臨床検査科

真能正幸

臨床検査科は当センターに与えられた医療を推進するため精度保障された医療情報を迅速に医療現場に提供することを使命としている。

『精度管理』 臨床検査の精度は検査前に始まることから外来部門での採血を実施している。外部精度管理として複数の全国規模の調査に参加し臨床化学、免疫や血液だけでなく写真を使用した細胞診、尿沈渣、細菌や生理検査(心電図、脳波、超音波など)も含まれ検査全体を網羅している。臨床検査精度管理調査(日本医師会主催)では、過去5年間の総合評点は99点以上である。また、輸血検査、細胞検査や超音波検査はそれぞれの専門学会が認定した技師がその任務にあたり、そして人材育成にも力を注いでいる。

『緊急検査』 緊急検査は夜間・休日を含めた24時間体制で対応している。生化学検査、感染症検査、血中薬物検査、血液学的検査、凝固検査および輸血管理業務が含まれ、三次救急を含む救命救急医療に貢献しており、その取扱件数は年々増加の一途をたどっている。また、診察前検査にも迅速に対応して日常の外来診療の充実に尽力している。

『輸血管理』 血液製剤の一元管理により発注・管理・検査・払い出し等、輸血管理業務のすべてを検査科で行うことにより、システムおよびリスク管理の強化をはかり、血液製剤の適正で安全な供給を目指している。また、副作用・使用状況・廃棄数などの情報を提供する事により、さらなる血液製剤の適正使用に貢献している。認定輸血検査技師指定施設に認定されている。

『院内感染防止』 院内の診療レベルを図る上で院内感染対策がどの程度徹底しているかは大きな評価ポイントである。臨床検査科内に感染情報室を設置し臨床側に定期的に情報発信するとともにICTの主要メンバーとして中心的役割を果たしている。MRSAについてはPFGE(パルスフィールド電気泳動)による遺伝子解析も実施し感染源の把握などにも努めている。日本環境感染症学会の認定病院を獲得している。

『病理検査』 術前診断の正確性はもとより、約1000件の術中迅速病理診断や迅速細胞診を積極的に行い、症例に応じた適切な治療法の選択にも貢献している。また、診断精度向上のため免疫染色を積極的に実施しており、利用できる抗体は約100種類に及んでいる。複雑な標本作製過程を少ない人数で安定して出来るよう積極的に機械化している。作業環境の改善のための安全キャビネットや、プッシュ・プル換気装置付の切り出し台を設置している。臨床各科とのカンファレンスや臨床病理検討会(CPC)などを通して診療レベルの向上にも寄与している。

『生理検査』 生理検査室では、心電図・長時間心電図(ホルター)解析・呼吸機能・脳波・神経伝導速度などの生理機能検査や出血時間・尿素呼気テストを実施している。また、聴力検査やエコーセンターにおける腹部・心臓・頸動脈超音波検査の一部を実施している。

 

【2006年1月〜3月研究発表業績】

菅尾龍彦山下保喜山本信夫真能正幸白阪琢磨MRSA感染対策におけるパルスフィールドゲル電気泳動法の有用性について。第21回日本環境感染学会総会、東京、20062

 

【2006年度研究発表業績】

A-0

MAKINO T, NAKAMORI S, KASHIWAZAKI M, MASUDA N, IKENAGA M, HIRAO M, FUJITANI K, MISHIMA H, SAWAMURA T, TAKEDA M, MANO M, TSUJINAKA TAn icteric type hepatocellular carcinoma with no detectable tumor in the liver: report of a case, Surg Today 36(7): 633-7, 2006

 

MAKINO T, TSUJINAKA T, MISHIMA H, IKENAGA M, SAWAMURA T, NAKAMORI S, FUJITANI K, HIRAO M, KASHIWAZAKI M, MASUDA N, TAKEDA M, MANO MPrimary signet-ring cell carcinoma of the colon and rectum: report of eight cases and review of 154 Japanese cases, Hepatogastroenterology 53(72): 845-9, 2006

