外 科

辻仲利政

外科は、がん治療および外科治療における標準治療の確立と先進医療の開発を目的として、以下の方針に基づいて臨床と研究を行ってきました。

1専門性および先進性の高い医療(臓器別専門治療体制)

2医療の質の向上とチーム医療の推進

3標準治療の確立と臨床共同研究の推進

4各種がんに対する集学的治療の推進

5外科手術の改善と向上

その結果として、本年度も多くの学会発表と司会および講演を行ってきました。学会発表の数に比べて論文数が少ない欠点も是正されてきました。特に重要な臨床研究に関する論文に関わることが出来たのは大きな成果です。チーム医療推進の結果として、外科に関係する看護師および薬剤師からも多くの学会発表がなされました。依頼講演の件数もいっそう増加し、外部評価と病院評価の向上に役立っていると考えています。若手医師に対しても教育的効果を兼ねて積極的に研究発表を推進してきました。

今後も積極的な活動を継続したいと考えています。

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

辻仲利政NST;Paradigm-shift from paternalism to team management-特別講演-2Seoul National University Hospital NST` Workshop ソウル、20061

 

三嶋秀行:外科医の求めるbestな器械は?〜Low Anterior Resectionにおいて。106回日本外科学会定期学術集会、東京20063

 

辻仲利政CPT-11をどう使いこなすか?−胃癌化学療法における役割について−。78回日本胃癌学会総会・ランチョンセミナー、大阪、20063

 

辻仲利政:消化管吻合胃癌外科医のこだわり−。106回日本外科学会・イブニングセミナー、東京、20063

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政、沢村敏郎、宮本徳広、宮崎昌之:排便障害(便秘)患者における排便造影(Defecography)の意義とは。2回日本消化管学会、東京、20062

 

山下晋也宮崎道彦池永雅一三嶋秀行石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二沢村敏郎辻仲利政:高齢者(87歳)の虫垂粘液嚢腫の一例。2回日本消化管学会、東京、20062

 

池永雅一三嶋秀行宮崎道彦石飛真人柏崎正樹増田慎三平尾素宏藤谷和正中森正二沢村敏郎辻仲利政:直腸低位前方切除術における吻合法の工夫。2回日本消化管学会、東京、20062

 

宮垣博道藤谷和正平尾素宏柏崎正樹池永雅一宮崎道彦三嶋秀行中森正二沢村敏郎辻仲利政:非治癒因子のある進行胃癌症例における胃原発巣切除に関する検討。106回日本外科学会、東京、20063

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一平尾素宏柏崎正樹藤谷和正中森正二沢村敏郎辻仲利政HIV陽性者肛門疾患の治療。106回日本外科学会、東京、20063

 

三嶋秀行池永雅一加藤健志辻江政樹辻仲利政:進行再発大腸がんに対する3rd line 以降のFOLFOX4両方の35例の検討。4回日本臨床腫瘍学会、大阪、20063

 

山下晋也三嶋秀行宮崎道彦石飛真人柏崎慎三平尾素宏藤谷和正中森正二沢村敏郎辻仲利政:妊娠中に発症した虫垂粘膜嚢腫による腹膜偽粘膜腫の1例。42回日本腹部救急医学会、東京、20063

 

大村仁昭平尾素宏藤谷和正石飛真人柏崎正樹増田慎三池永雅一宮崎道彦三嶋秀行中森正二沢村敏郎竹田雅司真能正幸辻仲利政:胃癌における胃合併病変としての胃潰瘍瘢痕内胃癌の検討(切除標本を対象に)Examination of gastric cancer in gastric ulcer scar as a concordant in gastric cancer. 78回日本胃癌学会総会、大阪、20063

 

池永雅一三嶋秀行宮崎道彦石飛真人柏崎正樹増田慎三平尾素宏藤谷和正中森正二沢村敏郎辻仲利政:妊娠中に発症した虫垂粘膜嚢腫による腹膜偽粘膜腫の1例。42回日本腹部救急医学会、東京、20063

 

FUJITANI K, HIRAO M, TUJINAKA TImproved survival in advanced gastric cancer with the use of active four agenst, S1, irinotecan,taxane, and crisplatin, in the course of treatment. 78回日本胃癌学会総会、大阪、20063

 

長谷川喜一、福永睦、武元浩新、佐藤太郎、岩本慈能、石田秀行、滝内比呂也、冨田尚裕、三嶋秀行辻仲利政、古河洋:進行・再発大腸癌に対する5FU(急速+持続静注)/I-LV化学療法の耐容性臨床試験(大阪消化管がん化学療法研究会、OGSG04064回日本臨床腫瘍学会、大阪、20063

 

山本幸子、上堂文也、小林研二、青木太郎、古河洋、辻仲利政、滝内比呂也、今村博史、飯島正平、今野元博、下川敏雄、田口鉄男:進行再発胃癌に対するTXL+CPT-11併用療法の多施設共同第I/II相試験。4回日本臨床腫瘍学会、大阪、20063

 

田中登美小川朝生里見絵理子辻仲利政:当院緩和ケア「がんサポートチーム」のがん看護専門看護師の活動。4回日本臨床腫瘍学会、大阪、

 

平尾素宏、古河洋、藤谷和正辻仲利政:進行再発胃癌に対する二次療法に関する第II相試験。78回日本胃癌学会総会、大阪、20063

 

日浦祐一郎平尾素宏藤谷和正石飛真人増田慎三柏崎正樹池永雅一宮崎道彦三嶋秀行中森正二沢村敏郎辻仲利政竹田雅司真能正幸:食道浸潤を伴う胃癌切除症例の治療戦略に対する検討。78回日本胃癌学会総会、大阪、20063

 

森下祐次池永雅一宮崎道彦柏崎正樹石飛真人増田慎三平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二沢村敏郎辻仲利政:迷走神経温存早期胃癌手術における胆石症発症例の検討。78回日本胃癌学会総会、大阪、20063

 

沢村敏郎:医療におけるコミュニケーションスキル。武庫川女子大学地域社会活動事業・他職種協働セミナー、大阪、20061

 

三嶋秀行DPC導入に向けて-化学療法の位置付け-大阪市消化器セミナー、大阪、20061

 

三嶋秀行:外科医によるFOLFOX療法−教科書に載っていない化学療法のコツ−。エルプラット講演会in熊本、熊本、20061

 

増田慎三:最新の乳腺疾患(特に乳癌)診断技術の啓蒙。HITACHI乳腺セミナーin OSAKA、大阪、20061

 

沢村敏郎:緩和ケアにおけるコミュニケーション・スキルについて。在宅ネットワーク香川、香川、20061

 

池永雅一:より安全な大腸器械吻合を目指して。タイコヘルスジャパン株式会社サージカル事業部オートスーシャージャパン近畿営業部社員勉強会、大阪、20061

 

宮崎道彦:初心者からマニアまで−知って得する「肛門疾患と直腸肛門機能性疾患」。550回大阪外科集談会、大阪、20062

 

三嶋秀行:国内における大腸癌化学療法の現状と今後の課題。Adovisory Board Meeting、東京、20062

 

三嶋秀行:最近の大腸癌化学療法の実際。東海大腸癌化学療法勉強会、名古屋、20062

 

三嶋秀行:大腸癌に対するFOLFOX療法−教科書に載っていない化学療法のコツ−。Colorectal Cancer Symposium in YAMANASHI、山梨、20062

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法におけるエルプラットの位置付け。Colorectal Cancer セミナー、福島、20062

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法の現状と今後の課題−国内における大腸癌化学療法の現状と今後の課題−。Adovisory Board Meeting、東京、20062

 

沢村敏郎:緩和的治療−1−現状と今後の課題−。一般病棟における緩和ケアチームの組織化研修会、神戸、20062

 

三嶋秀行Future View and Rational for Targeting & Tailored Therapy for Colorectal Cancer. Tokyo Cancer Forum 2006、東京、20063

 

三嶋秀行:我が国におけるオキサリプラチンとイリノテカンの位置付け。村山大腸癌化学療法講演会、山形、20063

 

三嶋秀行:大腸化学療法の現状と今後の課題。ヤクルト所内教育講演会、大阪、20063

 

三嶋秀行:大腸化学療法よもやま話。3回関西大腸癌化学療法研究会、大阪、20063

 

増田慎三:乳癌治療の最新知見に関する学術講演。乳癌懇話会、大阪、20063

 

石飛真人:乳癌治療の最新知見に関する学術講演。乳癌懇話会、大阪、20063

 

山下晋也宮崎道彦池永雅一三嶋秀行石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏中森正二沢村敏郎辻仲利政平野剛:経膣的に根治術を施行した巨大Rectoceleの一例。549回大阪外科集談会、大阪、20061

 

宮崎道彦池永雅一三嶋秀行辻仲利政:あなたらなどうする?ループコロストミー壊死に対して非開腹手術を施行した一例。13会近畿大腸肛門疾患カンファレンス、大阪、20063

 

池永雅一三嶋秀行宮崎道彦辻仲利政:大腸手術後の腸閉塞とSSI予防−術野確保の工夫と創部洗浄−。13回近畿大腸肛門疾患カンファレンス、大阪、20063

 

森下祐次:診断と治療方針決定に難渋した高齢者膵癌の1例。5回阪神膵臓外科研究、大阪、20063

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

WATARI A, TAKAKI K, HIGASHIYAMA S, LI Y, SATOMI Y, TAKAO T, TANEMURA A, YAMAGUCHI M, KATAYAMA I, SHIMAKAGE M, MIYASHIRO I, TAKAMI K, KODAMA K, YUTSUDO MSuppression of tumorigenicity,but not anchorage independence,of human cancer cells by new candidate tumor suppressor gene CapG. Oncogene 257373-7380,2006

