循環器科

安村良男

循環器疾患は高齢化社会を反映して、1)動脈硬化、心筋の線維化を基礎としている、2)疾患が複合している、2)増加傾向にある、などの特徴がある。治療においては病態の解析が進歩し、症状の改善をめざすだけでなく、予後の改善をめざすことが基本となってきている。個々の仮説は大規模臨床試験で実証され、この試験結果に基づいたガイドラインが作成されている。我々、循環器医には直面している診療にガイドラインが適応されるか否か、その判断が問われると伴に個々の症例の特殊性に対応する柔軟性が要求されている。

虚血性心疾患:過去および将来的にも、この治療は循環器科の基本であり、当センター循環器科においても入院の約半数は虚血性心疾患またはその疑いである。虚血性心疾患の治療においては、最適の治療法を選択する医療レベルと冠動脈形成術の一流のスキルが要求される。この要求に沿う医療を提供する。また、虚血性心疾患の二次予防を重視する。特に、高血圧、糖尿病、高脂血症やメタボリック・シンドロームの治療に重点をおいている。

心不全:心不全は急性期治療と慢性期治療からなるが、いずれも幅広い知識と経験を要する。特に高齢者心不全に対する対応が重要である。我が国における最高水準の心不全治療を提供する。

重症心不全:拡張型心筋症は難病(特定疾患)の一つであるが、循環器科では、本疾患を含む重症心不全治療を重点課題の一つとしている。心臓移植は施行されたものの、レシピエントに比しドナーの絶対的不足解消は悲観的であり、今後、幸運に移植を受け得る患者は重症心不全患者のほんの一握りにすぎないであろう。現時点では、内科的に重症心不全患者をいかに安定した状態に維持するかが重要であり、ACE阻害剤はもちろん、ベータ遮断薬療法、アミオダロン療法、カテコラミン間欠投与法などを駆使して取り組んでいる。循環器科では、重症心不全外来を開設し、重症心不全患者の系統的・専門的治療と追跡調査に科をあげて最善の努力を行っている。一方、拡張型心筋症に対する先進的医療については、心臓血管外科と連係をとるとともに、国立循環器病センター、大阪大学との交流を密接にして貢献できるよう体制を整えている。
 不整脈診療:頻脈性不整脈に対する基本的なカテーテルアブレーション治療を提供する。また、高齢者心房細動に対して積極的にワーファリンを導入し、心原性脳梗塞の予防を行っている。
 心原性脳塞栓の予防:高齢者の一次予防で重要なものに心原性脳塞栓がある。心原性脳塞栓のうち約半数は非弁膜性心房細動(NVAF)が原因であり、70才以上の高齢者でNVAFが飛躍的に増加することから、この疾患群における脳梗塞の予防は極めて重要である。19984月より塞栓予防を目的とした「心房細動外来」を開設し、ハイリスク患者に予防的にワーファリンを使用することにより一次、二次予防に努めてきた。この分野において当院は全国でもオピニオンリーダー的存在であり、今後ワーファリンにかわる新しい抗凝固薬の開発治験にも大きな役割を果たしている。

 

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

種池学:カルペリチドの間欠投与が有効であった陳旧性広範囲心筋梗塞の1例、呼吸と循環2006;54:211-215

 

安村良男:慢性心不全におけるβ遮断薬治療 CIBIS IIIが教えてくれるもの、呼吸と循環2006;54:385-392

 

安村良男:病態からみた急性心不全治療薬の選択:hANPは第一選択薬になるか?心臓2006;38:79-82

 

安村良男:急性心不全の治療戦略と腎機能、33回日本集中治療医学会学術集会ランチョンセミナー、大阪、20063

 

安村良男Evidence based medicine(EBM)of atrial natriuretic peptide(ANP)in patients with acutely decompensated heart failure. 70回日本循環器病学会モーニングレクチャー、名古屋、20063

 

YAMAMOTO K, SHINODA Y, KATAIWA K, KUME K, KOMUKAI K, TANEIKE M, YAMATO M, SASAKI N, HIROOKA K, CHIN W, KORETSUNE Y, KUSUOKA H, YASUMURA YAugmentation of cardiac parasympathetic nerve activity by human atrial natriuretic peptide and its mechanisms in patients with chronic heart failure.70回日本循環器病学会、名古屋、20063