 

A-3

大宮英泰、 東山聖彦、岡見次郎、尾田一之、檜垣直純、高見康二、児玉憲、今村文生, 栗山啓子真能正幸IgG-λ型モノクローナル蛋白血症を認めた肺原発MALTリンパ腫の1例、日本胸部臨床65(4): 375-3832006

 

上平朝子笹川淳椎木創一竹田雅司富成伸次郎渡邊大牧江俊雄山本善彦真能正幸白阪琢磨HIV患者の脳内病変において脳生検が有用であった3例、日本エイズ学会誌8(4)3822006

 

森内秀祐石原正浩立石明広埜中正博山中一功中島伸山崎麻美真能正幸竹田雅司:鞍結節部髄膜腫との鑑別が画像上および組織学的にも困難であった異所性下垂体腺腫、日本内分泌学会雑誌82(Suppl)120-1212006

 

岩佐葉子、加川隆三郎、羽賀博典、中嶋安彬:肛門に発生した線維上皮性間質ポリープ(fibroepithelial stromal polyp)の1例、診断病理23(3)222-2242006

 

新田幸一竹立精司益田喜信山本信夫白阪琢磨竹田雅司真能正幸:全自動免疫測定装置Architect アナライザーによるHIV抗原・抗体同時測定試薬「アーキテクト・HIV Ag/Abコンボアッセイ」の検討、医学と薬学57(2)2007

 

B-2

IWASA Y, NAKASHIMA Y. Well differentiated liposarcoma with non-lipogenic spindle cell component: a review of 33 cases. 2007 Annual Meeting, United States and Canadian Academy of Pathology, San Diego, CA, U.S.A., March 2007

 

 

B-3

岩佐葉子、中嶋安彬:モーニングレクチャー2「軟部腫瘍の診断で大きな誤りを避けるためのdiagnostic clue」。52回日本病理学会秋期特別総会、和歌山、200611

 

増田慎三石飛真人竹田雅司徳田由紀子吉田謙真能正幸辻仲利政:当院における術前化学療法症例から学んだこと-今後の課題。68回日本臨床外科学会総会、広島、200611

 

真能正幸:ランチョンセミナー6:病理検査室の近代化に向けて。96回日本病理学会総会、大阪、20073

 

B-4

岩佐葉子、加川隆三郎:Pagetoid spreadを呈した直腸癌の1例。95回日本病理学会総会、東京、20064

 

徳田由紀子増田慎三竹田雅司吉田謙多根井智紀石飛真人真能正幸細木拓野MRIによる乳癌術前化学療法後pCR予測の検討。65回日本医学放射線学会総会、横浜、2006年、4

 

堀本文美政岡佳久竹田雅司:乳腺の腺筋上皮腫の1例。47回日本臨床細胞学会総会、横浜、20066

 

徳田由紀子増田慎三竹田雅司多根井智紀石飛真人真能正幸細木拓野:非触知石灰化病変に対するMRIの有用性の検討。14回日本乳癌学会総会、金沢、20067

 

吉田謙増田慎三中場寛行石飛真人多根井智紀竹田雅司徳田由紀子真能正幸菰池佳史辻仲利政:乳房温存術後組織内照射における有害事象の原因因子。14回日本乳癌学会総会、金沢、20067

 

石飛真人増田慎三多根井智紀大村仁明三嶋秀行中森正二竹田雅司真能正幸辻仲利政n0乳癌におけるlyの意義<術後補助内分泌療法の役割>14回日本乳癌学会総会、金沢、20067

 

大村仁昭増田慎三石飛真人多根井智紀徳田由紀子吉田謙竹田雅司真能正幸山本佳子辻仲利政:乳腺診療におけるエラストグラフィーの位置づけ。14回日本乳癌学会総会、金沢、20067

 