 

YOSHIKAWA T, SASAKA M, SANO T, NASHIMOTO A, KURITA A, TSUJINAKA T,  TANIGAWA N, YAMAMOTOStage migration caused by D2 dissection with para-aortic lynphadenectomy for gastric randomized contorolled trial. Br J Surg 931526-1526,2006

 

TOMIMARU Y, TOMIMARU Y, KODAMA K, OKAMI J, ODA K, TAKAMI K, HIGASHIYAMA MPericardial Effusion Following Pulmonary Resection. The Japanese Journal of Thoracosic and Cardiovascular Surgery 545):193-198,2006

 

TOMIMARU Y, SASAKI Y, YAMADA T, EGUCHI H, TAKAMI K, OHIGASHI H,  HIGASHIYAMA M, ISHIKAWA O, KODAMA K, IMAOKA SThe significance of surgical resection for pulmonary metastasis from hepatocellular carcinoma. The American Journal of Surgery 1922006):46-51,2006

 

TOMIMARU Y, HIGASHIYAMA M, OKAMI J, ODA K, TAKAMI K, KODAMA K,  TSUKAMOTO YSurgical Results of Lung Cancer with Sarcoid Reaction in Regional Lymph Nodes. Jpn J Clin Onco1 l372):90-95,2007

 

TSUJINAKA T, SASAKO M, YAMAMOTO S, SANO T, KUROKAWA Y, NASHIMOTO A,  INOUE S, HIRATSUKA M, KINOSHITA T, ARAI KInfluence of overweight on surgical complications for gastric cancerResults from a randomized control trial comparing D2 and extended para-aortic D3 lymphadenectomy(JCOG9501). Ann Surg Onco in press,2007

 

TSUJINAKA T, HIRAO M, FUJITANI K, MISHIMA H, IKENAGA M, KURATA MEffect of preoperative immunonutrition on body composition in patients undergoing abdominal cancer surgery. Surg Today 37118-121,2007

 

HATA T, IKEDA M, NAKAMORI S, SUZUKI R, KIM T, YASUI M, TAKAMASA I, IKENAGA M, YAMAMOTO H, OHUE M, MURAKAMI T, SEKIMOTO M, SAKON M, MONDEN MSingle photon emission computed tomography in the screening for postoperative pulmonary embolism. Dig Dis Sci 5111):2073-2080,2006

 

MAKINO T, TSUJINAKA T, MISHIMA H, IKENAGA M, SAWAMURA T, NAKAMORI S,  FUJITANI K, HIRAO M, KASHIWAZAKI M, MASUDA N, TAKEDA M, MANO MPrimary signet-ring cell carcinoma of the colon and rectum:report of eight cases and review of 154 Japanese cases. Hepatogastroenterology 5372):845-849,2006

 

MAKINO T, NAKAMORI S, KASHIWAZAKI M, MASUDA N, IKENAGA M, HIRAO M,  FUJITANI K, MISHIMA H, SAWAMURA T, TAKEDA M, MANO M, TSUJINAKA TAn icteric type hepatocellular carcinoma with no detectable tumor in the liver: report of a case. Surg Today 367):633-637,2006

 

OTA H, NAGANO H, DOKI Y, SEKIMOTO M, KONDO M, WADA H, NAKAMURA M, NODA T, DAMDINSUREN B, UMESHITA K, NAKAMORI S, WAKASA K, SAKON M, MONDEN MExpression of type I interferon receptor as a predictor of clinical response to interferon-alpha therapy of gastrointestinal cancers. Oncol Rep 162):249-255,2006

 

TAKAHASHI H, NAKAMORI S, NAKAHIRA S, TSUJIE M, TAKAHASHI Y, MARUBASHI S,  MIYAMOTO A, TAKEDA Y, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN MSurgical outcomes of noninvasive and minimally invasive intraductal papillary-mucinous neoplasms of the pancreas. Ann Surg Oncol 137):955-960,2006

 

TSUJIE M, NAKAMORI S, NAKAHIRA S, TAKEDA S, TAKAHASI Y, HAYASHI N, OKAMI J,  NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN MSchedule-dependent therapeutic effects of gemcitabine combined with uracil-tegafur in a human pancreatic cancer xenograft model. Pancreas  332):142-147,2006

 

TSUJIE M, NAKAMORI S, TANAKA E, NAGANO H, UMESHITA K, DONO K, SAKON M,  INOUE T, INOUE T, MONDEN MPhase T/U trial of hyperfractionated chemoradiotherapy for unresectable advanced pancreatic cancer. Jpn J Clin Oncol 368):504-510,2006

 

UYAMA H, TOMITA Y, NAKAMURA H, NAKAMORI S, ZHANG B, HOSHIDA Y, ENOMOTO H, OKUDA Y, SAKON M, AOZASA K, KAWASE I, HAYASHI N, MONDEN MHepatoma-derived growth factor is a novel prognostic factor for patients with pancreatic cancer. Clin Cancer Res 1512(20 pt 1)):6043-6048,2006

 

WADA H, NAGANO H, YAMAMOTO H, YANG Y, KONDO M, OTA H, NAKAMURA M, YOSHIOKA S, KATO H, DAMDINSUREN B, TANG D, MARUBASHI S, MIYAMOTO A,  TAKEDA Y, UMESHITA K, NAKAMORI S, SAKON M, DONO K, WAKASA K, MONDEN MExpression pattern of angiogenic factors and prognosis after hepatic resection in hepatocellular carcinoma:importance of angiopoietin-2 and hypoxia-induced factor-1 alpha. Liver Int 264):414-423,2006

 

DAMDINSUREN B, NAGANO H, WADA H, KONDO M, OTA H, NAKAMURA M, NODA T,  NATSAG J, YAMAMOTO H, DOKI Y, UMESHITA K, DONO K, NAKAMORI S, SAKON M,  MONDEN MStronger growth-inhibitory effect of interferon (IFN)-beta compared to IFN-alpha is mediated by IFN signaling pathway in hepatocellular carcinoma cells. Int J Oncol 301):201-2082007

 

NAKAHIRA S, NAKAMORI S, TSUJIE M, TAKAHASHI Y, OKAMI J, YOSHIOKA S, YAMASAKI M, MARUBASHI S, TAKEMASA I, MIYAMOTO A, TAKEDA Y, NAGANO H, DONO K, UMESHITA K, SAKON M, MONDEN MInvolvement of ribonucleotide reductase M1 subunit overexpression in gemcitabine resistance of human pancreatic cancer. Int J Cancer 15120(6)):1355-1363,2007

 

NAKAMURA M, NAGANO H, SAKON M, YAMAMOTO T, OTA H, WADA H, DAMDINSUREN B, NODA T, MARUBASHI S, MIYAMOTO A, TAKEDA Y, UMESHITA K, NAKAMORI S, DONO K, MONDEN MRole of the Fas/FasL pathway in combination therapy with interferon-alpha and fluorouracil against hepatocellular carcinoma in vitro. J Hepatol 461):77-88,2007

 

UCHIDE K, SAKON M, ARIYOSHI H, NAKAMORI S, TOKUNAGA M, MONDEN MCancer Cells Cause Vascular Endothelial Cell (vEC) Retraction via 12(S)HETE SecretionThe Possible Role of Cancer Cell Derived Microparticle. Ann Surg Oncol 142):862-868,2007

 

YANG Y, NAGANO H, OTA H, MORIMOTO O, NAKAMURA M, WADA H, NODA T, DAMDINSUREN B, MARUBASHI S, MIYAMOTO A, AKEDA Y, DONO K, UMESHITA K, NAKAMORI S, WAKASA K, SAKON M, MONDEN MPatterns and clinicopathologic features of extrahepatic recurrence of hepatocellular carcinoma after curative resection. Surgery 1412):196-202,2007

 

HIRAO M, YOSHITATSU S, TSUJINAKA T, NISHIYAMA A, FUJITANI K, NAKAMORI S, SAWAMURA T, MISHIMA H, IKENAGA M, MASUDA N, KASHIWAZAKI MPectoralis myocutaneous flap with T-tube drainage for cervical anastomotic leakage after salvage operation. Esophagus 31):33-36,2006

 

FUJITANI K, JAFFER A, AJAN I, CHRISTOPHER H, CRANE, BARRY W, FEIG, PETER W, PISTERS, NORA JANJAN, GARRETT L, WALSH, STEPHEN G, SWISHERImpact of induction chemotherapy and preoperative chemoradiotherapy on operative morbidity and mortality in patients with locoregional adenocarcinoma of the stomach or gastroesophageal junction. Ann Surg Oncol 144):1305-1311,2007

 

YASUI M, YAMAMOTO H, NGAN CY, DAMDINSUREN B, SUGITA Y, FUKUNAGA H, DU J, MAEDA M, TAKEMASA I, IKEDA M, FUJIO Y, SEKIMOTO M, MATSUURA N, WEINSTEIN IB, MONDEN MAntisense to cyclin D1 inhibits vascular endothelial growth factor-stimulated growth of vascular endothelial cells:implication of tumor vascularization. Clin Cancer Res 121):4720-4729,2006

 

