整形外科

大園健二

  整形外科の守備範囲は多岐にわたる上、近年の救急医療に対応して、多発骨折外傷を取り扱う頻度も増加しつつある。当科では専門分野別には 1)小児整形外科、2)骨軟部腫瘍、3)脊椎外科、4)股関節外科、5)膝関節外科、6)上肢の外科(肩、肘、手、末梢神経)、7)足の外科、8)リウマチ性疾患、9)リハビリテーション医学、10)スポーツ整形外科、11)骨折外傷全般、12)骨粗鬆症、13)血友病性関節症などの各部門に積極的に取り組んでいる。難病もしくは専門的治療を要する疾患群では1年間に入院患者数(約95%が手術例)として骨軟部悪性腫瘍 約80例、小児難病・骨系統疾患 約70例、変形性股関節症 約230例、変形性膝関節症110例、特発性大腿骨頭壊死症15例、慢性関節リウマチ約20例、頚椎症性頚髄症、脊椎後縦靭帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症を中心に脊椎変性疾患約90例を取り扱っており、これら全体で総退院患者数の7割を占めている。
 骨軟部悪性腫瘍については国際的にも先進的なプロトコールによる化学療法+患肢温存的腫瘍広汎切除を施行し70~80%レベルの5生率を達成しているだけでなく、QOLを鑑みた体系的治療法確立にむけて診療に取り組んでいる。また転移性骨腫瘍に関しても積極的にQOL維持を目指した治療戦略を展開している。
 小児整形外科の分野では、先天性股関節脱臼や先天性内反足などの乳児期までに比較的多くみられる疾患からたいへん稀な四肢の先天奇形まで幅広い疾患に対して治療を行っている。特に骨系統疾患は症例数集積が進んでおり、中でも骨形成不全症に対する最小侵襲手術(MIS)としての経皮的髄内釘挿入固定術の開発により本疾患の治療体系を整備してきた。また二分脊椎症例に対しては脳外科、泌尿器科と連携をとりつつ整形外科的問題点、特に下肢の麻痺による足部変形や股関節脱臼に対する治療およびリハビリテーションに取り組んでいく。
 特発性大腿骨頭壊死症に対しては積極的な骨関節温存的手術による外科的介入を行いながら、厚生労働省研究班の班員として病態解明、新しい治療法開発、ガイドラインの策定を目指している。脊椎後縦靭帯骨化症、慢性関節リウマチなどの難病に対しては今後もより多くの症例の集積が予想され専門的体系的診療を継続するとともにさらなるレベルの向上を図っている。
 高齢者層の増加に伴い骨関節変性疾患の増加が予測され、関節外科や脊椎外科分野においては、変形性股関節症を対象にした人工関節手術で日本人骨格のCTデータをベースに設計された新開発の日本人用人工股関節がすでに臨床応用開始され、脊椎インスツルメンテーション使用頻度も増加している。全国の大学、研究施設との共同臨床研究も計画され、当院においても症例数の増加とともに先進的な治療展開が期待される。
 これらの整形外科の幅広い各専門分野の成果は担当のスタッフが国内外での学術集会において精力的に発表するだけでなく論文報告も行って、内外でも一定の評価を得ている。これらの業績は各スタッフの臨床能力に裏打ちされた科学的アプローチを恒常的に実施している証でもある。今後の課題は若手スタッフやレジデント、後期研修医への診療面での教育、手術トレーニングのみならず、研究発表面での教育指導の継続である。なお今後も各専門クリニックのみならず救急医療への協力体制、外傷への積極的取り組みも整形外科の臨床的基盤として維持したい。

【2005年研究発表業績】
A-0
NAKASE T,OHZONO K,SHIMIZU N,YOSHIKAWA H:Correction of severe post-traumatic deformities in the distal femur by traction osteogenesis using Taylor Spatial Frame: a case report.Arch Orthop Trauma Surg Nov 5:1-4,2005.

