総合内科

東堂龍平

総合内科は、脳循環。高血圧グループ、腎臓グループ、糖尿病グループ、血液グループ、呼吸器グループの5グループで構成されており、以下に各グループ別に述べる。

脳循環・高血圧グループ
 研究に関しては多施設共同研究として、脳血管疾患・心疾患に伴う血管イベント発症に関する実態調査(J-TRACE)、脳血管疾患の再発に対する高脂血症治療薬HMG-CoA 還元酵素阻害薬の予防効果に関する研究(J-STARS)などの多施設共同研究に参加しています。また班研究として、家庭血圧に基づいた高血圧の至適治療に関する大規模臨床研究(HOSP研究)、動脈壁不安定プラークの機能画像診断法の臨床実用化に関する研究(循環器病研究)での分担研究を行っています。

腎臓グループ
 当グループでは、慢性腎臓病、とりわけ腎性腎炎についてその診断と治療に積極的に取り組んでいる。また進行性腎障害の管理、慢性腎不全の合併症の予防と治療に取り組んでいる。
 IgA腎症における腎組織病変のスコアー化と治療指針成に冠する研究(国立病院共同臨床研究)、IgA腎症に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬の効果に関する研究(厚生科学研究事業)、腎血流ドプラ法による腎性糸球体腎炎における尿細管間質病変の評価などが主テーマである。

糖尿病グループ
 内分泌・代謝疾患としての糖尿病と、腎臓病としての糖尿病性腎症の2つの政策医療に関連して、臨床的、基礎的研究を行っている。
 厚生労働科学研究として、糖尿病における血管合併症の発症予防の進展抑制に関する研究(JDCS)に取り組んでいる。また、政策医療ネットワーク共同臨床研究として、@糖尿病診療の標準化と患者教育に関する研究、A糖尿病合併症に対する戦略的治療、B2型糖尿病の二次予防、三次予防のための臨床疫学研究(2型糖尿病に関する長期観察研究)、C糖尿病性腎症発症進展阻止のための家庭血圧管理指針の確立、D腎疾患に対する腎臓移植、膵臓移植、脾島移植に関する臨床的研究などに取り組んでいる。

血液グループ
 政策医療(血液・造血器疾患ネットワーク)の近畿地区基幹医療施設、日本血液学会認定研修施設でもある。スタッフは臨床血液学を専門とする医師と無菌室看護など卓越した専門技術を有する看護婦およびコメディカルで構成される。造血器悪性疾患の化学療法、自家および同種造血器肝細胞移植も行っている。関連大学病院(複数)のみならず近辺の血液を専門とする施設とも密接な関連を持ち、最新の情報を交換し、最新の医療を行っている。

呼吸器グループ
 呼吸器疾患は、人口の高齢化や大気汚染や喫煙等の影響により、悪性腫瘍や慢性閉塞性肺疾患が増加している。平成17年度はとりわけ悪性腫瘍の早期診断、治療(呼吸器外科、放射線治療、臨床検査診断部などと連携して)臨床的研究に積極的に取り組んでいる。
 禁煙運動の推進、関連病院(独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センターなど)と共に密接に情報交換し、事実に裏付けられた最新の医療を行っている。

【2005年研究発表業績】
A-0
KONDO K,KITAGAWA K,NAGAI,Y YAMAGAMI H,HASHIMOTO H,HOUGAKU H,HORI M:Associations of soluble intercellular adhesion molecule-1 with carotid atherosclerosis progression.Atherosclerosis.2005;179:155-160

A-3
岡垣篤彦、東堂龍平、井上通敏、楠岡英雄:電子カルテ評価基準に関する一考察、医療情報学 24(4):427-437, 2004

田上哲也、臼井健、島津章、葛谷英嗣、成瀬光栄、海瀬和郎、小山一憲、大石明、金子光太郎、宇治原誠、山家由子、能登裕、末吉泰信、東堂龍平、池田雅彦、大石徹也、尾山秀樹、小出純子、守分正、山崎弘子、野間興二、西庄かほる、平松真祐、小河淳、木村博典、後藤嘉樹、深澤洋、景山洋、西村元伸、勝又規行、堀川玲子、大星隆司、篠原一仁、岡嶋泰一郎、東輝一郎:政策医療ネットワーク施設における内分泌疾患診療の標準化に関する研究、医療 59(1):8-12,2005