YASUI M, IKEDA M, SEKIMOTO M, YAMAMOTO H, TAKEMASA I, UEDA T, SHIMIZU J, FUKUNAGA M, SUZUKI O, INOUE T, MONDEN MPreliminary results of phase I trial of oral uracil/tegafur(UFT),leucovorin plus irinotecan and radiation therapy for patients with locally recurrent rectal cancer. World J Surg Oncol 41):83,2006

 

NODA T, HIGASHIYAMA M, ODA K, HIGAKI N, TAKAMI K, OKAMI J, KODAMA K, KURIYAMA K, TSUKAMOTO Y, KOBAYASHI HMucoepidermoid Carcinoma of the Thymus Treated by Multimodality Therapy:A Case Report. Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 124):273-278,2006

 

A-1

辻仲利政編:消化器外科における食事指導とは、「消化器ナース・コメディカルが知っておきたいこれからの術後食事指導」、メディカ出版、大阪、2006

 

辻仲利政編:「NSTケースレポート」 辻仲利政、メディカ出版、大阪、1版1刷、2007

 

A-2

池永雅一:大腸を切除した患者さんへの食事指導−大腸の疾患とその手術−、「消化器ナース・コメディカルが知っておきたいこれからの術後食事指導」 辻仲利政編67-77、メディカ出版、大阪、2006

 

柏崎正樹:肝臓を切除した患者さんへの食事指導−肝臓の疾患とその手術−、「消化器ナース・コメディカルが知っておきたいこれからの術後食事指導」 辻仲利政編98-105、メディカ出版、大阪、2006

 

児玉憲、東山聖彦、高見康二、檜垣直純、尾田一之、岡見次郎:Pancoast 腫瘍の治療 「MOOK 肺癌の臨床 2005-2006」、261-270、篠原出版新社、2006

 

東山聖彦、高見康二、児玉憲:T4 隣接臓器浸潤肺癌に手術適応はあるか 隣接臓器合併切除を伴う T4肺癌の外科治療成績からみた「手術適応症例」とは?「呼吸器コモンディズィーズの診療:肺癌のすべて」、254-256、株式会社文光堂、2006

 

辻仲利政:癌患者の栄養管理、「最新栄養予防治療学」 武田英二、長谷川正晴、395-399、永井書店、大阪、2007

 

辻仲利政:大阪医療センターにおけるNSTの確立とその成果、「NSTケースレポート」 辻仲利政編1版1刷:2-10、メディカ出版、大阪、2007

辻仲利政:大阪医療センターにおけるNSTの業績、「NSTケースレポート」 辻仲利政編、1版1刷、11-19、メディカ出版、大阪、2007

 

中森正二:膵臓を切除した患者さんへの食事指導−膵臓の疾患とその手術−、「消化器ナース・コメディカルが知っておきたいこれからの術後食事指導」 辻仲利政118-127、メディカ出版、大阪、2006

 

平尾素宏:胃を切除した患者さんへ食事指導−胃の疾患とその手術−、「消化器ナース・コメディカルが知っておきたいこれからの術後食事指導」 辻仲利政39-52、メディカ出版、大阪、2006

 

藤谷和正:食道を切除した患者さんへの食事指導−食道の疾患とその手術−、「消化器ナース・コメディカルが知っておきたいこれからの術後食事指導」 辻仲利政10-15、メディカ出版、大阪、2006

 

増田慎三:解説「科学的根拠に基づく乳がん診療ガイドライン(2003)」、「今日の治療指針」山口徹・北原光夫、1571-1576、医学書院、東京、2006

 

増田慎三:解説「科学的根拠に基づく乳がん診療ガイドライン(2003)」、「今日の治療指針」山口徹・北原光夫、1614-1619、医学書院、東京、2006

 

増田慎三:マンモグラフィにおける石灰化の読影のポイント、「マンモグラフィ画像読影ハンドブック-乳がん検診における読影技術の向上を目指して-」 遠藤登喜子、81-116、永井書店、東京、2006

 

三嶋秀行:大腸を切除した患者さんへの食事指導−ストマ造設手術−「消化器ナース・コメディカルが知っておきたいこれからの術後食事指導」 辻仲利政78-87、メディカ出版、大阪、2006

 

A-3

大宮英泰、東山聖彦、岡見次郎、尾田一之、檜垣直純、高見康二、児玉憲、今村文生、栗山啓子、真能正幸IgG-λ型モノクローナル蛋白血症を認めた肺原発MALTリンパ腫の1例、「日本胸部臨床654):375-3832006

 

中森正二柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政、中平伸、辻江正徳、武田裕、門田守人:膵癌化学療法における gemcitabine 有効性向上のための基礎的・臨床的検討、日本膵臓学会誌221):21-252007

 

平尾素宏辻仲利政:質疑応答−胃瘻PEG-日本医事新報4286):93-942006

 

増田慎三、阿南節子、石飛真人、多根井智紀、田中登美、戸高絹子、上野裕之、赤井裕子、中山貴寛、龍田眞行:FEC療法におけるサポーティブケアの工夫−血管痛・静脈炎の予防−、Medical Oncologists 14):55-622005

 

増田慎三石飛真人、多根井智紀:発熱性好中球減少症とその対策、特集<乳癌化学療法におけるサポーティブケア>、15回日本乳癌画像研究会211):15-232006

 

増田慎三:マンモグラフィ、腺良性疾患アトラス−悪性腫瘍との鑑別のポイント−乳腺良性腫瘍の画像診断−悪性腫瘍との鑑別を中心に−、外科治療955):494-5032006

 

増田慎三:乳がんの診断見落とさないためのノウハウ 画像診断の進め方、臨床腫瘍プラクティス22):133-1402006

 

多根井智紀、増田慎三石飛真人、徳田由紀子、吉田謙、竹田雅司真能正幸辻中利政:術前化学療法により壊死に伴う嚢胞様構造変化を認めた乳癌の一例、乳癌の臨床2162006

 

三嶋秀行:大腸癌の補助化学療法−外科の立場から、消化器外科293):367-3732006

 

三嶋秀行池永雅一辻仲利政安井昌義柏崎正樹宮崎道彦平尾素宏藤谷和正中森正二:大腸癌の化学療法−最近の投与方法−FOLFOX,癌と化学療法337):911-9142006

 

三嶋秀行:右半結腸切除術 術式別看護手順がわかる実践消化器外科手術マニュアル、オペナーシング2006春季増刊、131-1392006

 

三嶋秀行:化学療法(chemotherapy)消化器外科NURSING115):31-352006

 

三嶋秀行辻仲利政:大腸癌化学療法の変遷、Radiology Frontier 92):64-662006

 

池永雅一辻仲利政、安田奈穂、前田梨佐、浅岡幸子、西藤絵美、檀信浩日浦祐一郎安井昌義宮崎道彦三嶋秀行:大腸癌手術後の早期経口摂取の取り組みとその効果、静脈経腸栄養学会誌213):11-152006

 

池永雅一三嶋秀行宮崎道彦柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政:妊娠中に発症した虫垂粘液嚢胞腺腫穿孔による腹膜偽粘液腫の1例、日本外科系連合会雑誌311):91-952006

 

A-4

児玉憲、東山聖彦、高見康二、尾田一之、岡見次郎、前田純:非小細胞癌の治療:縮小手術の現状と課題、日本胸部臨床65 増刊、149-1552006

 

東山聖彦、尾田一之、岡見次郎、前田純、高見康二、児玉憲、小山光博、中山富雄、塚本吉胤:末梢小型肺癌の診断と治療、外科治療952):211-2182006

 

東山聖彦、高見康二、尾田一之、岡見次郎、児玉憲、岩井益美:肺外科手術の特徴と介助ポイント、OPE nursing 215):36-392006

 

平尾素宏:消化器癌手術後早期経口・経腸栄養の意義と成果「胃癌術後」、静脈経腸栄養学会誌213):3-62006

 

増田慎三:学会ダイジェスト-15回日本画像検診学会総会印象記-「日本の乳がん死を減らそう」今、我々にできること、15回日本乳癌画像研究会2173-772006

 

増田慎三:乳癌化学療法における最近の進歩、Phama Medica 2311)、39-452006

 

増田慎三石飛真人辻仲利政:はじめての器械出し乳房温存手術で考えてみよう@乳房温存手術の手術手順、オペナーシング2110):32-362006

 

増田慎三石飛真人、多根井智紀:乳癌化学療法におけるサポーティブケア 2.発熱性好中球減少症とその対策、乳癌の臨床 211):14-232006

 

A-5

増田慎三:術前化学療法の現状と新たなResearch Question乳癌学会News letter 113):132006

 

増田慎三:第15回日本乳癌検診学会総会印象記「日本の乳がん死を減らそう」今、我々にできること、乳癌の臨床 211):73-772006

 

増田慎三:第3回日本乳癌学会近畿地方会の印象記、乳癌学会News letter 112):122006

 

A-6

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政Pagetoid spreadを伴った肛門管腺癌の1例、日本外科系連合会雑誌321):74-772007

 

辻仲利政Immunonutrition,Digestive Surgery 72):2-32006

 

辻仲利政:アルコールと食道がん、国民保険大阪3271):14-152006

 

辻仲利政、沢村敏郎、鞍田三貴:大規模病院におけるNSTの確立とその成果、Medical foram CHUGAI 101):19-252006

辻仲利政:「プロテアゾーム阻害剤」雑感−偶然ということ−、癌と人33):13-162006

 

辻仲利政:結腸直腸癌肝転移に対する化学療法施行後の完全奏効:治癒と考えてよいか、Digestive Sorgery 81):42007

 