YAMASHITA K,HASEGAWA H:Nuclear Medical Evaluation of the Cervical Spine.In: The Cervical Spine Research Society Editorial Committee,ed.The Cervical Spine,4th ed.Philadelphia,PA:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,2005:351-64.

KISHIDA Y,HIRAO M,TAMAI N,NAMPEI A,FUJIMOTO T,NAKASE T,SHIMIZU N,YOSHIKAWA H,MYOI A:Leptin regulates chondrocyte differentiation and matrix maturation during endochondral ossification.Bone.37:607-621.

MIYAJI T,NAKASE T,AZUMA Y,SHIMIZU N,UCHIYAMA Y,YOSHIKAWA H:Alendronate inhibits bone resorption at the bone-screw interface.Clin Orthop Relat Res.430:195-201.

OHNO I,SHIMIZU N,NAKASE T,YOSHIKAWA H:Adult case of tibia vara associated with focal fibrocartilaginous dysplasia.J Orthop Sci.10:328-330.

A-2
大園健二:各種人工骨頭置換術の要点 股関節外科の要点と盲点 129-132.文光堂 2005

大園健二:人工骨頭置換術 股関節外科の要点と盲点:238-241、文光堂 2005

坂井孝司:3Dテンプレートの要点 股関節外科の要点と盲点 366-367.文光堂 2005

中瀬尚長、入澤太郎:開放性骨折の治療原則 新NOW 25.【基本整形外科手技検査法、外来・病棟処置法、手術法】清水克時、高岡邦夫、岩本幸英、落合直之 編 135-146 メデイカルビュー社、東京、2005年2月

A-3
坂井孝司、大園健二、李勝博、森本大樹、小橋潤己、菅野伸彦、西井孝、三木秀宣、高尾正樹、小山毅、吉川秀樹:50歳以下の特発性大腿骨頭壊死症における臼蓋軟骨評価 Hip Joint 31:383−285,2005

坂井孝司、大園健二、李勝博、森本大樹、小橋潤己:バイポーラ人工骨頭置換術後の臼蓋軟骨評価 Hip Joint 31:627−629,2005

小橋潤己、坂井孝司、大園健二、李勝博、森本大樹:急速破壊型股関節症と変形性股関節症における骨塩定量の比較 Hip Joint 31:282-284,2005

上杉彩子、坂井孝司、大園健二、李勝博、安藤渉、森本大樹、小橋潤己:オクロノーシスによる両側変形性股関節症に対しTHAを施行した1例 Hip Joint 31:665−667,2005

相原雅治、三木秀宣、西井孝、吉川秀樹、大園健二、李勝博、坂井孝司、松井稔、中村宣雄、中田活也、梅田直也、山本健吾:大骨頭径インプラントによるTHA術後早期脱臼に対する脱臼抑止効果の検討 Hip Joint 31:582-585,2005

坂井孝司、大園健二、菅野伸彦:特発性大腿骨頭壊死症における多発性骨壊死 別冊整形外科48:151-154,2005

北野元裕、川端秀彦:先天性骨系統疾患の疫学と病態 骨密度が低下する疾患 The Bone 19 313-317、2005.

中瀬尚長、藤井昌一、早石泰久、玉井宣行、名井陽、青野勝成、清水信幸、大園健二、吉川秀樹:【骨・軟骨移植 最近の知見】開放骨折後の骨欠損に対する新規ハイドロキシアパタイトセラミックスの使用効果 別冊整形外科47,192-198、2005

