放射線科

 栗山啓子

CTMRIを中心とした画像診断は機器の急速な進歩に伴い、ミクロレベルの形態診断から複数のフェイズを撮影する動態診断、さらには機能診断へと発展しつつある。国立病院機構の傘下である当院では、先端医療を行う機器を備えることができない現状ではあるが、個々の構成員が日々向上心を持って質の高い医療を提供することができるよう診療とその延長である臨床研究に励んでいる。

画像診断医は各人がそれぞれ諸領域を分担し合い、各診療科と協力して診療に密着した臨床研究を行っている。

肝臓癌の塞栓治療件数は西日本1位であり、転移性肝癌の動注治療など癌治療において高水準の医療効果を毎年維持している。また、緊急検査として動脈性出血の止血に塞栓術が応用されている。

放射線治療では、治療成績のみならずQOLを重視した診療をテーマとしており、当科では前立腺癌に代表される小線源治療の臨床応用拡大を研究している。

平成18年度は4月の電子カルテ導入と同時に科内の読影はフィルムレスとなり、このため各診療科へ迅速な画像転送と読影所見の提供が可能になった。放射線技師を中心に、PACS, reporting system,院内画像配信systemの構築と院内フィルムレス推進にむけて積極的に取り組んでいる。

 

2006年度研究発表業績】

A-0      

YANAGAWA M, KURIYAMA K, KOYAMA M, HIGASHIYAMA M, TSUKAMOTO Y, ARISAWA J, TOMIYAMA N, NAKAMURA HSolitary pulmonary metastases from renal cell carcinoma: comparison of high-resolution CT with pathological findings. Radiat Med. Dec;24(10):680-6, 2006

 

TOMIYAMA N, YASUHARA Y, NAKAJIMA Y, ADACHI S, ARAI Y, KUSUMOTO M, EGUCHI K, KURIYAMA K, SAKAI F, NUGUCHI M, MURATA K, MURAYAMA S, MOCHIZUKI T, MORI K, YAMADA KCT-guided needle biopsy of lung lesions: a survey of severe complication based on 9783 biopsies in Japan. Eur J Radiol. Jul;59(1):60-4, 2006

 

NODA T, HIGASHIYAMA M, ODA K, HIGAKI N, TAKAMI K, OKAMI J, KODAMA, K, KURIYAMA K, TSUKAMOTO Y, KOBAYASHI HMucoepidermoid carcinoma of the thymus treated by multimodality therapy: a case report. Ann Thorac Cardiovasc Surg. Aug;12(4):273-8, 2006

 

YOSHIDA K, NOSE T, SHIOMI H, YOSHIOKA Y, FUJITA Y, KURODA S, YOSHIDA M, TAKAHASHI T, KITAMURA M, AKAI H, OKA T, HOSOKI TNew ambulatory implant technique of high-dose-rate interstitial brachytherapy for prostate cancer. Radiat Med. Oct; 24(8):595-9, 2006

KAKIMOTO N, INOUE T, INOUE T, MURAKAMI S, FURUKAWA S, YOSHIDA K, YOSHIOKA Y, YAMAZAKI H, TANAKA E, SHIMIZUTANI KHigh-dose-rate interstitial brachytherapy for mobile tongue cancer: influence of the non-irradiated period. Anticancer Res. Sep-Oct; 26(5B) : 3933-7, 2006

 

YAMAZAKI H, INOUE T, YOSHIDA K, YOSHIOKA Y, FURUKAWA S, KAKIMOTO N, SHIMIZUTANI KComparison of three major radioactive sources for brachytherapy used in the treatment of node negative T1-T3 oral tongue cancer: influence of age on outcome. Anticancer Res. Jan-Feb; 27(1B):491-7, 2007

 

NOSE T, KOMOIKE Y, YOSHIDA K, KOIZUMI M, MOTOMURA K, KASUGAI T, INAJI H, NISHIYAMA K, KOYAMA H, KOZUKA T, GOMI K, OGUCHI M, AKAHASHI Y, SUMIDA I, YAMASHITA TA pilot study of wider use of accelerated partial breast irradiation: intraoperative margin-directed re-excision combined with sole high-dose-rate interstitial brachytherapy. Breast Cancer.13 (3):289-99, 2006