平尾素宏Regulation mechanism of ERM protein/plasma membrane assosiation :Possible involvement of PI tumover and Rho-dependent signaling pathway 月田承一郎教授追悼業績集」京都大学追悼業績集委員会、2006

 

宮崎道彦:完全直腸脱、不顕性直腸脱に対するDelorme手術、日本女性骨盤底学会誌3):3-72006

 

B-1

平尾素宏:特別講演:「食道癌〜NAF化学療法〜」4Digestive Disease Renaissance、大阪、200612

 

平尾素宏Y-J.BANG, JS MACDONALAL, SH NOH, C VD VELDE, K YAMAGUCHI, KH YEHSyndicate 1&4Global Gastric Carcinoma Advisony Meeting, 中国・上海、20073

 

藤谷和正Cure of GI cancer in 2020:reaity or illusion? GI SUMMIT, ニース、20073

 

藤谷和正:特別講演:Current trend in chemotherapy for Advanced Gastric Cancer in JapanBMS Taxol Gastric Cancer Forum, 韓国、200611

 

宮崎道彦Points of treatment for HIV-Positive patients with anal disease. 1Cleveland Clinic Florida(CCF) Coloproctolog Symposium,東京、20066

 

B-2

OHMURA Y, NAKAMORI S, HIURA Y, KASHIWAZAKI M, ISHITOBI M, YASUI M, MASUDA N, IKENAGA M, MIYAZAKI M, HIRAO M, TAKAMI K, FUJITANI K, MISHIMA H, TSUJINAKA T5-year survivor of Stage IVb pancreatic cancer paitient by multidisciplinary treatment. 1回アジア太平洋肝胆膵学会、福岡、20073

 

小川久貴中森正二安井昌義柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政竹田和司真能正幸a case of cystic tumor of the pancreas. 1回アジア太平洋肝胆膵学会、福岡、20073

 

KOHAMA K, NAKAMORI S, ISHITOBI M, YASUI M, MASUDA N, KASHIWAZAKI M, IKENAGA M, MIYAZAKI M, HIRAO M, TAKAMI K, FUJITANI K, MISHIMA H, TSUJINAKA TOral S-1 combined with Gemcitabine in patients with advanced biliary cancer: a pilot study. 1回アジア太平洋肝胆膵学会、福岡、20073

 

SASAKO M, SANO T, YAMAMOTO S, NASHIMOTO A, KURITA A, FURUKAWA H, TSUJINAKA T, KINOSHITA T, ARAI KRandomized phaseV trial of standard D2 versus D2+para-aortic lymph node (PAN) dissection (D) for clinically MO advanced cancer:JCOG9501. 42ASCO, Atlsnta, GA,USA20066

 

NAKAMORI S, KASHIWAZAKI M, TSUJINAKA T, TAKEDA Y, NAGANO H, DONO K, SAKON M,MONDEN MImpact of intra-arterial infusion chemotherapy after curative surgery on survival of pancreatic cancer patients. Gastrointestinal Cancers Symposium. Orlando, Florida, 20071

 

NAKAMORI S, KASHIWAZAKI M, TSUJINAKA T, MIYAMOTO M, TAKEDA Y, NAGANO H, DONO K, SAKON M, MONDEN MPhase I study of neoadjuvant chemoradiation with gemcitabine and accelerated hyperfractionated for potentially resectable pancreatic cancer. Gastrointestinal Cancers Symposium,Orlando,Florida,20071

 

NAKAMORI S, KASHIWAZAKI M, TAKEDA Y, MIYAMOTO A, NAGANO H, DONO K, SAKON M,MONDEN MImpact of preoperative chemoradiation therapy with gemcitabine and accelerated hyperfractionated radiation for potentially resectable pancreatic cancer. 1First Biennial Congress of the Asian-PacificHepato-Pancreato-Biliary Association, 福岡、20073

 

HIURA Y, NAKAMORI S, KASIWAZAKI M, TSUJINAKA TPrognosis of incidentally diagnosed gallbladder cancer during or after laparoscopic cholecystectomy. 1回アジア太平洋肝胆膵学会、福岡、20073

 

OHNO S, TOI M, KUROI K, NAKAMURA S, IWATA H, KUSAMA M, MASUDA N, YAMAZAKI K, HISAMATSU K, SATO Y, TAKATSUKA Y, AKIYAMA FThe effect of Pathologic Response of Multicenter phase II trial of sequential FEC followed by docetaxel in primary operable breast cancer. 27 SanAntonio Breast Cancer Symposium, サンアントニオ、200612

 

MASUD N, AKIKYAMA F, TSUDA H, NOGUCHI S, TSUJIMOTO M, INAJI H, NAKAMURA SOTOMO S, KATO Y, MATSUURA NA New One-step Nucleic acid Amplification(OSMA)with Cytokeratin(CK) 19mRNA for Intra-operative Detection of Lymph Node(LN)Metastasis in Breast Cancer Patients: Results from the Multi-institutionla Clinical Study. St.Gallen Oncology Conference,スイス、20073

 

MISHIMA H, IKENAGA M, TSUJINAKA TMulti-Center Phase II Study of Irinotecan + 5-FU/l-LV (RPMI) Chemotherapy for Patients with Metastasic Colorectal Cancer (OGSG0201). 2006 World Congress on Gastrointestinal Cancer, Barcelona, Spain, 20066

 

(座長)中森正二:「PL2:Genetic Analysis Clinics」。11Metastasis Research Society、徳島、20069

 

B-3

池永雅一辻仲利政三嶋秀行宮崎道彦石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎:大腸癌手術の質とクリニカルパスの標準化。31回日本外科系連合学会、金沢、20066

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正高見康二中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:特別企画2:大腸癌ガイドラインの認識度調査。3回日本消化管学会総会学術集会、東京、20072

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎博道石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正高見康二中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:大腸癌ガイドラインの認識度調査。3回日本消化管学会総会学術集会、東京、20072

 

小川久貴宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義柏崎正樹石飛真人増田慎三平尾素宏高見康二藤谷和正、沢村敏郎、中森正二辻仲利政O'Regan式痔核結紮システムによる痔核結紮術。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

柏崎正樹大村仁昭西田尚弘安井昌義石飛真人増田慎三池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行、沢村敏郎、中森正二辻仲利政:切開部表層SSIに対する当科における治療戦略。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

辻仲利政:基調講演(Total quality management)「より安全で普遍的な胃癌手術を目指して」。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

中森正二柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政、中平伸、辻江正徳、武田裕、門田守人:膵癌化学療法におけるGemcitabine有効性向上のための基礎的・臨床的検討。37回日本膵臓学会、横浜、20066

 

平尾素宏藤谷和正辻仲利政、タイコヘルスジャパン:幽切後Roux-en-Y再建の工夫(ビデオブース)。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、三嶋秀行池永雅一増田慎三石飛真人宮崎道彦高見康二安井昌義辻仲利政:当科における胃癌術前化学療法の意義の検討。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

平尾素宏藤谷和正辻仲利政:胃癌術前化学療法における諸問題。79回日本胃癌学会、名古屋、20073

竹田雅司真能正幸増田慎三、辻本正彦、吉留克英、秋山太、岩瀬拓士、津田均、野口眞三郎、玉木康博、稲治英生、菰池佳史、中村清吾、津川浩一郎、加藤洋、松浦成昭:スポンサードミニシンポジウム1「乳癌リンパ節転移迅速診断」乳癌リンパ節迅速診断〜OSNA法の術中診断への応用〜。4回日本乳癌学会近畿地方会、和歌山、200612

 

増田慎三:サテライトシンポジウム「乳癌の術後補助療法」@閉経前ホルモン感受性症例の治療方針〜LH-RH analogの使用法〜。14回日本乳癌学会総会、金沢、20067

 

紅林淳一、増田慎三、武井寛幸、檜垣健二、向井博文:乳癌の術後補助療法―Current clinical issuesを中心に14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

三好康雄、黒柱昌史、紅林淳一、松浦成昭、高橋将人、徳永えり子、柄川千代美、増田慎三、河野誠之:班研究報告化学療法感受予測因子の開発に関する研究14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三、三好康雄、黒柱昌史、紅林淳一、松浦成昭、高橋将人、徳永えり子、柄川千代美、河野誠之:班研究報告「化学療法感受予測因子の開発に関する研究」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三、渡辺亨、向井博文、津田均、光森通英、青儀健次郎、中村清吾、麻賀太郎、山本尚人、徳田裕、岩田広治、大野真司:「原発乳癌に対する術前化学療法とそれに続く放射線照射の有効性・安全性試験(JCOG0306PRICRA-BC)」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三、紅林淳一、武井寛幸、檜垣健二、向井博文:「乳癌の術後補助療法―Current clinical issuesを中心に」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

渡辺亨、向井博文、津田均、光森通英、青儀健次郎、中村清吾、増田慎三、麻賀太郎、山本尚人、徳田裕、岩田広治、大野真司:原発乳癌に対する術前化学療法とそれに続く放射線照射の有効性・安全性試験(JCOG0306PRICRA-BC)14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

田中登美、増田慎三、多根井智紀、上野裕之、赤井裕子、石飛真人辻仲利政:乳癌治癒率向上を目指した外来通院方化学療法におけるチーム医療がん看護専門看護師の立場から14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三:超音波エラストグラフィの乳癌検診、乳腺臨床での活用法「乳腺臨床におけるエラストグラフィの有用性〜精密検査機関、検診機関での活用法〜」。16回 日本乳癌検診学会ランチョンセミナー、仙台、200611

