皮膚科・アレルギー科・形成外科

田所丈嗣

当科では、国立病院機構が担うべき政策医療のなかでも皮膚がんに関する診療を主眼として行っており、皮膚がんの適切な診断と治療を診療内容の基本として、外科的および内科的対応が可能です。当院は皮膚悪性腫瘍に対する手術療法ならびに化学療法、放射線療法などの集学的な診療を行える数少ない施設の一つであり、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医をはじめ優れたスタッフと恵まれた医療設備のもと、皮膚がんに対する正確な診断と十分な説明、事実に裏付けられた治療をモットーに、皮膚がん患者の社会的な生活の質を第一とした診療を行い、皮膚がんの中核病院としての役割を果たすべく責任を持って診療に従事しています。また、皮膚腫瘍の診断は容易ではないものも多いためダーモスコピー検査を導入し、臨床検査科病理部門との合同カンファレンスで診断精度を高めるとともに、治療方法を含めたセカンド=オピニオンの要請にも十分に応えられる体制を整えています。悪性腫瘍切除後の組織欠損に対しても、各診療科でのがん手術における再建を要請に応じて積極的に行っています。皮膚に対する自己抗体によって皮膚や粘膜に繰り返し水疱を生じる難治性皮膚疾患である天疱瘡や類天疱瘡は一般に長期間にわたる治療が必要であり、なかでも天疱瘡は厚生労働省によって特定疾患に指定されています。通常は副腎皮質ステロイドホルモン剤を中心とした治療を行い、場合によっては免疫抑制剤を併用することもありまが、当科では積極的に各自己免疫性水疱症の診断と各々の患者さんの病状に応じた治療を行っています。更に、当科では、下肢静脈の弁不全によって発生する下肢静脈瘤に対する超音波ドップラー検査を用いた専門的な診療を行うともに保存的並びに手術的治療を数多く経験し、パッチテストによる接触皮膚炎の診断と治療、あざの相談と治療など専門性の高い診療にも対応し、皮膚の難病についても地域の医療施設や近隣の総合病院から、専門的な診療を要する患者を積極的に受け入れています。以上のような当科における診療内容の性格上、病状説明や検査、処置に十分な時間をかける必要性があり、安定期患者には密接な病診連携のもとに地域の医療機関での診療を勧めつつ、他の医療機関から広く紹介患者を受け入れることで地域のニーズに積極的に応えるよう努力しています。また、平成16年度より政策医療ネットワークの共同臨床研究として「我が国の小児・成人アレルギー疾患患者実態調査」が行われ、アレルギー性疾患における治療管理法の効果を検証し、ガイドライン普及の実態を明らかにすると共に国立病院機構所属施設のアレルギー患者治療管理状況を把握し、今後の診療レベルの向上に繋げため、当科もこれに参加しています。

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

小澤健太郎今中愛子岡田明子田所丈嗣Aneurysmal fibrous histiocytoma1例。ひふ勉強会、大阪、20061

 

吉龍澄子、森川和子:当科における微小血管吻合による頭頚部再建症例―術後管理について―。22回大阪マイクロサージャリー研究会、大阪、20062

 

小澤健太郎岡田明子今中愛子田所丈嗣:腋窩に生じた副乳の1例。ひふ勉強会、大阪、20062

 

吉龍澄子:眼輪筋を含む双茎皮弁と前額皮弁による上眼瞼の再建法の考案。17回義眼床手術研究会、神戸、20062

 

小澤健太郎、北場俊、北村昌紀、田所丈嗣:診断に苦慮したAnaplastic large cell lymphoma1例。34回湾岸勉強会、神戸、20063

 

吉龍澄子:総合失調症を伴い治療方針決定に難渋した左顔面扁平上皮癌の1例。23回大阪形成外科学会、大阪、20063

 

今中愛子岡田愛子小澤健太郎田所丈嗣増田慎三石飛真人多根井智紀竹田雅司:男性乳癌の1例。394回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、20063

