放射線科

細木拓野

X-線、超音波、ラジオアイソトープ、その他、種種の臨床modarity(CT、MR、血管造影、エコー、核医学等)を用いた画像診断は機器の急速な進歩に伴い形態診断から動態診断、さらには機能診断へと活用されつつある。
一方当科における機器の多くは陳旧化しており、話題となるような最新の画像提供は困難となっている。しかしその状況で放射線科医師各人がそれぞれ諸領域を分担しあい、各診療科の協力の元で臨床に密着した研究をおこなっている。
肝臓癌の塞栓治療、転移性肝癌の動注治療等、高水準の医療効果を毎年維持している。また、
癌の放射線治療では、治療成績だけでなくQOLやcosmetic上の重要性が強調されるようになってきている。
当科では小線源治療の臨床応用拡大を研究し、癌治療の最前線を目指し取り組んでいる。
これらに加え、各診療科への効率的、かつ高品質な画像転送と迅速な読影所見の提供可能なPACS、reporting system、院内画像配信sytemの構築とfilmless systemの推進などに向けて積極的に取り組んでいる。

主な研究テーマを以下に示す
1.Dynamic MRIによる乳がん診断
2.エラストグラフィによる乳がん乳管内進展の診断
3.MRIによる乳がん術前化学療法後のPCRの予測の検討
4.セクレチン負荷dynamic MRIによるVater乳頭機能診断
5.MRIによるHIV関連中枢神経疾患診断
6.前立腺がん、乳がん等の小線源治療の臨床応用拡大、QOLを重視した効率的治療成績向上に関する研究
7.放射線治療における治療計画システム構築と精度管理
8.頭部定位照射の確立
9.放射線安全管理

【2005年研究発表業績】
A-0
OBA H,YAGISHITA A,TERADA H,A.J.BARKOVICH,KUTOMI K,YAMAUCHI T,FURUI S,SHIMIZU T,UCHIGATA M,MATSUMURA K,SONOO M,SAKAI M,TAKADA K,HARASAWA A,TAKESHITA K,KOHTAKE H,TANAKA H.New and reliable MRI diagnosis for progressive supranuclear palsy,NEUROLOGY,64:2050-2055,2005

SAKAI M,INOUE Y,OBA H,ISHIGURO A,SEKIGUCHI K,TSUKUNE Y,MITOMO M,NAKAMURA H.Age dependence of diffusion-weighted magnetic resonance imaging findings in maple syrup urine disease encephalopathy,J Comput Assist Tomog,29:524?527,2005

YOSHIDA K,NOSE T,WATANABE Y,TOKUDA Y,CHOI S,HOSOKI T,MITOMO M,INABA O,IIDA T,OKADA H.Quantitative evaluation of acute mucosal reaction to interstitial brachytherapy using color histograms,Brachytherapy 4:298-303,2005

NOSE T,KOIZUMI M,YOSHIDA K,NISHIYAMA K,SASAKI J,OHNISHI T,PEIFFERT D.In vivo dosimetry of high-dose-rate brachytherapy:study on 61 head-and-neck cancer patients using radiophotoluminescence glass dosimeter,Int J Radiat Oncol Biol Phys.61:945-53,2005

A-1
酒井美緒:メープルシロップ尿症maple syrup urine disease(MSUD)「これでわかる拡散MRI」青木茂樹、阿部修、増谷佳孝、348-349、秀潤社、東京、2005年10月

酒井美緒:HIV感染症の中枢神経病変の画像診断、「医療」59巻12号:669-675、2005

B-2
SAKAI M,WATANABE Y,MITOMO M,HOSOKI T,SIRASAKA T:Initial and Longitudinal Follow-Up MR Imagings of Progressive Multifocal Leukoencephalopathy,43th American Society of Neuroradiology,Tronto Canada 2005.5

SAKAI M,WATANABE Y,MITOMO M,HOSOKI T,SIRASAKA T:Diffusion-Weighted Images of Progressive Multifocal Leukoencephalopathy,43th American Society of Neuroradiology,Tronto Canada 2005.5

SAKAI M,WATANABE Y,MITOMO M,HOSOKI T,SIRASAKA T:Demyelinating Course of HIV-Related Progressive Multifocal Leukoencephalopathy:Validated By Proton MR Spectroscopy And Diffusion-Weighted Imaging,43th American Society of Neuroradiology,Tronto Canada 2005.5

SAKAI M.:Serial Diffusion-Weighted MR Imaging of Progressive Multifocal Leukoencephalopathy,34th European Society of Neuroradiology,Barcelona Spain 2005.9

