小児科

多和昭雄

 小児科では、以下の疾患に重点的に取り組んでいる。
新生児医療:先天性脳神経疾患の新生児、血液、内分泌・代謝疾患の母親から出生した新生児、健康新生児ならびに病的新生児、HIV母子感染予防。
高度小児専門医療:先天異常、奇形、骨系統疾患、発育・発達障害、血液、がん、消化器、内分泌、膠原病、アレルギー、神経、心身症、感染症(HIV感染症を含む)。
成人化した小児難病治療:小児難病患者の内科専門外来への円滑なバトンタッチ。
 臨床研究として、全国規模のgroup studyである小児白血病研究会(JACLS)およびinter-group studyである日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)の参加施設として白血病・悪性リンパ腫に関する治療研究を行っている。なかでも身分化大細胞性リンパ腫などの希少疾患に関しては国際的多施設共同研究にも参加している。脳腫瘍は小児脳腫瘍コンソーシアムに参加し治療研究を行っており、その他の小児がん、突発性血小板減少症、栄養・消化器、膠原病、神経疾患に関しては、大阪近隣の施設と連携した治療研究を行っている。いずれの場合も治療に直結した実践的な医療、患者のQOLの改善に資するための研究を心がけている。また、厚生労働省「HIV感染妊婦の早期診断と治療および母子感染予防に関する臨床的・疫学的研究」班、厚生労働省がん研究助成金「小児の難治性白血病、骨髄異形成症候群におけるゲノム異常解析と治療法に関する研究」班、厚生労働科学研究費がん臨床研究事業「小児造血器腫瘍の標準的治療の確立に関する研究」班の研究協力者として参加している。

【2005年研究発表業績】
A-5
外川正生、大場悟、葛西健郎、國方徹也、尾崎由和、井村総一、高山直秀、吉野直人、高橋尚子:HIV感染妊婦より出生した児の実態調査とその解析に関する研究、平成16年度厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策研究事業)「HIV感染妊婦の早期診断と治療および母子感染予防に関する臨床的・疫学的研究」班、平成16年度HIV母子感染全国調査研究報告書、p27-40、2005年5月

B-2
TSUKIMOTO I,TAWA A,HANADA R,TABUCHI K,KIGASAWA H,HORIBE K,TSUCHIDA M,YABE H,NAKAYAMA H,KOBAYASHI R,HAMAMOTO K,IMAIZUMI M,MORIMOTO A,TSUCHIYA S:Excellent Outcome of Risk Stratified Treatment for childhood Acute Myeloid Leukemia-AML 99 Trial.The 2005 Annual Meeting of American Society of Hematology,Atlanta,Dec,10-13,2005

IMAIZUMI M,TAWA A,HANADA R,TSUCHIYA M,TABUCHI K,KOBAYASHI R,MORIMOTO A,NAKAYAMA H,HAMAMOTO K,KUDO K,YABE H,KIGASAWA H,HORIBE K,TSUCHIYA S,TSUKIMOTO I:Improved Outcome of Combination Therapy with ATRA,Anthracyclines and Cytarabine,AML99-M3 protocol,for Childhood Acute Promyelotic Leukemia.The 2005 Annual Meeting of the American Society of Hematology,Atlanta,Dec.10-13,2005

KUDO K,KOJIMA S,TABUCHI K,ISHII E,YABE H,TAWA A,IMAIZUMI M,HANADA R,HAMAMOTO K,KOBAYASHI R,MORIMOTO A,NAKAYAMA H,TSUCHIYA M,HORIBE K,KIGASAWA H,TSUKIMOTO I:Results of the Japanese Childhood Acute Myeloid Leukemia 99 Protocol for Down Syndrome and Acute Myeloid Leukemia.The 2005 Annual Meeting of the American Society of Hematology,Atlanta,Dec.10-13,2005

B-3
多和昭雄:小児急性骨髄性白血病における治療の現況と展望。第21回日本小児がん学会総会 第47回日本小児血液学会総会ランチョンセミナー、宇都宮、2005年11月

B-4
嶋田明、林泰秀、滝智彦、足立壮一、田渕健、花田良二、多和昭雄、土田昌宏、堀部敬三、月本一郎:t(8;21)-急性骨髄性白血病におけるc-KITとFLT3遺伝子異常の解析。第108回日本小児学会学術集会、東京、2005年4月

國方徹也、井村総一、葛西健郎、尾崎由和、松田秀雄、和田裕一、塚原優己、稲葉憲之:わが国でのHIV母子感染予防の現状-非感染症例における追跡調査について-。第41回日本周産期・新生児医学会学術集会、福岡、2005年7月

葛西健郎、井村総一、國方徹也、尾崎由和、和田裕一、塚原優己、松田秀雄、北村勝彦、稲葉憲之:わが国でのHIV母子感染予防の原状-全国小児科施設に対する調査成績-。第41回日本周産期・新生児医学会学術集会、福岡、2005年7月

嶋田明、林泰秀、滝智彦、田渕健、花田良二、多和昭雄、土田昌宏、堀部敬三、月本一郎:FLT遺伝子とMLL遺伝子のtandem duplicationは小児急性骨髄性白血病の独立した予後因子である。第67回日本血液学会 第47回日本臨床血液学会合同総会、横浜、2005年9月

嶋田明、林泰秀、滝智彦、田渕健、花田良二、多和昭雄、土田昌宏、堀部敬三、月本一郎:MLL遺伝子のpartial tandem duplicationは小児急性骨髄性白血病の独立した予後因子である。第47回日本小児血液学会、宇都宮、2005年11月

B-8
尾崎由和:わが国におけるHIV感染妊婦の現状〜エイズウイルスに感染した女性から生まれた赤ちゃん〜。「HIV感染妊婦の早期診断と治療および母子感染予防に関する臨床的・疫学的研究」研究成果発表、下関、2005年11月

B-9
多和昭雄:感染症にかかりやすい子供。「アレルギー診断室」、ラジオ大阪、2005年10月