久田原郁夫、青野勝成、井上信正:特集原発巣別にみた長管骨転移性骨腫瘍の診断と治療、血液癌(多発性骨髄腫、悪性リンパ腫)の診断と集学的治療、整形・災害外科48、333-341、2005

宮脇修一、恵美宣彦、三谷絹子、大屋敷一馬、北村邦朗、森下剛久、小川啓恭、小松則夫、相馬俊裕、玉置俊治、小杉浩史、大西一功、溝口秀昭、平岡諦、小寺良尚、上田龍三、森島泰雄、中川雅史、飛田規、杉本耕一、千葉滋、井上信正、濱口元洋、古賀大輔、玉置宏哉、直江知樹、杉山治夫、高久文麿:急性骨髄性白血病(AML)191例の臨床経過とWT1mRNAの発現量−全国23施設による共同研究−、臨床血液46:1279-1287、2005

A-5
小河原光正:HIV感染症の呼吸器病変、医療59:663-667、2005

山田信博、斉藤康、小田原雅人、井藤英喜、豊永哲至、山下英俊、佐藤麻子、阿部隆三、藤田芳邦、大橋靖夫、石橋俊、松岡健平、宮川潤一郎、野田光彦、山崎義光、曽根博仁、笈田耕治、東堂龍平:糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究(Japan Diabetes Complications Study ;JDCS)、厚生労働科学研究費補助金循環器疾患等総合研究事業 平成16年度総括・分担研究報告書2005年3月 p1-9

岡垣篤彦、東堂龍平:高度総合医療施設における看護電子カルテの実用化と評価に関する研究 看護の電子カルテに対する当院の取り組み、平成16年度厚生労働省科学研究費補助金 医療技術総合評価研究事業 分担研究報告書 2005年3月 p6-8

橋本弘行:分担研究課題:頚動脈動脈硬化性病変(プラーク)の経時変化と脳梗塞発症リスクに関する研究 動脈壁不安定プラークの機能画像診断法の臨床実用化に関する研究、厚生労働省循環器病研究(主任研究者内藤博昭)平成15年度分担研究報告書、2005年1月

恵谷秀紀:日本人における動脈硬化危険因子評価へのFamingham risk scoreの応用について、厚生労働省科学研究費補助金(循環器病疾患等総合研究事業:家庭血圧にもとづいた高血圧の至適治療に関する大規模臨床研究:主任研究者河野雄平)平成16年度分担研究報告書 2005年4月、p18

B-2
OGAWARA M,KIMURA T,SAKATANI M:“Anti-tuberculosis(TB)chemotherapy for the patients with HIV in Japan:Research by questionnaire investigation”the 7th International Congress on AIDS in Asis and Pacific(ICAAP)第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP神戸)、神戸、2005年7月

B-3
鞍田三貴、角谷勲、笹山久美代、東堂龍平、沢村敏郎、辻仲利政:大阪医療センターNSTの現状と問題点。第20回日本静脈経腸栄養学会、名古屋、2005年2月

河野茂夫、斉藤濟美、海瀬和郎、嶋田典生、小山一憲、岩本正照、山家由子、能登裕、瀧秀樹、大星隆司、宮本恵宏、野間興二、小河淳、木村博典、泉有紀、葛谷英嗣:本邦における腎不全合併症糖尿病性足病変について〜国立病院機構多施設共同研究第3報〜第48回日本糖尿病学会年次学術集会、神戸、2005年5月

