麻酔科

平田隆彦 

日常の手術麻酔や術後管理を通しての臨床研究が中心である。その主流をなすものは術後痛対策であり、特に硬膜外鎮痛法において投与薬の選択、至適投与量の決定等、より有効な術後鎮痛法を目指して検討を重ねてきた。すなわち硬膜外鎮痛法の導入→非麻薬性鎮痛薬の間欠投与から持続投与への移行→麻薬の持続投与→局所麻酔薬の添加と推移してきた。さらに鎮痛効果と副作用出現について検討し、鎮痛薬の過量投与が副作用の原因であることを明らかにしてきた。すなわち投与量を減じることによっても鎮痛効果に影響せず、かつ副作用のない、より快適な鎮痛法の確立は理にかなっている。こうした流れに沿って現在麻酔科として;
1)婦人科患者で試験的に導入している、患者が疼痛を感じたときに自分で硬膜外への薬物を注入するボタンを押すという患者自身による疼痛管理(PCEA;Patient-controlled epidural analgesia)をさらに推進し、患者の満足度や副作用の出現率から本法の有効性を確立し、漸次全科の術後管理に応用していくこと
2)開胸手術のように疼痛が開胸部に限局するような症例において、硬膜外鎮痛法に変わり肋間神経ブロックを導入し、痛みのターゲットをより絞り込むことにより、患者の満足度を減ずることなくかつ薬剤投与量を減少させ副作用の出現率を減少させることを確認することを主な研究課題としている。

【2005年研究発表業績】
A-2
小西彩、平田隆彦:全身麻酔法−吸入麻酔VS全静脈麻酔− 「知って得する各科の“ノウハウ”」 雨森正洋、1445-1448、治療3月増刊号、東京、2005年3月

A-3
天野栄三、清水智明、林伊吹、日浦祐一郎、渋谷博美、平田隆彦:気管チューブ挿菅不能な下咽頭癌に対しHFJV(High Frequency Jet Ventilation)を用いて気道確保し緊急気管切開を行えた1症例、臨床麻酔29(1):45-48,2005

渋谷博美、内田貴久、清水智明、谷口洋、赤松哲也、平田隆彦:開胸術後に対するロピバカインによる持続肋間神経ブロックの有用性の検討、ペインクリニック26(5):673-678,2005

B-3
渋谷博美:麻酔科の到来−女性医師としての麻酔科医、日本臨床麻酔科学会第25回大会、大阪、2005年11月

B-4
天野栄三、赤松哲也、小西彩、谷口洋、渋谷博美、平田隆彦:婦人科下腹部開腹術後のPatient Controlled Epidural Analgesia(PCEA)による術後鎮痛法の検討。日本麻酔科学会第52回学術集会、神戸、2005年6月

渋谷博美、赤松哲也、天野栄三、金子裕美、平田隆彦:食道癌手術の開胸術後痛に対する持続肋間神経ブロックの有用性の検討。日本麻酔科学会第52回学術集会、神戸、2005年6月

渋谷博美、天野栄三、小西彩、赤松哲也、沢村敏郎、平田隆彦:持続肋間神経ブロック施行症例の開胸術後痛症候群発生頻度の検討、第39回日本ペインクリニック学会、栃木、2005年7月

B-5
渋谷博美、内田貴久、平田隆彦:開胸術後痛に対する持続肋間神経ブロックの有用性の検討。第13回術後管理研究会、京都、2005年1月