 

増田慎三:ランチョンセミナー:乳癌検診における超音波エラストグラフィの有用性。16回日本乳癌検診学会200611

 

増田慎三石飛真人竹田雅司、徳田由紀子、吉田謙、真能正幸辻仲利政:当院における術前化学療法症例から学んだこと−今後の課題。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

辻仲利政:サテライトシンポジウム:パネリスト。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

FUJITANI K, TSUJINAKA T, SAKA M, SASAKO M, SANO T, KUROKAWA T, YOSHIMURA K, BOKU NAn international cooperative study between Korea and Japan: a randomized phase V study on value of reduction surgery in incurable gastric cancer. 79回日本胃癌学会総会、名古屋、20073

FUJITANI K, PAUL F, MANSFIELD, JAFFER A, AJANI, CHRISTOPHER H, CRANE:進行胃癌症例における術前化学放射線療法導入の可能性について−術後の合併症発生に及ぼす影響から−。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

辻仲利政藤谷和正平尾素宏:開腹胃癌切除のpitfallとその対処の仕方。79回日本胃癌学会、名古屋、20072

 

辻仲利政:特別発言/進行胃癌に対するリンパ節郭清:新たな治療戦略へのパラダイムシフト。79回日本胃癌学会、名古屋、20072

 

(座長)辻仲利政:術前化学療法の現像と今後の展望。79回日本胃癌学会、名古屋、20072

 

(座長)辻仲利政:スポンサードシンポジウム2:鏡視下手術は癌の標準治療になりえるか「胃癌」。3回日本消化管学会、東京、20072

 

(座長)増田慎三:座長:検診成績1 ランチョンセミナー:乳癌検診における超音波エラストグラフィの有用性。16回日本乳癌検診学会、仙台、200611

 

B-4

安達智洋安井昌義中森正二石飛真人増田慎三柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:一期的に胆嚢摘出、瘻孔閉鎖術と回腸部分切除を施行した胆石イレウスの一例。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

池永雅一三嶋秀行宮崎道彦石飛真人柏崎正樹増田慎三平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:大腸癌手術のクリニカルパスの最適化−手術要因からの腸閉塞とSSI予防−。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

池永雅一三嶋秀行宮崎道彦石飛真人柏崎正樹増田慎三平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:妊娠後期に急性腹症で発症した腹膜偽粘液腫の1例。48回日本消化器病学会、札幌、200610

 

池永雅一三嶋秀行宮崎道彦柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:直腸手術における吻合法〜確実な吻合をめざして〜。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦中森正二辻仲利政:開腹大腸癌手術の質とクリニカルパスの最適化をめざして−手術要因からの腸閉塞とSSI予防−。61回日本大腸肛門病学会、青森、20069

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正高見康二中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:安全で確実な吻合を目指した直腸器械吻合術。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎博道石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正高見康二中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:がん専門施設における腹部緊急手術症例の検討。43回日本腹部救急医学会総会、東京、20073

 

池永雅一、近藤健、永田直幹、加藤健志、奥山祐右、柴田佳久、坂本純一、三嶋秀行:転移性大腸癌に対する、FOLFOX4mFOLFOX6療法の多施設第U相試験(SWIFT1SWIFT2)5回日本臨床腫瘍学会、札幌、20073

 

石飛真人増田慎三Primary Systemic Therapy施行乳癌症例における安全な腋窩手術縮小への試み。44回日本癌治療学会総会、東京、200610

 

石飛真人増田慎三、多根井智紀、大村仁昭三嶋秀行中森正二竹田雅司眞能正幸辻仲利政n0乳癌におけるlyの意義<術後補助内分泌療法の役割>。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

石飛真人増田慎三安井昌義柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二、沢村敏郎、辻仲利政Primary Systemic therary施行乳癌症例における安全な腋窩手術縮小への試み。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

大村仁昭増田慎三石飛真人、多根井智紀、徳田由起子、吉田謙、竹田雅司眞能正幸、山本佳子、辻仲利政:乳腺診療におけるエラストグラフィーの位置づけ。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

大村仁昭柏崎正樹、武田裕、山下晋也、沢村敏郎、中森正二辻仲利政:当科における肝胆膵領域手術症例の手術部位感染(SSIの予防策と治療法。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

大村仁昭柏崎正樹西田尚弘安井昌義石飛真人増田慎三池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:術後創処置に滅菌器材は不要である。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

小川久貴辻仲利政、沢村敏郎、中森正二三嶋秀行藤谷和正高見康二平尾素宏宮崎道彦池永雅一柏崎正樹増田慎三安井昌義石飛真人2年後にCRが確認された腹膜偽粘液腫の1例。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

柏崎正樹中森正二安井昌義石飛真人増田慎三池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政:非切除・再発胆道癌に対するTS-1/Gemcitabine併用療法の試み。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

柏崎正樹大村仁昭西田尚弘安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行、沢村敏郎、中森正二辻仲利政ICT外圧として活用する当科の取り組み。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

高見康二、児玉憲、東山聖彦、尾田一元、岡見次郎:5個以上の同時多発肺癌の臨床病理学的検討。23回日本呼吸器外科学会、東京、20065

 

高見康二、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、児玉憲:BCG-CWS免疫療法の非小細胞癌対する手術後補助療法としての有用性―Case-control Study―47回日本肺癌学会、京都、200612

 

小濱圭祐柏崎正樹中森正二石飛真人増田慎三池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:予後と再発形式から見た大腸癌以外の肝転移切除症例の検討。48回日本消化器病学会、札幌、200610

 

高田晃宏増田慎三石飛真人安井昌義柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:術後30年目に頭蓋骨・肺転移を来たし、Toremifene高容量投与が著効を示した再発乳癌の1例。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

高田晃宏山田真美檀信浩日浦祐一郎辻仲利政石飛真人増田慎三:当院での乳癌手術クリニカルパスにおいての電子化を通じて。7回日本クリニカルパス学会、熊本、200611

 

檀信浩日浦裕一郎平尾素宏藤谷和正辻仲利政:幽門側胃切除クリニカルパスにおける腹腔ドレーンの検討。31回日本外科系連合学会、金沢市、20066

 

檀信浩池永雅一宮崎道彦三嶋秀行柏崎正樹中森正二辻仲利政:結腸癌手術におけるSSI予防の工夫。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

檀信浩沢村敏郎安井昌義柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政:当院におけるソケイヘルニア修復術(direct Kugel法)。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

檀信浩日浦祐一郎池永雅一宮崎道彦三嶋秀行辻仲利政:大腸癌手術におけるSSI予防の工夫。7回日本クリニカルパス学会、熊本、200611

 

檀信浩日浦裕一郎平尾素宏藤谷和正辻仲利政:幽門側胃切除における腹腔ドレーンの評価。8回医療マネージメント学会、横浜、20066

 

安田奈穂、前田梨佐、辻仲利政、内田華奈子、日浦祐一郎檀信浩:下部消化管手術パスにおける早期経口摂取について。7回日本クリニカルパス学会、熊本、200611

 

安田奈穂、辻仲利政日浦祐一郎檀信浩:下部消化管手術パスにおける早期経口摂取食事スケジュールの課題について。8回医療マネージメント学会、横浜、20066

 

上野裕之、辻仲利政、早川直樹、田中登美、松山和代、桑原健、前川孝史:がん薬物療法における薬剤師のトータルマネージメント。8回医療マネージメント学会、横浜、20066

 

辻仲利政、沢村敏郎、三嶋秀行中森正二藤谷和正平尾素宏池永雅一柏崎正樹宮崎道彦:大規模病院におけるNSTの現状と課題。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

浅岡幸子、西藤絵美、檀信浩日浦祐一郎辻仲利政:手術後早期シャワー浴導入に関するバリアンス分析。7回日本クリニカルパス学会、熊本、200611

 

田中登美、戸絹代、井上麻智子、上野裕之、小河原光正、辻仲利政:外来化学療法室の教育活動におけるがん看護専門看護師の役割と課題。8回医療マネージメント学会、横浜、20066

 

中森正二柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政、中平伸、門田守人:ヒト膵癌細胞におけるGemcitabine代謝関連分子発現性と薬剤感受性の検討。37回日本膵臓学会、横浜、20066

 

中森正二、中平伸、柏崎正樹安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政、門田守人:膵癌におけるGemcitabineの治療効果予測の試み。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

中森正二柏崎正樹安井昌義池永雅一宮崎道彦平尾素宏藤谷和正三嶋秀行辻仲利政:膵癌における糖転移酵素GaINAcT3の発現と意義。65回日本癌学会学、横浜、20069

 

西田尚弘池永雅一宮崎道彦三嶋秀行柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:高齢者大腸癌の特徴と治療方針。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

日浦祐一郎中森正二柏崎正樹辻仲利政:腹腔鏡下胆嚢摘出術時および術後に診断された胆嚢癌症例の検討。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

日浦祐一郎池永雅一安井昌義宮崎博道三嶋秀行辻仲利政:ダブルバルーン小腸内視鏡が診断に有用であった小腸腫瘍の一例。48回日本消化器病学会、札幌、200610

 

日浦祐一郎檀信浩藤谷和正平尾素宏辻仲利政:胃癌手術におけるクリニカルパスの返還とバリアンス発生頻度における検討。31回日本外科系連合学会、金沢市、20066

 