鞍田三貴、笹山久美代、東堂龍平、沢村敏郎、辻仲利政:大規模病院におけるNSTの確立プログラムと実践。第7会医療マネジメント学会学術総会、福岡、2005年6月

北川一夫、山上宏、橋本弘行、金藤公人、星拓、古門成隆、松下幸司、寶学英隆、堀正二:炎症と血液凝固異常。第30回日本脳卒中学会総会、盛岡、2005年4月

永野恵子:ランチョンセミナー「奇異性脳塞栓症の診断と治療」第24回日本脳神経超音波学会、吹田、2005年7月

河野雄平、HOSP研究グループ:家庭収縮期血圧に基づいた高血圧治療の大規模臨床試験。第28回日本高血圧学会総会、旭川、2005年9月

B-4
沼田絵里、豊田千春、石山薫、西本京子、北野千代美、高原充佳、難波奈々、吉間陽子、瀧秀樹、東堂龍平:血糖管理医師指示表導入の効果。第48回日本糖尿病学会年次学術集会、神戸、2005年5月

西村元伸、大星隆司、加藤泰久、加藤雅彦、城戸雄一、酒巻建夫、島田典生、清野仁、坪井康人、東堂龍平、富永洋一、長瀬教夫、能登裕、肥田和之、東輝一朗、古巣朗、宮内真弓、山崎弘子、吉住秀之、山田研一:糖尿病性早期腎症に対するcandesartan(CA)の効果に影響する因子の検討(国立病院機構共同研究)第48回日本糖尿病学会年次学術集会、神戸、2005年5月

今西健二、真鍋悟、鞍田三貴、内海繁敏、松本昌子、上野裕之、東堂龍平、沢村敏郎、辻仲利政:大阪医療センターNST今後の課題。第59回国立病院総合医学会、広島、2005年10月

新井浩二、佐藤清、東堂龍平、成瀬光栄:臨床検査部門を基盤とした内分泌代謝疾患の療養指導ならびに臨床検査の標準化に関する研究。第59回国立病院総合医学会、広島、2005年10月

楠岡英雄、是恒之宏、東堂龍平、岡垣篤彦、内藤正子、山田泰子、田中良樹、古田直美、谷口克巳:看護電子カルテ導入に向けてのユーザーインターフェイスに関する検討。第25会医療情報学連合大会・第6回日本医療情報学会秋季学術大会、横浜、2005年11月

仁木均、橋本弘行、多賀谷昌史、永野恵子、藤原美都、恵谷秀紀:急性期症候性頚動脈プラークと無症候性プラークのコンピュータ画像診断による比較検討。第30回日本脳卒中学会総会、盛岡、2005年4月

金藤公人、寶学英隆、橋本弘行、祝迫恒介、瀧本洋司、北川一夫、堀正二:危険因子合併の程度に応じた資質管理目標設定と頚動脈硬化との関連。第30回日本脳卒中学会総会、盛岡、2005年4月

斉藤こずえ、木村和美、長束一行、永野恵子、峰松一夫、上野聡、成富博章:頚部血管超音波検査による椎骨動脈閉塞部位の診断。第24回日本脳神経超音波学会、吹田、2005年7月

下出淳子、長束一行、寺崎泰和、永野恵子、飯原弘二、村尾健一、宮本亨、成富博章:頚動脈stent留置術におけるHITS検出〜Protection balloonの効果〜第24回日本脳神経超音波学会、吹田、2005年7月

桑城貴弘、大山直紀、豊田一則、川瀬佳代子、岡崎周平、永野恵子、成富博章:急性期脳卒中患者における深部静脈血栓症の検討〜D dimmer値との関連について〜第8回日本先制検出と治療研究会(エンボラス学会)、熊本、2005年11月

阿部亨、宮本智、鈴木俊伸、中本ちさこ、太田高志:難治性胸水の1症例。第59回国立病院総合医学会、広島、2005年10月

木村剛、竹内広史、小河原光正、鈴木克洋、坂谷光則:肺結核、緑膿菌肺炎を合併して急速に進行し死亡した初感染のHIVの1例。第19回日本エイズ学会総会、熊本、2005年12月