 

IWAKAWA M, NODA S, YAMADA S, YAMAMOTO N, MIYAZAWA Y, YAMAZAKI H, KAWAKAMI Y, MATSUI Y, TSUJII H, MIZOE J, ODA E, FUKUNAGA Y, IMAI TAnalysis of Non-Genetic Risk Factors for Adverse Skin Reactions to Radiotherapy among 284 Breast Cancer Patients. Breast Cancer            13 300-7 (2006)

 

YOSHIDA Y, KONISHI K, OH RJ, SUMIDA I, YAMAZAKI H, NAKAMURA S, NISHIMURA K, NONOMURA N, OKUYAMA A, INOUE THigh-dose-rate brachytherapy without external beam irradiation for locally advanced prostate cancer. Radiother Oncol 80:62-8 (2006)

 

KAKIMOTO N, INOUE T, INOUE T, MURAKAMI S, FURUKAWA S, YOSHIDA K, YOSHIOKA Y, YAMAZAKI H, TANAKA E, SHIMIZUTANI KHigh-dose-rate interstitial brachytherapy for mobile tongue cancer: influence of the non-irradiated period Anticancer Res 26: 3933-7 (2006)

 

NIIBE Y, KAZUMOTO T, TOITA T, YAMAZAKI H, HIGUCHI K, II N, SUZUKI K, UNO T, TOKUMARU S, TAKAYAMA M, SEKIGUCHI K, MATSUMOTO Y, MICHIMOTO K, OGUCHI M, HAYAKAWA KFrequency and characteristics of isolated para-aortic lymph node recurrence in patients with uterine cervical carcinoma in Japan: a multi-institutional study. Gynecol Oncol 103:435-8 (2006)

 

NIIBE Y, KENJO M, KAZUMOTO T, MICHIMOTO K, TAKAYAMA M, YAMAUCHI C, KATAOKA M, SUZUKI K, II N, UNO T, TAKANAKA T, HIGUCHI K, YAMAZAKI H, TOKUMARU S, OGUCHI M, HAYAKAWA KJapanese Isolated Para-aortic Lymph Node Recurrence of Uterine Cervical Carcinoma Study Group. Multi-institutional study of radiation therapy for isolated para-aortic lymph node recurrence in uterine cervical carcinoma: 84 subjects of a population of more than 5,000. Int J Radiat Oncol Biol Phys 66:1366-1339 (2006)

 

IMAMURA F, UENO K, KUSUNOKI Y, UCHIDA J, YOSHIMURA M, KOIZUMI M, YAMAZAKI H, NISHIYAMA KHigh-Dose-Rate Brachytherapy for Small-Sized Peripherally Located Lung Cancer. Strahlenther Onkol 182:703-707              (2006)

 

YAMAZAKI H, INOUE T, YOSHIDA K, YOSHIOKA Y, FURUKAWA S, KAKIMOTO N, SHIMIZUTANI KComparison of three major radioactive sources for brachytherapy used in the treatment of node negative T1-3 oral tongue cancer: influence of age on outcome. Anticancer Res 27:491-498(2007)

 

A-2

栗山啓子:肺癌の診断 X線診断(単純,CT)江口研二編、肺癌診療マニュアル45-60、中外医学社、東京、200610

 

A-3       

大宮英泰、東山聖彦、岡見次郎、尾田一之、檜垣直純、高見康二、児玉憲、今村文生、栗山啓子、真能正幸:IgG-λ型モノクローナル蛋白症を認めた肺原発MALTリンパ腫の1例。日本胸部臨床65(4) 375-383, 2006

 

多根井智紀、増田慎三、石飛真人、徳田由紀子吉田謙、竹田雅司、真能正幸、辻仲利政:術前化学療法により壊死を伴う嚢胞様構造変化を認めた乳癌の1例。乳癌の臨床2006 21:564-569

 

B-4        

村川圭三:デジタイザーを用いた核医学画像のデジタル化。26回日本核医学技術学会総会学術大会、福岡、2006年7月

 