日浦祐一郎中森正二柏崎正樹石飛真人増田慎三池永雅一宮崎道彦平尾素宏三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:腹腔鏡下胆嚢摘出術後に見出された胆嚢癌に対する治療方針。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

日浦祐一郎中森正二柏崎正樹安井昌義石飛真人増田慎三池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行、沢村敏郎、辻仲利政:切除術式と入院期間からみた肝切除手術クリニカルパスの評価。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

日浦祐一郎檀信浩平尾素宏藤谷和正辻仲利政:クリニカルパスを用いた胃癌手術におけるバリアンンス発生に与える因子の検討。7回日本クリニカルパス学会、熊本、200611

 

日浦祐一郎檀信浩柏崎正樹中森正二辻仲利政:肝切除におけるクリニカルパスとバリアンス発生頻度における検討。8回医療マネージメント学会、横浜、20066

平尾素宏辻仲利政藤谷和正中森正二、沢村敏郎、三嶋秀行池永雅一増田慎三柏崎正樹石飛真人宮崎道彦:食道浸潤胃癌に対する右開胸・開腹・下部食道胃全摘術。60回日本食道学会、東京、20066

 

平尾素宏、土岐祐一郎、藤田淳也、藤原義之、滝口修司、塚原康生、矢野雅彦、辻仲利政、古河洋、門田守人:胃切除術後短期合併症リスクファクターの検討多施設前向臨床試験付随研究から61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

平尾素宏藤谷和正辻仲利政:幽門側胃切除R-Y再建の工夫。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

増田慎三、高橋俊二、麻賀太郎、佐治重樹、高橋護、稲治英生、佐伯俊昭、戸井雅和、秋山太、三木義男、徳田裕、吉本賢隆:「局所進行乳癌に対するCEF followed by weekly paclitaxel術前化学療法の多施設共同臨床試験(JACCRO-BC01)」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三、中山貴寛、石飛真人、塚本文音、森本卓、松並展輝:HER2陽性乳がんに対する新しい治療戦略:FEC followed by weekly Paclitaxel & Trastuzumab遂次術前化学療法(第ll相臨床試験)。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

吉田謙、増田慎三、中場寛行、石飛真人、多根井智紀、竹田雅司、徳田由起子、真能正幸、菰池佳史、辻仲利政:乳房温存術後組織内照射における有害事象の原因因子。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

松本光史、岩田広治、佐々木康綱、佐伯俊昭、青儀健二郎、増田慎三、野口眞三郎、藤井博文、藤原康弘:カペシタビンのタキサン系薬剤無効乳癌を対象とした第二相臨床試験。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三、多根井智紀、石飛真人、徳田由起子、吉田謙、竹田雅司真能正幸辻仲利政:「乳頭分泌液中CEA測定におけるラナマンモカードの有用性」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三大村仁昭石飛真人、多根井智紀、徳田由起子、吉田謙、竹田雅司真能正幸、山本佳子、辻仲利政:「乳腺診療におけるエラストグラフィーの位置付け」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三、松本光史、岩田広治、佐々木康綱、佐伯俊昭、青儀健二郎、野口眞三郎、藤井博文、藤原康弘:「カペシタビンのタキサン系薬剤無効乳癌を対象とした第二相臨床試験」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三石飛真人、多根井智紀、大村仁昭三嶋秀行中森正二竹田雅司真能正幸辻仲利政:「n0乳癌におけるlyの意義<術後補助内分泌療法の役割>」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三、吉田謙、中場寛行、石飛真人、多根井智紀、竹田雅司、徳田由起子、真能正幸、菰池佳史、辻仲利政:「乳房温存術後組織内照射における有害事象の原因因子」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

徳田由起子、増田慎三竹田雅司、多根井智紀、石飛真人真能正幸、細木拓野:「非触知石灰化病変に対するMRIの有用性の検討」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

多根井智紀、増田慎三石飛真人、徳田由起子、吉田謙、竹田雅司真能正幸辻仲利政:乳頭分泌液中CEA測定におけるラナマンモカードの有用性。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

中村清吾、増田慎三、岩田広治、戸井雅和、黒井克昌、秋山太:原発乳癌に対するFEC 100 followed docetaxel 100による術前化学療法。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

増田慎三:術前化学療法症例から学んだことー現状と今後の課題。5回日本臨床腫瘍学会、札幌、20073

 

徳田由紀子、増田慎三竹田雅司、吉田謙、多根井智紀、石飛真人真能正幸、細木拓野:MRIによる乳癌術前化学療法後pCR予測の検討。65回日本医学放射線学会学術集会20063

 

三嶋秀行:転移性大腸癌に対する、FOLFOX4mFOLFOX6療法の多施設第U相試験(SWIFT1SWIFT2)。5回日本臨床腫瘍学会学術集会、札幌、20073

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義平尾素宏柏崎正樹藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政、吉田謙:HIV陽性肛門癌に対しHighly Active Retraviral Therapy併用化学放射線療法を施行した一例、2006

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一平尾素宏柏崎正樹中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:完全直腸脱に対するStapling Rectopexy61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義中森正二辻仲利政、吉川宣輝:超低位前方切除・経肛門側端吻合術の長期成績と排便機能。61回日本大腸肛門病学会、青森、20069

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一:痔瘻治療30ヶ月後に確定診断がついた若年者潰瘍性大腸炎の一例。72回日本消化器内視鏡学会(DDW)、札幌、200610

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義柏崎正樹平尾素宏高見康二藤谷和正、沢村敏郎、辻仲利政:完全直腸脱に対する開腹下Stapling rectopexy8回日本女性骨盤底医学会、北海道、20066

 

平野剛、宮崎道彦、松本久宣、堀江昭史、榊原敦子、高橋英元、山田成利、岡垣篤彦、伴千秋:経膣的に根治術を施行した巨大直腸周腫瘤の一例。8回日本女性骨盤底医学会、北海道、20066

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政:一般演題:潰瘍性大腸炎に関連した痔瘻(肛門周囲膿瘍)の2例。3回日本消化管学会、東京、20072

 

山田真美増田慎三石飛真人安井昌義柏崎正樹池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行、沢村敏郎、中森正二辻仲利政TS-1単剤投与が著効を示した乳癌肝転移の検討。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

山田真美平尾素宏藤谷和正安井昌義石飛真人増田慎三柏崎正樹池永雅一宮崎道彦高見康二三嶋秀行中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:当院での幽門側胃切除術後ρRoux-Y再建法の検討。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

山田真美高田晃宏檀信浩日浦祐一郎安井昌義池永雅一宮崎道彦三嶋秀行辻仲利政:腹腔鏡補助下結腸切除術におけるクリニカルパスの導入。7回日本クリニカルパス学会、熊本、200611

 

宮垣博道、宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:急性腹症で発症した25mmの大腸がん癌部穿孔の一例。61回日本大腸肛門病学会総会、弘前、20069

 

山下晋也、宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:「肥満」の大腸がん待機開腹手術への影響。62回日本大腸肛門病学会総会、弘前、20069

 

宮崎道彦、上平朝子、山本善彦、牧江俊雄、椎木創一、渡邊大、白坂琢磨、辻仲利政:エイズ診療拠点病院におけるHIV陽性者肛門疾患の治療経験。20回日本エイズ学会、東京、200612

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義柏崎正樹平尾素宏藤谷和正高見康二中森正二辻仲利政:肛門温存手術は本当に満足度が高い術式か?24回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会、神奈川、20072

 

(座長)辻仲利政:医療の質:感染対策28回医療マネージメント学会、横浜、20066

 

(座長)辻仲利政:胃種々の臨床研究。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

(座長)辻仲利政:「NST活動が病院にもたらすもの」。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

(座長)辻仲利政salvage 手術260回日本食道学会、東京、20066

 

(座長)辻仲利政V-9大腸161回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

(司会)辻仲利政:器械吻合上部)168回日本臨床外科学会、広島、200611

 

(座長)中森正二:膵癌265回日本癌学会、横浜、20069

 

(座長)中森正二:膵癌症例。18回日本肝胆膵外科関連会議、東京、20065

 

(座長)中森正二:膵癌 基礎248回日本消化器病学会、札幌、200610

 

(座長)中森正二:胆道癌化学療法。61回日本消化器外科学会、横浜、20067

 

(座長)増田慎三:示説討論75「再発・予後因子」。14回日本乳癌学会、金沢、20067

 

(司会)三嶋秀行:大腸癌に対する外来化学療法の現状と工夫。68回日本臨床外科学会、広島、200611

 

B-5

池永雅一三嶋秀行:化学療法攻略法。大腸癌化学療法塾、大阪、20066

 

池永雅一:特別演題:機械を用いた直腸癌手術。22回大腸癌を考える若手の会、大阪、20064

 

柏崎正樹:手術部位感染。17回大阪病院機能向上研究会、大阪、200611

 

高見康二、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、児玉憲:家族性に見られた多発GGO症例の手術経験。49回関西胸部外科学会、浜松、20066

辻仲利政:胃癌外科治療における最新エビデンス。361回大阪胃研究会、大阪、200612

 

中森正二、中平伸、辻江正徳、武田裕、門田守人:Ribonucleotide reductase M1 subunit (RRM1)は膵癌治療におけるgemcitabine感受性に関与する。10回がん分子標的治療研究会、東京、20066

 

藤谷和正:外来化学療法の現状と今後の方向性−米国との対比−。OGSG夏季セミナー、大阪、20068

 

