麻酔科

平田隆彦

 日常の手術麻酔や術後管理を通しての臨床研究が中心である。その主流をなすものは術後痛対策であり、特に硬膜外鎮痛法において投与薬の選択、至適投与量の決定等、より有効な術後鎮痛法を目指して検討を重ねてきた。すなわち硬膜外鎮痛法の導入非麻薬性鎮痛薬の間欠投与から持続投与への移行麻薬の持続投与局所麻酔薬の添加と推移してきた。さらに鎮痛効果と副作用出現について検討し、鎮痛薬の過量投与が副作用の原因であることを明らかにしてきた。そこで基本投与量を減じる一方自己による疼痛管理を導入することで、鎮痛効果に影響せず、かつ副作用のないより快適な鎮痛法が確立されると考えている。

こうした流れに沿って婦人科患者では、手術侵襲に応じた投与薬物の設定と患者自身による疼痛管理 (PCEA; Patient-controlled epidural analgesia) を確立した。

また開胸手術のように疼痛が開胸部に限局するような症例において、硬膜外鎮痛に変わり肋間神経ブロックを導入し、痛みのターゲットをより絞り込むことにより、患者の満足度を減ずることなくかつ薬剤投与量を減少させ副作用の出現率を減少させる方法を確立した。

現在は外科患者を対象として、胸部・上腹部・下腹部別の至適な薬剤の設定、投与方法を決めるべく臨床研究を行っている。

 

【2006年研究発表業績】

A-3

天野栄三赤松哲也、園田俊二、小西彩渋谷博美平田隆彦:上腹部に及ぶ婦人科開腹術後のロピバカイン・フェンタニルを用いた自己調節硬膜外鎮痛(PCEA)による術後鎮痛法の検討麻酔55(9)114911542006

 

直川里香人見一彰渋谷博美天野栄三平田隆彦廣島和夫:全身性ヒアリノーシス患者の気道確保においてマイクロラリンゴチューブが有効であった1例。臨床麻31(1)1171182007

 

A-6

渋谷博美:手術終了後のトラブルOPEnursing 21(2)1611652006

 

平田隆彦麻酔の基礎と看護のポイント−術中管理−OPEnursing 21(7)696-7002006

 

B-3

渋谷博美:女性麻酔科医。53回日本麻酔科学会、神戸、20066

 

B-4

天野栄三、他:左室機能高度低下患者の人工心肺下心拍動下僧帽弁手術施行時に塩酸ランジオロール使用が有効であった2症例。26回日本臨床麻酔科学会、旭川、200610

直川里香、他:全身性ヒアリノーシス患者の気道確保においてマイクロラリンゴチューブが有効であった1症例。26回日本臨床麻酔科学会、旭川、200610

 

小西彩、他:開心術を契機にヘパリン誘発性血小板減少症2型と診断された患者の非心臓手術の麻酔経験。26回日本臨床麻酔科学会、旭川、200610

 

B-6

小西彩、他:気管気管支を持つ患者における食道癌手術にダブルルーメンチューブを用いて分離肺換気を行った1症例。日本麻酔科学会関西地方会症例検討会、大阪、200611

 

B-9

渋谷博美:女性医師問題を考える。医療福祉チャンネル、スカイパーフェクトTV200612