会、大阪、2005年9月

田所丈嗣:皮膚腫瘍の診断学。平成17年度日本形成外科学会Instractional Course、東京、2005年10月

田所丈嗣:褥瘡:栄養管理と治療。NSTセミナー、大阪、2005年10月

田所丈嗣:褥瘡:栄養管理と治療。褥瘡対策セミナー、大阪、2005年11月