中瀬尚長、久保里香、立花泉、福島佳織:看過されやすい骨端線損傷とその予後 小児看護28,854-858,2005

久田原郁夫、青野勝成、井上信正:血液癌(多発性骨髄腫、悪性リンパ腫)の診断と集学的治療 整形災害外科 48:333-341,2005

A-4
樋口周久、中瀬尚長:BMPs 病態と疾患からみたBMP―骨粗鬆症 日本臨床63,439-443,2005

A-5
中瀬尚長、安井夏生、廣島和夫、清水信幸、大野一幸、藤田良、南野勝彦、大園健二、吉川秀樹:濃化異骨症の大腿・下腿骨折に対する観血的治療の成績 第16回日本整形外科学会骨系統疾患研究会記録集 37-39,2005

B-2
OHZONO K,LEE SB,SAKAI T,NISHIHARA S:Surgical Management of Dysplastic Hip.Appendix:Selection of Hip implants for various hip diseases.WMT meeting Orthopaedic Update 2005.August 27,2005 Maui,USA

KUDAWARA I,AONO M,OHZONO K,IEGUCHI M,AOKI Y,MATSUMINE A:Efficacy of ifosfamide,carboplatin and etoposide (ICE) with or without paclitaxel in the second line treatment of advanced or relapsed bone and soft tissue sarcoma.41th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology.Orland,Florida,USA.May 13-17,2005

SAKAI T,SUGANO N,NISHII T,OHZONO K,LEE SB,MIKI H,NISHIHARA S,YOSHIKAWA H:Cementless THA using a custom-made femoral component in patients with degenerative arthritis of the hip secondary to congenital dysplasia.Minimum 5 year follow-up study.ISTA 2005 京都、2005年9月 

B-3
大園健二:各種人工股関節の適応と手術の工夫。第54回東日本整形災害外科学会、東京、2005年9月  

青野勝成、久田原郁夫、家口尚、松峯昭彦、青木康彰:悪性骨軟部腫瘍に対する術中体外放射線照射自家骨移植法。第43回日本癌治療学会ワークショップ、名古屋、2005年10月 

久田原郁夫、上田孝文、名井陽、荒木信人、倉都滋之、青木康彰、吉川秀樹:四肢発生骨肉腫の長期治療成績、第38回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、2005年7月 

竹中聡、中紀文、荒木信人、橋本伸之、久田原郁夫、青木康彰、松峯昭彦、中山富貴、家口尚、 馬場一郎、名井陽、上田孝文、戸口田淳也、内田淳正、吉川秀樹:SYT-SSX Fusion Typeは滑膜肉腫患者の予後と相関するか??関西骨軟部腫瘍研究会多施設共同研究結果?、第38回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、2005年7月 

李勝博、大園健二、坂井孝司、森本大樹、小橋潤巳:大腿骨骨切り術後変形性股関節症に対しておこなった大腿骨矯正骨切り術併用人工股関節全置換術の治療成績、第35回日本人工関節学会、沖縄、2005年2月 

中瀬尚長:学術賞:BMP関連シグナルからみた運動器疾患の局所メカニズム、第23回日本骨代謝学会、大阪、2005年7月 

中瀬尚長、白鴻成、藤井昌一、坂井孝司、青野勝成、大園健二、大野一幸、清水信幸、吉川秀樹: 重度下腿開放骨折(Gustilo III)例に対する創外固定 ?初療時から骨癒合獲得まで創外固定を用いた症例の検討?、第18回日本創外固定・骨延長学会、東京、2005年6月  

北野元裕:Ponseti法による治療の実際 日本での経験、第78回日本整形外科学会学術集会ハンズオンレクチャー 先天性内反足治療セミナー、横浜、2005年5月 

宮本隆司、大園健二、廣島和夫:人工膝関節全置換術における膝蓋大腿関節の術中接触圧計測?大腿骨component設置の外旋角度による比較?第35回日本人工関節学会、沖縄、2005年2月 

小橋潤己、大園健二、李勝博、坂井孝司、西原俊作、森本大樹:急速破壊型股関節症による人工股関節全置換術の短期成績、第35回日本人工関節学会、沖縄、2005年2月 

B-4
青野勝成、久田原郁夫、大園健二、青木康彰、松峯昭彦、家口尚:QOLからみた小児骨肉腫における手術加療。第38回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、2005年7月 