藤谷和正:特別講演:University of Texas MD Anderson Cancer CenterにおけるMultidisciplinary approach. がんチーム医療シンンポジウム、大阪、20065

 

藤谷和正:特別講演:外来化学療法の現状と今後の方向性−米国との対比−。8回大阪がん学術セミナー、大阪、20067

 

藤谷和正:臨床試験から得られた胃癌化学療法の現状と今後の方向性。新潟胃癌セミナー、新潟20068

 

増田慎三2006年度マンモグラフィ指導者研修会コーディネータ。2006年度マンモグラフィ指導者研修会、名古屋、20064

 

増田慎三:アロマターゼ阻害剤の位置付けに関するコメンテーター。AstraZeneca Advisory Board Meeting、大阪、20065

 

増田慎三:大阪医療センターにおけるCapecitabineの位置付け。KBSCG 0408 meeting、大阪、20069

 

増田慎三:「局所進行再発乳癌に対するweekly Paclitaxel+Cyclophosphamide併用第1相試験」プロトコル紹介。KMBOG meeting、大阪、20069

 

増田慎三KMBOG年次総会:乳癌臨床試験の現状と今後の課題。KMBOG meeting、大阪、200612

 

増田慎三:新規臨床試験検討会(CPT11関連)総合司会。KMBOG 夏季学術講演会、大阪、20068

 

増田慎三:乳癌最新情報の交換会にてシンポジストとしてコメントする。Nagoya Interactive  Breast Cancer Conference、名古屋、200611

 

増田慎三:パネリスト:進行再発乳癌におけるcapecitabineの位置付け。Osaka Breast Cancer Conference、大阪、20064

 

増田慎三What's new in Breast Cancer Treatment Strategyパネリスト。Osaka Breast Cancer Workshop、大阪、20064

 

増田慎三:大阪医療センターにおける乳癌外来化学療法の実際。外来化学療法セミナー、仙台、200610

 

増田慎三:乳癌化学療法の実際。外来化学療法勉強会、京都、20065

 

増田慎三、上野裕之、田中登美:「乳癌チーム医療を有効に進めるために」パネルディスカッション。関西乳癌セミナー、大阪、20067

 

増田慎三:特別講演「乳癌治療の最新情報」。国立病院機構仙台医療センター患者会、仙台、200610

 

増田慎三:グループ講習「その他の所見1」。16マンモグラフィ講習会、名古屋、200610

 

増田慎三:抗癌剤による悪心・嘔吐対策。1回癌支持療法勉強会、大阪、20065

 

増田慎三:インフォームドコンセントにおけるつまづき・工夫。3SELECT-BC実務担当者研修会、東京、200612

 

増田慎三:閉経前乳癌の治療戦略−若年者乳癌治療における工夫−。4回日本乳癌学会近畿地方会、和歌山、200612

 

増田慎三:乳癌内分泌療法の最近の話題。4回富山県乳癌学術講演会、富山、20066

 

増田慎三:適切な乳癌周術期化学療法の実践。乳癌化学療法勉強会、金沢、20069

 

増田慎三:適切な乳癌周術期化学療法の実践。乳がん懇話会、堺、20068

 

増田慎三:乳癌化学療法における静脈炎対策について。乳癌サポーティブケアセミナーin Oita2006、大分、20065

 

増田慎三:大阪医療センターにおける再発乳癌の治療戦略。乳癌勉強会、広島、200610

 

増田慎三New strategies in the Endocrine Treatment of Breast Cancerシンポジウムシンポジスト。ファイザーオンコロジーシンポジウム、東京、200611

 

増田慎三:グループ講習「腫瘤・その他の所見」。福井県マンモグラフィ講習会、福井、20069

 

増田慎三:グループ講習「その他の所見1」。福井県マンモグラフィ講習会、福井、20069

 

増田慎三:乳癌の臨床。福井県マンモグラフィ講習会、福井、20069

 

増田慎三、山本佳子、石飛真人、多根井智紀、徳田由起子、竹田雅司真能正幸辻仲利政:乳腺診療におけるエラストグラフィの位置付け。16回日本甲状腺超音波診断会議、茨城、20066

 

増田慎三HER2陽性乳癌の治療方針3回大阪乳癌内分泌化学療法研究会、大阪、20064

 

増田慎三:外来化学療法の実際〜乳癌〜。15HIT研究会学術集会、神戸、20068

 

増田慎三:乳癌術前薬物療法の現状と課題。17回日本乳腺甲状腺超音波診断会議、福岡、200611

 

増田慎三真能正幸竹田雅司、辻本正彦、吉留克英、秋山太、岩瀬拓士、津田均、野口眞三郎、玉木康博、稲治英生、菰池佳史、中村清吾、津川浩一郎、加藤洋、石飛真人、松浦成昭:スポンサードミニシンポジウム1「乳癌リンパ節転移迅速診断―OSNA法の原理」。4回日本乳癌学会地方会、和歌山、200612

 

増田慎三:「乳がん最新情報の共有と実地臨床への応用」。Chugai Breast Cancer Conference、大阪、20071

 

増田慎三:「第2部 治療について」。2 Kinki Breast Cancer Frontier Meeting、大阪、20073

 

増田慎三:「KMBOG0612」プロトコールの説明と討論。KMBOG0612スタートミーティング、大阪、20071

 

増田慎三:術前・術後治療の実際、術前化学療法ー現状と今後の課題。関西乳がん治療セミナー、大阪、20073

 

増田慎三、上野裕之 田中登美:「当院におけるチーム医療− チームの確立まで」治療方針について。2回西兵庫乳癌チーム医療研究会、姫路、20072

 

増田慎三、上野博之、田中登美:国立病院大阪医療センターにおける乳腺チーム医療。2回西兵庫乳癌チーム医療研究会、姫路、20072

 

増田慎三:「San Antonio2006 最新情報」。学術講演会、大阪、20071

 

増田慎三:乳癌における最新の科学的根拠(Evidence)に基づく治療法。岐阜乳腺フォーラム、岐阜、20072

 

増田慎三:「アロマターゼ阻害剤とBone Health 」。小笹乳癌勉強会、福岡、20073

 

増田慎三:「地域型臨床試験の課題と展望」。東海北陸乳癌会議、愛知、20072

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法 実地臨床と標準治療。Colorectal Cancer Symposium 2006 in Saga、佐賀、20064

 

三嶋秀行FOLFOX療法による今後の戦術と展開。Colorectal Cancer Symposium in Wakayama、和歌山、200611

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法 実地臨床と標準治療。エルプラット発売1周年記念講演会、群馬、20065

 

三嶋秀行:大腸がんで悩まないために。おおさか健康セミナー、大阪、2006年月

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法。岡崎大腸癌学術講演会、岡崎、200612

 

三嶋秀行MRのあるべき姿。京阪神支店講演会、大阪、20069

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法の最前線。呉大腸癌化学療法セミナー、呉、200611

 

三嶋秀行:実地診療における大腸癌化学療法。弘前大腸癌講演会、弘前、20069

 

三嶋秀行:「大腸癌の化学療法」〜実地診療と標準治療〜。高知県大腸癌化学療法セミナー、高知、20067

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法。三河地区大腸癌学術講演会、東三河、20066

 

三嶋秀行:我が国におけるオキサリプラチンとイリノテカンの位置付け。山形県病院薬剤師会抗がん剤研修会、山形、20065

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法における臨床医の役割。鹿児島大腸癌化学療法検討会、鹿児島、200610

 

三嶋秀行:我が国におけるオキサリプラチンとイリノテカンの位置付け。秋田消化器癌化学療法講演会、秋田、20069

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法 実地臨床と標準治療。小樽市医師会 学術講演会、小樽、20067

 

三嶋秀行:最近の大腸癌化学療法-手技も含めて-大腸癌カンファレンス、名古屋、20064

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法における臨床医の役割。大腸癌化学療法について考える会、宮崎、20066

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法における外科医の役割。大腸癌化学療法講演会、旭川、20067

 

三嶋秀行:化学療法攻略法。大腸癌化学療法塾、大阪、20066

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法 〜実地臨床と標準治療〜。大腸癌化学療法勉強会、名古屋、200611

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法 外科医の立場と最近の話題。15Biochemical Modulation研究会、京都、200611

 

三嶋秀行:実地臨床医が行う化学療法のコツ(外科医の叫び)。3回神奈川癌化学療法セミナー、神奈川、20064

 

三嶋秀行FOLFOX,FOLFIRI治療のわが国の現状。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法−標準からのステップアップ−個人から世界へ。44回日本癌治療学会、東京、200610

 

三嶋秀行:大腸癌の化学療法と今後の課題。52回奈良県病院薬剤師会学術講演会、奈良、200610

 

三嶋秀行FOLFOX療法における今後の戦術と展開。出雲地区大腸癌講演会、出雲、20071

 

三嶋秀行:大腸癌化学療法。2回大津大腸癌化学療法セミナー、大津、20072

 

三嶋秀行Stage4の治療方針。2回大腸癌治療ガイドライン講座、大阪、20072

 

三嶋秀行:大腸癌肝転移の治療について。4回関西大腸癌化学療法研究、大阪、20073

 

三嶋秀行:大腸がん化学療法における医師の役割。大腸癌化学療法シンポジウム、金沢、20071

 

三嶋秀行FOLFOX療法における今後の戦術と展開。東部がん化学療法セミナー、埼玉、20073

 

三嶋秀行:癌治療におけるMRの役割。ヤクルト営業所内講演会、大阪、20073

 