中宣敬、所昭宏、平井啓、荒井弘和、小河原光正、河原正明:肺癌の外来化学療法に影響を与える心理社会的要因の研究。第45回日本呼吸器学会総会、幕張、2005年4月

竹内広史、森田真也、浅見和弘、木村剛、湯峯克也、沖塩協一、川口知哉、安宅信二、小河原光正、高田実、河原正明、小塚健倫:肺野末梢小型陰影に対するCTガイド下肺針生検の有用性の検討。第45回日本呼吸器学会総会、幕張、2005年4月

森田真也、川口知哉、安宅信二、小河原光正、河原正明、小塚健倫、北市正則、高田実:気管支鏡下経気管支生検支援画像としてのCT Virtual Bronchoscopyの有用性。第28回呼吸器内視鏡学会総会、東京、2005年6月

小河原光正、竹内広史、木村剛、湯峯克也、沖塩協一、川口知哉、安宅信二、河原正明:コンベックス走査式気管支超音波内視鏡を用いた経気管支針生検による肺癌・縦隔腫瘍の診断の検討。第43回日本癌治療学会総会、名古屋、2005年10月

杉浦寿央、奥野綾子、作道広樹、和田晃、福原吉典:慢性腎疾患における腎予後の腎血流ドプラによる評価。第47回日本腎臓学会学術総会、横浜、2005年6月

若新英史、松村竜太郎、西村元伸、吉村光弘、木田寛、河田哲也、猪芳亮、池口宏、菅原照、和田晃、丸山啓輔、平野直史、富田正郎、竹田慎一、池田謙三、山田研一:IgA腎症のカルデサルタン投与による蛋白尿減少効果とAng2受容体遺伝子多型の関与の可能性。第47回日本腎臓学会学術総会、横浜、2005年6月

奥野綾子、作道広樹、杉浦寿央、和田晃、福原吉典:腹膜透析導入後5年が経過した抗リン脂質抗体症候群の1例。第50回日本透析医学会年次学術集会、横浜、2005年6月

松本雅則、石西綾美、藤村吉博、石指宏通、秋山暢、富山雄治、名取一彦、倉石安庸、今村豊、井上信正、小亀浩市、宮田敏行:妊娠中に診断されたUpshaw-Schulman症候群の4家系。第28回日本血栓止血学会総会、福岡、2005年11月

B-5
鞍田三貴、森田有実、藤田朋子、今西健二、内海繁敏、鈴木智子、沢村敏郎、東堂龍平、辻仲利政:耐糖能異常を有するNST以来患者の背景。第42回日本糖尿病学会近畿大会、大阪、2005年11月

木村剛、小河原光正、竹内広史、鈴木克洋、坂谷光則:HIV抗体陰性で肺結核を合併した急速進行型初感染HIVの1例。厚生労働科学研究費(エイズ対策研究推進事業)研究成果等普及啓発事業第8回白馬シンポジウムin鹿児島―エイズ研究最前線―、鹿児島、2005年11月

小河原光正、木村剛、鈴木克洋、坂谷光則:結核または非結核性抗酸菌症症例または疑い症例に対する抗HIV抗体測定の研究。厚生労働科学研究費(エイズ対策研究推進事業)研究成果等普及啓発事業第8回白馬シンポジウムin鹿児島―エイズ研究最前線―、鹿児島、2005年11月

B-6
今西健二、森田有実、表順子、藤田朋子、真鍋悟、鞍田三貴、内海繁敏、沢村敏郎、東堂龍平、辻仲利政:大阪医療センターNSTの現状と栄養士から見た問題点。第15回近畿輸液・栄養研究会、大阪、2005年10月

新井浩二、佐藤清、東堂龍平、成瀬光栄:国立病院ならびにナショナルセンター等における糖尿病診断検査における現状と課題。第42回日本糖尿病学会近畿地区大会、大阪、2005年11月

高原充佳、難波奈々、久保典代、鈴木智子、瀧秀樹、東堂龍平:肋骨骨折に対するバストバンド装着によりSIADHを来した2型糖尿病の一例。第42回日本糖尿病学会近畿地方会、大阪、2005年11月