 

YASUMURA Y, HIRAYAMA A, HAYASHI T, KODAMA KEffects of carperitide and nitroglycerine on renal function in patients with acute heart failure.70回日本循環器病学会、名古屋、20063

 

TANEIKE M, FUKUNAGA M, SHINODA Y, KATAIWA H, KUME K, KOMUKAI K, YAMATO M, SASAKI N, YAMAMOTO K, HIROOKA K, CHIN W, KAWAGUCHI Y, KORETSUNE Y, KUSUOKA H, YASUMURA YAtrial natriuretic peptide suppress increased oxidative stress inpatients with acute heart failure. 70回日本循環器病学会、名古屋、20063

 

片岩秀朗山元博義篠田幸紀久米清士小向賢一種池学山戸昌樹佐々木典子廣岡慶治是恒之宏楠岡英雄安村良男:「ミルリノン投与下にβ遮断薬の導入を試みた1例」19回中之島心不全カンファレンス、大阪、20063

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

SAITO M, NAKAYAMA D, TAKADA M, HIROOKA K, YASUMURA YCarvedilol accelerate elevation of serum potassium in chronic heart failure patients administrated spironolactone plus furosemide and either enalapril maleate or candesartan cilexetil. J Clin Parmacol Therapeu 2006;31:535-540

 

A-2

安村良男:他剤併用でのミルリノンの有用性。PDE III阻害薬の使い方 ミルリノンの基礎から臨床まで、児玉和久監修メディカルレビュー社

 

安村良男:急性心不全の評価法と治療戦略 エキスパートをめざす循環器診療 心不全・ショック、井上博、増山理総編集南江堂

 

安村良男:急性心不全治療心臓病患者さんの生活・退院指導、北風政史監修、MCメディカ出版

 

安村良男薬物療法による予防と管理、β遮断薬心不全を予防する 和泉徹、筒井裕之 監修中山書店

 

安村良男:弁膜症患者の管理 薬物療法、新・心臓病プラクティス 弁膜症を解く、山本一博、別府慎太郎編集文光堂

 

安村良男薬物治療学からみた心不全 急性心不全心不全の診かた・考え方、北風政史編集

 

A-4

安村良男薬物療法の進歩(β遮断薬を中心に)ICUCCU 2006;30663-668

   

安村良男β遮断薬に対するrespondernon-responder心不全UPDATE 医学のあゆみ 2006;218:1245-1250

 

安村良男慢性心不全治療の進歩:強心薬日本臨床 2006;64:927-933

 

安村良男急性心不全治療戦略のスタンダード日経メディカル 2006;5:104-105

 

安村良男今こそβ遮断薬の魅力を考える座談会Mebio 2006;6:132-135

 

安村良男心筋梗塞後のうつ病M.P. 2006;23:1808

 

安村良男アンジオテンシン変換酵素阻害薬日本医事新報 2006;4302;44-45

 

安村良男慢性心不全治療のストラテジー β遮断薬をどういかすかTherapeutic Research 2006;27:1695-1703

安村良男急性心不全の現状 予防的観点からみた急性期治療とは特集 心不全予防 その最前線を探る、内科 2007;99:392-398

 

安村良男急性心不全・心原性ショックCirculation Up-to-Date 2007;1.2:139-145

 

B-3

安村良男:新ガイドライン・新エビデンスに基づいた急性心不全の治療戦略 心房性ナトリウム利尿ぺプチドの位置づけ。34回日本集中治療医学界学術集会ランチョンセミナー、神戸、20073

 

B-4

KUME K, SHINODA Y, KATAIWA H, KOMUKAI K, YAMATO M, SASAKI N, YAMAMOTO H, HIROOKA K, CHIN W, KAWAGUCHI Y, KORETSUNE Y, KUSUOKA H, YASUMURA Y The characteristics of patients with acutely decompensated heart failure who are difficult to withdraw the use of natriuretic peptide. 10回日本心不全学会、東京、200610

 