三嶋秀行FOLFOX療法における今後の戦術と展開。山口防府地区大腸癌講演会、防府、20072

 

宮崎道彦:肛門出血と人工肛門。17回おおさか健康セミナー、大阪、200611

 

宮崎道彦池永雅一三嶋秀行高見康二柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政HIV感染症における外科疾患−HIV陽性者肛門疾患の治療成績。2006年度HIV感染症医師実地研修会、大阪、200610

 

宮崎道彦:ビギナーからマニアまで知って得をする肛門疾患step upセミナー1。1回肛門疾患step upセミナー、大阪、20071

 

宮崎道彦:ビギナーからマニアまで知って得をする肛門疾患step upセミナー2。2回肛門疾患step upセミナー、大阪、20072

 

安井昌義:消化器疾患に対する腹腔鏡下手術。13回大阪和医大消化器懇話会、大阪、200610

 

安井昌義:腹腔鏡補助下S状結腸切除術の郭清と吻合。Video Foram for Surgeons in OSAKA、大阪、20072

 

平尾素宏辻仲利政藤谷和正、沢村敏郎、中森正二三嶋秀行宮崎道彦池永雅一増田慎三柏崎正樹石飛真人高見康二安井昌義NAF併用化学療法を含めた食道癌集学的治療。85回日本消化器病学会近畿支部例会-シンポジウム-、大阪、20069

 

平尾素宏:〜消化器外科治療の進歩〜。8回地域医療フォーラム、大阪、20066

 

増田慎三:「閉経前乳癌の治療戦略ー若年性乳癌治療における工夫」。4回日本乳癌学会東北地方会 教育講演、仙台、20073

 

増田慎三:乳がん診療の最前線。50回日本放射線技術学会近畿部会学術大会、大阪、20071

 

安井昌義:講演「内視鏡外科の現状と展望」。8回地域医療フォーラム、大阪、20066

 

(司会)中森正二:シンポジウム2 「膵・胆道癌の診断・治療における新しい展開」。85回日本消化器病学会近畿支部例会、大阪、20069

 

(座長)辻仲利政:癌化学療法におけるコメディカルの役割。がんチーム医療シンンポジウム、大阪、20065

 

(司会)辻仲利政:外来化学療法。OGSG夏季セミナー、大阪、20068

 

(座長)増田慎三:乳癌ホルモン療法と骨代謝に関する講演会。乳がん懇話会、大阪、200610

 

(座長)増田慎三:閉経後内分泌療法と骨健康(座長)。大阪乳癌懇話会、大阪、200612

 

(座長)増田慎三:総合討論司会。9回乳癌治療セミナー、大阪、20069

 

(座長)増田慎三:座長:モーニングセミナー1・乳がん術前薬物療法の現状と課題。17回日本乳腺甲状腺超音波診断会議/幹事会/用語委員会/乳がん検診研究班班会議、福岡、200611

 

(司会)増田慎三:新規臨床試験検討会(TC療法)総合司会。KMBOG meeting、大阪、20066

 

B-6

池永雅一三嶋秀行柏崎正樹増田慎三平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:器械を用いた直腸癌手術における注意点。16回骨盤外科機能温存研究会セッション、東京、20067

 

池永雅一三嶋秀行安井昌義宮崎道彦辻仲利政:大腸癌治療ガイドラインの諸問題。19回大腸疾患分科会、大阪、20066

 

小川久貴中森正二柏崎正樹石飛真人安井 昌義増田慎三池永雅一宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行辻仲利政:診断と治療に苦労した膵のう胞性腫瘍の一例。6回阪神膵臓外科研究会、大阪、20073

 

柏崎正樹、牧野正樹、安井昌義宮崎道彦池永雅一平尾素宏高見康二藤谷和正三嶋秀行中森正二辻仲利政:原発巣不明 icteric type HCC1例。8回大阪肝臓外科談話会、大阪、200611

 

小濱圭祐藤谷和正平尾素宏辻仲利政:長期ステロイド服用および透析歴を有する進行胃癌患者の周術期管理。10回近畿過大侵襲研究会、大阪、2006

 

小濱圭祐平尾素宏藤谷和正辻仲利政:食道癌再発症例。53回阪神食道疾患検討会、大阪、2006

 

小濱圭祐石飛真人増田慎三安井昌義柏崎正樹宮崎道彦平尾素宏高見康二藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:当施設における男性乳癌症例の検討。551回大阪外科集談会、大阪、2006

 

高見康二、前田純、岡見次郎、尾田一之、東山聖彦、児玉憲:多発肺がんの臨床病理学的検討〜潜在病変の検索と自然経過〜。25回がん拠点病院によるメディカルカンファレンス、森之宮、20067

 

上野裕之、服部雄司、繻エ健、今西健二、鞍田三貴、三嶋秀行、沢村敏郎、東堂龍平、前川孝史、辻仲利政:脂肪乳剤における栄養サポートチームのアプローチについて−当センターにおける使用調査から−。16回近畿輸液・栄養研究会、大阪、20069

 

平尾素宏:大腸Wセッション:コメンテーター。179回近畿外科学会、和歌山、20065

 

平尾素宏藤谷和正辻仲利政:胃GISTの一例。357回大阪胃研究会、大阪、20067

 

藤谷和正:胃癌化学療法におけるドセタキセルの臨床的意義。Taxotere発売10周年記念学術講演、東京、200611

 

多根井智紀、増田慎三竹田雅司、徳田由紀子、真能正幸辻仲利政:乳癌との鑑別診断に苦慮した乳腺線維線腫のエコー像とその病理像。2回日本乳癌学会近畿地方会、京都、200612

 

増田慎三、塚本文音、芝英一、中野芳明、富永修盛、松並展輝、野村孝、山本仁、井ノ本琢也、中口和則、西敏夫、青野豊一、北田昌之、徳永行彦、中山貴寛、西田幸弘、米田光里:「ビスフォスフォネート療法」「乳癌骨転移症例に対するPamidronate 90mg短時間投与の安全性ー多施設共同研究の結果から」。117回阪神乳腺疾患談話会、大阪、20073

 

山下晋也、宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:肛門狭窄に対して形成術を施行した三例。179回近畿外科学会、和歌山、20065

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義柏崎正樹平尾素宏高見康二中森正二辻仲利政:全周瘢痕性肛門狭窄に対するV-Y advancement flapによる肛門形成術。16回骨盤外科機能温存研究会、東京、20067

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:高野式痔核根治術。179回近畿外科学会、和歌山、20065

 

宮崎道彦:病態に応じた排便障害の治療。19回六甲肛門疾患研究会、神戸、200610

 

宮崎道彦三嶋秀行池永雅一安井昌義正樹平尾素宏藤谷和正中森正二辻仲利政:一般演題:肛門狭窄形成術。74回九州大腸肛門病懇親会、久留米、20071

 

安井昌義Pro Tackを用いた腹腔鏡下Stpling Rectopexy2回南大阪で内視鏡手術を極める会、大阪、20069

 

安井昌義:腹腔鏡補助下S状結腸切除術の定型化の試み。大阪大学医学部第二外科同窓会、同窓会総会、大阪、20072

 

高田晃宏、村田幸平:当院における肛門括約筋温存骨盤内臓全摘の報告。179回近畿外科学会、和歌山、20065

 

高田晃宏宮崎道彦安井昌義池永雅一三嶋秀行石飛真人増田慎三柏崎正樹高見康二藤谷和正中森正二辻仲利政:エンドトキシン吸着療法が有用であった汎発性腹膜炎の一例。556回大阪外科集談会、大阪、20073

 

檀信浩池永雅一宮崎道彦三嶋秀行石飛真人増田慎三柏崎正樹平尾素宏藤谷和正中森正二、沢村敏郎、辻仲利政:結腸癌手術におけるSSI予防の工夫。180回近畿外科学会、大阪、200611

 

西田尚弘平尾素宏藤谷和正辻仲利政:膵十二指腸動脈瘤の一例。179回近畿外科学会、和歌山、20065

 

(座長)宮崎道彦:大腸U179回近畿外科学会、和歌山、20065

 

(司会)辻仲利政:小腸病変。355回大阪胃研究会、大阪、20065

 

B-7

増田慎三:乳癌薬物療法に関する学術指導。FECアドバイザリーボード、東京、20064

 

(座長)中森正二:膵癌の化学療法について。膵癌学術講演会、大阪、20073

 

B-8

辻仲利政:術後食事指導。ナースのための栄養管理セミナー、神戸、200612

 

辻仲利政:術後食事指導。ナースのための栄養管理セミナー、横浜、20072

 

辻仲利政:術後食事指導。ナースのための栄養管理セミナー、名古屋、20073

 

増田慎三:乳癌診療のこれから2007SABCSに参加して〜。最新情報交換会、大阪、200612

 

三嶋秀行:日本における大腸がんの最新標準治療−SWIFT試験データ発表と意義−メディアの役割と責任。メディアセミナー、東京、200610

 

三嶋秀行:最適な治療を受けるために。大腸がん市民フォーラム、大阪、200611

 

三嶋秀行:大腸癌標準療法 FOLFOX療法。座談会、大阪、20072

 

宮崎道彦:ビギナーからマニアまで−知って得をする「肛門疾患と直腸肛門機能性疾患」。天籐製薬株式会社社員講演、大阪、20068

 

宮崎道彦:講演:「日常診療に役立つ肛門疾患とその治療」。8回地域医療フォーラム20066