難波奈々、藤田朋子、鈴木智子、高原充佳、瀧秀樹、今西健二、鞍田三貴、沢村敏郎、東堂龍平:当院における糖尿病患者に対するNST介入が有効であった1例。第42回日本糖尿病学会近畿地方会、大阪、2005年11月

高原充佳、難波奈々、中本ちさこ、鈴木智子、瀧秀樹、和田晃、東堂龍平:肋骨骨折のバストバンド装着によりSIADHを来した2型糖尿病の1例。第178回日本内科学会近畿地方会、京都、2005年12月

深水玲子、竹内広史、木村剛、上平和孝、湯峯克也、沖塩協一、川口知哉、安宅信二、小河原光正、高田実、河原正明:外来化学療法中に酸素飽和度の低下を認めた5例の臨床的検討。第81回日本肺癌学会関西支部、大阪、2005年2月

浅見和弘、河原正明、高田実、小河原光正、安宅信二、川口知哉、木村剛、上平和孝、湯峯克也、竹内広史、沖塩協一、所昭宏、深水玲子、森田真也、濱口直彦:FDG-PETにて発見された肺腺癌小腸転移の1例。第82回日本肺癌学会関西支部会、神戸、2005年7月

湯峯克也、浅見和弘、竹内広史、木村剛、井上康、上平和孝、久保昭仁、所昭宏、沖塩協一、川口知哉、安宅信二、小河原光正、高田実、河原正明:当院における悪性胸膜中皮腫の内科治療の検討。第82回日本肺癌学会関西支部会、神戸、2005年7月

奥野綾子、中本ちさこ、杉浦寿央、和田晃:ループス腎炎の治療中にサイトメガロウイルス肺炎の合併が疑われた1例。第35回日本腎臓学会西部学術大会、長崎、2005年9月

田中秋生、高間俊郎:中枢性尿崩症:間質性肺炎で発症したMPO-ANCA関連血管炎の1症例。第178回日本内科学会近畿地方会、京都、2005年12月

井上信正、佐竹裕美子、池田弘和:妊娠中に発症しTTPとの鑑別が困難であったUpshaw-Schulman症候群の一例。第25回国立病院療養所血液同好会、広島、2005年10月

池田弘和、井上信正、高橋徹、竹田雅司:Priapismから急速な経過をとった1例。第29回北摂血液疾患談話会、大阪、2005年11月

B-8
東堂龍平:わかりやすい糖尿病の話。第7会おおさか健康セミナー(市民公開講座)―糖尿病と腎臓病―、大阪、2005年3月

瀧秀樹:糖尿病〜1000万人時代へ〜健康セミナー(阪急百貨店)、大阪、2005年3月

瀧秀樹:基幹病院での研修の実際。糖尿病臨床を考える会、大阪、2005年9月

瀧秀樹:糖尿病の診断と治療。平成17年度日本医師会生涯教育講座実習カリキュラム、大阪、2005年10月

永野恵子:深部静脈血栓と脳梗塞、東医師会学術講演、大阪市、2005年5月

阿部亨:慢性閉塞性肺疾患の管理と治療について。鶴見区医師会学術会講演会、大阪、2005年2月

阿部亨:呼吸器疾患の診断と治療。平成17年度日本医師会生涯教育講座、大阪、2005年11月

小河原光正:エイズに併発する日和見感染症2呼吸器感染症。平成16年度国立病院機構HIV感染症研修会、大阪、2005年1月

小河原光正:血液を介する感染-針刺し防止策を含む-。平成16年国立病院機構近畿ブロック医療技術研修院内感染対策研修会、堺、2005年1月

小河原光正:慢性呼吸疾患の診断と治療(最近の話題)〜気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患を中心として〜。堺市医師会内科医会学術講演会、堺、2005年1月

小河原光正:党員における肺癌治療のクリニカルパス。第4回SAKAI Lung Cancer Conference.堺、2005年4月