HOSOKI T,FUJTA Y,YUTANI K,SAKAI M,TOKUDA Y,YOSHIDA K,SAI H,MICHIDA T.:Secretin-stimulated dynamic resonance cholangiopancreatographic findings in patients with suspected pancreaticobiliary reflux,DDW 2005,Chicago,IL,USA,2005.5

酒井美緒、渡辺嘉之、御供政紀、油谷健司、崔秀美、細木拓野、谷岡理恵 高濱宗一郎、白阪琢磨:Progressive multifocal leukoencephalopathyの拡散強調画像。第34回日本神経放射線学会、名古屋、2005年2月

酒井美緒、渡辺嘉之、御供政紀、油谷健司、田中寿、崔秀美、細木拓野、白阪琢磨:Progressive multifocal leukoencephalopathy(PML)のMR所見。第64回日本医学放射線学会学術集会、横浜、2005年4月 (第64回日本医学放射線学会電子ポスター会長賞受賞)

藤田由佳、細木拓野、蓮池康徳、柏崎正樹、油谷健司、酒井美緒、徳田由紀子、崔秀美、吉田謙、御供政紀:セクレチン負荷Dynamic MRCPによる膵胆管合流部機能評価。第64回日本医学放射線学会、横浜、2005年4月

B-4
酒井美緒、笹川淳、森正彦、長谷川善一、牧江俊雄、山本善彦、上平朝子、白阪琢磨:HIV感染症患者の中枢神経疾患早期発見における頭部MRIの意義。第19回日本AIDS学会学術集会・総会、熊本、2005年12月

笹川淳、酒井美緒、牧江俊雄、山本善彦、上平朝子、白阪琢磨:当院で経験した進行性多巣性白質脳症について。第19回日本AIDS学会学術集会・総会、熊本、2005年12月

樋口孝次、上垣忠明、中村武司、藤本豊、酒井美緒:Proton MR spectroscopyの有用性の検討。第14回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、大阪、2005年10月

高橋徹、野原隆弘、河嶋厚成、北村雅哉、赤井秀行、岡聖次、吉田謙、能勢隆之:前立腺癌に対する高線量率組織内照射の経験。第93回日本泌尿器科学会、東京、2005年4月

酒井美緒:エイズに併発する日和見感染症1−神経病変の画像診断−。平成16年度HIV感染症研修会プログラム、大阪、2005年1月

酒井美緒:HIV感染症における中枢神経病変の画像診断について。エイズ脳症ワークショップ、大阪、2005年12月

吉田謙、能勢隆之、塩見浩也、黒田覚、藤田由佳、吉田岑雄、岡聖次、細木拓野:前立腺癌高線量率組織内照射単独療法における照射期間中のQOL改善の試み。第7回日本放射線腫瘍学会小線源治療部会、静岡、2005年6月
 
徳田由紀子、増田慎三、藤田由佳、吉田謙、多根井智紀、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政、細木拓野:乳頭異常分泌症例に対するMRI像の検討。第14回日本乳癌画像研究会、神奈川県、2005年2月
 
徳田由紀子、藤田由佳、吉田謙、多根井智紀、増田慎三、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政、細木拓野:乳頭異常分泌に対するMRIの有用性についての検討。日本医学放射線学会総会、横浜、2005年4月

徳田由紀子、増田慎三、藤田由佳、吉田謙、多根井智紀、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:非触知乳頭異常分泌に対するMRIの有用性。第13回日本乳癌学会総会、岡山県、2005年6月

B-6
黒田覚、吉田謙、吉田岑雄、藤田由佳、油谷健司、酒井美緒、細木拓野:前立腺癌高線量率組織内照射単独療法における精嚢への線量投与についての検討。第7回日本放射線腫瘍学会小線源治療部会、静岡、2005年6月

能勢隆之、小泉雅彦、吉田謙、佐々木潤一、大西毅、西山謹司、熊田まどか、田原誉敏、大城佳子、小塚拓洋、五味光太郎、小口正彦、高橋豊、山下孝:ガラス線量計Dose Aceを使った組織内照射における線量実測―骨盤部腫瘍66例における1084点の実測―。第7回日本放射線腫瘍学会小線源治療部会、静岡、2005年6月

B-8
徳田由紀子:乳癌の画像診断。第1回病理セミナー、大阪府、2005年3月
 
徳田由紀子:乳がんの画像診断。健康セミナー、大阪府、2005年11月
 
徳田由紀子:乳癌画像診断の実際。乳がん講演会、大阪府、2005年12月