友永真人、青野勝成、久田原郁夫、大園健二、青木康彰:尺骨遠位端に発生した骨巨細胞腫の2例。第105回中部日本整形外科災害外科学会、米子、2005年10月 

中西啓文、荒木信人、久田原郁夫、倉都滋之、城山晋、名井陽、吉川秀樹:胃癌骨転移長管骨の骨折症例の検討、第38回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、2005年7月 

松峯昭彦、楠崎克之、笠井裕一、新谷健、松原孝夫、中紀文、久田原郁夫、荒木信人、前田正幸 内田淳正:神経線維腫と悪性末梢神経鞘腫の鑑別におけるMRIの有用性、第38回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、2005年7月  

家口尚、田口晋、香月憲一、岡田充弘、高岡邦夫、青野勝成、久田原郁夫、星学:処理骨再建を施行した10肢の検討、第38回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会、横浜、2005年7月 

坂井孝司、大園健二、李勝博、西原俊作、小橋潤己、森本大樹:臼蓋側にModuRec systemを使用した人工股関節再置換術の臨床成績、第34回日本人工関節学会、沖縄、2005年2月 

坂井孝司、大園健二、李勝博、西原俊作、小橋潤己:特発性大腿骨頭壊死症の長期予後 10年以上経過例について、第78回日本整形外科学会学術集会、横浜、2005年5月 

坂井孝司、大園健二、李勝博、西原俊作、小橋潤己、阪上彰彦:当科における人工股関節置換術後感染に対する治療成績、第78回日本整形外科学会学術集会、横浜、2005年5月 

北野元裕、川端秀彦、和田麻由子、吉田清志:Ponseti法により治療した先天性内反足の再発症例の検討、第16回日本小児整形外科学会、盛岡、2005年11月 

北野元裕、川端秀彦、和田麻由子、吉田清志:大腿骨新鮮骨折部で仮骨延長を行った骨形成不全症の1例、第17回日本整形外科学会骨系統疾患研究会、盛岡、2005年11月 

中瀬尚長、坂井孝司、李勝博、大園健二、清水信幸、大野一幸、吉川秀樹:MRSA骨関節感染症治療における創外固定法の有用性、第18回日本創外固定・骨延長学会、東京、2005年6月 

中瀬尚長、清水信幸、大野一幸、大園健二、吉川秀樹:Taylor Spatial Frameによる重度大腿骨遠位部変形の3次元矯正、第18回日本創外固定・骨延長学会、東京、2005年6月 

大野一幸、中瀬尚長、安井夏生、中原治彦、樋口周久、清水信幸、吉川秀樹:創外固定器を使用し変形矯正を行った低リン血症性くる病の3例、第18回日本創外固定・骨延長学会、東京、2005年6月 

B-5
中瀬尚長、廣島和夫:Hinge Abductionを呈するペルテス病に対するtriple osteotomyと大腿骨内反骨切りの併用手術の術後成績、第44回日本小児股関節研究会、名古屋、2005年6月 

B-6
青野勝成、久田原郁夫、大園健二、吉田謙、青木康彰、松峯昭彦、家口尚:術中体外放射線照射自家骨移植法の適応について。第27回大阪市立大学小児・骨軟部腫瘍研究会、大阪、2005年12月 

小瀬弘樹、青野勝成、久田原郁夫、大園健二、多和昭雄、森田光明:軟部腫瘍を疑われた小児結核性滑液包炎の一例。第27回大阪小児整形・骨軟部腫瘍研究会、大阪、2005年12月

久田原郁夫、青野勝成、廣島和夫:小児肋骨腫瘍、第101回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中、2005年6月 