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

YAMAGUCHI Y, TAKAHASHI K, ZMUDKKA BZ, KOMHAUSER A, MILLER SA, TADOKORO T, BERENS W, BEER JZ,HEARINGVJ. Human skin responses to UV radiation: pigment in the upper epidermis protects against DNA damage in the lower epidermis and facilitates apoptosis. FASEBJ 20:1486-14882006, Jul

 

A-2

田所丈嗣:先天性白皮症「鑑別と治療マニュアル:幼小児によくみられる皮膚疾患」石橋康正、吉川邦彦編、84-85改訂3版、医薬ジャーナル、大阪、20064

 

A-3

今中愛子、宋美紗、山本維人、後藤章夫、坂上麻衣子、佐藤健二:入院帯状疱疹患者の疼痛の経過、臨床皮膚科60851-8532006

 

吉龍澄子、榊原敦子:動注化学療法にて会陰部に難治性潰瘍を生じた子宮頚癌の一例、Skin Surgery162-52007

 

土居敏明、小澤健太郎、田所丈嗣:悪性黒色腫と良性母斑;皮丘平行パターンを示しても分布が対称性で小さければ良性のことがある、Visual Dermatol6238-2392007

 

A-5

大畑千佳、田所丈嗣、板見智:性ホルモンと性ホルモン結合蛋白による皮膚メラニン産生の検討、Annual Report of Cosmetology1458-6220069

 

B-4

吉龍澄子、矢野健二、松田建、細川瓦:Sensory protectionによる筋弁の萎縮予防効果と臨牀応用。23回大阪マイクロサージャリー研究会、大阪市、20064

YAMAGUCHI Y, TAKAHASHI K, TADOKORO T, ZMUDZKA B.Z, BEER J.Z, ITAMI S, KATAYAMA I, HEARING V.JSkin responses to UV radiation: Pigment in the upper epidermis protects against DNA damage in the lower epidermis and facilitates apoptosis31回日本研究皮膚科学会学術大会、京都市、20066

 

岡田明子小澤健太郎今中愛子田所丈嗣:コハク酸メチルプレドニゾロンナトリウムによる薬疹の1例。105回日本皮膚科学会総会、京都市、20066

 

吉龍澄子吉田謙小林昌代:当科におけるケロイドの組織内照射療法。1回瘢痕・ケロイド治療研究会、大宮市、20069

 

吉龍澄子:基底細胞癌を除く眼瞼の悪性腫瘍の検討。24回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会、長崎市、200611

 

吉龍澄子勝野昌代:人工真皮を利用した内眼角癌の二期的手術。18回眼瞼・義眼床手術研究会、京都市、20072

 

B-6

小澤健太郎岡田明子今中愛子田所丈嗣:自然消退した環状紅斑の1例。ひふ勉強会、大阪市、20064

 

小澤健太郎今中愛子岡田明子田所丈嗣:一部にParallel ridge patternを伴った拇趾の色素性母斑の1例。ひふ勉強会、大阪市、20064

 

野口史人吉龍澄子小澤健太郎今中愛子岡田明子田所丈嗣小原洋昭竹田雅司Desmoplastic trichoepithelioma1例。178回大阪皮膚科症例検討会、大阪市、20065

 

小澤健太郎岡田明子今中愛子野口史人田所丈嗣:膝蓋に生じたProliferating trichilemmal cyst1例。ひふ勉強会、大阪市、20065

 

小澤健太郎今中愛子岡田明子野口史人田所丈嗣Elepahantiatis verrucosa nostrum1例。ひふ勉強会大阪市、20066

 

今中愛子岡田明子小澤健太郎田所丈嗣Bowen病より発生した有棘細胞癌の1例。99回近畿皮膚科集談会、京都市、20066

 

吉龍澄子小林昌代、矢野健二、松田建、細川瓦:Sensory protectionによる筋弁の萎縮予防効果と乳房再建への臨牀応用。23回大阪マイクロサージャリー研究会大阪市20067

 

小澤健太郎野口史人今中愛子岡田明子田所丈嗣:上眼瞼に生じた悪性黒色腫の1例。ひふ勉強会大阪市、20067

 

小澤健太郎野口史人今中愛子岡田明子田所丈嗣:頭部に生じた脂腺癌の1例。ひふ勉強会、大阪市、20067

 