多根井智紀増田慎三石飛真人徳田由紀子吉田謙竹田雅司真能正幸辻仲利政:乳頭分泌液中CEA測定におけるラナマンモカードの有用性。14回日本乳癌学会総会、金沢、20067

野村孝森本卓竹田雅司:乳房切除術後局所再発症例の長期予後の検討。14回日本乳癌学会総会、金沢、20067

 

管尾龍彦山下保喜山本信夫真能正幸白阪琢磨:パルスフィールドゲル電気泳動によるMRSA遺伝子解析と院内感染対策。60回国立病院総合医学会、京都、20069

 

日浦祐一郎池永雅一三嶋秀行石飛真人増田慎三柏崎正樹宮崎道彦藤谷和正中森正二沢村敏郎辻仲利政真能正幸竹田雅司:ダブルバルーン小腸内視鏡が診断に有用であった小腸腫瘍の一例。72回日本消化器内視鏡学会総会、札幌、200610

 

岩永佳久福井弘幸巽理三木雅代中瀬栄之上田高志杉本由文星田四朗米田正太郎竹田雅司MDSによる血小板減少を合併しEUS-FNAで診断できた再発GISTの一症例。48回日本消化器病学会大会、札幌、200610

 

上平朝子笹川淳椎木創一竹田雅司富成伸次郎渡邊大牧江俊雄山本善彦真能正幸白阪琢磨HIV患者の脳内病変において脳生検が有用であった320回日本エイズ学会学術集会・総会、東京、200611

 

糸山光麿林輝子大橋澄子管尾龍彦山本信夫竹田雅司真能正幸:中間型松果体実質腫瘍の一例。45回日本臨床細胞学会秋期大会、東京、200611

 

B-5

竹田雅司:乳腺腫瘍コア生検・マンモトーム生検。日本病理学会近畿支部第34回学術集会 シンポジウム:乳腺、神戸、20069

 

増田慎三真能正幸竹田雅司、辻本正彦、吉留克英、秋山太、岩瀬拓士、津田均、野口眞三郎、玉木康博、稲治英生、菰池佳史、中村清吾、津田浩一郎、加藤洋、石飛真人、松浦成昭:乳癌リンパ節転移迅速診断−OSNA法の原理−。4回日本乳癌学会近畿地方会スポンサードミニシンポジウム、和歌山、200612

 

吉留克英、辻本正彦、秋山太、岩瀬拓士、津田均、真能正幸増田慎三竹田雅司、野口眞三郎、玉木康博、稲治英生、片岡竜貴、菰池佳史、中村清吾、津田浩一郎、鈴木高祐、若狭研一、沖野毅、加藤洋、松浦成昭:乳癌リンパ節転移迅速診断−OSNA法の臨床性能試験−。4回日本乳癌学会近畿地方会スポンサードミニシンポジウム、和歌山、200612

 

竹田雅司真能正幸増田慎三辻本正彦、吉留克英、秋山太、岩瀬拓士、津田均、野口眞三郎、玉木康博、稲治英生、菰池佳史、中村清吾、津田浩一郎、加藤洋、松浦成昭乳癌リンパ節転移迅速診断−OSNA法の術中診断への応用−。4回日本乳癌学会近畿地方会スポンサードミニシンポジウム、和歌山、200612

 

B-6

藤原明寛竹立精司山下保喜、渡邉清司、新田幸一山本信夫竹田雅司真能正幸:多点検量を用いたRF試薬の基礎的検討。33回国臨協近畿支部学会、大阪、20066

 

瀬口周山下保喜、渡邉清司、山本信夫竹田雅司真能正幸:フローサイトメトリーに関する一考察。33回国臨協近畿支部学会、大阪、20066

 

野口史人小澤健太郎岡田明子今中愛子田所丈嗣小林昌代吉龍澄子川崎宗謙竹田雅司Papillary eccrine adenoma1例。397回日本皮膚科学会大阪地方会、大阪、20069

 

B-8

竹田雅司:乳腺疾患の病理。15回乳房超音波講習会(講師)、大阪、200612