循環器科

安村良男

 循環器疾患は高齢化社会を反映して、1)動脈硬化、心筋の線維化を基礎としている、2)疾患が複合している、2)増加傾向にある、などの特徴がある。治療においては病態の解析が進歩し、症状の改善をめざすだけでなく、予後の改善をめざすことが基本となってきている。個々の仮説は大規模臨床試験で実証され、この試験結果に基づいたガイドラインが作成されている。我々、循環器医には直面している診療にガイドラインが適応されるか否か、その判断が問われると伴に個々の症例の特殊性に対応する柔軟性が要求されている。
虚血性心疾患:過去および将来的にも、この治療は循環器科の基本であり、当センター循環器科においても入院の約半数は虚血性心疾患またはその疑いである。虚血性心疾患の治療においては、最適の治療法を選択する医療レベルと冠動脈形成術の一流のスキルが要求される。この要求に沿う医療を提供する。また、虚血性心疾患の二次予防を重視する。特に、高血圧、糖尿病、高脂血症やメタボリック・シンドロームの治療に重点をおいている。
心不全:心不全は急性期治療と慢性期治療からなるが、いずれも幅広い知識と経験を要する。特に高齢者心不全に対する対応が重要である。我が国における最高水準の心不全治療を提供する。
重症心不全:拡張型心筋症は難病(特定疾患)の一つであるが、循環器科では、本疾患を含む重症心不全治療を重点課題の一つとしている。心臓移植は施行されたものの、レシピエントに比しドナーの絶対的不足解消は悲観的であり、今後、幸運に移植を受け得る患者は重症心不全患者のほんの一握りにすぎないであろう。現時点では、内科的に重症心不全患者をいかに安定した状態に維持するかが重要であり、ACE阻害剤はもちろん、ベータ遮断薬療法、アミオダロン療法、カテコラミン間欠投与法などを駆使して取り組んでいる。循環器科では、重症心不全外来を開設し、重症心不全患者の系統的・専門的治療と追跡調査に科をあげて最善の努力を行っている。一方、拡張型心筋症に対する先進的医療については、心臓血管外科と連係をとるとともに、国立循環器病センター、大阪大学との交流を密接にして貢献できるよう体制を整えている。
 不整脈診療:頻脈性不整脈に対する基本的なカテーテルアブレーション治療を提供する。また、高齢者心房細動に対して積極的にワーファリンを導入し、心原性脳梗塞の予防を行っている。
 心原性脳塞栓の予防:高齢者の一次予防で重要なものに心原性脳塞栓がある。心原性脳塞栓のうち約半数は非弁膜性心房細動(NVAF)が原因であり、70才以上の高齢者でNVAFが飛躍的に増加することから、この疾患群における脳梗塞の予防は極めて重要である。1998年4月より塞栓予防を目的とした「心房細動外来」を開設し、ハイリスク患者に予防的にワーファリンを使用することにより一次、二次予防に努めてきた。この分野において当院は全国でもオピニオンリーダー的存在であり、今後ワーファリンにかわる新しい抗凝固薬の開発治験にも大きな役割を果たしている。

【2005年研究発表業績】
A-0
SAITO M,TAKEDA M,HIROOKA K,ISOBE F,YASUMURA Y.Serum concentration of potassium in chronic heart failure patients administered spironolactone plus furosemide and either enalapril malate,losartan potassium or candesartan cilexetil.Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics 2005;30:603-610

SUZUKI S,TAKAKI H,YASUMURA Y,SAKURAGI S,TAKAGI S,TSUTSUMI Y,AIHARA N,SAKAMAKI F,GOTO Y.Assessment of quality of life with 5 different scales in participating in comprehensive cardiac rehabilitation after acute myocardial infarction.Circ J 2005;69:1527-1534

SHIGEYAMA J,YASUMURA Y,SAKAMOTO A,ISHIDA Y,FUKUTOMI T,MIYATAKE K,KITAKAZE M.Increased gene expression of collagen Type I and III is inhibited by β-receptor blockade in patients with dilated cardiomyopathy.Eur Heart J 2005;26:2698-2705

KOMUKAI K,HIROOKA K,TANEIKE M,YASUOKA Y,YASUOKA H,HASHIMOTO K,CHIN W,KORETUNE Y,KUSUOKA H,YASUMURA Y.ST elevation during open heart surgery.Floating air bubble in saphenous vein graft.Circulation 2005;111:e374

A-1
安村良男:カルベジロール(β遮断薬)、酸化ストレスナビゲーター メディカルレビユー社 倉林正彦監修

安村良男:急性心不全、今日の治療指針2005、医学書院、山口徹、北原光男編集

佐々木典子、安村良男:β受容体遮断薬の不整脈抑制効果、心不全と不整脈、南江堂、笠貫 宏、松崎益徳編集

安村良男:心不全の内科治療、循環器三大疾患の病棟管理、MCメディカ出版、住吉徹哉編集

安村良男:慢性心不全の原因疾患別の治療戦略:拡張型心筋症による心不全はどう治療するか、 新心臓病診療プラクティス、心不全に挑む・患者を救う、文光堂、筒井裕之、吉川純一、松崎益徳編集
 
北風政史、安村良男編集:50症例から学ぶ心不全、ライフサイエンス出版株式会社

A-2
石田良雄、安村良男、宮武邦夫:Bedside evidence 123I-MIBGイメージングによるβ遮断薬の評価、循環器科 2005;57:544-551

A-3
安村良男:急性心不全における血管拡張薬の重要性、心臓 2005;37:183-185

A-4
安村良男:慢性心不全の治療薬、ハートナーシング 2005;18:95-98

種池学、安村良男:心不全に対する抗アルドステロン薬の大規模試験、呼吸と循環 2005;53:1235-1240

A-5
安村良男:特発性心筋症の薬物療法 β遮断薬を中心に、神経内科、2005;62:571-575

A-6
安村良男:心不全治療の最前線、知っておきたい循環器病あれこれ、循環器病研究振興財団

B-2
2005 ESC
Increased Gene Expression of Collagen Type I and III in Dilated Cardiomyopathy Is Reduced by Beta-receptor Blockade.