小澤健太郎野口史人今中愛子岡田明子田所丈嗣:足底に生じ、有棘細胞癌を疑った化膿性肉芽腫の1例。ひふ勉強会、大阪市、20067

 

小澤健太郎今中愛子岡田明子野口史人田所丈嗣:両眼瞼に生じたAdult onset xanthogranulomaと考えた1例。35回湾岸勉強会、神戸市、20068

 

野口史人小澤健太郎今中愛子岡田明子田所丈嗣川崎宗謙竹田雅司真能正幸:特異な組織像を示したCyst1例。179回大阪皮膚科症例検討会、大阪市、20069

 

小澤健太郎岡田明子今中愛子野口史人田所丈嗣:好酸球性筋膜炎の1例。ひふ勉強会、大阪市、20069

 

野口史人小澤健太郎岡田明子今中愛子田所丈嗣小林昌代吉龍澄子川崎宗謙竹田雅司Ppillary eccrine adenoma1例。397回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪市、20069

 

岡田明子今中愛子小澤健太郎田所丈嗣井上信正:再生不良性貧血に伴った壊疽性膿皮症の1例。57回日本皮膚科学会中部支部学術大会、名古屋市、200610

 

小澤健太郎岡田明子野口史人今中愛子田所丈嗣:顔面に生じたAtypical fibroxanthoma1例。ひふ勉強会、大阪市、200610

 

勝野昌代吉龍澄子:陰嚢平滑筋肉腫の1例。87回日本形成外科学会関西支部学術集会、奈良市、200612

 

小澤健太郎岡田明子野口史人今中愛子田所丈嗣:乳房ページェット病の1例。ひふ勉強会、大阪市、200612

 

小澤健太郎今中愛子岡田明子野口史人田所丈嗣:結節性皮膚ループスムチン沈着症の1例。ひふ勉強会、大阪市、20071

 

小澤健太郎今中愛子岡田明子野口史人田所丈嗣:爪甲下に生じた悪性黒色腫の1例。ひふ勉強会、大阪市、20071

 

小澤健太郎野口史人今中愛子岡田明子田所丈嗣:頭部に生じた特異な嚢腫。36回湾岸勉強会、神戸市、20071

岡田明子小澤健太郎野口史人今中愛子田所丈嗣:放射線療法が奏効した顔面皮膚B細胞リンパ腫の1例。399回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪市、20072

 

小澤健太郎岡田明子野口史人今中愛子田所丈嗣:腰部に生じた表在拡大型黒色腫の1例。ひふ勉強会、大阪市、20072

 

小澤健太郎岡田明子野口史人今中愛子田所丈嗣5歳児に生じた中毒性表皮壊死症。ひふ勉強会、大阪市、20073

 

野口史人小澤健太郎岡田明子今中愛子田所丈嗣:アラセプリルによるStevens-Johnson syndrome1例。400回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪市、20073

 

吉龍澄子勝野昌代玉井宣行山崎良二Distally Based Vastus Lateralis Muscle Flapにより再建した膝近傍のMFH25回大阪形成外科医会総会、吹田市、20073

 

今中愛子小澤健太郎岡田明子野口史人田所丈嗣Adult onset periocular xanthogranuloma1例。181回大阪皮膚科症例検討会、大阪市、20073

 

B-8

田所丈嗣:皮膚外科。大阪大学講義、大阪、20064

 

田所丈嗣:老人に多い皮膚疾患。看護学校講義、大阪、20066

 

吉龍澄子顔面の皮膚外科中之島創傷治癒カンファレンス、大阪市、20067

 

小澤健太郎:当院における自己免疫性水疱症の治療。大阪病診連携の会、大阪市、20069

 

田所丈嗣:褥瘡;発生と治療。褥瘡対策勉強会、大阪市、200611

 

田所丈嗣:メラニン色素(正常と異常)。尼崎臨床皮膚科勉強会、尼崎市、200612

 

B-9

田所丈嗣:皮膚癌。ラジオ大阪「アレルギー診察室」、大阪市、20062月収録