佐々木典子篠田幸紀片岩秀朗久米清士小向賢一山戸昌樹山元博義廣岡慶治陳若富川口義博楠岡英雄安村良男是恒之宏:慢性心不全患者におけるカンデサルタンからオルメサルタンへの切り替えによる神経体液性因子の影響。54回日本心臓病学会学術集会、鹿児島、20069

 

山元博義篠田幸紀久米清士片岩秀朗小向賢一山戸昌樹佐々木典子廣岡慶治陳若富川口義博安村良男是恒之宏楠岡英雄低用量ナトリウム利尿ペプチドによる副交感神経活性増強作用の規定因子:慢性心不全における検討。54回日本心臓病学会学術集会、鹿児島、20069

 

山戸昌樹篠田幸紀久米清士片岩秀朗小向賢一佐々木典子山元博義廣岡慶治陳若富川口義博安村良男是恒之宏楠岡英雄急性心不全においてナトリウム利尿ペプチドは血中HGF値を低下させる。54回日本心臓病学会学術集会、鹿児島、20069

 

SHINODA Y, KOIDE M, ISHIZU T, KATAIWA H, KUME K, KOMUKAI K, YAMATO M, SASAKI N, YAMAMOTO H, HIROOKA K, KORETSUNE Y, KUSUOKA H, YASUMURA YHemodynamic effects lasts for 2 days after short-term infusion of atrial natriuretic peptide in patients wit chronic heart failure. 71回日本循環器病学会学術集会、神戸、20073

 

ISHIDA Y, KISO K, FUKUSHIMA K, HASHIMURA K, KITAKAZE M, YASUMURA YSuperiority of cardiac MIBG clearance rate to conventional parameters in predicting effectiveness of berta-blocker therapy for patients with dilated cardiomyopathy. 71回日本循環器病学会学術集会、神戸、20073

 

B-6

篠田幸紀久米清志片岩秀朗小向賢一種池学山戸昌樹佐々木典子山元博義廣岡慶治陳若富川口義博安村良男是恒之宏楠岡英雄髄膜腫摘出後に心室性期外収縮が著減した一症例101回日本循環器学会近畿地方会、神戸、20066

 

久保典代佐々木典子小向賢一山戸昌樹山元博義廣岡慶治陳若富川口義博安村良男是恒之宏楠岡英雄感染性心内膜炎との鑑別が困難であった卵巣癌による非細菌性心内膜炎の一例。101回日本循環器学会近畿地方会、神戸、20066

 

久米清志廣岡慶治小出雅雄岩破俊博石津宜丸篠田幸紀片岩秀朗小向賢一山戸昌樹佐々木典子山元博義陳若富川口義博是恒之宏楠岡英雄安村良男:冠攣縮性狭心症を合併したBrugada症候群の一例102回日本循環器学会近畿地方会、滋賀、200612

 

篠田幸紀佐々木典子安村良男塩満大樹高橋俊樹竹田雅司、今北正美:感染性心内膜炎の病像を呈した非対象性後壁肥厚を認める肥大型心筋症の一例。102回日本循環器学会近畿地方会、滋賀、200612

 

小出雅雄片岩秀朗山戸昌樹廣岡慶治安村良男藤田知之高橋俊樹井上信正竹田雅司:化学療法が奏功した心臓に限局する悪性リンパ腫の一症例。102回日本循環器学会近畿地方会、滋賀、200612

 


 

C班研究・研究助成実績

 

1)助成制度名

2)氏名

3)研究課題名

4)研究代表者

5)助成金額

厚生労働省精神・神経疾患研究委託費17-8 

安村良男

(分担研究者)

筋ジストロフィー治療のエビデンス構築に関する臨床研究(慢性心不全に対するβ遮断薬の有効活用に関する研究)

川井 充

85万円

循環器病研究委託費事業 16-5

安村良男

(分担研究者)

高齢者心不全の治療戦略に関する研究

北風政史

100万円

政策医療ネットワーク共同研究

安村良男

(分担研究者)

クリティカルパスを使用しての高齢者心不全例へのβ遮断薬導入の有効性と安全性の検討

宮尾雄治

35万円