SHIGEYAMA J,YASUMURA Y,SAKAMOTO A,ISHIDA Y,FUKUTOMI T,KITAKAZE M,MIYATAKE K.Division of Cardiology National Cardiovascular Center Suita Japan,1Division of Biotechnology National Cardiovascular Center Suita Japan,2Division of Radiology National Cardiovascular Center Suita Japan,3Department of Internal Medicine Nagoya City University Graduate School Nagoya Japan

B-3
安村良男:心不全:右心・左心のバランス―各病態からみた心の対応と対策、左心圧負荷時の心不全、第42回日本臨床生理学会シンポジウム、東京、2005年10月 

安村良男:New Insights into Beta-blocker Therapy in Heart Failure ?Bench to Bedside Who is the responder to beta-blocker therapy、第9回日本心不全学会学術集会プレナリーセッション、山口、2005年10月

安村良男:心機能低下を合併する高血圧症、第28回日本高血圧学会ランチョンセミナー、北海道、2005年9月

B-4
小向賢一、片岩秀朗、久米清士、種池学、安部訓世、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、橋本克次、陳若富、川口義廣、是恒之宏、楠岡英雄、安村良男:Vagal stimulation decreases plasma aldosterone concentration in patients with chronic heart failure. 第69回日本循環器病学会、神奈川、2005年3月

種池学、片岩秀朗、久米清士、小向賢一、安部訓世、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、橋本克次、陳若富、川口義廣、是恒之宏、楠岡英雄、安村良男:Natriuresis by atrial natriuretic peptide is related with the decrease in plasma aldosterone concentration in patients with acute heart failure.第69回日本循環器病学会、神奈川、2005年3月

種池学、山戸昌樹、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、陳若富、川口義廣、是恒之宏、楠岡英雄、安村良男:初期尿量ガイド下の心房性ナトリウム利尿ペプチド(hANP) による急性心不全治療の有用性、第53回日本心臓病学会、大阪、2005年9月

SASAKI N,YASUMURA Y,ISHIDA Y,MIYATAKE K:Comparison the effects of β-blockadeon left ventricular ejecyion fraction between idiopathic dilated cardiomyopathy and hypertensive cardiomyopathy.第9回日本心不全学会、山口、2005年10月

種池学、久米清士、片岩秀朗、小向賢一、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、陳若富、楠岡英雄、安村良男:Slight worsening of renal function occurs even by human atiral natriuretic peptide in the treatment of acutely decompensated heart failure.第9回日本心不全学会、山口、2005年10月

種池学、篠田幸紀、久米清士、片岩秀朗、小向賢一、山戸昌樹、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、陳若富、川口義廣、是恒之宏、楠岡英雄、安村良男:カリペリチドの間欠投与が有効であった陳旧性広範囲心筋梗塞の一症例、第9回日本心不全学会、山口、2005年10月

B-5
安村良男:神経体液性因子を考慮した血管拡張薬の重要性、第18回日本循環器学会九州地方会 
ランチョンセミナー、佐賀、2005年12月

B-6
種池学、久米清士、片岩秀朗、小向賢一、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、陳若富、川口義廣、楠岡英雄、安村良男、是恒之宏:原因不明の肺高血圧を認めたうつ病の一症例、第176回日本内科学会近畿地方会、大阪、2005年6月

片岩秀朗、廣岡慶治、久米清士、小向賢一、種池学、安部訓世、佐々木典子、山元博義、陳若富、川口義廣、楠岡英雄、安村良男、是恒之宏:Bachmann束(BB)ペーシングが著効した発作性心房細動の一例、第99回日本循環器学会近畿地方会、大阪、2005年6月

久米清士、廣岡慶治、種池学、片岩秀朗、小向賢一、安部訓世、佐々木典子、山元博義、陳若富、川口義廣、楠岡英雄、安村良男、是恒之宏、磯部文隆:特異なエコー像を呈した若年急性大動脈解離の一例、第99回日本循環器学会近畿地方会、大阪、2005年6月

安部訓世、廣岡慶治、久米清士、片岩秀朗、小向賢一、種池学、佐々木典子、山元博義、陳若富、川口義廣、楠岡英雄、安村良男、是恒之宏:胸部異常陰影で発見された重複大動脈弓の一例、第99回日本循環器学会近畿地方会、大阪、2005年6月

難波奈々、佐々木典子、種池学、山元博義、廣岡慶治、陳若富、川口義廣、楠岡英雄、安村良男、是恒之宏:遺伝性毛細血管拡張症による難治性心不全の1症例、第100回日本循環器学会近畿地方会、奈良、2005年7月

小向賢一、篠田幸紀、久米清士、片岩秀朗、種池学、山戸昌樹、佐々木典子、山元博義、廣岡慶治、陳若富、川口義廣、楠岡英雄、安村良男、是恒之宏:急性肺梗塞と急性左心不全の鑑別に難渋した一症例、第100回日本循環器学会近畿地方会、奈良、2005年7月

B-7
安村良男:心疾患患者の歯科治療と最近の心疾患治療、大阪府歯科医師会 医道高揚講演会

安村良男:動悸・息切れは心臓病かもしれない。年のせいにしないで。大阪ハートクラブ市民講座