久田原郁夫、青野勝成:恥骨発生の軟骨肉腫、第103回関西骨軟部腫瘍研究会、豊中、2005年11月 

上杉彩子、坂井孝司、中瀬尚長、李勝博、大園健二、島原由美子、白鴻成:開放性膝関節脱臼骨折を伴った広範な大腿部デグロービング損傷をきたした1例、第28回大阪整形外科症例検討会、大阪、2005年2月 

岡本道雄、坂井孝司、大園健二、李勝博、小橋潤己:骨盤骨折術後に大腿骨頭の著しい破壊を来した一例、第104回中部整形外科災害外科学会、大阪、2005年4月 

坂井孝司、中瀬尚長、大園健二:右足背部痛を主訴に来院した症例、第29回大阪整形外科症例検討会、大阪、2005年7月 

小橋潤己、坂井孝司、中瀬尚長、大園健二、坂本道治:Gustilo type IIIb下腿開放骨折に対してbone transportを施行した1例、第32阪大関連施設骨折研究会、大阪、2005年12月 

北野元裕、川端秀彦、和田麻由子、名倉温雄:下腿彎曲変形に対してIlizarov手術を行ったFrontometaphyseal dysplasiaの1例、第35回近畿小児整形外科懇話会、大阪、2005年2月 

北野元裕、川端秀彦、和田麻由子、吉田清志:超低出生体重児に発症した大腿骨近位骨端線損傷の1例、第36回近畿小児整形外科懇話会、神戸、2005年8月 

中瀬尚長、小橋潤巳、大園健二、廣島和夫:骨頭消失型化膿性股関節炎後遺障害に対するTaylor/Ilizarov Hybrid Frameを用いた経皮的再建術、第11回日本イリザロフ法研究会、東京、2005年9月 

中瀬尚長、大園健二、廣島和夫、荒木信人:Taylor Frameによる大腿骨の矯正・延長を行った骨Paget病の1例、第11回日本イリザロフ法研究会、東京、2005年9月 

中瀬尚長:単支柱型創外固定による下肢疾患の治療 ?骨折治療、変形矯正、関節固定?難治性運動器障害研究会第3回大阪セミナー、大阪、2005年2月 

中瀬尚長:創外固定装着患者のクリニカルパス、難治性運動器障害研究会、第4回大阪セミナー 大阪、2005年6月 

西原俊作、大園健二、李勝博、坂井孝司:人工股関節再置換術後ステム周囲の大腿骨骨折に対し保存的加療を施行した一例、第28回大阪症例検討会、大阪、2005年2月 

西原俊作、大園健二、李勝博、坂井孝司:IBC人工骨頭置換術における中期臨床成績、第13回バイポーラ検討会、花巻、2005年9月

西原俊作、大園健二、李勝博、坂井孝司、山崎良二:股関節痛をきたし診断困難であった一例、第13回関西股関節研究会、大阪、2005年12月 

山崎良二、秋田鐘弼、河井秀夫:外傷性橈尺骨癒合症に対して有茎後骨間脂肪筋膜移植を行った1例、第20回マイクロサージャリー研究会、大阪、2005年1月 
    
小瀬弘樹、浅野雅敏、小柳淳一郎、藤原桂樹:胸椎くも膜嚢腫の1例、第105回中部日本整形外科災害外科学会、米子、2005年10月 

小瀬弘樹、中瀬尚長、大園健二、廣島和夫:再建に難渋する両下肢開放骨折損傷の1例、第29回大阪整形外科症例検討会、大阪、2005年 7月 

B-8
中瀬尚長:本当に恐ろしい骨の病気 ?防ごう治そう骨粗鬆症?、おおさか健康セミナー、大阪、2005年5月

B-9
大園健二:変形性股関節症に対する骨切り術後の人工股関節全置換術。マルホ整形外科セミナー 2005年5月

中瀬尚長:黒岩祐治のメデイカルリポート 置き去りにされた患者たち・FOPって何?Sky PerfecTV 医療福祉チャンネル774、東京、2005年4月