樋口孝次上垣忠明中村武司藤本豊酒井美緒 Proton MR spectoroscopyにおける測定パラメータの検討。60回国立病院療養所総合医学会学会、京都 20069

 

吉兼和則上垣忠明中村武司藤本豊:当院のPACS(PHILIPS)システムの紹介。60回国立病院療養所総合医学会学会、京都、20069

 

寺川裕介岩井康典上垣忠明中村武司藤本豊鈴木敏和仲野高志:放射線災害への当院の対応について。60回国立病院療養所総合医学会学会、京都、20069

 

山田洋司岩井康典上垣忠明樽井利明中村武司藤本豊:放射線治療情報システムの構築について。60回国立病院療養所総合医学会学会、京都、20069

 

伊藤譲一:デジタイザーにおいてデジタル化を行った核医学画像評価。60回国立病院療養所総合医学会学会、京都、20069

 

岩井康典上垣忠明、山中智司、西野敏博、泊義幸、松尾浩二、米田茂、大住隆:国立病院療養所近畿放射線技師会学術部 共同研究〜近畿管内の腹部CTにおける被ばく線量評価〜。60回国立病院療養所総合医学会学会、京都、20069

 

B-5        

上垣忠明:電子カルテ、PACSについて。平成18年度国立病院療養所近畿放射線技師会学術部講習会、大阪、20066

 

B-6        

有本博子上垣忠明橋本時弘岩井康典中村武司藤本豊XCT検査における被ばく低減のこころみ。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

清水彰英、森川進、喜多嘉伸、松田一秀、大西義隆、坂下善治、橋本時弘:サブトラクション3DCTAにおける3次元位置合わせツールの有用性について。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

藤崎宏、藤原文彦、坂下善治、寺川裕介山田洋司、樽井利明、中村武司藤本豊3種類のCR装置におけるデジタル物理特性評価。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

山田洋司岩井康典上垣忠明樽井利明中村武司藤本豊:放射線治療情報システムの構築について。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

岡本誉岩井康典上垣忠明中村武司藤本豊:蛍光ガラス線量計を用いた平均乳腺線量の算出。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

乾真有前川則彦村川圭三岩井康典橋本時弘中村武司藤本豊:面積線量計の校正について。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

西野敏博、岩井康典上垣忠明、中山智司、泊義幸:腹部CTにおける被ばく線量評価〜近畿管内における被ばく線量の算出〜。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

吉兼和則上垣忠明中村武司藤本豊:当院のPACS(PHILIPS)システムの紹介。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

山中早苗、松尾浩二、村川圭三藤崎宏:近畿管内の乳房画像評価。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

樋口孝次上垣忠明中村武司藤本豊酒井美緒Porton MR spectroscopyにおける測定パラメータの検討。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

寺川裕介岩井康典上垣忠明中村武司藤本豊、鈴木敏和、仲野高志:放射線災害への当院の対応について。15回国立病院療養所近畿放射線技師会学術大会、京都、200610

 

B-8        

中村武司:放射線部門における医療事故に対する取り組み。平成18年度近畿ブロック医療技術研修「医療安全管理者養成研修会」200612

 

加古亜由美:マンモグラフィの基礎(撮影機器)平成18年度近畿ブロック医療技術研修「マンモグラフィ研修会」、大阪、200612

 

有本博子:接遇と撮影技術。平成18年度近畿ブロック医療技術研修「マンモグラフィ研修会」、大阪、200612

 

岡本誉:画像評価と精度、品質管理。平成18年度近畿ブロック医療技術研修「マンモグラフィ研修会」、大阪、200612

 

中村武司:マンモグラフィ総論。平成18年度近畿ブロック医療技術研修「マンモグラフィ研修会」、大阪、200612

 

岡本誉:マンモグラフィー平均乳腺線量実習。平成18年度国立病院療養所近畿放射線技師会学術部講習会20073

 

岡本誉:マンモグラフィ講習会ポジショニング。9回大阪マンモグラフィ講習会(技術部門)20073

 

岡本誉:マンモグラフィ講習会画像管理。9回大阪マンモグラフィ講習会(技術部門)20073